FC2ブログ

トップページ(作品リスト・・・のようなもの)

 いらっしゃいませ、こちら「波のまにまに☆のアニメ・特撮のゆる~いコラム」です。
本ブログでは厄年まっただなかのおやぢヲタが、再就職活動の暇にまかせて、視聴した作品についてのほほ~んと語っていくブログであります。批評、批判めいた記事もありますが、基本的にはこれまでと少しだけズレたアニメや特撮作品の見方を提案したり、あまりよそ様のブログでは取り上げない作品をご紹介するブログです。再視聴や映像ソフト購入のガイドとして参考にしていただけたら幸いです。

 なお、このトップページの「続き」では、記事ではなく作品で検索しやすいようにと、「作品リスト」を掲載しております。右隣の「全記事表示リンク」ではわかりにくいと思われるため、このリストの制作を思い立ちましたが、まだリンクが不完全です。できる限り早めにリンクを完成させます。こちらから記事を探していただき、気になる作品の記事をお読みいただければと存じます。

 ブログ開設より1年以上が経過し、単純に取り上げた作品数だけで160作品以上になりました! 深夜アニメの青田買い・最終回などの短い記事も考慮すればそれ以上になります。1作品に2回、3回と分けた記事もあります。残念ながら1記事のほとんどが長文です。修正のために自分で読み返しているうちに眠くなります(泣)。

追記
 2012.9.11 再度最新までのリンクが完了しました!

続きを読む

スポンサーサイト

機動刑事ジバン~その1・僕たちの東映ヒーローが見たい!~

 一人語りを許してもらえるなら、筆者は東映特撮ヒーロー作品を愛しているといっていい。円谷巨大特撮ヒーローも好きだが、自分たちが暮らしている空き地や造成地といった場所で戦う等身大ヒーローの作品は、自分たちの世界と地続きである感覚があるからで、その線引きを自分の中にどうやって持ち込むのかという命題は、子供のころからずっと自問自答し続けた命題だったからだ。不思議なことに、作品中で明らかに「今から何年先の未来」とか、「ここではないどこか」とかいわれても、撮影地が小田舎の造成地であれば、錯誤感はどうしようもない。「ウルトラファイト」の不可思議さもこのあたりだと気づけば腑に落ちる。

 現行の東映ヒーロー作品はライダーとスーパー戦隊であるが、「仮面ライダークウガ」によってライダーが復活するまでその位置にいたのは、1982年以降であればメタルヒーローだったのだ。結果論だが、その座はライダーに明け渡したものの、戦隊とのコラボ作品によって「宇宙刑事ギャバン」が復活を遂げ、世代交代を果たした上で、さらにコラボ作品が継続中である。かつて当ブログでも扱った「キュウレンジャーvsスペーススクワッド」でも「世界忍者戦ジライヤ」が実に地味に活躍したり、ニンニンジャーにおいてジライヤが共演したりと、メタルヒーローの復古はもはや“アリ”となったのが、ギャバン復活以降ここ数年の東映ヒーローのトレンドでもある。

 だったら「世界忍者戦ジライヤ」を書け!とおっしゃるのも無理はない。事実筆者もその流れを想定して「忍者キャプター」を書いたのである。またすでに作品内で告知されているように、2019年のスクワッドシリーズでは、レスキューポリスシリーズの登場が決定している。それならレスキューポリスを書きなさいよ! 「特警ウィンスペクター」から3作品書き始めなさいよ!とびびる大木さん並にお叱りを受けること請け合いであるが、ちょいと忘れちゃいませんか? ジライヤとウィンスペクターの間に挟まれて、その橋渡しをしていた作品があることを。そんなわけで、今回は年をまたいで、「機動刑事ジバン」を扱います。えーっと、いろいろ能書き垂れましたが、要はうっかり見ちゃった、てへっ!

続きを読む

「真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ」~たりない尺と原典依存と~

 当ブログでの本作の登場をどれほどお待ちいただいていたかどうかは全く分からないが、お約束通りの登場となります。まあ今回はたった4話分。しかも1話30分ほどのOVAなので、それほどの時間はかからないだろうとタカをくくっていたら、案の定、時間がかかってしまった。理由はわかりきっている。書くことが思いつかないからだw でも巨大ロボットアニメとしては十分面白い。そのあたりの齟齬については、あとで書くことにして、とりあえず筆を進めよう。そうでないと、また遅延に次ぐ遅延となってしまい、いつになっても「新ゲッターロボ」にたどり着かない。

続きを読む

「さよならジュピター」~特撮ファンの落胆と奮起~

 本ブログのコメント欄までご覧の方には、いつぞやのコメント返しで予告しておりました、満を持してお送りする「ヒトネタ」がこれでございます。
やーい、ガッカリしたでしょうwww 
 なんで時間がかかったのかは、いつもの通りでございまして、本編を見る以前に、当時の資料などを引っ張り出すのに時間がかかったからとしか申し上げられない。

