FC2ブログ

「Zガンダム」世代の憂鬱

 ある年齢のアニメファンにとって、「ラポートデラックスの大事典シリーズ」というムック本には、それなりの思い入れがあることと思う。作品ムック本の老舗は、やはり徳間書店から出版されている「ロマンアルバム」シリーズだろうし、後進の角川書店からは「100%コレクション」シリーズなどが懐かしい。だけれど、「Animec(アニメック)」という雑誌が充実していた頃、本誌編集記事を丁寧に再編集し、キャストやスタッフインタビューなどに力を入れ、用語辞典を作り、なおかつ1,000円程度の破格の価格設定の本は、お金もないくせに、読み物としてのムック本を欲しがる、大人びた困った子供にはとても魅力的だった。当時、土曜の夕刻に放映していた富野由悠季監督作品や、ゴッドマーズ、カリオストロの城までラインナップしており、ささいな誤植を含めて、とても愛読していた記憶がある。

 そのうちの1冊である「機動戦士Zガンダム大事典」に、会川昇氏の「ガンダムよ、ゼータよ、そしてあらゆる夢の旅人達へ」というタイトルのZガンダム評が掲載されている。内容はだいぶZガンダムという作品を酷評している文章だった。そのうちの1文を以下に紹介する。

「「灼熱の脱出」というエピソード1つをとれば、はっきり85年のベストエピソードとして押すことが可能な程だった。しかしシリーズとしてそれを支えてくれることは決して無かったのだ。(本誌編集長ははっきりと。「「Zガンダム」のどれをとっても。旧ガンダムでそれよりつまらないのは「ククルスドアンの島」だけだ」と発言している。ある共感はある)」

 実のところ、本文にはこれよりももっとひどい内容が書かれている。だから現在脚本家として大活躍している会川氏に対して、だいぶ長いことわだかまりがあった。だがすでにあれから20年あまり経過し、40歳になろうかという年齢を迎えると、「Zガンダム」という作品自体を振り返れば、この発言は間違っていないと、ちゃんと思える。
 いや、この「機動戦士Zガンダム」を放送していた1985年頃に、思春期を迎えたアニメファンにとって、この作品自体に抱いている思いというのは、相当複雑なものではないだろうか?

 前作のガンダムは知っている。再放送で見たほうだ。もちろん劇場版も見に行った。イデオンの劇場版だって見に行った(当時はよくわからなかったけど)。「ザブングル」も「ダンバイン」も「エルガイム」だって見てる。だから「Zガンダム」だって見てた。ぼくらが初めて生で見る「ガンダム」なんだから、面白いにちがいない。
 僕らは「宇宙戦艦ヤマト」で盛り上がった「おたく第1世代」ではない。でもその当時にはやっていたアニメーションや劇場作品は見ている。だけど「ガンダム」を見つけて面白がるまでには至らなかった。だから自分たちが手に入れられそうな、自分たちの世代のガンダムである「Zガンダム」を手放しで受け入れようとしていたんだ。

 ところがである。世間はこの「Zガンダム」に見向きもしなかった。会川氏の酷評は、正直言われなくてもわかってるってぐらいだ。その萌芽はすでにあったんだ。同じ時間帯に放映されていた富野監督作品は、ラポートデラックスの大事典シリーズでの本人インタビューで、「駄作」だと言い続けてきたのだから。それでも「Zガンダム」を応援する人々もいた。ガンプラ作ってる連中、そしてカミーユやフォウに思い入れをした人たちだ。旧作のように、3部作での劇場版に再編集されるのを待っていたが、その願いが叶うのは20年後だった。僕たちは、「ヤマト」や「旧ガンダム」のような、自分たちの世代のフラッグとなる作品が欲しくて「Zガンダム」に飛びついたのに、せっかく手に入れた「Zガンダム」は、散々だった。でもぼくたちは「Zガンダム世代」として、それを受け入れざるを得ずに、鬱々と今を生きることになったわけだ。
 じゃあ、なにがそんなに面白くなかったのか?

 「Z」の特徴としてあげられるのは、複雑すぎるストーリーだ。だいたい物語が主人公である「カミーユ」の主体性では動かない。カミーユは積極的に自体を動かしているようで、実は戦況に流されて戦っているだけだ。だからカミーユの視点で進む話が見えにくい。そして進行する戦争の情勢が加速すると、エウーゴ、ティターンズ、ジュピトリス、そしてアクシズがからまり、さらに状況が見えにくくなる。だいたいにして本作が「連邦軍の内乱」であることに、物語当初からきちんと意識して見てました? これは戦闘シーンに直接影響する。
 旧作がモノアイを主体とするジオン軍のMSに対して、連邦軍のMSが戦う図式は、一見してどちらが何の勢力かわかる仕組みが絵として表現されている。しかし「Z」ではジオン軍性の技術が連邦に接収されている状況が進み、連邦すらモノアイのMSを乗るし、同時にガンダムMk-?を製造する。そもそもジオンの残党を刈るためのティターンズが、なぜジオン軍のモノアイMSを好んで使うのか? 理由がわかりにくい。この背後に軍需産業である「アナハイム・エレクトロニクス社」の台頭があるのであるが、それ自体もわかりにくい。つまり画面としての構成で敵味方の区別がはっきりつかないほど、状況が混乱しているということだ。

