サイボーグ009(新)~絶対悪は存在できるのか?~

 かつての私はマンガも大して読まない子供であった。むしろ親から与えられた童話集などを読む程度であり、自分から本を読むような子供ではなかったのだ。子供の頃のマンガに関する唯一の思い出は、小学校1年生の担任の家に偶然遊びにいった帰り、「うちの子はもう読まないから」といってもらって帰った3冊のマンガである。「人造人間キカイダー」の1巻、「伊賀の影丸」3巻、そして「サイボーグ009」の7巻である。昭和50年初頭の話であるから、これらは「秋田書店コミックス」なのである。我ながら古い話である。だがそれからしばらくしてアニメに興味を持ち、中学時代にはアニメ特撮ファンであることを自覚して以降、自分のお小遣いの大半はBGMのレコードと、マンガに消えていく。だがキカイダーや伊賀の影丸をきちんと読むことができるまでには、かつての名作マンガの復刻ブームまで待たなくてはならなかった。唯一の例外は、当時でも絶賛連載中であった「サイボーグ009」のみ。しかも小学館文庫として編集された文庫版の表紙絵は、本編の絵とは似ても似つかぬクールでいてしかも少し不気味な絵であったことを覚えている。それをきちんと買いそろえるには高校生になるまで待たねばならなかったが、それほどまでに渇望し、熱中したマンガが「サイボーグ009」なのであった。さて今回扱う「サイボーグ009(新)」は1979~80年にかけてテレビ朝日系列で放送された作品である。それは同時に週刊少年サンデー誌において連載されており、まさにメディアミックスのような形で放送されていた作品である。この作品がなければ、私が恩師にいただいたマンガに再注目するはずもなく、またその後小学館文庫を喜々として収集することもなかったのである。

 先に映像化された「009」を俯瞰してみたい。

・1966   劇場版「サイボーグ009」
・1967   劇場版「サイボーグ009 怪獣大戦争」
・1968   「サイボーグ009」(モノクロ26話)
・1979~80 「サイボーグ009(新)」(カラー50話)
・1980   劇場版「サイボーグ009 超銀河伝説」
・2001~02 「サイボーグ009」(平成 51話)

 この作品群を多いととるか少ないと取るかは、意見の分かれるところであろう。60年代の劇場版は、年末になると早朝の時間にテレビ放送され、子供の頃は幾度となく楽しませてもらった記憶がある。モノクロのテレビ版はどうしても第二次大戦後の荒廃した日本の爪痕が色濃く残る作品であるし、平成版は原作のエピソードをくまなく映像化して見せたところに最大の価値がある。だから私の注目は、サンデー誌での連載とあわせて、まさに新世代の009像を結んだ79~80年の作品に集まるところとなる。特に本作の魅力は、「ネオブラックゴースト(以下、NBG)」の登場による、テレビ版完全オリジナルの物語にある(「超銀河伝説」についての酷評は、こちらをご覧下さいhttp://naminomanima2.blog78.fc2.com/blog-entry-30.html)。

 全50話の物語は一般に「宇宙樹編(#1-9)」「戦士の休息編(#10-21)」「ネオブラックゴースト編(#22-50)」の3部構成になっている。このうち「宇宙樹編」については原作にある北欧神話をベースとした「エッダ編」に材を求めているものの、原作とは異なるオリジナルの展開となっている。そして第一部で集合したメンバーたちがふたたび故郷に帰る先で、さまざまな事件に遭遇する「戦士の休息編」では、彼らのキャラクターに基づいたエピソードを展開し、得てして能力優先でキャラクターを排除しかねなかった009以外のキャラクターにスポットをあてる。これにより00メンバーたちのキャラクターが色濃く暗影された物語が登場するにおよび、メンバーそれぞれがきちんとした個性として画面から表出することになる。そして第2部での事件の裏で暗躍していたのがNBGであることが判明し、第3部になだれ込むという算段である。
 そして第3部では、009たちが世界各国で発生するNBG関連の事件をあばき、それを解決して世界を転戦するストーリーが展開する。それは同時に00ナンバーたちが、その持てる能力を存分に発揮する舞台をしつらえることになる。23話「死闘!V2作戦」での各人の活躍を皮切りに、007が替え玉でのいかさまに挑む36話や、人工知能を埋め込まれたライオンと戦う008の活躍を描く38話、自らがサイボーグであることの悲しみをさらけ出す003の34話など、見所も多い。ただ当時の原作者石の森章太郎氏が、007=グレート・ブリテンの年齢や人間性に大きく影響されたことも手伝ってか、へそのボタン一つで変装をなしとげる007の活躍がめざましいのは、ご愛敬と言ったところか。

