FC2ブログ

トップページ(作品リスト・・・のようなもの)

 いらっしゃいませ、こちら「波のまにまに☆のアニメ・特撮のゆる~いコラム」です。
本ブログでは厄年をとうに過ぎてしまったおやぢヲタが、アルバイトと親の介護の隙間で視聴した作品についてのほほ~んと語っていくブログであります。批評、批判めいた記事もありますが、基本的にはこれまでと少しだけズレたアニメや特撮作品の見方を提案したり、あまりよそ様のブログでは取り上げない作品をご紹介するブログです。再視聴や映像ソフト購入のガイドとして参考にしていただけたら幸いです。

 なお、このトップページの「続き」では、記事ではなく作品で検索しやすいようにと、「作品リスト」を掲載しております。右隣の「全記事表示リンク」ではわかりにくいと思われるため、このリストの制作を思い立ちましたが、まだリンクが不完全です。できる限り早めにリンクを完成させます。こちらから記事を探していただき、気になる作品の記事をお読みいただければと存じます。

 ブログ開設より1年以上が経過し、単純に取り上げた作品数だけで160作品以上になりました! 深夜アニメの青田買い・最終回などの短い記事も考慮すればそれ以上になります。1作品に2回、3回と分けた記事もあります。残念ながら1記事のほとんどが長文です。修正のために自分で読み返しているうちに眠くなります(泣)。

追記
 2012.9.11 再度最新までのリンクが完了しました!

続きを読む

スポンサーサイト



「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」を見ちゃった

いやあ、見ちゃいました。先に「ゴーショーグン」を書き始めちゃったせいで、遅くなりましたが、実は公開後3日後ぐらいに見にいっちゃいましてね。ものすごーくいろいろ語りたいことがあるけど、例によってエヴァらしいテクニカルタームが頻発し、その謎解読をするサイトやら動画やらも見ましたが、そんなことはどうでもよくて、ただただ完結したこと、しかも見ているこちら側が不思議と安堵する内容だったことに、心地よく酔えたことも手伝って、文字にするための時間を醸成したい気持ちにさせられました。おかげで公開後1か月程度経過したあたりで、感想交えていろいろ書いてみたいと思います。多くの人にとっては、特に謎解きをメインに考えている人にとっては、何にも意味がない文章だとは思いますが、もしお付き合いいただけたら幸いです。そして25年に感謝です。

続きを読む

劇場版「戦国魔神ゴーショーグン」2編~オワコンなんて言わせない!~

 前回TVシリーズの解説を終え、今回は劇場版2作を扱ってみたい。なお、これ以外にも多くの小説が執筆されており、現在は絶版状態になっているため、そちらの取り扱いは、2021年現在無理ですので、ご了承いただきたい。さてこの劇場版2作品、どちらも小品ながら、当時のキャラクター人気にあやかって作られた作品ではあるが、片方はTV版からの抜粋で作られた再編集的な映画で、劇場版「宇宙戦艦ヤマト」や劇場版「機動戦士ガンダム」にあやかって作られた作品ではあるが、何よりキャラクター人気ゆえに、その再編集方針が垣間見える作りになっており、まことファンに迎合する作りになっている。そしてもう一方の作品は、完全なるスピンオフ作品であり、原典である「戦国魔神ゴーショーグン」に、良い意味でとらわれることなく製作されている。この「良い意味でとらわれることなく」の点が最大のポイントであり、スピンオフとはいえ、これほどまでにファンサービスに徹することができたのも、ファンの熱狂と作り手の確かな手ごたえがあったからだと心から思う。

続きを読む

戦国魔神ゴーショーグン~その3・宇宙のソウル、人類の試練~

 ケルナグール、カットナル、ブンドルのドクーガ3幹部。憂さ晴らし用の個人メカを持つケルナグールに、安定剤などの薬を常用するカットナル、そして「美しい」を決め台詞に、彼の思う美醜に一体どんな基準があるのかわからないブンドルと、それぞれのキャラ立ちが凄まじい。特にブンドルに関しては3幹部の中でも情報作戦参謀的な立場もあり、3人が共闘することもあるので、出番も多い。また序盤からグッドサンダーのレミーにご執心のご様子で、12話ではモニター越しながら直接対話している。そのご執心のレミーに、ブンドルがまたぞろちょっかいを出してくるのが、15話「熱砂の女王」である。

 エジプトを舞台に撮影される映画の現場へとやってきたレミーとケン太。ところが監督に請われて、レミーがクレオパトラ役の代役にスカウトされる。レミーは報酬として指輪をもらう。だが撮影隊はドクーガの一味であり、罠にはまってレミーは囚われてしまう。真吾とキリーは助けに向かうも、ピラミッドに偽装されたドクーガ基地に潜入する。現れたドクーガのロボットは、グッドサンダー基地を襲う。レミーを助け出した真吾たちは、ミイラロボットを排除して脱出。ゴーショーグンと合身してドクーガロボットをゴーフラッシャーで葬る。レミーがもらった指輪は、ブンドルが用意した探知機とカメラが仕込まれていたが、レミーは真吾とキリーの前で指輪を放り投げる。ブンドルの企みは失敗に終わる。(15話)

続きを読む

戦国魔神ゴーショーグン~その2・ノリと勢いは大事ですw~

<ツッコむべきは?>
本作の物語を先に進める前に、どーっしても触れておかなければならないことがある。筆者が本作を放映していた当時から、40年来思い続けていたことだ。それは何か? 主題歌ですよ、しゅ・だ・い・か!

