FC2ブログ

「さよならジュピター」~特撮ファンの落胆と奮起~

 本ブログのコメント欄までご覧の方には、いつぞやのコメント返しで予告しておりました、満を持してお送りする「ヒトネタ」がこれでございます。
やーい、ガッカリしたでしょうwww 
 なんで時間がかかったのかは、いつもの通りでございまして、本編を見る以前に、当時の資料などを引っ張り出すのに時間がかかったからとしか申し上げられない。

 この作品のどこがそれほどの「ヒトネタ」なのか?
 このブログではままあることですが、ちょいと古い話にお付き合いください。話はこの映画が公開された1984年の前年から始まる。それまで日本のSFを牽引していた作家・小松左京氏のSF映画作品は、氏の代表作である「日本沈没」(1973)の大ヒットがあり、角川映画による大規模宣伝効果も相まってヒットした「復活の日」(1980)がすでにあった。その小松左京原作の新作SF映画が公開するとなれば、SFファン、特撮ファン、映画ファンはこぞって注目していたわけさ。当時も今もSF専門誌はさして多くはないが、老舗の映画会社東宝が送り出すSF大作に、総じて胸をときめかせていたし、「週刊TVガイド」のようなTV情報誌なども本作にページを割いていた。年が改まって1984年。いよいよ3月の公開が迫ると、メディアへの露出も多くなり、映画の主軸となる特撮部分の撮影風景やキャストが映画について語る場面も多くなる。緻密で精巧なメカニック群、1977年に公開された「スターウォーズ」で使用されたモーションコントロールカメラやシュノーケルカメラなどの撮影機材による新しい映像技術の導入など、事前情報は振りまかれ、日本映画界に、日本特撮界に新しい風が吹くことを、誰も疑わなかったのである。期待だけがいや増していった。当時14歳の筆者は、そんなお祭り騒ぎの中、映画公開となる1984年3月を迎えたのである。

 ところがwwww

 ここから先は、本編についてお話をしてから、ゆっくりと語っていきたい。

続きを読む

プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
50歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitterやってます!

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺★真央ちゃんで浄化

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->