 物語が終盤に差し掛かる頃、NBGの実態が徐々に明らかになってくる。NBG編に入ると、まず登場したのはNBG首領である3つ子のサイボーグ、ブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァである。顔の左右と中央をメカニックに改造した3人の首領は、まさにかつて00ナンバーサイボーグたちが「地下帝国ヨミ編」で戦ったブラックゴーズトの首領であった3つの脳髄の写し身に他ならない。そして3つ子の首領は、009たちに破れた幹部連中を、失敗を理由にこともなげに処罰してみせる。まさに恐怖政治による支配体制をおいていたのである。かつてのブラックゴーストの首領の正体が、人間の欲望の権化ともいうべき、人間の悪意そのものだったのに対して、本作ではアニメらしく実態として表現するために、このような3人を設定したことは容易に想像がつく。そして自然発生的に生まれたブラックゴーストの首領とは異なり、3つ子の生い立ちにこそ、その最大の謎か隠されており、その出生の秘密を暴くことが、物語の最終ラウンドの鐘に相当したのである。それが42話から最終話までの流れになる。

 NBGは世界征服の為の最終作戦を発動。それは人工衛星を打ち上げ、衛星からサブリミナル電波を地球上に照射し、全人類をその支配におこうとする計画である。名付けて「シャングリラ計画」。
 急に父親を思い出し泣きわめく001が事の発端である。001に脳改造をほどこした恐るべき父・ガモ・ウイスキーの消息を確かめるためテレポートする001は、行き着いた先で3つ子の首領を改造したのはガモである事実を知る。009たちを誘導し脱出に成功した001であったが、その情報をもとに、3つ子の正体をあばこうと試みる。001の導きにより、3つ子がヒマラヤ山中の村の出身であることを突き止めた009たちは、NBGに支配されたガンビシュ村を救う。そして得られた3つ子の情報は、僧侶であった3つ子の父が村を収めていたこと、その父は反抗する村人に襲われて殺されたこと、そしてその息子である3つ子が、不思議な超能力を使って、村人に復讐したことなどを知る。
 作戦の失敗で殺されそうになったNBGの幹部・キラードスは、なんとか3つ子の秘密を握るガモ博士を取り込み、NBGを自らが支配しようと企む(#42-44)。
 世界で天変地異が起こるとき、救世主として現れ人々に救いの道を説いたのはガンダールという僧侶だった。だがその男の顔はあまりにも「3つ子」に酷似していた。同時にガンダールのための大聖堂が建立されるが、その場所は3つ子の故郷であった。ガンダールがNBGと関連ありと見て動く009たち。だが自らの命をかけた行動で009たちを巣くおうとする姿に、困惑を色を隠せない。ガンダールもまた自分の出生の秘密を知らずに生きていたのだ。自分が何者か悩むガンダール。だがそんな彼に接触するものがいる。裏切り者キラードスである。彼はガンダールを取り込むために、ガモから聞かされた3つ子の秘密を話す。3つ子は首領の座に座る以前に、ガモ博士に改造され、人間の善なる部分を切り取り、機械で残りを補うことでサイボーグ化したのであり、残った余剰パーツでガモが気まぐれに作った人間、それも3つ子の善なる部分のみで作られたのがガンダールだという。自分の出生の秘密に驚愕するガンダール。そして本来一つであったものが分かたれる状態は不完全であるため、互いが接触すればそれは対消滅がおこることを意味していた。3つ子の一人を押さえて、人質交換に応じるサイボーグたちであり、この気に乗じてNBGを壊滅せんと意気揚々とNBGのアジトに乗り込む009たちであったが、あと一歩で逃してしまう。だがキラードスを助けたように、天の采配を気取るオーディーンにより、ロケットに乗り込んでいたガンダールと合体した3つ子が対消滅する。これによりNBGは滅び、世界に平和が訪れたのである。ガンダールの死という尊い犠牲をはらって(#45-50)。

 ご存知のようにこのあとの延長案として「ミュートスサイボーグ編」が計画されていながら、映像化されなかったため、オーディンの登場があまりに唐突でむりやりの登場に見えた以外は、非常に手の込んだオリジナリティのあるラストシーンとなっている。また「地下帝国ヨミ」での宇宙に向かう魔神像の中で戦う009というイメージは、ロケットに乗る3つ子とガンダールの最後に酷似しており、オマージュも見て取れる。しかも3つ子とガンダールの設定のおぞましさといったらない。外科手術により「善」と「悪」を切り分け、その上で善の部分だけでガンダールを合成するというガモ博士の異常さは、群を抜いている。そしてまた善なる部分が「僧侶」として救世主としてあがめられていた事実も、見逃しがたいSF的な面白さがある。

