FC2ブログ

「フラクタル」~その2・テンプレート化された物語の意味~

 前回、「フラクタル」という作品世界、特にフラクタルシステムの矛盾について説明し、さらにその世界に中で対立項となっている「自由」の考え方が、日本における自由の過去と現在の姿であることを示してみた。そこには「フラクタル」という物語の発端と結末が揺らいでしまうほどの問題点をはらんでいることを指摘してみた。今回は「フラクタル」という作品の、より表層部分に着目してみたい。

<映像・物語・キャラのテンプレート化>
 本作を見た人で日常的にアニメを見る人ならば、本作があきらかにジブリアニメっぽいテイストで作られていることは、すぐにわかるだろう。今回はまずここに着目してみたい。このジブリっぽさの正体には、実はいくつかの種類があることにお気づきだろうか?

1.作品の淡い色調がジブリっぽい
2.牧歌的な風景がジブリっぽい
3.登場するメカニックがジブリっぽい
4.キャラクターやその配置がジブリっぽい
5.ボーイ・ミーツ・ガール的な当初のエピソードがジブリっぽい

 1~5に至るまでに、階層として些細な部分から大まかな全体まで、どの階層で区切ってもジブリっぽいのがこの作品の特徴といえる。「フラクタル オフィシャルログブック」(学研)には各話解説に岡田、東、山本3人がコメントを寄せいている。クレインがグラニッツ一家の船に乗り、フリュネらと生活を始める第5話における山本監督のコメントを見る限り、「これでやっと「ラピュタ」になった」というコメントを寄せている。このことから、山本監督の気持ちの中では、意識的に「ジブリっぽい」ことをやりたかったということは明らかである。そしてその表現は、先に示した5つの点(もしかしたらさらにあるかもしれないが)に解体したジブリっぽさを、本作の構築において再び組み合わせた作品が「フラクタル」という作品ではないだろうか。つまり分解された5つの点とは「ジブリっぽさ」を醸し出すテンプレートであると言える。さらに声優・花澤香菜を起用したネッサのデザインやそのかわいらしい言動すら、「萌え」を主体とする現在のアニメのテンプレートの一つなのだ。

 ではテンプレート化して解体してまで「ジブリっぽさ」を求めた事情はなんだろうか?

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : フラクタル
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
48歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitterやってます!

カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺★真央ちゃんで浄化

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->