パワーレンジャー THE MOVIE(1995)~このタイミングしかないでしょ!~

 この2017年7月より、映画「パワーレンジャー」が公開される。マーベルやDCのアメコミキャラクターが劇場用作品となってドル箱化し、今年も「ソー」や「ワンダーウーマン」の公開が控えている。日本で「恐竜戦隊ジュウレンジャー」が放送されたのが1992年。物語が終了する1993年には「マイティモーフィン・パワーレンジャー」としてアメリカで放送される。変身前の人間が演じる部分はアメリカで撮影し、バトル部分や特撮部分は日本で撮影した映像を使う形態で作られた本作は、大人たちの下馬評を覆し、子供たちに大人気となり社会現象にまでなるに至る。シリーズは継続し、日本で戦隊が新作になると、アメリカでも交代するようにシリーズは継続していき、現在に至る。逆輸入されて日本でも何度か火がつきかけてはいたが、なかなか爆発的なヒットには至らない。このシリーズが面白いのは、日本の監督が現地でもメガホンを取ることもあり、その経験がさらに逆輸入されることになる。またパワーレンジャーのみのアイテムがあり、おもちゃ化されるとなかなかにカッコイイのだ。ホビー誌などでお目にかかるが、実物を見たためしがないし、何より実写で動いているのを見たことがないので、なんとも扱いづらい。「パワーレンジャー」のあらましは、こんなところだろうか。なお今回扱う劇場版はアメリカでは1995年、日本では翌96年に劇場公開された作品で、パワーレンジャーとしては劇場版1作目にあたる。アメリカでの放送では、第3シーズンを迎え、「忍者戦隊カクレンジャー」の要素が入ってきた辺りで製作・公開されている。

続きを読む

スポンサーサイト

ウルトラマンパワード~リメイクと語り直し~

 「ウルトラマングレート」が、作品を語るにあたり口ごもってしまうのと対照的に、今回扱う「ウルトラマンパワード」に関しては、語りたい点がいくつかある。最初の「ウルトラマン」のリメイクであり、90年代の特撮技術によってかつての名作がどのように変化するのか、という点もさることながら、現代的にアレンジされた科学特捜隊の未来装備や衣装、新時代に合わせた組織構成や人材のあり方など、どういった切り口でも語るべき点がある作品だ。もちろんそれは初代「ウルトラマン」というひな形があってのことで、比較対象が明確化されているが故に、語りやすいという側面がある。これはパワードという作品を語る上で重要な点で、受け手がどのように見るかを、作り手自身が十分に意識しながら作っている証明でもある。何が違って何が同じかをあげつらうことは、「ウルトラマンパワード」を楽しむにあたっての準備段階を踏んだに過ぎないと思う。もう一歩踏み込んで、何ゆえにどういう視点を持ち込んで語り直したのか? はたまた全てを放り投げてリメイクしたのか? 今回は「語り直し」と「リメイク」という2つの切り口で見直してみたい。

続きを読む

ウルトラマングレート~思いの丈をぶつけてみる~

 いつもなら、作品視聴後の感想やレビューに載せて、「こんな見方がある」とか「こんな視点で見ると」といった筆者なりの見解を述べているつもりだが、今回の作品については、そういった新しい視点よりも、筆者の思いの丈をぶつけるだけの記事になることを、最初にお断りしておく。おそらくその方が、作品に対する臨場感が増すと思われるゆえだ。

 まずはこれまでDVDでの発売もなかった「ウルトラマングレート」が、BD-BOXが2017年1月に発売されたことは、本当に喜ばしい事実だ。筆者は1990年代にセルビデオとして発売されたものを、レンタルで見ていた。同様に「ウルトラマンパワード」がTBS系列で放送された後に本作も放送されたが、その時の録画をいまでも保管している。ではそれほどまでに好きな作品だったかといわれると、複雑な感情を持て余して、どうにも口ごもってしまう。