OPをかざる「ゴーショーグン発進せよ」は作詞・荒木とよひさ、作編曲・あかのたちおの布陣で製作された。作詞を担当した荒木とよひさ氏は、これまで数々の名作を手掛けてきた作詞家で、有名なところでは、音楽の教科書や歌集にも掲載されている「四季の歌」、テレサ・テンの「つぐない」「時の流れに身をまかせ」、堀内孝雄の「恋唄綴り」、わらべの「めだかの兄妹」「もしも明日が」、必殺シリーズ関連なら中条きよしの「櫻の花のように」や藤田まことの「月が笑ってらぁ」など、枚挙にいとまがない。またアニメ関連も多く手掛けており、「魔法のプリンセス ミンキーモモ」の正副主題歌、「おはよう!スパンク」、「魔道王グランゾート」などの主題歌も手掛けている。筆者的には「鳥人戦隊ジェットマン」の正副主題歌も彼の手による作品だ。そんな彼が手がけたにしては、明らかにツッコミどころが多すぎる。以下、歌詞を引用しながら解説していこう。

続きを読む

戦国魔神ゴーショーグン~その1・爛熟期のロボットアニメ~

 ロボットアニメの栄枯盛衰の中では、様々な作品を世に送り出されていた。原初に「鉄人28号」があり、マーチャンダイズの成功がカギとなり大ヒットした「マジンガーZ」をはじめとするマジンガーシリーズや「ゲッターロボ」シリーズのダイナミックプロ作品の数々を勃興期とすれば、その後に登場した東映やタツノコ、葦プロ、国際放映などなどの製作会社が送り出した数多くの作品はまさに爛熟期といっても差支えないだろう。70年代中盤から後半にかけて跳梁跋扈したロボットアニメは、当時のアニメの歴史とおおむね符合する。この時期のアニメが後年研究対象としてとみに面白いと思えるのは、たとえば作品を製作する会社の栄枯盛衰や、第一次声優ブームの盛り上がりと次世代の話など、様々な側面で語ることがあり、どの側面でも数冊の本が書ける内容だと思えることだ。作品の性質が巧みに世相を取り入れることを考慮すれば、ロボットアニメとてTV番組の一種であることは疑いえず、時代の要請に従って徐々にその影を薄くしていくのは、TVというメディアの宿命でもあるから、仕方がない。だが多くのTV局や多くの製作会社が、「マジンガーZ」で成功を見たマーチャンダイズの成功を見て、2匹目のドジョウを狙ったとしても、誰がそれを責めるだろう。おかげで筆者ら昭和を生きた人間は、数多くのロボットアニメを享受し、CMに流れるおもちゃを眺めやり、それを欲しがったのだ(買ってもらえたかどうかは、この際どうでもいいwww)。

続きを読む

私的!アニソン殿堂入り15選(2021年版)

 年末から年始にかけて、ぼけーっとTVなんぞを見ておりましたらね、いくつかの懐メロ的な番組をやっておりましてね。筆者の生まれが1969年ですので、70,80,90年代という30年は、まさに日本歌謡界が百花繚乱の時代でありました。2000年を超えたあたりからめっきり見る機会も減ってしまった音楽番組ですが、2000年代以降の曲はわからないまでも、それ以前の楽曲が紹介される場合は、もう本当に楽しくて懐かしくって、仕方ないわけですよ。これがアニソンを紹介する番組になると、最近は2000年代の曲が中心で、イベントや番組もそういう曲や出演者で構成されるから、50歳を超えたジジイには縁がない。その一方で「懐かしの!」という単語がつけばシメたもんで、出演者もささきいさおさんとか水木一郎さんとか堀江美都子さんとか前川陽子さんなんかが登場し、ステージを盛り上げてくれる。まあ今年の年末年始にはこうした主旨の番組がなかったわけで、ちょっと残念でした。思い返してみれば、「ニコマス昭和の日メドレー」ってのは、そうした筆者の昭和の想い出を吐き出しているようなもので、ニコマス動画関連として主催者様やPさま方にはお目汚しをし続けている一方で、書いている当人はものすごく楽しい。もちろんニコマス好きな皆様へ向けた記事であるから、それ以外に需要があるとは思えないのだが、筆者の中のアニソン観みたいなものを語ってみたいと、急に思いついちゃったのだ。

 ここからご紹介する15曲は、あくまで筆者の中の殿堂入り15選でしかなく、順番もランキングではありません。あれがない、これがないなどとコメントいただきましても、あくまで筆者の中の15選でしかないので、あしからず。なお、先述のように筆者の生まれ年から想像していただければお分かりになるかと思いますが、80年代多め、2000年代以降はほぼ皆無となっております。どう頑張っても90年代までで精一杯w それでもできる限り多くの方に読んでいただきたいと思いまして、出来る限りちりばめてみました。もし興味がおありの方は、お読みくだされば幸いです。

続きを読む

プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
50歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitterやってます!

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺★矢島正明→麦人→玄田哲章

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->