FC2ブログ

「超電子バイオマン」~その1・バイオ粒子の鎖のもとに~

 現在までの長きに渡る「戦隊シリーズ」。その最初期の転換期は「バトルフィーバーJ」(1979)にある。色を基準とせず、国とダンスをモチーフにキャラクターを組み立てたこと、そしてなにより、巨大ロボットを登場させ、それまで等身大キャラクターのみであった戦闘シーンを、巨大ロボ戦とパラレルで描いたことである。
 2度目の変革は「太陽戦隊サンバルカン」(1981)で、主要キャラクターが3人に減じたこと、そして前作の悪役。へドリアン女王が続投し、前作「電子戦隊デンジマン」(1980)とつながるストーリーを展開したことである。
では3度目は?と聞かれると、これが返答につまってしまう。なぜなら、サンバルカンの後番組として制作された「大戦隊ゴーグルファイブ」(1982)を起点として、さまざまなテコ入れが行われているからだ。「ゴーグルファイブ」では3機合体のロボットに、空母が1機という編成であるが、合体にかかわるのは3人で後の二人は空母に残るため、最後のロボ戦にかかわらないメンバーがいる変則的な編成であった。続く「科学戦隊ダイナマン」(1983)ではアニメ作品などで著名なデザイナー・出淵裕氏が参加することで、特に敵デザインに大きな変化をもたらした。物語終盤で登場する「ダークナイト」などは、出淵氏の「ハカイダー」好きが高じてデザインされた悪のヒーローである。また地味ではあるが本作で主人公たちに巻かれていたマフラーが廃止、変身後のスーツが改良されたことで、首回りをマフラーで隠す必要がなくなった。そして今回のお題である「超電子バイオマン」(1984)を経て、さらに翌年の「電撃戦隊チェンジマン」(1985)では、敵宇宙獣士が等身大戦でやられて巨大化するのは元に戻ったが、等身大戦を決める必殺技が、肉体を使うものではなく、主役5人がそれぞれ持っている小型のバズーカを合わせて巨大な一つのバズーカとする兵器が登場する。これにより「5人の力を一つに合わせ」という戦隊が持っているテーゼがそのまま実体化して、画面からわかりやすく視聴者に伝えることができるようになる。
 こうした1982年から1985年までを戦隊の変遷を駆け足で見れば、この数年で現在まで連なる戦隊シリーズの基礎が形成されていることが分かるだろう。それほどこの4年間というのは、戦隊シリーズの中興の祖となる重要な作品群なのである。特にそれまでの戦隊シリーズの持つ設定の数々をあっさり捨て去り、ドラスティックに変革したのは、今回のお題である「超電子バイオマン」であったにちがいない。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 特撮
ジャンル : サブカル

プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
50歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitterやってます!

カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺★真央ちゃんで浄化

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->