FC2ブログ

追憶の漫画家・中野純子~彼女の描いた繊細さと包容力~

 2012年7月末に漫画家・中野純子は亡くなった。45歳の若さで急逝した。近年漫画界やアニメ業界、ラノベ業界、ゲーム業界など、ヲタク界隈では相次いで大事な方々が亡くなっている。それはこれだけ長く人に愛され、多くのフォロワーを産んだ業界ならではである。それは手塚治虫が亡くなったときに気づくべきではあったのだが、どれだけの偉業をなした人でもいつかは亡くなってしまうものだという当たり前のことを、人はついつい失念してしまう。だから著名人が亡くなったときに感じる感慨は、自分の親類縁者が亡くなった時とは全く異なる感触があるものだ。「虎は死んで革を残す」というが、作家と呼ばれる全ての人は、死んで自らが創作した作品を残す。手塚治虫や石ノ森章太郎、赤塚不二夫、藤子・F・不二雄などが残した膨大な作品は、多くのフォロワーを生み、新しい創作物を生み出し、新たなファンを増やす。それは余人が追いつける数ではない。だが漫画家はたしかにその足跡を残して死んでいく。そうした追悼の想いを込めて、作家の死後に作品集が発売されることも多い。つい先日、中野純子の作品集「Say,good-bye」が双葉社から発売された。彼女が生前に主な活躍の舞台とした集英社からの出版ではないことが若干引っかかるものの、こうしてすでに復刊の希望も持てない作品群と再会できる喜びは、ファンにとっては感慨もひとしおであろう。今回は改めて追悼の意を込めて、中野純子の作品群を取り上げてみたい。
Say,good-bye (アクションコミックス)Say,good-bye (アクションコミックス)
(2013/05/10)
中野 純子

商品詳細を見る

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
48歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitterやってます!

カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺★真央ちゃんで浄化

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->