FC2ブログ

オーディーン 光子帆船スターライト~個人の思想は形を変えて・・・~

 最初の発表よりおよそ1カ月遅れて、「宇宙戦艦ヤマト復活編」のBD&DVDが発売された。喜び勇んで購入し、とるものもとりあえず視聴する。ん?なんだかおかしいぞ?後半部分の戦闘に関してはテコ入れがされたのか。 しかも例のムラサキオバケの件については、大幅に変更されており、たった一度足を運んだ劇場での映像と、ずいぶんと異なっていることが発覚する。あり?こんな話あったっけ?
 おまけに初期の発売告知において特典映像として予定されていた、お蔵入りした地球壊滅ヴァージョンの特典映像も収録されていない。しまった! BDを買うべきであったか?と思った矢先、心配なので一応ネットで確認してみると、地球壊滅ヴァージョンを特典としない告知を発見した。なんだか気持が悪い。そうはいっても特典映像を見ると本作の監督である西崎義展監督のインタビューやら、試写会での映像を見る。試写会の映像から、どうやら古代の涙で締めくくられたように思うのだが、なにせ映像を見ていないので納得のしようがない。またどうみても恍惚な状態の監督の映像から、いったい何を読み取ればいいのか。見終わった後にかなりげんなりしたことは言うまでもない。ってか疲れたっすよw。それでも私は本編を2度は見返した。やっぱり好きなものは好きなのである。

 まこと喜ばしい限りの「ヤマト」の復活ではあるが、こうなると西崎監督が過去にプロデュースした作品が、いちいち宙ぶらりんになっていることに、改めて気付く。物語終盤でやっと宇宙用に改造された「宇宙空母ブルーノア」、全7巻(9巻?)の告知が打たれたにもかかわらず3巻までしか発売されなかった「YAMATO2520」などである。いずれも「ポストヤマト」を狙って西崎氏が仕掛けた作品群であるが、いずれの作品も「ヤマト」を越えることはできなかった。これらの作品群は「ヤマト」の続編を制作する構想の中で、資金調達のために起こした企画でもあったろうが、結果的にはそこまでに至らない。今回取り上げる「オーディーン 光子帆船スターライト」という作品も、まさにこうした一連の作品群と同列なのだが、近々の西崎氏のインタビュー記事などを見るにつけ、西崎氏本人のやりたいことが全力で投影されている作品であることがわかってくる。


下線部:戦闘シーンに関しては修正はない模様(コメント欄参照。ありがとうございました!)

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
50歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitterやってます!

カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺★大相撲直方もち吉場所

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->