FC2ブログ

アイドルソングのあれこれ~好き嫌いはおいといて~

 昔からアイドルソングがわりと好きです。なぜかと言えば、「アイドル」とは「時代の代表」であり、彼や彼女たちに与えられた楽曲は、作り手が彼や彼女たちにふさわしい楽曲を提供している、つまり「時代」を切り取ろうとする作業だと思える節があるからです。特に「アイドル」という存在が激減した1990年代以降だと、その傾向が顕著に現れます。

 これからお話しするアイドルとアイドルソングのお話は、その前提にアイドルと作家たちの蜜月な関係があります。その背景だけはご理解いただきたいのです。
 1970年代というのはヒットメーカーの時代です。このころを代表するアイドルといえば、キャンディーズやピンクレディーですが、彼女たちの楽曲の多くは、その作家が固定されている場合が多いのです。例えばピンクレディーの楽曲、特に大ヒットした初期の楽曲のほとんどは「阿久悠作詞、都倉俊一作曲」です。沢田研二の楽曲もそう。これが少しだけ変化し始めるのは山口百恵のころです。いわゆるアイドル的な楽曲から、彼女の歌唱力に注目して遊び始める作家が登場します。それが「作曲家宇崎竜童、作詞家阿木耀子」夫婦のコンビです。このお二人意外なことに特撮ソングにも時折顔を出しますので、要注意です。そのころの歌謡界といえば「民謡」「演歌」「歌謡曲(アイドルソング含む)」「フォーク(ニューミュージック含む)」が主流でした。それぞれがそれぞれのジャンルの中で、ある程度作家の属性が決められていたころのことです。山口百恵に宇崎・阿木コンビが楽曲を提供したことにより、異なる畑から歌謡界に参入する事態が発生します。さらに山口百恵の楽曲には「秋桜」という「さだまさし」の手による楽曲や「いい日旅立ち」の「谷村新司」の手による楽曲をものにしていきます。これによりフォークおよびニューミュージックの世界と歌謡界は蜜月な関係を結んでいきます。さらには後年「演歌界」と「ニューミュージック」は融合を果たしますが、それはまた別のお話。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
48歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitterやってます!

カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺★真央ちゃんで浄化

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->