「メトロポリス」~私はだれ?という問いかけ~ 

 2001年に公開された劇場用映画「メトロポリス」という映画は、原作・手塚治虫 脚本・大友克洋 監督りんたろうという布陣で制作された。その趣は大作映画であり、このラインナップを見れば、十分集客力のある映画であると断言できる。国内の評価は低く、興行収入から言えば大惨敗であった。だがこの映画がそれだけの側面で評価されるのは、いただけない。過日「日本のアニメ」とうたわれた武蔵大学の記念講演にて、りんたろう監督のお話を伺ったとき、「メトロポリス」の制作技術について、言及されていた。そこで本作を再見し、あらためてここに評価しておきたい。

 物語はいつとも知れない未来、私立探偵のヒゲオヤジとケンイチは、国際指名手配のロートン博士の行方を追って、巨大都市国家メトロポリスに足を踏み入れた。そこで目にしたのは、幾層もの階層に別れた都市国家に君臨するレッド公、それをバックアップし、反抗勢力を取り締まるマルドウークとそのトップのロック、安価な労働力として虐げられているロボットたち、そしてロボットたちに仕事を奪われた人間たちだ。そうした奇形の構成から成り立っているメトロポリスでは、レッド公が作り上げた「ジグラット」という高層建造物の完成記念にわいていた。レッド公はその野望の視野に世界をおさめ、そのための礎としてジグラットを作り上げたのだ。だがジグラットを起動させるためのキーとなるものの制作は、誰の目も触れられないまま、密かに進められていた。
 ケンイチたちが追っていたロートン博士は、レッド公の依頼によりレッド公の亡くなった娘に似た少女型のアンドロイドを制作していた。しかし博士の生涯をかけて開発されたアンドロイドであるため、レッド公に与えるのが惜しくなった博士は、アンドロイドとともにレッド公から逃げることを画策する。一方ロックは博士の研究所に足を運び、博士を亡き者にし、アンドロイドの破壊を企む。それはロックの満たされない義理の父・レッド公への思慕のなせる業であった。研究所に火をつけるロックは証拠隠滅をはかるものの、アンドロイドの痕跡が見あたらないことに不信感を覚え、独自に捜査を開始する。一方ケンイチは火事のどさくさに、アンドロイドとともに下の階層に落ちてしまう。アンドロイドと共にロックからの逃亡を余儀なくされるケンイチであるが、そのひとときはメトロポリスの現実を知る時間であり、同時にかわいらしい少女ティマと過ごす、ささやかな時間でもあった。
 時を同じくして、地下で暮らしていた労働者たちは現状の不満を訴えて立ち上がる。それはメトロポリス市長配下による煽動であったが、それは同時にレッド公がメトロポリスを手中に収める段取りでしかなかったのだ。闘争の終わりにレッド公に捕まるケンイチとティマ。そこでティマはレッド公の口から、自分がアンドロイドである事実を知る。だが地下で虐げられていたロボットたちや労働者たちの苦しみ、ケンイチを慕ってしまった自分の心に気づき、レッド公に反抗するようにジグラットを起動させてしまう。ティマがジグラットを通じて発した命令は、世界中から人間を排除することであった。ロボットたちの反抗にあう人間たち。ケンイチは必死にティマを取り戻そうとする。だがロボットに追い詰められたロックは、ジグラットの自爆ボタンを押してしまう。大崩壊するジグラット。ケンイチと心を通わすことができないティマは、大崩壊の中でケンイチを追い詰める。ケンイチはティマを救い出すことができるのか?

 正直に告白するが、私は劇場公開時に劇場に足を運び、本作を鑑賞している。そのときに感じたのは、この映画に素直に感動できなかったことだ。それ以上に、劇場の大スクリーンで訴えかけるヴィジュアルの迫力に飲まれてしまい、感動しているのかただ単にびっくりしているのか、感情の整理がつかなかったのだ。その驚きの映像たるや、これまで見たことがないものばかりだ。

 まず目につくのがキャラクター設計だろう。手塚治虫原作であるのだから、このキャラクターは正解であるはずなのだが、丸みをおびた目鼻立ちに、まじめな話にそぐわないのではと思わせる頭身のバランス。どちらかというと下半身に重心がおかれたようなデザインのキャラクターである。これがまず古くさいのだ。しかもこの古くさいヴィジュアルのキャラクターが動くのであるが、その動きがこれまで自分たちが見てきた「リミテッドアニメ」の動きではなく、むしろ「トムとジェリー」やディズニーアニメで見てきたような「フルアニメーション」の動きを見せる。結果的に言えばこれは作画枚数を多くする事による「ややフルアニメ」ではあるのだが、ここまで動けばもうフルアニメと遜色ないほどである。

