FC2ブログ

トップページ(作品リスト・・・のようなもの)

 いらっしゃいませ、こちら「波のまにまに☆のアニメ・特撮のゆる~いコラム」です。
本ブログでは厄年をとうに過ぎてしまったおやぢヲタが、アルバイトと親の介護の隙間で視聴した作品についてのほほ~んと語っていくブログであります。批評、批判めいた記事もありますが、基本的にはこれまでと少しだけズレたアニメや特撮作品の見方を提案したり、あまりよそ様のブログでは取り上げない作品をご紹介するブログです。再視聴や映像ソフト購入のガイドとして参考にしていただけたら幸いです。

 なお、このトップページの「続き」では、記事ではなく作品で検索しやすいようにと、「作品リスト」を掲載しております。右隣の「全記事表示リンク」ではわかりにくいと思われるため、このリストの制作を思い立ちましたが、まだリンクが不完全です。できる限り早めにリンクを完成させます。こちらから記事を探していただき、気になる作品の記事をお読みいただければと存じます。

 ブログ開設より1年以上が経過し、単純に取り上げた作品数だけで160作品以上になりました! 深夜アニメの青田買い・最終回などの短い記事も考慮すればそれ以上になります。1作品に2回、3回と分けた記事もあります。残念ながら1記事のほとんどが長文です。修正のために自分で読み返しているうちに眠くなります(泣)。

追記
 2012.9.11 再度最新までのリンクが完了しました!

続きを読む

スポンサーサイト



「ニコマス昭和メドレー11」不完全解説~令和という時代に想いを馳せる(完結!)~

 平成から令和へ元号が変わっても、自分自身の日常になんら変化がないことは、昭和から平成になったときを覚えている身としては、当たり前のことのように受け止めている。さて当ブログをご覧の皆様にとって、平成とはどんな時代だっただろうか。筆者は20代から40代を過ごした時代ではあるが、とてもじゃないが素晴らしい時代だったとはいいがたい。地質屋さんとしてなりそこないの科学者の側面をもつ筆者としては、あまりに多くの災害があったことが、どうあっても忘れがたい。阪神淡路大震災に東日本大震災、何度となくおとずれる地域地震や台風による被害など、それに伴う多くの人々を失った事実は、決して忘れられることではない。地質学的な話でいえば、こうした事象は「イベント堆積物」という形で地層に刻まれることになり、後の地質学者に書面で残された事実を補完することになる。だが時間が立てば人間の記憶からは忘れ去られてしまう。仕方のないことではあるが、それも事実だ。一方で人間の生活はそんな地層の記憶など、どこ吹く風で、その上に構造物を乗っけてしまう。災害の記憶を封じてしまうかのように、地層の強度を数字で評価し、それに見合った改良を施してまでその上に建物や構造物を乗っけるのだ。筆者はこうした地層に刻まれた記憶に想いを馳せるような仕事がしたかったのだが、現実には数的評価しかできなかった忸怩たる思いがある。そんな思いは、逆に自分が大好きだったものへの興味、特に時代の流れの中での輝きを点描することに興味が移っていく。このブログを始めた理由でもある。普段はアニメや特撮作品を扱う当ブログが、芸能史やテレビ番組史などを扱う数少ない機会、それこそがニコマス昭和メドレーの記事を取り扱うチャンスである。そんなわけで、今回も気合いを入れて不完全解説やっていきたいと思います。ちなみに「平成メドレー」が登場しても、筆者は解説しません。平成、好きじゃないもんw

 不定期更新の当ブログ、全記事が仕上がるまで更新を滞らせるのは忍びないので、今回に限り、完成したパートから不定期にアップする方法を取ろうと思う。おそらく全記事が完成するまで1か月ぐらいはかかりそうなので、のんびりと気長にお付き合いいただければ幸いです。


