FC2ブログ

「忍者キャプター」~その1・キャプターはスーパー戦隊か?~

 いつか書きたかった、というのが心の奥底の本音なら、そこに至った事情も先にお話ししておきたい。理由はいくつもあるが、まず第1に「忍びなれども忍ばない」と言い切った「手裏剣戦隊ニンニンジャー」(2016)がある。キャッチコピーの勢いはいいが、実際の内容を見るに、彼らが忍者である理由が本当にあやふやになる瞬間があって、時々「忍者ってなんだったっけ?」とシンケンに悩むことがあったからだ。作品自体は楽しかったし、文句を言うつもりはないのだが、彼らを「忍者」として設定した事情が上手く頭の中で合致しなかったというのが、気おくれの原因かもしれない。それ以降「忍者」を扱った作品を、一度取り上げたいと思ったのだ。

ニンニンジャーはじめ子供向け忍者アクション作品を世の送り出したのは、何も東映だけではない。例えばピープロが世に問うた傑作「快傑ライオン丸」「風雲ライオン丸」の2作品は、忍者作品だ。子供向けでなければ忍者が主人公の時代劇は数多ある。筆者の大好きな「影の軍団」シリーズなんかはその代表例といっていい。子供向けに話を戻せば、東映だけでも「世界忍者戦ジライヤ」(1988)「忍者戦隊カクレンジャー」(1994)「忍風戦隊ハリケンジャー」(2002)もあるが、その先行作として「変身忍者 嵐」(1972)や「仮面の忍者赤影」(1967)もある。実に東映だけでも多くの忍者アクション作品を世に送り出しているのだ。これには東映が作品を培ってきた歴史的な背景があるので、そこに触れておきたかったというのももう一つの理由だ。そこで今回は「忍者キャプター」を取り上げてみたい。

続きを読む

スポンサーサイト



プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
48歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitterやってます!

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺★真央ちゃんで浄化

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->