 そして物語開巻当初に登場する、ジグラット完成記念式典でのモブシーンに見られる、遠景から群衆を描くシーンが何度か登場するが、このモブシーンが気が狂っているかと思えるほどの出来映えである。1画面上に登場する小さなキャラクターを、数十人単位で作画し、それを重ねることによりモブシーンを描いているのだが、この情景だけでまず圧倒される。ベースとなる顔だけ描いて、口の動きだけを作画するような簡易なアニメーションとは一線を画すものである。

 そしてそうした民衆を睥睨するように屹立する巨大な建造物の群れが、あまりにも精緻に書き込まれているのにまた驚かされる。背景を2DーCGで描き、そこにセル画の絵を取り込むことにより、コンピュータ上でレイアウトをチェックする。そうした作画技術の粋が、ここに注ぎ込まれている。その窓1つ1つの陰影まで書き込まれた映像は、(「ターミネーター2」や「タイタニック」の)ジェームス・キャメロン監督をおどろかせたという。キャメロン監督からこの背景の描き方について、教えを請われたりん監督ではあったが、教えてこなかったそうだ(講演での本人談)。実態は人間自身の気の遠くなるような手作業で描かれた物である。結局はマンパワーなのであるが、それも日本のお家芸と言える。

 またその精緻さは、キャラクターにも反映する。たとえば中盤に登場する、天使のように見えるティマのアップ絵の美しさ、風になびく金髪の動きなど、まさに天使といえる映像だし、終盤にケンイチを追い詰めるティマの、壊れた半身にむき出しの機械部分などは、ティマに露呈した美しさと醜さが同居し、そのアンバランスな醜悪さを人間が作り出したことを絵で見せるという、テーマを絵で語ろうとした意欲的なカットなども存在する。以上のような驚天動地の映像に、まず驚きという形で心が動かされたのは、間違いがない。

 それに比べると、どうしても物語がお粗末であったのはいただけない。すでに上記にあるように、いくつかの語るべき物語を用意しておきながら、ラストシークエンスのジグラット崩壊シーンに直結させるストーリー運びは、やや展開に乏しい。特にレッド公とロックのくだりは、単にティマの立場を否定させるために存在しているのだが、もう少し突っ込みどころがあったような気がする。また労働者階級の話についても、かなり書き足りない。それはやはり労働者階級とその上にいる人間の対比がないからだ。すべてメトロポリスを運営するために存在し、下層でも人間が管理し、なんらかのトラブルにより、いつでも下層階級に落とされてしまう懸念が、もう少し突っ込めていればと、残念だ。なによりロボットが労働を提供するという基盤の上に生活しているにもかかわらず、ジグラットの起動実験時のロボットへの悪影響が、都市のシステムダウンまで起こしかねない状況に言及していないのは、設定上の問題だと思える。それほどロボットに依存していながら、それほどまでにロボットをないがしろにしている事情が、人間に内在しているロボットへの感情なのか、労働を奪われた人間の恨みなのかが、混在していてわかりづらい。このあたり、以前取り上げた「イヴの時間」のほうが、よりはっきりとアンドロイドへの感情が一定方向化している世界のほうが、まだしもしっくりする。そうした矛盾点が表出した結果が、まさに「ティマ」というキャラクターに表れているように見える。

 本作が公開されたときのコピーは、「もうひとりの「アトム」の物語」であった。当然「もう一人のアトム」とはティマを指している。出自はかなり似ている。天馬博士が交通事故で亡くなった息子に似せて作られたのがアトムなら、レッド公が亡くなった娘に似せて作られたのがティマである。アトムは全方位的に人間を信じており、物語によって人間から一方的に裏切られたりしても、それを許容できるロボットである。これはアトムが「ロボットであること」と「自意識がある」ことを肯定しているからだ。だが両方ともティマにはない。アトムが生みの親に否定されたアイデンティティを取り戻していったあとの話が、「鉄腕アトム」だとすれば、レッド公がティマに与えていたアイデンティティを、自分で否定しなければならなかったのが、「メトロポリス」という物語である。そのためにティマが映画の中の時間をつかって悩み続け、悲しみ続けたのは、自分がケンイチと同じ人間ではないことだ。ここが「イヴの時間」との最大の違いだろう。AIの自立判断を人間のそれと何ら変わることなく享受している「イヴの時間」の世界と、自分の考えすらまともに持ち得ないまま事態に飲み込まれている哀しいアンドロイドであるティマは、相容れない存在なのだ。

