スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版「たまこラブストーリー」~地方・商店街・幼なじみの3コンボ~


 筆者が「たまこまーけっと」が大好きだった最大の理由は、この物語が現在ではほぼ絶滅しかけている「ホームコメディドラマ」の枠内に当てはまる作品だったからだ。
 テレビ黎明期にドラマの1ジャンルとして誕生したホームドラマは、スタジオ内にセットを組んで作る、いわゆるスタジオドラマであり、あまり外でのロケを行わない。それだけにスタジオ内に作られるセットにも限界があるから、自然とシチュエーションが限られる。それだけに割と安価に作られるコンテンツジャンルであった。かつてTBSが制作していた「ありがとう」などのシリーズはまさにこれに当てはまる。TBSはホームドラマが強いと後々まで言われるようになる所以だ。その正当後継が「渡る世間は鬼ばかり」なのだ。

公開収録などで行われる「8時だよ!全員集合」などのようなイベント性やライブ感が人気となる70年代になると、こうしたホームドラマにもコメディ色が強くなる。「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」など、毎回のパターンとしての親子喧嘩やギャグが展開され、世間に認知されていく。ホームコメディドラマはどんどんバラエティ化し、その極致のような「ムー」や「ムー一族」という作品が登場する。とんねるずが主演した90年代の「時間ですよ」シリーズはこれの正当後継である。

ところがドラマのTBSは80年代に「3年B組金八先生」や「金曜の妻たちへ」シリーズ、「男女7人」シリーズなどによっていわゆるトレンディドラマに先鞭をつけると、こうしたホームコメディドラマに見向きもしなくなってくる。「刑事ヨロシク」や「おヨビでないやつ」、「ママはアイドル」などに、わずかに痕跡が残るだけだ。90年代には先述のとんねるず主演の「時間ですよ」や「谷口六三商店」があるだけで、その後こういう作品はほぼ登場していない。筆者はこの手のホームコメディドラマが大好きでよく見ていたから、同じ匂いのする「たまこまーけっと」は本当に楽しめたのだ。

そしてほんわかでかわいい本作の主人公の「たまこ」と、たまこに想いを寄せるお隣さんで幼馴染の「もち蔵」のその後が描かれると聞いて、心はやったのである。けどなんとなく見逃していたので、この際にやっとレンタルの準新作のシールが外れたのを機に見てみました。んで、もう大変満足いく出来であったので、うれしはずかし、こうして感想をばしたためているのですよw

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺@53.8

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->