続きを読む

「新ゲッターロボ」~ゲッター線は何を求める?~

 ゲッターロボのOVAシリーズも、本作を持って3作目。TV版3作品を除けば、他にアニメ化された3作品はこれですべてである。もういっそTV版もやりたいのは本音なのだが、すべてを手元にそろえるのは、金銭的に無理なのであきらめることにする。もちろんネット動画などで見ることもできるのだが、レンタルでもなんでも、できる限り映像ソフトを視聴して、円盤の購買につなげたいという思いがあるので、この趣旨に沿っていきたい。ご了解いただきたい。

 「真ゲッターロボ」ではインベーダー、「真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ」では再びの恐竜帝国の帝王ゴールを敵に回して、各々の作品でゲッターロボが大活躍するが、本作においての敵は「鬼」である。神出鬼没で生命力にあふれ、人間を襲い、首を落とされない限り再生してくる。そんな鬼たちの謎の出自に、竜馬たちは振り回されることになる。鬼はどこからやってくるのか、そして鬼と呼ばれる生命体の正体とは何なのか?

続きを読む

アニメの過去作がかえりみられない話~老害アニヲタのつぶやき~

 過日映画「レディ・プレイヤー1」に関して記事を書いた折、オタクとはジャンルのクロスオーバーを楽しむものであると書いた。これ自体は今も昔も変わらないと思っているし、その人がどれだけ作品やジャンルに特化しようとも、特化すればするほど掘り下げることになる。「掘り下げる」とは過去に立ち返ることであり、嫌でも過去作にふれることになる。こうなると裾野が広がりを見せ、さらなる深みへと自ら突き進んでいくのがオタクの矜持だと思っていた。

 ところがTwitterなどを見る限り、過去作をさかのぼるオタクでも、ある一定時期以上にはさかのぼらないらしいことがわかった。最近のライトユーザーはそうなのかとか、オタクの質も変わっただのと、批判的な話はなんぼでもあるが、ゆゆしきは「過去作を見ることができるオタクは、その時代にリアルタイムで見た記憶というバイアスがかかっているから」とかいう批判にも似た意見もあり、これには筆者も憤慨してしまうw

 んで、もう少し冷静になって考えてみたい。これではせっかく最新のメディアとして保存されたはずの過去作が、老害ともいえる老人オタクの趣味だけで世の中に存在し、死蔵されているだけという現状になってしまう。いや何も過去作を全て見てから語れよ!とか言っているわけではなく、このままでは死蔵されるままの過去作は、この先まったく顧みられなくなり、見ることもかなわないという状況が生まれてしまう。見なくても構わないが、見られる状態があることが大事である。それはネット環境が整った今、手軽にアニメが視聴できる贅沢な環境だからこそいえる話なのだ。

 そんなわけで今回は、そんな話をしてみたいと思います。あ、説教ではありません。おじさんたち老害の独り言みたいなもんですw

続きを読む

2018見逃し映画考・その1~現実と虚構と干渉~

 2か月ブログの更新が停止した。大したことがあったわけではなく、例によって3月から始めた仕事に集中したために、更新の気力がなかったこと、前回更新した「真ゲッターロボ」の視聴を繰り返したために、他の作品を見る余裕もなかったこと、何よりヨメと一緒にポケモンカードゲームを始めてしまったことなど、要因は様々あり、当ブログの更新を楽しみにしていただいている極々少数の皆様には、大変申し訳ない思いでございます。ここに伏してお詫び申し上げます。

 んでこの期間、映画も見に行けてないのよね。アニゴジの2作目とかマーベル関連とか、完全に見逃してしまって、更新するネタもなかったりしたのですわよ。なので夏の仕事をがんばったので、見逃した映画の映像ソフトを少しずつなんとかして、取り戻そうと思う。とりあえず10月発売の「ハン・ソロ」あたりまではこのネタとゲッター関連でなんとかしたい。あとね、誰も待ってない一ネタが伏せてあります。いつ魔法発動するかは、内緒(はーと)

続きを読む

ニコマス昭和の日メドレー10~昭和を超えて10周年~

この企画の時に、毎回言い訳から入るので、大変申し訳なく思っとります。でも毎回楽しみにしていて、動画を拝見しておりまして。毎回上がってくる動画が楽しくて楽しくて、動画が長ければ長いほど、もっとこの時間が続け!と思うわけですよ。

