FC2ブログ

2020見逃し映画考・その1~X-MENとアリータ~

今回ご紹介する2本については、あまり好意的ではないご意見をお持ちの方々が、多数いらっしゃることは承知している。日本ではコケたやら受け入れられなかったなどの言説は、ネット界隈を眺めれば嫌でも目に付くし、この作品を目にしたら、その理由もよくわかる。

「X-MEN ダーク・フェニックス」に関しては、本ブログでこれまでのシリーズを俯瞰する記事を上げたので、できればそちらもご参照いただきたいし、その後に劇場公開した「X-MEN アポカリプス」(2016)や、ウルヴァリンことローガンの去就を描いた「LOGAN/ローガン」(2017)についても記事を書いたから、その流れで公開前から楽しみにしていたし、新潮社から発売された関連書籍も買っていた。だがその書籍の中ですら、日本では公開前だというのに、書籍中の記事の中ですら、酷評されている始末である。

一方「アリータ:バトル・エンジェル」に関しては、日本では公開されたものの、ひっそりと公開して、まったく話題にもならずにひっそりと公開を終えた作品だ。ご存知のように、この作品の原作は、日本でも人気のあった木城ゆきと著「銃夢」であり、「タイタニック」や「ターミネーター2」「アバター」などの監督であるジェームズ・キャメロンが製作することで、一時日本でも話題になった作品であった。ところが、監督はキャメロンではなく、「デスペラード」や「スパイキッズ」などのロバート・ロドリゲスが務めることになった。この経緯については後述するが、この監督の交代が作品の製作と公開を遅らせることで、映画ファンから次第に忘れられていったことがマイナスに働き、直接興行成績に響いたと感じる。

 そんなマイナス要素たっぷりの2作品であるが、このマイナス要素がまったくぬぐえない作品でもあったことだけは、筆者の感慨としても残っているので、先にお断りしておく。でもご紹介する以上は、この作品を筆者がどうみたのか?という視点に絞ってお届けしたい。ま、たいした話じゃないですからw

続きを読む

スポンサーサイト



プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
50歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitterやってます!

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->