仮面ライダーW&ディケイドMOVIE大戦2010

 実は昨日、「ウルトラ銀河伝説」と一緒に見てきたので、早速レビューしたいと思う。こちらも公開から日がたっていないので、ネタバレは最小限にとどめようと思うのだが、今回ばかりはあまりにネタバレしなさ過ぎるとなにもかけなくなってしまうので、以下、ネタバレ少しありというところで、ご容赦いただきたい。これから観に行く方は、是非とも映画を見てから本文をお読み下さい。


<以下、ネタバレ少しありです。ご注意下さい。>







 今回の映画、どういう配分なのかよくわかっていないし、こちらも情報をできるだけシャットして見にいったんだが、結果としては「ディケイド完結編」、「ダブル・ビギンズナイト」、「MOVIE大戦2010」という3編を連続で上映する形になっている。「ディケイド完結編」の最後の最後のバトルシーンが、「ビギンズナイト」のラストバトルに絡んできて、「MOVIE大戦2010」で共闘するという趣向。どちらがどちらの世界に行き来したのかは詳しい説明はなく、まあディケイドが無理矢理ダブルの世界を引き寄せたイメージだと思われる。ディケイドの無茶っぷりがよくわかるし、ラストシーンで門矢士が去りゆく姿は、ようやくディケイドとダブルの引き継ぎが終わった感じになっている。

「仮面ライダーディケイド完結編」
 この物語を説明すると、すべてがネタバレになるので、詳細は省く。物語は門矢士は鬼神のごとくライダー達を倒して世界を回り続けており、海東やユウスケとも対立を深めていく。それと同時に進行する世界の崩壊とスーパーショッカーの活動開始。ついに世界は崩壊するのだが・・・・。
 この話のキーポイントは二つ。誰の台詞かは秘匿するが、「創造は破壊からしか生まれない」そして「ディケイドの物語なんかない」ということだ。
 この作品の上映以前、白倉プロデューサーは、「テレビはテレビでちゃんと完結している」とインタビューに答えている。これはTV版ディケイドの物語が、夏海の夢の中に出てきたライダー大戦に、物語がループしていることを示している。つまりあの物語の進行は、どこまで行ってもループするしかない物語だったのである。その答えを望むようには、この映画はできていない、ということは本作は明らかに蛇足であるということが前提として作られている。そのことを承知の上で見ていただいた方が、被害は少ないだろう。

 では終われないはずの物語に、なぜ「完結編」としたのかは、本作を見ていただきたい。先のキーワードに従えば、破壊された世界から世界は再誕する。これも先のテレビ版同様の無限ループなのである。そこにあるのは物語の整合性などない、各世界でのディケイドの活躍があるだけで、個別の物語が存在するだけだ。そして現実的にはすでに時代と一緒におき去られたはずの仮面ライダーを掘り返してきて、「リ・イマジネーション」の言葉の元で再構成するという作業があっただけである。あくまで一つの答えに過ぎないが、本作で再生された世界が、私たちの知るかつてのテレビシリーズの物語だったとしたらどうだろう。ディケイドの物語はなにもこれまでのライダーに対して、時系列的に後に来る物語であるという、設定上の確証がない。「仮面ライダークウガ」でスタートした10年という歳月は、ことここにいたり、物語のない物語により、無限ループするという流れになったのかもしれない。その結果をもって、本作は「完結」したと称している。それはテレビ版でも見せたループとなんら変わることがない結論となっている。完結する物語など、ディケイドには初めから存在しなかったのである。こういうあたりは、見る人によって異なる感想が出るだろうから、上記の内容はあくまで個人の意見である。だがこのあたりに気を配っていないと、また「完結していない」といって怒る人が出てくるだろうことも予想できる。ネタバレだがあえて残しておく。結論は門矢士たちの旅は、終わらないのである。

 無限ループの旅はまことにSFっぽく出来上がっている。そういう意味でも、私はこの物語が好きでたまらない。かつて「コロコロ」だか「ボンボン」だかで連載されていた漫画に、1号からブラックRXまでの仮面ライダーが、時空を超えて互いの世界を助け合う物語を展開していた。それはまさに夢のような出来事であったし、ディケイドの物語にも若干酷似している気がした。わりと限定的な場所で能力を発揮するキャラクターである仮面ライダーが、時空を超えることへの驚きとイマジネーションに、小学生の私は目もくらむ思いをした。それがテレビとして放送されている感覚が、この「ディケイド」にはある。そして細かい整合性は無視をするおおらかさ。門矢士の「だいたいわかれば、それでよし」というキャラクターは、まさにこの作品を構成する支柱であったことがわかる。

