今年はこんな音楽聞いていた~役に立たないサントラ評~

 年内に2009年のアニメまでまとめたいとも思ったが、ちと無理そうなので特撮とアニメは、年明けに持ち越します。更新は2010年1月4日以降になりますので、みなさまよしなに。

 さて今回は私が今年聞いていたアニメ周辺の音楽について書いてみたい。本ブログの6月末の更新に、「サウンドトラック雑感」という駄文を書いているように、気に入ったアニメ作品や特撮作品、テレビドラマなどのサントラは、できるだけ買うことにしている。今年も金がないなりにいろいろ買って聞いていた。主に愛用のiPodにつっこんで、日々の日課にしていたウォーキングの最中に聞いていることが多い。

 今年もっとも聞いたのは、「マクロスF」関連の楽曲だろう。特に番組終了後に発売された「ヴォーカルコレクション娘たま」は、2枚組のフルボリュームで聴き応えがあった。当然先行して発売された2枚のOSTも楽しんだのであるが、本作の2大歌姫の楽曲の良さが光るし、主題歌を歌った坂本真綾嬢の曲も入っており、異常にお得感のあるアルバムであった。今後劇場作品の2作目も控えているから、しばらくはリピートしそうな作品である。


マクロスF VOCAL COLLECTION「娘たま♀」マクロスF VOCAL COLLECTION「娘たま♀」
(2008/12/03)
TVサントラ

商品詳細を見る


 次によく聞いたのは、やはり今年注目の「けいおん!」の楽曲だろう。主題歌やエンディング曲、そして「放課後ティータイム」が歌う劇中曲まで、ヴォーカルものはすべて買いそろえた。しかしキャラソンまでは手がでなかった。そのかわり番組終了後に発売されたOSTも、現況のバラエティ番組で頻繁に使用されている状況から考えても、業界的にも注目の一本だったろう。日常感あふれる作品に合う楽曲は、やはり日常ととなりあわせの生活感漂うバラエティ番組に合うようで、日々テレビを見ていてつい耳ざとくなってしまう。軽音部らしく、楽曲は比較的ポップス調であり、特殊なシチュエーションを選ばない限り、さわちゃん先生のテーマとなるロック調の曲があるだけで、全体的にジャンルは狭い。だがそれこそが主人公たちの日常を体現する音楽にマッチしていて、聞いていて耳が楽しいのである。

TVアニメ「けいおん!」オリジナルサウンドトラック K-ON! ORIGINAL SOUND TRACKTVアニメ「けいおん!」オリジナルサウンドトラック K-ON! ORIGINAL SOUND TRACK
(2009/06/03)
TVサントラ

商品詳細を見る

TVアニメ「けいおん!」劇中歌ミニアルバム 「放課後ティータイム」TVアニメ「けいおん!」劇中歌ミニアルバム 「放課後ティータイム」
(2009/07/22)
放課後ティータイム

商品詳細を見る


 同様に年末にかけてよく聞いたのが、「GA 芸術科アートデザインクラス」のサントラである。エンディング曲はメインキャラの5人にあわせて曲調が変わるしかけがあり、キャラにあわせて歌詞も変わる。この5曲を1枚、そしてサントラを1枚と、2枚組となる構成であった。これがまた彼女たちの日常感にあふれ、「けいおん!」同様の軽さや楽しさを含んでいる。こちらはむしろジャズやヘビメタなどの曲調が含まれており、むしろジャンル的には広いのだが、トータルとしての統一感があるので、それほど耳を刺激しない範疇でおさまっている。

GA 芸術科アートデザインクラス music paletteGA 芸術科アートデザインクラス music palette
(2009/10/28)
TVサントラ彩井高校GA girls

商品詳細を見る


 劇場版の音楽はまた、気合いの入ったサントラが聴けるので楽しい。今年は「エウレカセブン ポケットに虹がいっぱい」と「エヴァンゲリオン破」のサントラは、リピート率が高かった。
 「エウレカセブン」はオーケストラの大仰なサウンドが、いやがうえにもエウレカとレントンの二人の世界を盛り上げまくる。劇中の戦闘シーンが空中戦であるため、流麗な音楽と相乗効果をなしていることが、シーンを盛り上げている。なにしろ普通のロボットの殴り合いとはことなる戦闘シーンであるから、凄惨よりも華やかさがあるせいで、音楽の印象もまるで違う感覚すらある。現行の日本のポップスに浮かれているようなテレビ版主題歌も嫌いではないのだが、このオーケストラを聴いていると、ついそうした美点すら忘れてしまう。


交響詩篇エウレカセブン -ポケットが虹でいっぱい- MUSIC COLLECTION交響詩篇エウレカセブン -ポケットが虹でいっぱい- MUSIC COLLECTION
(2009/06/24)
アニメ主題歌iLL