 この作品のどこがそれほどの「ヒトネタ」なのか?
 このブログではままあることですが、ちょいと古い話にお付き合いください。話はこの映画が公開された1984年の前年から始まる。それまで日本のSFを牽引していた作家・小松左京氏のSF映画作品は、氏の代表作である「日本沈没」(1973)の大ヒットがあり、角川映画による大規模宣伝効果も相まってヒットした「復活の日」(1980)がすでにあった。その小松左京原作の新作SF映画が公開するとなれば、SFファン、特撮ファン、映画ファンはこぞって注目していたわけさ。当時も今もSF専門誌はさして多くはないが、老舗の映画会社東宝が送り出すSF大作に、総じて胸をときめかせていたし、「週刊TVガイド」のようなTV情報誌なども本作にページを割いていた。年が改まって1984年。いよいよ3月の公開が迫ると、メディアへの露出も多くなり、映画の主軸となる特撮部分の撮影風景やキャストが映画について語る場面も多くなる。緻密で精巧なメカニック群、1977年に公開された「スターウォーズ」で使用されたモーションコントロールカメラやシュノーケルカメラなどの撮影機材による新しい映像技術の導入など、事前情報は振りまかれ、日本映画界に、日本特撮界に新しい風が吹くことを、誰も疑わなかったのである。期待だけがいや増していった。当時14歳の筆者は、そんなお祭り騒ぎの中、映画公開となる1984年3月を迎えたのである。

 ところがwwww

 ここから先は、本編についてお話をしてから、ゆっくりと語っていきたい。

続きを読む

逸脱!見逃し映画考~タイミングずれの作品たち~

 これからご紹介する映画2本は、もはや2018年作品ではなく、単に筆者が積みっぱなしでほったらかしていた作品だ。したがってタイトルから2018年もなくなったわけで。

「007 スペクター」(2015)
 シリーズが大好きな筆者にとっては、次回作にもダニエル・クレイグが続投するという話に心から喜んだが、前作「スカイフォール」にて、あまりにもジェームズ・ボンドという人間の人となりにメスを入れてしまったことについては、ちょいとばかり懸念があった。本作「スペクター」においてもその傾向が顕著だとの事前情報があったため、興味をひかれるよりも心配が先に立ってしまい、BDを買ったはいいがついついほったらかしてしまった。

 物語序盤はお祭りに騒ぐメキシコでの大乱闘。その見せ方の面白さ、アクション、破壊のカタルシス、その派手さ加減など、どれをとっても一級品! ダニエル・ボンドの面白さを見せつけるのだが、一転して物語は廃業に追いやられようとするMI6が、ボンドの活躍の陰でその立場を危うくしているという展開が待ち受け、見ているこちらの機先を制するように「あはは、そうだよねー」と落ち着かせてくれる。Mに問い詰められても真実を応えるそぶりを見せないボンドは、前作で死んだ前任のMの遺言ビデオに従って動いていた真実が発覚。物語が進むうちに新任Mにマネーペニー、そして開発担当の奇才Qを担ぎ出して、たった4人のMI6が難敵に立ち向かうラストまで見せきってくれるあたりは、実に痛快な筋立てだ。

続きを読む

2018見逃し映画考・その3~彼方の銀河と未来の東京と~

「スターウォーズストーリー ハン・ソロ」
 2018年の6月に公開となったスターウォーズ・シリーズのスピンオフ作品。スピンオフとしては「ローグ・ワン」に続いて2作品目となるが、「ローグ・ワン」がエピソード4の前日談で、直接エピソード4につながるように作られているのに対し、本作はエピソード7にて息子に殺害されたハン・ソロのルーツにふれる物語となっている。

惑星コレリアンを脱走したハン・ソロが、相棒チュー・バッカと出会い、愛機ミレニアム・ファルコン号を手にするまでの物語だ。文章にすればたったこれだけ。だが故郷を脱出して、偶然とはいえ帝国軍の歩兵となり、そこで偶然出会ったチュー・バッカや盗賊たちとさらに脱走し、エネルギー輸送列車を襲って一儲けを企むものの失敗。その失敗を取り返そうと、やはり思い付きのようにエネルギー採掘惑星で精製前のエネルギーを盗むついでに反乱を起こし、持ち帰ってエネルギーを精製した場所で、反乱勢力に遭遇。帝国側への叛意を含まれたハン・ソロは、帝国に連なる雇主への反抗作戦を企てることになる。

続きを読む

2018見逃し映画考・その2~アメコミヒーローたちの去就~


「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」
 日本では3月に公開された、マーベル・シネマティック・ユニバースに連なる作品である「ブラック・パンサー」を未見のまま、本作に進んでしまった。正直に告白すれば「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」2作品についても未見なので、本作の最凶の悪役であるサノスやガーディアンズに登場するガモーラとサノスとの関係性など、細かい点はよくわからないけれど、それ以前のシリーズの知識を総動員してみる分には、十分に楽しめた。

 筆者はマーベルやD.C.のアメコミヒーローの実写映画を見るたびにいつも思うのだが、こうした映画を見ていると、つい声を出してしまいそうになる。本作でも終盤にソーが地球に帰還して参戦するシーンではやっぱり声が出たし、物語やアクションの盛り上がりを見ては声が出る。ハルク・バスターが攻撃を受ければ痛みでうめき、サノスの軍隊にやられたマーベル・ヒーローズを見れば涙する。そんな感情を掻き立てられるシーンが連続するこの映画を、もし劇場で見ていたとしたら、まわりの観客に奇異な目で見られることだろう。海外の劇場では観客の心の赴くままに歓声を上げたりするらしいが、日本ではそんな風習はない。だからこその家庭用視聴環境なのだ。遠慮なく声を出すことができた。それは本作の楽しさの本質であると思う。

続きを読む

プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
48歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitterやってます!

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺★Nessun dorma

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->