「仮面ライダーダブル・ビギンスナイト」
 それははじまりの物語。すでに海難事故で死んだ姉を目撃したことから、彼女の行方を捜すことを依頼された翔太郎とフィリップ。捜査の過程で、死んだはずの鳴海荘吉を目撃し、激しく動揺する翔太郎。翔太郎は荘吉が死に、フィリップと出会った場所へおもむく。そしてドーパントが事件に絡んでいることを知り、事件は解決し残すはドーパントの始末のみ・・・・といったところで「MOVIE大戦」に引き継がれ、ラストバトルになだれ込む構成となっている。つまり「MOVIE大戦」自体には、なんら物語がない、バトルシーンのみの映画となっているのである。
 この話で彼がなぜ「フィリップ」という名前(今書いていて思ったのだが翔太郎は「章太郎」なのね)なのかがよくわかった。また死んだはずの「鳴海荘吉」役の吉川晃司氏がすばらしい演技とアクションを披露してくれている。お願いだから「仮面ライダースカル」で1本撮影して欲しいぐらいだ。登場シーンにおける序盤の帽子を飛ばすシーンが、めっちゃくちゃかっこいい。この人のダンディズムだけで、3杯のご飯が食べられる。
 また回想シーンとしてフィリップと翔太郎が出会い、荘吉が死にゆくシーンが出てくる。そのシーンを思い出して、フィリップと翔太郎が自分たちのなすべき事を誓い合うくだりという、劇場版ならではのシーンがあるだけで、あとの物語は通常のテレビ版となんらかわらないスケールで作られている。逆に言えばそのことがディケイドのような大風呂敷よりも身近に感じられる分だけ、こちらのほうが見やすいし楽しめるのである。

 だがせっかくの劇場版なのだから、ドーパント側のキャラクターも、もう少し物語に絡んでくれればよかったのにと、残念に思う。またメインのドーパントは、2つの姿をもっているが、仮の姿がまるで「ブラックRX」に登場した「スカル魔」に似ているため、これがディケイドの世界とリンクするのかと思いきや、思いっきりはずしてくれる。しかも本体のドーパントのデザインは、かなりシンプルである。そこが若干残念だ。まあシンプルなだけにという展開も控えている。劇場で確認していただきたいところだ。

 ディケイド、ダブルともに、アクション面や特撮面では、特別に力のはいったことをしているわけではない。「MOVIE 大戦」で見せるバイクアクションも、往年の仮面ライダーを彷彿とさせる大爆発にあわせてバイクでジャンプするシーンがあるが、予告でも見慣れてしまっているため、特別の驚きもない。だが巨大なCGによるメカ群や「仮面ライダーJ」に対する攻撃は、まことに懐かしいという思いがある。ディケイドがカードで繰り出す攻撃の数々は、ディケイドの力の源を、過去のライダーに依存していることを感じさせるし、その依存こそがディケイドの魅力であり、かつ「リ・イマジネーション」にふさわしい扱いだといえる。子供と同伴される大人には、むしろアクションよりも素顔のアクターたちが紡ぎ出すドラマそのものに注目して見ていただきたい。それは先日の「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説」がアクションシーンを繋いで物語を進行していったのとは、まったく逆のベクトルなのである。日本が誇る2大テレビシリーズである「ウルトラ」と「仮面ライダー」が、この冬に送り出すあらたな地平なのである。ぜひとも2本そろって存分に楽しんでいただきたい。

劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー コレクターズパック [DVD]劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー コレクターズパック [DVD]
(2010/01/21)
井上正大村井良大

商品詳細を見る

来年1月発売の前作映画。こちらも改めて楽しみたい1本です。
スポンサーサイト

テーマ : 特撮・戦隊・ヒーロー
ジャンル : 映画

コメント

非公開コメント

プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺☆第5戦先発 田中将大投手

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->