トップページ(作品リスト・・・のようなもの)

 いらっしゃいませ、こちら「波のまにまに☆のアニメ・特撮のゆる~いコラム」です。
本ブログでは厄年まっただなかのおやぢヲタが、再就職活動の暇にまかせて、視聴した作品についてのほほ~んと語っていくブログであります。批評、批判めいた記事もありますが、基本的にはこれまでと少しだけズレたアニメや特撮作品の見方を提案したり、あまりよそ様のブログでは取り上げない作品をご紹介するブログです。再視聴や映像ソフト購入のガイドとして参考にしていただけたら幸いです。

 なお、このトップページの「続き」では、記事ではなく作品で検索しやすいようにと、「作品リスト」を掲載しております。右隣の「全記事表示リンク」ではわかりにくいと思われるため、このリストの制作を思い立ちましたが、まだリンクが不完全です。できる限り早めにリンクを完成させます。こちらから記事を探していただき、気になる作品の記事をお読みいただければと存じます。

 ブログ開設より1年以上が経過し、単純に取り上げた作品数だけで160作品以上になりました! 深夜アニメの青田買い・最終回などの短い記事も考慮すればそれ以上になります。1作品に2回、3回と分けた記事もあります。残念ながら1記事のほとんどが長文です。修正のために自分で読み返しているうちに眠くなります(泣)。

追記
 2012.9.11 再度最新までのリンクが完了しました!

続きを読む

スポンサーサイト

「シルバー仮面」~その1・苦境を切り開くもの~

 過日、池谷仙克氏が鬼籍に入られた。2016年10月25日のことだ。筆者はひし美ゆり子さんのツイッターでその訃報に接した。各種報道のどれよりも早いニュースであったはずだ。著名な映画監督による作品の美術を担当するかたわら、成田亨氏に師事して円谷作品の特殊美術を担当していた方だ。池谷氏が生前、作中に登場する宇宙人のデザインをすべて手掛けた作品がある。それが今回ご紹介する「シルバー仮面」だ。往時の氏をしのびつつ、この作品にじっくり触れてみようと思う。

続きを読む

「惑星大戦争」と「宇宙からのメッセージ」~便乗商法という花火~


 夏の夜空を彩る花火。筆者の住む東京東村山市だと、都内の有名花火大会などに行くことの面倒くささを考えれば、最寄りの西武園で夏の間、毎週土日に行われる花火大会は、ありがたいイベントだった。高校生の頃、初めて付き合った女の子とデートした思い出すらある。ところが昨今、この花火大会がなんだか問題だ。花火大会の帰りに事故が起こったり、今年の夏は花火のかけらが落下して頭部陥没とか、あまりいい話を聞かない。
そも「打ち上げ花火」というのは、打ち上げてパッと開いては散るイメージから、継続性のない単発的な仕事を示す言葉としても使われ、決していい印象の言葉としては使われていない。どうしてこんな話をするかといえば、今回ご紹介する2本の映画作品が、時代の流れの中でまさに「花火」、しかも便王商法という名の花火として作られた作品だからだ。とはいえ、この2作品が大傑作だなんて持ち上げるつもりはさらさらない。ただし、見るべきところは取り上げておきたいし、何ゆえこの2作品が当時の日本で大作たりえたのかは、押さえておいたほうがいいだろう。そんなわけで東宝が作った「惑星大戦争」と東映が作った「宇宙からのメッセージ」の2本についてお届けしたい。

続きを読む

「X-MEN」シリーズ~遠く時の輪の接するところで…~

 この夏の洋画イッキ見シリーズもこれで終わりとしたい。筆者自身としてはもう少しタイミングをおいてやりたかったのだが、合間にはさむ作品を絞りきることができず、少しまとまった時間が取れるとついシリーズ映画を見続けてしまったために、この夏はシリーズ洋画イッキ見ばかりとなってしまった。そこで今年のイッキ見シリーズの締めくくりとして、現在公開中の作品でもある「X-MEN」としてみた。現在公開中の「アポカリプス」が新シリーズの最終章として公開され、旧シリーズ3作、新シリーズ3作、スピンオフ2作品というシリーズ構成になっている。このシリーズが面白いのは、魅力的なミュータントと呼ばれる能力者たちが、人類と共生する派閥と人類を従順させる派閥に分かれてしのぎを削る物語なのだが、その中に含まれるキャラクターの悲喜こもごもがドラマを彩る。旧3部作は2000年代の物語で時間の推移が小さい。ところがスピンオフおよび新3部作によって旧3部作の物語のあった時間を大きくまたいで物語が展開する。これにより不思議なタイムリープSFとなるびっくり展開となるところが面白い。新3部作によって旧3部作がどのように扱われていったか? これこそが今回のシリーズ俯瞰の視点である。

