FC2ブログ

宇宙海賊キャプテンハーロック~その2・キャラクターの掘り下げとマゾーンの母性~

 前回までは物語の最序盤だけを取り上げて、作品の方向性であるハーロックのシブさや大人っぽさについて書いてみた。結局のところそれ自体は作品自体のカラーであり、ある意味で松本零士作品の門戸としてハードルの高さでもある。このシブさについてこられないなら、見なくてもいいからね、といっているようなもので、玩具売らんかなの当時のアニメとしては、なかなかにチャレンジングな作品といっていい。もちろんこうした嗜好の問題は先人たる手塚治虫や石ノ森章太郎、赤塚不二夫の仕事の数々を見れば、商売として当然であったマーチャンダイジングを否定して見せているわけで、松本の反骨精神の表れでもあるだろう。とはいえ、「宇宙戦艦ヤマト」という先達があったとしても、宇宙戦艦や宇宙戦闘機の玩具は、なかなかに難しい商売だったろうことは、想像に難くない(そういえばミクロマン的なハーロックや台羽の人形がついていて、戦闘機に乗せるプレイバリューの高いおもちゃがあったことを思い出す)。

 さて本作の主人公がまごうことなきハーロックであるならば、本作の物語はハーロックのカッコよさだけを際立たせればいいはずだ。ところが本作にはもう一人の主人公ともいえる青年がいる。名を台羽正。ペナントの地球飛来やマゾーンの地球侵略をいち早く予測し、地球人類の中で数少ない良識ある大人であった台羽博士の一子である。博士は侵略を始めたマゾーンによって殺され、それ以前に母親は事故により宇宙で亡くなっているのだが、事故原因を隠ぺいした地球政府によって、事故の責任者として見殺しにされている。地球政府の腐敗と堕落、そして両親を見殺しにされた事実から、地球を見放してはいても、父の予見したマゾーンの侵攻の事実を突きつけて、父を迫害した地球政府を見返してやりたいと願うのも当然である。だがそれだけを行動動機としてハーロックと行動を共にするには、あまりにも子供じみている。そんな台羽正がハーロックの背中を見つめながら男として成長する話が物語のもう一つの主軸となっている。今回はそのあたりにスポットを当ててみたい。

続きを読む

プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
48歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitterやってます!

カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺★真央ちゃんで浄化

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->