それがね

動画見終わったら、そこからなかなかの試練が控えているわけで。この記事も毎年やっていて、クオリティは全く上がらないwww だけど読んだらもう一度動画を見直したくなるという“つぼ”だけは外していないと自負している。動画を見て、本記事をご覧になった方には、もう一度動画を見直してほしい。そんな気持ちで記事を書いているつもりです。

さて今回のお題はフリー。そして何より大きな問題としてのしかかっているのは、作品ピックアップ時間を1989年からさらに10年広げている。ついに「昭和」すら逸脱してしまったわけだ。まいった。これには恐れ入った。他に解説適任者がいることは、百も承知している。だがここは筆者のエゴを押し通そう。これまで連続で本動画の解説をしてきた自負を、いやらしいほどに押し出して、もはや誰にもまねできない不完全解説としたい(てへ)。それでは今回も、他人のふんどしで相撲を取る企画、始まりますw

まさか6月まで引っ張るとは思わなかった。当ブログでここまで時間が空くのは珍しいことで、記事をお待ちの皆様には、伏してお詫び申し上げます



2018.06.28追記
 Pさま方より多くのコメントを頂戴しております。コメント中で記事の間違いを指摘されておりますが、前後関係をあやふやにしないため、記事はそのままにします。ご迷惑おかけして申し訳ありません。

続きを読む

最近見た映画の話しかない~メッセンジャー、ヤマト2202、ローガン~


 イマイチ調子に乗れないでいる。血圧もやや高め。去年はポケモンGOで歩いていたのを、この春の花粉症対策で怠っていたのがたたっているらしい。何せ朝起きれない。夜寝る時間がどれだけ早くても、まだ寝られる気がして仕方がないのだが、朝っぱらから寝るわけにはいかない。母親の介護もそこそこ忙しいし、何かと時間を取られていて、何かをまとまって見る時間がないので、どうにかせねばと思っている。
 そうはいっても映画は見る。今回もここ数か月に見た映画の話をしておこうと思う。あいかわらずのアメコミ脳でSF脳でヤマト脳だけど。

「メッセンジャー」~時間と決断~
 ネットによれば、本作に登場する宇宙船の形状がお菓子の「ばかうけ」に似ているもので、コラ画像が飛び回ったりして。しかもこの話をしたインタビュアーに応えて監督自身が、かなり自嘲気味に「日本のお菓子からインスパイアされた」と答えたもんだから、おかしなレッテルを貼られてしまった作品だが、内容は実に素敵なSF作品だった。
 SFの王道ともいえるように、ある日空から巨大な物体が飛来する。宇宙人が地球に侵略か?と世界中騒然となる。世界12か所に、物体は飛来していたのだ。アメリカ軍は女性の言語学者を招来し、数学者の男性と共に、自国に現れた物体に乗っている宇宙人とのコンタクトを試みる。徐々に宇宙人たちの文字を理解し始める言語学者。だが彼女は宇宙船の飛来と時を同じくして、不可思議なビジョンを夢に見て、その夢の意味を考えあぐねていた。なかなか進展しない宇宙人とのコンタクトにいらだつのは一般市民だけではない。時をおかず、小は現場にいる軍人たち、大は中国まで武力的な暴発が行動に移されていく。和解への時間的余裕は、逆に世界中の人々を追いつめていく。だが言語的に時間の概念がないこと、数学者による解析の結果、12組を1とする概念が確認されると、事態は好転する。夢とも幻ともつかない現実の中で、女性言語学者の選択が、中国の武力的暴発を防ぎ、ついには宇宙人とのコンタクトを果たす。時間の概念を持たない宇宙人が女性言語学者に見せていたビジョンとは、彼女の身に起こる未来の出来事であり、それは既定の事実であるという。だがその一瞬の判断を持って人類は未来へと進む。それは12組の宇宙人が時間をかけて生み出した合議的結論。

続きを読む

プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
50歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitterやってます!

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺★大相撲直方もち吉場所

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->