FC2ブログ

花の詩女ゴティックメード~素材としての人、メカ、舞台~

 先日(11月9日)「ファイブスター物語」の原作者・永野護氏が監督を務めた「花の詩女 ゴティックメード」を見に行った。ここ1ヶ月ほど「ファイブスター物語リブート」シリーズを順に読んでいると、やっぱ面白いんですよね、これ。筆者が敬愛する氷川竜介氏のツイートには、「素材勝負の・・・」というつぶやきがあった。この「素材勝負」という言葉は、そもそもデザイナーである永野護氏の描く「ファイブスター物語」をはじめとするキャラクターやメカニックに顕著に見られる特徴ではないか?「重戦機エルガイム」に登場する小物やヘビーメタルなど、メカニックデザインの細かい設定を、映像となったエルガイムOPの走るエルガイムの二重関節の動きを一度は見ていただきたい。これらデザインや設定が現実の風俗や文化を参照し、地に足の付いた思想から想像の羽を羽ばたかせて昇華されたデザインのすばらしさは、他の追随を許さないモノだ。「エルガイム」という作品は、残念ながら物語がこういったデザインの背景にある設定を使いこなせていない印象がぬぐえず、それ故に作品を形作る要素が空中分解を起こしていたのを、監督・富野由悠季の手腕によって強引にまとめられた作品といえるだろう。貢献したはずの永野護氏のデザインは、物語の要素を多分に含みながらもあえて無視された。そうした「エルガイム」での無念が正攻法で発揮された作品が「ファイブスター物語」であると筆者は思っている(もちろん私論です)。「リブート」における永野氏のライブ感あふれるマンガを読むにつけ、永野氏の頭の中で飛び回る思考や興味の断片が垣間見える瞬間こそ、この作品の面白さの一端であることは間違いない。こうした「ファイブスター」熱に浮かされるように本作を見に行ったわけですが、なんというか、ああこういうことかと、見終わった後に感嘆と納得の声が漏れるような作品でした。先に断っておきますがこの作品、「ファイブスター物語」好きな方は、こんな駄文を読むよりも先に本作を見に行かれることをオススメしておきます。
ユリイカ2012年12月臨時増刊号 総特集=永野護 『ファイブスター物語』の普遍、『花の詩女 ゴティックメード』の衝撃ユリイカ2012年12月臨時増刊号 総特集=永野護 『ファイブスター物語』の普遍、『花の詩女 ゴティックメード』の衝撃
(2012/11/13)
永野護、武井宏之 他

商品詳細を見る

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
48歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitterやってます!

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺★真央ちゃんで浄化

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->