 旧作ガンダムが、アムロたち避難民の少年兵たちが、ただ生きんがために戦っていた話であり、彼らの戦場はほぼ「1年戦争」の主戦場ではない局地戦であった。しかし「Zガンダム」は。基本的にカミーユたちが戦っていた戦場はすべて主戦場であり、グリプス戦役そのものである。これも大きな特徴の差だ。旧作はアムロ達が必至に戦うという、その1点でドラマが作られていた。シャアが彼らを追うのも、連邦軍の機密奪取が目的だからだが、当然シャアの戦いが主戦場な訳はない。だからこそシャアは機密奪取のついでにガルマの抹殺を企むことが出来たし、ガルマの死がランバ・ラルを呼び込むことになり、ホワイトベースの戦いは熾烈を極め、ドラマは展開することになる。
 その一方、「Zガンダム」ではカミーユがその目で、グリプス戦役の主戦場を戦い抜く話になる。でもそれは戦記物としての面白さはあっても、それぞれの戦いが「作戦」であって、戦闘行為自体にドラマが生まれない。だから物語ははずまないのだ。たしかに小競り合いのような戦闘はあるけれど、「Zガンダム」の大枠の流れは旧作のソロモンやア・バオア・クーでの戦争がずっと続いているようなものだ。一見派手に見えるけど、戦況はあってもドラマがない。
 そしてもう一つ大きなポイントだと思うのだが、「Zガンダム」で大きなドラマが発生するのは、「フォウ」や「ロザミア」、「サラ」などのニュータイプにまつわるエピソードのときになる。このとき悲劇の経験者であるアムロやシャアが出しゃばってくる。つまり旧作に依存しないとドラマが発生しないという点だ。

 そして最大の問題は、ニュータイプの扱い方で、これは最終回のカミーユに顕著に表れる。アムロは戦争を共に戦った友人達との共感で、彼らを救い、彼らの中に戻っていった。それは「和」から広がる、優しい人と人とのつながりであり、「誤解無く理解し合える人間関係を築くことができる」ことを、ストーリーのオチとして、きれいに示して閉じていった。
 一方のカミーユは、戦争で死んでいった人々の魂とシンクロし、戦争をおもちゃにするシロッコを倒して、自己崩壊をしてみせる。これは先のアムロのニュータイプの能力とは、まったく逆の方向性で死者とつながり、その負荷に耐えられずに崩壊したように見える。現実問題として、あまりに多くの人の輪の中で、協調しきれなくなって破綻することは、よくあることだが、これには夢も希望も持てないラストである。まるで旧作で夢想したものが、Zガンダムで引き裂かれたように思えるし、この最終回は今もってトラウマになっている人もいるだろう。ある意味で「Zガンダム世代」とは、ニュータイプに夢がもてなくなった世代と置き換えることも出来るかも知れない。

 あえて言わせてください、こんなもの手に入れてうれしいか?

 われわれの憂鬱は終わらない。作品が終了して20数年が経過し、何を思ったのか富野監督自らの指揮で、「Zガンダム」を再編集して劇場公開するという。しかも再構成するにあたり、ラストのカミーユの崩壊が無かったことになっている。それだけではない、フォウの死は上海近郊となり、キリマンジャロの悲劇はなくなった。しかもロザミアも死なないという。できあがりは大変結構なものであった。新作の作画カットも見事であり、元のカットとの整合性もあわせようと必至に画質調整していたし、なによりモビルスーツ戦のすばらしさは、見た者を圧倒する出来ではある。でもカミーユの崩壊に納得し、受け入れ、それを自分たちの世代のフラッグであると信じてきた人間にとっては、裏切りにも似た行為ではなかったろうか? ことここにたり、「Zガンダム世代」は、完全にひねくれるのである。

 ぼくらは、「ヤマト」や「999」の絶頂期にそれを傍目で見ながら、きっとうらやましかったんだと思う。そして幼かったから「ガンダム新世代宣言」に参加できなかったことを、残念だと思っている。逆に「エヴァンゲリオン」のブームの時には、すでにすれっからしで、みずみずしい感性であの物語を直視できず、細かいガジェットの謎を追って、自分をごまかすしかなかったんだ。

 そして「萌え」の時代。生きにくいよなあ・・・・。
スポンサーサイト



テーマ : 機動戦士ガンダムシリーズ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
50歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitterやってます!

カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺★大相撲直方もち吉場所

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->