「けいおん!」に関する言説の数々について、またもや乗ってみる

 さて、漫画家吾妻ひでお氏の公式HPの「ひでお日記」において、「けいおん!」が酷評されたとのことで、例によって某巨大掲示板で話題になっていたそうな。いまさらこんなネタに食いついているのも申し訳ないのだが、さらにこうした関連の言説の数々を見ていると、なんとなく乗ってみたくなる。人、それを売名行為という・・・のかもしれないが。

 参考にしたサイトは以下の通りである。
http://nipponia.blog44.fc2.com/blog-entry-201.html
http://hikawa.cocolog-nifty.com/data/2009/11/post-e81e.html
http://migzou.blog84.fc2.com/blog-entry-273.html

 はじめにはっきり申し上げておきますが、他人の評価なんてのはどうだっていいんです。「けいおん!」という作品が他の人間にどのように評価されようが、そんなことはどうでもいいこと。私自身は「けいおん!」を面白がり、なんでこれを楽しんだかということのほうがはるかに重要事であり、その件についてはすでに過去ログで記事としているので、興味のあるかたは、右欄の「全記事表示リンク」から参照していただきたい。

 また「けいおん!」という作品が、現行の「萌え」系のアニメに準じた作りをしていることは、否定しがたい事実であるし、ドラマ的な盛り上がりを欠いたアニメでることも、この際は欠点として指摘されるだろう。否定派はそこを主張する。またファンおよび肯定派は、そういった欠点すら美点としてしまう事もできるだろうから、そうした表面的な次元で話を展開すれば、どうしても水掛け論になってしまう。今回の件で言えば、その口火を切ったのが、たまたま吾妻ひでお氏という、ネームバリューがあった人だったということだ。しかも吾妻ひでお氏の書いている漫画を見ていれば、本人の意志以上に、書かれている少女たちのの絵が、必要以上に読者を刺激する絵である。某巨大掲示板での批判の内容はともかく、私自身としては、「萌え絵」の元祖のような絵を書いている人が、萌えアニメを否定するってのはどうしたものかと思いもした。

 そこで、実際に吾妻氏が自筆で書かれている文字の内容をよく見てみた。たしかに「けいおん!」のアニメに関しては否定的な意見が書かれている。だが原作漫画についてはよく書かれていると書いている。しかもアニメは原作をみならえとも書いているのだ。ってことは、吾妻さん、「けいおん!」自体を否定しているわけではなく、アニメ「けいおん!」について否定しているということだ。ということは、原作に似せて書かれているアニメであり、忠実とは行かないまでも原作に沿って描かれているアニメこそが批判の対象となっているってことだ。どうもここに今回の論点が隠れている気がする。

 さてここでよーく考えてみて欲しい。アニメを見る眼と漫画を見る眼は、はたして同じであろうか? アニメと漫画の表現方法の違いも、色彩、動き、音声などの情報量の違いも考慮すれば、自ずと異なることはおわかりいただけると思う。ましてや漫画の世界に長いことおられる吾妻氏が、それを知らないはずはない。日記の内容を見ていると、「けいおん!」の原作者かきふらい氏は、吾妻氏と既知であると思われる表現がでてくる。こうなれば原作を簡易に否定する事もできないだろう。そうなれば吾妻氏が書いた日記の内容が、いかに微妙なニュアンスで書かれているかがわかろうというものだ。この日記の内容から読み取れること、それは「けいおん!」というアニメが成立した背景に関する予備知識の欠如である。

 「けいおん!」という作品が成立するためには、いくつかの条件があった。まず一つは「萌え絵」を主体とする4コマ漫画のアニメ化の波である。雑誌「まんがタイムきらら」は、雑誌「まんがタイム」から派生した雑誌である。コンビニの雑誌陳列棚を見ていると、この「まんがタイム~(なんとか)」というタイトルの4コマまんがが、複数種あることに気がつくだろう。それは「まんがタイム」のなかで台頭してきたOLや主婦向けの4コマまんがを別に隔離して成立し始めた雑誌であり、1990年代にはすでに複数種の週刊誌、月刊誌を発行してきている。ここの分岐点で「女性向け」という要因により、4コマまんがが分岐した。その上で「ふわふわ時間」などのようにアニメの原作として注目されたのは、「あずまんが大王」や「らきすた」の成功による。「けいおん!」が注目されたのは、そうした背景に掲載誌が同じであったことが関係している。同じ事が「GA芸術科アートデザインクラス」や「かなめも」にも言える。
 そしてより重要なファクターとしては、本作が「京都アニメーション」の作品であったとうことだ。そしてまた「涼宮ハルヒの憂鬱(第1期)」の「ライブアライブ」という作品なしでは、登場し得なかった作品であるということだ。このあたりについては、書くまでもないだろう。この「ライブアライブ」という作品のなかで見せた、ステージ上でのハルヒのパフォーマンスが、その完成度、作画レベルの高さ、楽曲の面白さ、物語構成の妙味など、特筆すべき美点がいくつもある作品であった。そう、音楽という表現を触媒にして、アニメはここまでできるということを証明して見せた瞬間だったのだ。

 以上のようなある意味アニメの世界での「文脈」が、吾妻氏には理解できていなかった可能性はないだろうか? むしろそここそが誤解の元であり、「けいおん!」がこれほどまでに受け入れられた要因でもある。この「文脈」を押さえていないと、むしろ吾妻氏同様に、「けいおん!」の面白さを誤解してしまうことになりかねない。おたくとは情報のクロスオーバーを楽しむ輩のことであるというような事を書いたのは、岡田斗司夫氏の著作であったと思うのだが、こうした「文脈」に対する理解や造詣も、おたくと呼ばれる人たちの楽しみなのである。