続きを読む

「シン・ゴジラ」を見た後で見るゴジラシリーズ

 「シン・ゴジラ」、皆さんもう観ましたか? 私は観ました。すでに2度。もうね、全編興奮しっぱなし。いいわあ「シン・ゴジラ」。しかもね、見終わった人々がネット上やツイッター上で賛否両論、意見百出、喧々諤々。これね、平成ガメラシリーズの時に現在のネット状況があったら、間違いなくこんなお祭り騒ぎだったろうなって想像するとわかりやすいかな。段階を経て進化するのはゴジラじゃないとか、背びれや尻尾からの攻撃はゴジラじゃないとか、そういう細かいことはいいんだよ。だって映画として、ゴジラ映画として本当に面白いんだから。ポリティカル・フィクションとしての前半と、国際社会の中での日本の立ち位置の気まずさの後半、そして現在の日本の全力を見せたラストバトルの興奮という構成が実に巧みで、全くだれることなく最後まで見せきる力強さは、少なくともこれまでのゴジラシリーズにはないものだった。まあ豪快にいろいろすっ飛ばしてでも見せたいものを優先しちゃった娯楽作「FINAL WARS」(2004)ってのもあるけどさw

 でね、こんないいゴジラ映画見ちゃった後で、過去のゴジラシリーズを見直してみるとしても、いったい何を見ればいいのか? その命題に対していくつかの答えを、筆者なりに選んでみたいというのが、今回の主旨です。

続きを読む

映画「ロボコップ」シリーズ~企業倫理はどこまで許されるのか?~

 007シリーズ、スーパーマンときて、次は何にしようかと悩んだ挙句、以前「エイリアン」シリーズから「プロメテウス」を俯瞰したときに、ツッコミ足りなかった部分を補強すべく、1つのシリーズに思い当たって選んでみた。それが「ロボコップ」シリーズだ。1987年から1992年にかけて3作が公開され、2014年に新規に作り直された。ちょっとだけスーパーマンのシリーズに似ているが、2014年版は後日談ではなくリブート。今回も20世紀フォックスから発売されているBD-BOXで鑑賞した。

本編に入る前に、今回の俯瞰の視点だけ掲げておくとしよう。それは企業倫理の点だ。最初の3部作でも2014年版も、背景にあるのは荒廃したデトロイトというアメリカの都市と、そこに本拠地を持つオムニ社という巨大な企業の実効支配という事実だ。警察はオムニ社により買収されており、デトロイトという都市もオムニ社に借金している。デトロイトで行われている企業活動も人々の生活も、犯罪までもがオムニ社の支配下にある世界観の上で物語が成立している。一般市民も市井の人々も、オムニの支配にうんざりしながらも、その手を払いのけられない経済的状況があり、オムニはそこに付け込んで好き放題しているのである。だが、オムニ社が企業体である以上、どれほど好き勝手にやっても企業倫理という物がある。この映画では超法規的に企業倫理を超えた活動をしてのけたオムニ社が、どんな目にあっていったか? そんな視点で俯瞰してみたい。

続きを読む

マンガの時間(2016.07)

 母親の介護の合間に漫画を読んだりゲームをしたり。およそ40歳を半ばも越えた男が、何をやっとるのかと怒られそうだが、まあ時間をやりくりして上手いことやっているぐらいで、大目に見ていただきたい。毎度ネタがなくなると、読んだ漫画を紹介し続けている「マンガの時間」シリーズで、文体から構成から、何から何まで場当たり的に記事を書いているせいで、今回もこれでよかったっけ?的なスタイルで一記事でっち上げようかと思います。 溜めに溜め込んだ漫画ネタ、長いぞwwwwa

続きを読む

プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->