FC2ブログ

映画「ヴィナス戦記」~青春の残酷と無残~

 どれだけアニメが好きでも、現在放送中の深夜アニメを全て見ている人もなかないないだろう。先だってTwitter上でも、著名なアニメ制作関係者のツイートで、現在の過剰供給状態を憂いているものがあった。さりとて筆者が子供のころでもまったくご同様で、作品数が限られるアニメ映画にしたところで、そのすべてを見ているわけではない。昨今のような過去作の円盤がそれなりに売れていることを考えれば、そうした過去は、その気になりさえすればリカバーできたりするもので、あとは自身の努力とお金の問題だけになる。

 今年の5月に劇場公開された「機動戦士ガンダム ジ・オリジンIV 誕生 赤い彗星」をもって、安彦良和氏のジ・オリジンシリーズも終焉を迎えた。筆者は友人の誘いのおかげで、全6作を劇場で見ることができた。このシリーズに関しては以前にもブログで書いた通り、漫画作品が先行してあり、それが安彦氏の絵柄によって、アニメ化されたことへの感慨はあっても、単独の映画としてもOVAシリーズとしても、取り立てて特徴のある作品群ではなかったため、当ブログではこれまで取り上げてこなかったのだが、最終作である上記作品についてだけは、物語にきちんと決着がつけてあり、原典である「機動戦士ガンダム」への橋渡しとなる盛り上がりも手伝って、1本の映画として十分見ごたえのある作品となっていた。このことがどれだけ驚きかといえば、安彦氏が監督として劇場公開した作品をみれば一目瞭然である。「クラッシャージョウ」しかり「アリオン」しかり。最低限の映画としての体裁が整ってはいるが、どちらの作品も事態に翻弄されて、なすすべない少年が主人公であり、主人公自身の力によって物語が動くこともない作品であり、主人公は目的を再三見失いながらも、物語はなぜか完遂するという作品なのだ。
 さて安彦氏にはもう1本、劇場用作品の監督をしているのであるが、その作品を筆者はこれまで見たことがなかったので、つい口をつぐんできた。だがつい最近になってその作品を見る僥倖に恵まれた。その作品こそ「ヴィナス戦記」である。

続きを読む

スポンサーサイト



プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
50歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitterやってます!

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺★真央ちゃんで浄化

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->