スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

去勢された男の子たちの世界

 今期の新番組「君の届け」を見た。「聖剣の刀鍛冶」と時間がダブってしまったため、しかたなくパソコン上で見る。

 オモシレー、コッチニシトケバヨカッタ!

 今期のご多分に漏れず、少女マンガ原作の作品であるが、主人公の爽子ちゃんの面白いこと。同時に風早くんのさわやかなこと。いかん、原作買いに行こう。
 そして今朝、「ささめきこと」を見る。こちらもマンガ原作のアニメ化。それも昨今のはやりの「少女恋愛もの」だ。百合というには語弊があるので、あえて。こちらの主人公の純夏(すみか)は、メガネの長身で黒髪がきれいな女の子。彼女の幼なじみの女の子・汐(うしお)はまさに百合で、女の子しか好きにならず、その想いがとげられることなく、いつも泣いて純夏に慰められて終わるという。そしてなにより純夏は汐が好きだ。また純夏に思いを寄せる男の子・正樹がいる。正樹はなんとも軟弱そうで、純夏に助けられたりしている。結構こまかい描写をしている。これはシリーズ構成の倉田英之氏の力量か? 今後も楽しみだ。

 さて前期にも「青い花」を押してみたり、「GA」などにはまってみたり、「とらドラ!」を楽しんでいたりする私だが、どうにも引っかかっていることがある。どうして最近のアニメは、女の子ばかりで構成されちゃうんだろう? 一度は「恋愛条件の排除」が目的だと思っていたのだが、どうもそれも解答の1つでしかないらしい。もう少し突っ込んで考えてみるために、発想を逆転させてみる。「なぜ男の子がメインをはる物語が少ないんだろうか?」 前期「ニードレス」や今期の「Darker Than Black」二期など、男性が主人公になるアニメがある。「鋼の錬金術師」や「ナルト」、「銀魂」など、少年マンガに属する作品は、男性主人子が主だから、少ないとはいえ無いわけではない。ただ「けいおん」にしても「大正野球娘」にしても、深夜枠のアニメとの棲み分けが明確にある。しかも業界のムーブメントは夕刻の時間帯だけでなく深夜枠でも、分け隔て無く発生する。結局流行り廃りは作品次第だ。放送時間帯ではない。

 そこで気がついたのが、先の「ささめきこと」に出てきた主人公と、彼女を気にする男の子の存在である。この関係性にこそ、まさに現状が秘められていると感じたのだ。
 「ささめきこと」の主人公・純夏は。実家が空手道場であるため、当人も空手ができる。一方の正樹はどうにも弱っちー男の子だ。調べてみると彼にはまだ今後ずいぶんな展開が待っているようだが、それは今後のお楽しみとしておこう。いずれにしても純夏は女の子が好きで、しかも空手家であるから、「男性性」を持った女性として描かれている。一方の正樹はむしろ女性性に従属するようだ(今後の展開込みで)。だからといって男女が逆転していることを指摘したいのではない。純夏は幼なじみの少女・汐にとっても、頼りがいのある子だと認識されており、都合のいいときに甘えさせてくれる便利な男のような扱いだ。だが自分の中にも汐を好きだという想いがある。そここそ彼女の女性性の表れである。つまり「ささめきこと」という物語では、男性性がほぼ欠如しているといっていい。

 前期の傑作「青い花」でも、男性のキャラクターが出ては来ても、彼らに男性性は与えられてない。そのかわり杉本恭己や井汲京子に男性性を付与している。主人公のふみが彼女たちに惹かれるのも無理はない。
 「GA」や「けいおん」では、男性キャラクターが全く出ていない。これらは「らき☆すた」や「あずまんが大王」の系列につながるため、恋愛要素を必要としない「部活マンガ」あるいは「放課後マンガ」のくくりだからだ。だが女の子がメインキャラクターであることは共通している。これらを一緒くたにして「萌えアニメ」としていいとは思えない。だがこれらの作品が他の多くの「萌え」系のアニメと同等に扱われ、「萌え」の対象となるべく世に送り出されたのは事実だろう。その「萌え」系アニメが世に出だしてから、すでに10数年は経過している。

 結論を急ごう。どうやら昨今のアニメ制作者たちは、「萌え」アニメを成立させるために、あまりにも男性性を排除していった結果、女性を表現するドラマがつくれても、男性を表現するドラマが作れなくなっているのではないのか? 極論かもしれない。だがこれほどまでに商業主義に徹し、あまたの「萌え」系アニメが送り出されている。それを享受し、金を引き出す。そんな「萌え」を中心に据えた産業の果てが、この形である。結果、これまで培われてきた男性性を必要とする形態のアニメ(SFアニメやロボットアニメ)が姿を消し、ユーザーの声に応えるつもりで、自らの産業の力を削いでいったのではないか? そのために、登場するキャラクターも、男性性を与えられず、女性性の延長線で描かれる。男性性は強く描かれないまま、女性キャラクター主導で物語が進行する。男性キャラクターの男性性は否定され、残りかすとしての「去勢された男性キャラクター」だけが生き残るということになる。それは文頭で説明した「君の届け」の風早君にも同じ事が言える。