 ここで一つの命題を提示してみたい。それは「絶対悪とは存在できるのか」ということだ。この命題を整理するにあたり、2つの考え方で証明を進めてみたい。それは「絶対悪は存在できる」というものと「存在できない」という2項で考えてみる。
 もし「存在できる」とした場合、実際にガモ博士のような外科手術による人間の善なる部分の摘出という方法が事実上無理なのはわかりきっているので、これは考えないこととする。だがもしそれが可能になったとして、人間から善の部分が失われたという事実認識で、果たして「絶対悪」が誕生するかといえば、それも「ノー」というしかない。その証拠を本編中に求めることができる。3つ子の首領のなしたことを見ると、粛正による恐怖政治をひいていた3つ子であったのだが、キラードスごとき愚者を生かしている。また3つ子の一人が00ナンバーに拿捕されたときには、それを助けようと全軍の攻撃を控えさせている。また幹部連中の失敗を見逃さないとしながらも、失敗の仮定で殺すのではなく、すべての責任を押しつけて処罰するやり方をしているのである。それは自己保身であろう。自分が首領の座につきながらも、まだ自己保身を続けているのである。それはもう「絶対悪」とはいいきれない。悪になりきろうとした小心者でしかないのである。
 逆に「存在できない」とした場合、今度は善の心を持つ「ガンダール」の存在故に、その答えも否定してしまうのである。ガンダールは別に宗教をや教えを広めたかったのではなく、単に和解を求めただけなのである。それは邪教を信じ、自らの能力で村を支配していた3つ子とは全く逆のベクトルなのだ。結果的にいえば、どこまでも外科手術により善と悪をよりわけることなど出来はしないし、絶対悪も絶対善も存在できなくなってしまうという解答となってしまう。だからこそ、人間は互いの間違いを許し合い、互いを認め合う行為でこそ、最大の悪を抑制することが可能にある。一般的な宗教による善悪の判断の多くは、だいたいこのあたりに収束する。
 00ナンバーサイボーグが、なぜ国籍も年齢も異なる9人で構成されているかを、あらためてここで問い直す必要があるのかも知れない。決して容易には交わらない人々が、仲間だと言い切るために、どれだけの誤解と和解をくりかえしただろう。そして原作者・石の森章太郎がそこにこめたメッセージを読み取れば、それはやがて同じ解答にたどり着くに違いない。

 だが現実世界を顧みれば、はたして絶対悪が存在しないのかどうか、不安に駆られることがある。キリスト原理主義に後押しされたアメリカ前大統領の所業は、果たして後世の歴史家はどのように評価を下すのだろう。また今日この日(2009.12.18)に判決が言い渡される、2008年3月に発生した茨城県土浦市での通り魔事件は、求刑通りの死刑に決まった。だが被告の発言を聞くかぎり、「死刑になるために事件を起こした」旨の発言をしていると聞く。彼は死にたがっているにも関わらず、自殺する訳でもなく、市井の人々の犠牲を強いてまで、法によって裁かれて死のうとしているのだ。法治国家の矛盾を指摘したいわけでも無いようだし、この被告の思考は、余人の考えの及ぶところではないのだろう。被告の望むとおりに死刑に処すことは、被告の願いを叶えるだけでなく、被告の思考を正当化させてしまうのではないだろうかと、疑問を感じざるを得ない。彼に処罰を与えるのだとすれば、それは生きることによって罪を償うべきではないだろうかと思う。だがそれは国民の血税により犯罪者を保護するという、税制度上の矛盾を議論する必要性にかられてしまう。堂々巡りだな、こりゃ。

サイボーグ009 1979 DVD-COLLECTION Vol.1サイボーグ009 1979 DVD-COLLECTION Vol.1
(2009/07/21)
井上和彦千々松幸子

商品詳細を見る

サイボーグ009 1979 DVD‐COLLECTION VOL.2<完>サイボーグ009 1979 DVD‐COLLECTION VOL.2<完>
(2009/09/21)
石ノ森章太郎

商品詳細を見る

再販されたDVDです。
サイボーグ009コンプリートブックサイボーグ009コンプリートブック
(2001/10)
ゼロゼロナンバープロジェクト

商品詳細を見る

今回の参考テキスト。平成版以前までの原作、劇場、テレビ版について詳しい書籍です。
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

whilelimitless.com

波のまにまに☆のアニメ・特撮のゆる~いコラム サイボーグ009(新)~絶対悪は存在できるのか?~

コメント

非公開コメント

No title

制度上の矛盾>

「お前さんに三度までもこんな事させるわけにはいかねえんだよ」
by念仏の鉄(必殺仕置人・第22話)

というあたりでいいんじゃないでしょうか?

No title

うめさん
 わかりづれえよ!(笑) DVD見直しちゃったよ。
 まあ、あんまり細かいことはいいんで、そういうことだね。うん、激しく同意。
プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
01 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺@53.8

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->