 そこにはフィフィのような労働用ロボットにまでケンイチと会話できるほどのAIを持たせた技術が、人間が行う難しい労働まで代替してしまったというほの暗い世界も見え隠れする。それは人間側の堕落でしかない。そして権利ばかり主張してロボットたちを虐げる姿は、ティマをして人間を排除しようとする行動に踏み切らせる。それは納得できるだろう。大好きなケンイチは人間だ。でも人間はロボットを虐げる。しかもロボットに依存した人間は堕落している。ティマが繰り返す「私はだれ?」という問いかけは、人間とロボットの境界にいるティマの、悲痛な叫びである。ケンイチを通じて自身が手に入れようとしたアイデンティティは否定され、レッド公が与えたアイデンティティは、自分で否定するしかない。使役されるロボットでも、自由に生きる人間でもない。そんなティマの思考の叫びだ。

 ではレッド公は自分で世界を手に入れたいと望むのに、なぜティマにジグラットのイスを任せようとするのか? 自分の亡くなった娘に、自分の意志を継がせようという思いなのか、死なせてしまった娘への贖罪なのか。まずもってそのあたりは描かれていないので、想像するしかない。しかも世界征服のためになぜ人格を有する事ができるほどのアンドロイドを望んだのか? そこにティマに造反される可能性を考えなかったのか? レッド公のやり方にはやはり疑問が残るのだ。それはレッド公がロボットを支配下に置いているというおごりなのかも知れないが、現実にはロボットの造反者が存在することを失念している。おかしいじゃないか。ロックの父への思慕と同じで、ここに論理で説明がつけられる事ではないのかも知れないが。

 今回の本文を執筆するにあたり、本編を2度見返した。そのたびに思ったのは、どうも感動していないってことだ。たしかにテレビサイズでも驚天動地の映像の数々には目を見張る。だが物語としてはシンプルであるし、伏線もこれといってない。ロートン博士が実は臓器売買に係わっている悪徳技術者であるという設定も、ティマの開発にはなんら影響していない。労働者の実生活も、上層階層の人間の生活構図もよくわからない。こうした問題性をはらむような設定もきれいに避けてしまっている。しかもヴィジュアルは基本古くさい。どうにもちぐはぐな感じがする。それはやはり「船頭多くして船、山のぼる」のたとえのように、ヴィジュアルを作ったりんたろう監督と、脚本の大友克洋、そしてキーヴィジュアルや物語の枷としての原作・手塚治虫という3本柱の不協和音ではないだろうか? あまりに分化した作業分担(お亡くなりになった手塚氏に言ってもはじまらないが)は、豪華な映像に、シンプルな物語という構造に落とし込まれたが故に生まれたちぐはぐさなのではないだろうか? ティマがいう「私はだれ?」とは、「この作品はだれのもの?」という問いかけそのものに聞こえてくる。


メトロポリス [DVD]メトロポリス [DVD]
(2001/12/07)
井元由香小林桂

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

アニメの話ではないのですが、人生で初めて真剣に命というものを考えるきっかけになったのが「火の鳥」でした。

手塚作品は日本の宝だと思います。

しかし年末に向けてか仕事が忙しく撮りためているアニメの数が毎日増えていき頭が痛いです。

自分の仕事の話ですが、前年と実績を比べると感覚的には数が減っていると思っていたのですが売上は全く変わってなくて驚きました。

景気が回復に向かっていると信じて頑張って仕事を終わらせて家でアニメ在庫を減らそうと思います。
(売上変化なしなのに給料は減りました…謎です)

No title

>とぴろさま

 手塚作品の多くは、「火の鳥」「ブラックジャック」「ブッダ」など、命の尊さをテーマにしている物が多いですよね。それを説教臭いと言い切って、「メトロポリス」やTV版「火の鳥」などを切り捨ててしまうのはもったいないと思います。まさに至宝です。

 お仕事が順調なのは大変結構だと思うのですが、売り上げが前年比で変わらないのに、仕事は減っている感覚というのは、やはりとぴろさんご自身のスキルが上がられたからなのでは? それで仕事も早くなって残業が減ると、なんとなく給料が減る。私も在職中に経験しました。そういうときは、手早く仕事を終えて、アニメ見て、明日に備えましょ! アニメの在庫は増えるばかりですけど、切る勇気も必要かも知れませんね。私は、「どうせレンタルで見られるさ」程度の覚悟で見ています。しかも一度切った作品は、レンタルベースでも意外と気にならなくなるものですよ。(長文、失礼)
プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->