CYBORG009 CALL OF JUSTICE~加速装置が見せる世界と戦う理由~

 前回の余勢をかって行ってきました「CYBORG009 CALL OF JUSTICE」。正直申し上げてこの作品の最大の難関は、009たちサイボーグ戦士たちのビジュアルであることは、ここでいまさら申し上げることでもない。CGによってキャラクターを作り、それをCGで書き込まれた背景の中でぐりぐりと動かす様は、どう見てもゲームの中のキャラクターをコントローラーで動かしている感じによく似ている。敵の攻撃にやられて地上をころがる009を見て、ゴムが伸び切って関節が緩んだミクロマンが転がる様を思い出したのは筆者だけではなかっただろう(どんな遊び方をしてるの!とはいわないでw)。はっきり申し上げて、前作「009RE:CYBORG」以上の抵抗感は、その比ではない。CGアニメとして名高い「ファイナルファンタジー」や「アップルシード」シリーズでも、キャラクターのデザインには十分気を払われてきた経緯があるし、それでも批判は絶えないCGキャラクターによるアニメーションだが、これほどまでに抵抗感があっても「サイボーグ009」というコンテンツにはあまり関係ないのだろうか? 実は筆者が劇場にこれを見に行ったとき、妙齢の女性たちが多く押しかけていた事実に愕然としたのだ。つまり「サイボーグ009」というキャラクターが前提にあれば、それがいかなデザインのキャラクターとして作られていたとしても、集客してしまうのである。それは物語やキャラクターの設定に難があった「キャプテンハーロック」にしても同様だったのではないか、という懸念が生まれた。つまるところ、たとえどんなキャラクター設計であっても、周知の物語やキャラクターであれば、楽々とCGで作られているハードルを超えることができ、原典となるビジュアルからかけ離れても、商売が成立してしまう可能性がある、ということだ。いやまて、そもそもの漫画やアニメの実写化という流れそのものが、これに当てはまるとしたら、我々はこうした流れをあきらめながらも絶対に否定する言葉を持てないのかもしれず、そこを製作者たちに見透かされていると思うと、背筋が寒くなる。と、ビジュアルに関しての話はここまでにして、ここからは本作の物語やテーマ的な話を中心にしてみたい。

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺☆大分のお土産といえば『ざびえる』

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->