スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版「宇宙戦士バルディオス」~時代の逸品? いえ珍品~

 世の中、どうにもならないことってあるものである。そのどうにもならなさ感は、イコール「大人の分別」というものかもしれない。人間あきらめが肝心であるともいうではないか。だが事が地球全体を汚染し、地球人類が滅亡の危機に瀕するなどという、とてつもない話に及べば、はたしてどれだけの人間のあきらめが、この事態を許容できるだろうか?「宇宙戦士バルディオス」という作品を見ていると、「あきらめる」という決断をしたものが進む末路、希望を見出せない未来には何もつかむことができないことを思い知らされる。歴史に「if」が無意味なように、すでに完成しているフィルムとしての作品にも「if」は無意味である。しかしそこから読み取れる作り手が込めた思いだけは、汲み取って明日につなげたい。

 そもそも「宇宙戦士バルディオス」はTVアニメとして1980年にテレビ東京系列でスタートした。だが視聴率不振や関連商品の売り上げ不振により、放送時間枠の変更を余儀なくされた上に、打ち切りとなった作品である。39話の放送が予定されていたにも関わらず、32話を31話として繰り上げて放送し、全31話の物語となった。なお現在バラ売りで販売されているDVDシリーズでは、34話までが完成作品として鑑賞可能である。また実際には39話まで絵コンテが完成しており、放映当時に発売されていた豪華本では39話までのストーリーが確認できるらしい。この未完成の39話を再編集、本作のヒーローとヒロインであるマリン(演:故・塩沢兼人)とアフロディア(演:戸田恵子)の悲恋物として再構成され、アニメ映画の目玉のなかった1981年12月に公開された。作り手たちはこの物語を「大人の鑑賞に耐えうる」物語として制作していたらしいのだが、私にとっては個々のエピソードをつなぎあわせて、雪崩をうって悲劇に向かうことを諦観する物語に見えてしかたがなかった。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺@53.8

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->