 もう一つ、「けいおん!」の2話で、唯がギターを購入するにあたり、アニメではみんなでバイトをしてお金を集めて買おうとするが、お金が足りなくて、結局楽器店のオーナーの娘である紬の交渉により、ギターをせしめてしまう話を取り上げている方々がいる。このエピソードが、ドラマを期待させておいて、あまりにもあっさりと期待を裏切るような結論に落とし込まれてしまったことを指摘しているのである。
 これに関しての私の答えは、それほど深い物ではなく、単にもとのストーリーが4コマまんがの短編連作物としての体裁を採用しているまんがだったからだというものだ。紬はあの物語の時点で、すでに「デウス・エクス・マキナ」であり、物語やまんがのオチを担当するためのキャラクターとして存在している。だからこうならざるを得ないのだと思う。むしろそこに意味をもとめるのは、アニメにも原作にも無理なのではないかと思えるのだ。

 以上、私見まで。ご意見や批判はあまんじてお受けします。

スポンサーサイト

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

他の作品や友達の意見等を聞いていて思うのが原作から派生したものでも小説なら小説、漫画なら漫画でその本人が最初に触れたものが基準点になるので人により感想が異なる点です。

自分は漫画やアニメから原作小説にいった場合は補完。

その逆ですと追加シナリオを楽しみます。

今までの流れがあるところに流行りにのって途中参加しても回りの盛り上がりについていけず批評がててくるでしょうね。
だからこそオタクは初代を祭り上げるのかもしれません

No title

とぴろさま
 どんなジャンルでもパイオニアに価値があることは認めますが、それ以降の模倣者に価値がない理由にはならないと思います。初代信望者の最大の問題点は、模倣者の価値を見いだす努力を怠ること、場合によっては価値を見いだす能力の欠如ではないかと思うのです(いやな言い方ですが)。そうでなければこれほど多様な作品が生まれる土壌を説明できはしないでしょうから。そして新しい何かが生まれるためには、「流れ」や「文脈」があると思います。そうしたものを発見するのは、時間の流れの中でのものの位置づけを知っている人たちしかできないはずなんですが、それがどうして否定語で表現されてしまうのか、寂しい限りです。(すいません、あんまりコメントのお返事になってませんでしたかね)

No title

おそらく吾妻氏が言うのは、その雰囲気が嫌なのでしょう。というのは、ゆったりとした日常を描いて、非常に現実の風景に似せているのに、主人公たちにとって都合が良い人達しかおらず、邪魔になるようなものを排している……という感じです。
原作でも両親がいなかったりするけれど、あくまでその作品は四コマ漫画なわけです。
だからネタに合わせて次、次、次……と場面が変わったりで、雰囲気がかなり違っており、家族などについての不自然さも目立たない。そのネタが面白いかどうかが問題となる。
で、肝要のネタ自体もそこまでじゃないから、まぁまぁだと吾妻氏は評したのだと思います。
僕は知り合いがDVDを借してくれたので、これも何かの縁だろうというわけで観ました。う~ん、よく分からない、と頭を抱えました。
こういう作品が若い人達の間にも売れてしまうのは、それだけ自分に自信の無い人が増えてるんだろうか?小学生くらいの子供が憧れのために観たり、年配の人が孫を見るような気分で微笑ましくなったり……というのならまだ分かるんだけど、現役の高校生や、それより上の若者にも受けが良い……。
ちょっとは、こういう作品に好感を持つ人達の気持ちは分かるんです。だから、一度くらい観て、それで喜ぶのは、まぁしょうがない、と思う。
だけれど、その日常に居心地の良さだとかを求めて繰り返し、ハマッてしまうのは流石に少しヤバイなぁとも思います。
一回性という要素は嫌いじゃないです。そこで観る側にもさっさと卒業して欲しいですな。住み心地の良い世界なんて、そんなの現実で作っていくものさ……!
僕は観てから随分経ちますが、好奇心は満たされたので観れてよかったと、今でも変わりませぬ。
何が嫌かって、自分の中で記憶がだんだん美化されてきていることです。我ながら情けない!

No title

絵の木さま

 コメントありがとうございます。
 ここで取り上げた「けいおん!」に限らず、ここ20年ほどのアニメやラノベシーンを見るにつけ、このように主人公たちにとって障害になる事情を取り上げず、気持ちのいい部分だけを残したような感じの作品はとても多いと感じます。それはさらにたどっていけばロボットアニメにもある、ご都合主義的な設定や展開なんかにも遡れますけれど。

 それを楽しむ心理的背景には絵の木さんがおっしゃるようなことで正鵠を射ていると思います。それは本当に正しく、まっとうなご指摘だと思います。

 ただ、それを楽しんだ側とすれば、「ただ楽しく観て、何がいけないの?」と、享楽的な傾向の意見だってあるわけです。それもまた別側面での事実。本文で触れた論争の一側面の原因は、そうやって楽しいと感じる作品やモノを、著名人に否定されたことで、楽しんだ人が自分自身をおとしめられたと感じたためだと、わかってはいるんです。そういう人たちのために論理的な反論を示してみたい。それが私が「売名行為」と書いた理由です。
プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->