 それを作ったのはアニメ制作者ではない、原作の漫画化だという事もできるだろう。だがこうした原作の取捨選択は、原作側で行われるわけではない。むしろ積極的にアニメ業界側が行ってきたのである。しかも青年マンガや少年マンガも多数ある現状でも、そうした去勢された男性が出てくるような女性性の強い原作が選ばれてる自体、この傾向を端的に示している。脚本家や監督、演出家が男性キャラクターを、男性性をもって男性キャラクターに意をくだいて描けなくなっている事態は進行中であるのだ。その結果、恋愛に男性が必要なくなってきたのである。「百合」が多くなってきたのではない、むしろ積極的に恋愛の現場から、男性性が排除されてきているのだ。「草食系男子」が取りだたされてきた実態には、食うに食えなくて、食い詰めた男性のなれの果ての姿なのである。どうりで「草食系男子」がもてはやされても、面白くないわけだ。

 そしてそうした創作は、女性性に属した脳みそから発生している。女性作者だけではない、去勢された男性作家からも同じである。ここにあるのは恋愛を夢見て夢想する女性の姿と、恋愛から拒絶されて同様に夢想するしかない男性の姿である。そしてそのどちらも夢想であり現実ではない。それがアニメやマンガ特有のドラマとなるのかも知れないが、やはり現実ではない。それが現実ではないと知っているから、女性同士の恋愛は、作品内でも否定される傾向にある。自分たちは妄想の中で純愛という逃げ口上で、想いを貫けばいい。だが現実にそれを受け止める社会的背景がない。それ故にこうした作品群はアニメやマンガ止まりとなる。きれいに終わるのはそのせいだろう。しかもこうした作品には、「性同一性障害」やジェンダーフリーとなって生活している人間を描くドラマは存在しない。そうした問題提起にはほど遠いのだ。

 とはいえ、そんな重いテーマを取り上げたところで、そうしたアニメで楽しむことができるとは思えない。アニメはただ楽しめばいい。それならこうした傾向をわかった上で、ジャンルのまたがるような様々な作品を楽しめばいいと考えている。去勢された男の子たちがいたからって、何も毛嫌いしている訳じゃない。ただこういうアニメ業界の傾向について考えたかっただけなんです。

追記
 極論すれば、私は脳みそから変な汁がたっぷり出ているようなロボットアニメやSFアニメが見たいのだ。だから最近は「鋼鉄神ジーグ」とか見ています。新作青田買いは、また来週にでもやります。
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

君に届けは前に友達の女の子が絶賛していたので知っていましたが、やはり理想がやたらと高く現実が見えていない感じを受けました。

単純に見ていて楽しい作品がみたいのでレンタルショップに入り浸り過去の名作ばかり見ています。

次は初代ウルトラマンを最初から見てみようと思っています。

特撮は素人なのでこれは見ておけというのがありましたら教えていただけると嬉しいです。 宜しくお願いします。

No title

とぴろさま
 特撮って、見るために「酔狂」のスイッチが必要かも知れません(笑)。とりあえず定番をおすすめしておきますね。いずれもレンタル店でおいているものばかりです。
 「ゴジラ」シリーズはなにはなくても1作目、あと近年評価が高いのは「ゴジラ対へドラ」です。
 「平成ガメラ」シリーズはネタになりますので、おすすめです。
 「ウルトラ」シリーズでは、「ウルトラセブン」がおすすめです。また気軽に見れる「ウルトラマン」も楽しいです。最初のシリーズを1周すると「ウルトラマンメビウス」が楽しめるはず。
 「仮面ライダー」シリーズは、昭和の物はおすすめしづらいですが、「平成」なら「クウガ」と「龍騎」がいいかと思います。
 「戦隊」シリーズは無理です。あまりに範囲が広すぎで、何をおすすめしても私の趣味に走ってしまいます。なにせ私が5歳のときから断続的に作り続けられているシリーズですから。
 変わったところでは、「イナズマンF」「キカイダー」をおすすめしておきます。
 右列の「全記事表示リンク」にある、「特撮」の項目を参考にして見てください。かなり散文になりましたが、とりあえずおすすめしておきますね。ただしあんまり無理はしないように。

お返事ありがとうございます。
自分はライダーはブラック&RX、ウルトラシリーズはグレートの世代です。

セブンは断片的にキングジョーにセブンがやられる所などインパクトの強かった部分だけ覚えてみます。
ゴジラですか、すっかり失念していました、VSメカゴジラは映画館に見に行った記憶があります。

では初代ゴジラから見てみます。 ありがとうございます。

(特撮の項目があるのですか、携帯では見れないので帰ったらPCで見てみます)
プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺☆早田ひな

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->