続きを読む

最近見た映画の話とか~ドクター・ストレンジ、戦隊など~

<ドクター・ストレンジ~裏切っていたのは誰か?~>
 四の五の前フリで言い訳していても始まらないので、さくっと最近見た映画の話をしておこうと思う。1本ごと書くことも考えましたが、なんとなくそれほどのボリュームでもない気がして。
 例によってマーベルのアメコミ作品の実写化作品、マーベル・シネマティック・ユニバースに連なる1作。自信過剰とも思えるオペの技術を持つ男性外科医・ストレンジが、自ら招いた事故によって右手の自由を失ってしまう。彼が復帰を願って探し当てたのはカトマンズの修行場における修行だった。その修行の中で自身の役割を知ったストレンジは、この世界を守る目的を持って魔術師となる。指導者エンシェント・ワンの死と導きによって、闇の魔術に魅入られたかつての弟子・カエシリウスの悪行を止めるため、仲間のウォンやモルドとともに、ドクター・ストレンジは時間も空間も越えた未知の領域での戦いを強いられる。

続きを読む

周回遅れの映画2題~ローグ・ワンとバイオハザード・ザ・ファイナル~

 前回の去年の更新からすでに1か月以上更新が滞っている。何をしていたかといえば、実母がまたも腰の圧迫骨折を再発し、入院と見舞いの生活でてんやわんや。装具を直したり、コルセットを新調したり、入院している親戚を見舞うために父を車で運んだりと、なんだかんだと日々を過ごして、あっという間の年末年始を含めた1か月を過ごしていた。その間、自宅のハードディスクレコーダーが変調をきたし、とにもかくにも動く間に中身をディスクに移動させ、年明けからの新番組はほぼ録画できていない。こうなるとなにも見ていない状況で、一体何を書けばいいのやら。以上、言い訳終わり。

 そうはいってもわずかばかりの隙間を縫って、行ってきました話題作。もはや完全に周回遅れで、話題にするのも申し訳ないけれど、なんせ見ちゃったので書き残しておこうかと。今後扱う作品も未定ではありますが、この1、3月は、待望の「ウルトラマンG」と「ウルトラマンパワード」がBD化するので、この2作品だけはとりあえず触っておきたい。記事の方針も決まってないのに告知するのもどうかと思うが、まあ一応自分にいろいろ課しておかないと。ってなわけで、ここから本編、始まります。

続きを読む

シルバー仮面~その2・中と外にある3つの闘争~

<春日兄弟の試練の意味>
 10話において、春日兄弟のこれまでの苦難の旅は、父である春日光一郎博士によって課せられた試練であったというオチで終幕する。まずこのポイントについて、きちんと押さえておきたい。春日博士によって課せられた試練とは、何ゆえの試練だったのか?
 10話の終盤、星人による脅迫を退けた春日兄弟は、博士が残したメッセージを受けとり、兄弟の掌を合わせることで鍵が開かれ、完成した光子ロケットのエンジンは、光子ロケットに組み込まれることになる。この光子ロケットは続く11話にて星人によって破壊されてしまうものの、津山博士の協力を得て、春日兄弟はベム計画を立ち上げ、兄弟自身の手によって光子ロケットの改良型を開発し、父の意志を受け継いで宇宙へ乗り出していこうとする。10話終盤で明かされる春日博士のメッセージによれば、兄弟が力を合わせて困難に立ち向かい、その試練を乗り越えることこそが、試練の最大の目的であり、10話までの物語は、兄弟をステップアップするための物語ということになるのだが、もう少し突っ込んでみたいと思うのだ。

続きを読む

「シルバー仮面」~その1・苦境を切り開くもの~

 過日、池谷仙克氏が鬼籍に入られた。2016年10月25日のことだ。筆者はひし美ゆり子さんのツイッターでその訃報に接した。各種報道のどれよりも早いニュースであったはずだ。著名な映画監督による作品の美術を担当するかたわら、成田亨氏に師事して円谷作品の特殊美術を担当していた方だ。池谷氏が生前、作中に登場する宇宙人のデザインをすべて手掛けた作品がある。それが今回ご紹介する「シルバー仮面」だ。往時の氏をしのびつつ、この作品にじっくり触れてみようと思う。

続きを読む

プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺☆原田知世デビュー35周年

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->