FC2ブログ

「プランゼット」~平成になくて昭和にあるもの~

 フルCGで映画を作ることって制作側にとってどれだけ意味があるのか考えてみると、ロボットがどうして人型をしているかと同じ答えにたどり着くような気がする。ようするに技術の進歩を具体的に表現する方法論だってことだ。ロボットが人間と同列に扱われるときにどうしても「不気味の谷」に引っ掛かる。同様にフルCG映画というのもやはり「不気味の谷」に引っ掛かる。フルCGで映画を作る時の前提として、「アニメ」を作るか「特撮」を作るかで、見る側の人間の受け取り方はだいぶ違うようである。
 「特撮」としてフルCGを使うことは、人間の役者による演技をCGにゆだねるということだ。そこには本来「俳優」という壁がある。俳優が人間である以上、監督の要求に100%応えられない可能性を秘めている。それでも現場でより100%に近い演技を要求し、ある一線で妥協する作業が撮影だとすると、フルCGは監督の要求を100%反映できる作り方だといえる。だがここに、CGのテクニカルな部分が壁となり、監督の要求を満たせない事態が発生する。十分に技術が発達した現在でも、人間の繊細な動きを100%トレースできる技術はない。現在我々が見ている劇場用映画のほとんどにCG技術が使われ、「VFX」などと称されているが、それはあくまで映像表現技術において人間の演技と住み分けがある状態の技術である。フルCGという映像表現は、その住み分けを越えようとしていることなのだ。
 今回取り扱う「プランゼット」は、同じ監督の手による「惑星大怪獣ネガドン」同様に人物までをフルCGで作りこまれた映画である。そしてこの映画の最大の特徴は、フルCGで特撮映画を作ろうとしていることである。それゆえにキャラクターたちの「不気味の谷」は厳然と存在し、本作の全編をなぶりつづける。事実として俳優のギャラより製作費を取ったという事情があるにせよ、この作品一つとっても、フルCGによる特撮映画には、まだまだ突破せねばならない課題が山積していることは、はっきりとわかる。
 とはいえ本作がつまらない駄作だと断言するには軽率にすぎる。本作の監督である粟津順監督がこだわりぬいた表現や、スクリーンに現出させた映像は実に興味深い。ここでは本作の背景となっている「昭和」という世界観に込められた思いに注目して、本作に追ってみたい。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
48歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitterやってます!

カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺★真央ちゃんで浄化

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->