商品詳細を見る


 「エヴァンゲリオン破」の音楽の構成は、実にうまい。実体験として体に染みついている過去のテレビ版や劇場版の音楽を再整理、再構成し、なおかつエヴァファンなら知っているはずの別作品の楽曲までとりこむあそび心、そして林原めぐみ嬢が歌う懐かしい歌謡曲や、ボーナストラックとして入っている楽曲群を聞いていると、試しとしての時間と音楽の固定化を狙っている実験にも思えてしまうのだが、それは考えすぎであろう。むしろ積極的に時代性を排除したいという想いが、これらの楽曲銀を組み合わせている妙味なんだと気づかされる。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウンドトラック SPECIAL EDITIONヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウンドトラック SPECIAL EDITION
(2009/07/08)
サントラ林原めぐみ

商品詳細を見る


 特撮関係では遅まきながら「大怪獣バトル」の楽曲を聴いた。劇中でゴモラが反撃に出るときのメインテーマの高揚感に、心も体もゆだねているのは至福の瞬間だろう。また「侍戦隊シンケンジャー」については、主題歌・副主題歌のCDをかなり聞き込んだ。番組の面白さもさることながら、歌詞に秘められている仕掛けが、とても楽しい楽曲であり、ここから侍たちのキャラクターや物語が透けて見える構成には舌を巻いた。また番組終了後のCDボックス、「仮面ライダーディケイド」は、購入したものの、まだ完全に聞いてはいない。こちらも劇中曲にはキャッチーな曲が多いから、ついその曲ばかり聴いてしまう。
ウルトラ大怪獣バトル オリジナルサウンドトラックウルトラ大怪獣バトル オリジナルサウンドトラック
(2008/01/23)
TVサントラProject DMM

商品詳細を見る

侍戦隊シンケンジャー(秘伝動画からくり箱)侍戦隊シンケンジャー(秘伝動画からくり箱)
(2009/03/18)
高取ヒデアキ(Project.R),串田アキラ サイキックラバー(Project.R)サイキックラバー(Project.R)

商品詳細を見る

MASKED RIDER DECADE COMPLETE CD-BOXMASKED RIDER DECADE COMPLETE CD-BOX
(2009/09/09)
TVサントラGACKT

商品詳細を見る


 そしてこちらも番組終了後に発売されたCDであったが、「夏のあらし」の「歌声喫茶方舟」というアルバムは、キャラクターソング集でありながら、各キャラクターが懐メロを歌うあたりが、作品コンセプトとして面白い。最近では似たようなことをやって作品として、「そらのおとしもの」のエンディング集が同様の傾向だ。本作は過去の本ブログでも取り上げたのであるが、昭和歌謡に限定している点、そして多くの楽曲の作詞が、阿久悠氏の手による物であることから、氏の功績がしのばれる作品となっている。ぜひ一度聞いて欲しいし、その楽曲の価値を知って欲しい。個人的には堀江由衣の「喝采」と生天目仁美の「どうにもとまらない」がたまらなく好きです。

夏のあらし! キャラクターソングアルバム夏のあらし! キャラクターソングアルバム
(2009/07/08)
TVサントラ嵐山小夜子(白石涼子)

商品詳細を見る


 さて今年聞いた劇盤で記念碑的な作品が発売されている。それが「伝説巨神イデオン総音楽集」である。ほぼ絶版となり、現存するCDは中古でプレミアがついている作品が、リマスタリングされて一気にまとめて聞ける機会に恵まれたのである。ほぼ同時期に「銀河旋風ブライガー」の音楽集もCDで復刻され、長らく歌入りの楽曲ばかり出会った作品に、BGM集が不完全ながら収録されたのは、非常に喜ばしい。ブライガーのシリーズは、その後も続いているらしいし、特撮関係も「宇宙鉄人キョーダイン」などの音楽集も発売されている。どれもこれも喉から手が出るほど欲しいのだが、財布には限界があるので我慢したCDも多いのだ。来年こそはまとめて買いたいものである。
伝説巨神イデオン 総音楽集伝説巨神イデオン 総音楽集
(2009/08/26)
アニメ主題歌たいらいさお

商品詳細を見る

銀河旋風ブライガー音楽集銀河旋風ブライガー音楽集
(2009/06/24)
TVサントラサントラ

商品詳細を見る


 さて、本年の更新はこれで終了とさせていただく。本ブログをご覧いただいたみなさま、お付き合い下さいましてまことにありがとうございました。来年もまたみなさまに喜んでいただける記事を書くことを目指して、精進したいと思います。まあ基本的に私の趣味の範疇ですが。それではみなさま、良いお年をお迎え下さい。来年本厄の「波のまにまに☆」でした。
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

良いお年を

体調を崩されていたとのことで、ネット上のことではありますが、多少心配しております。

本年中は大変お世話になりました。来年もよろしくお願い申し上げます。

簡単ではございますが、ご自愛くださいませ。そして良いお年をお迎えくださいますよう。

No title

がたがたさま
 ご心配おかけしております。現在は復調し、家内と共にコミケに行って参りました。
 ご丁寧なご挨拶、ありがとうございました。こちらこそ、大変お世話になりました。
 来年もよろしくお願いいたします。

一年お疲れさまでした。
今年がまにまにさんにとっていい一年になりますように。

No title

とぴろさま
 ありがとうございます。とぴろさんにとってもよい一年になりますように。
 今年もお付き合いいただければ幸いです。
 できればとぴろさんが食いつく作品について書ければいいなあ。ご期待下さい!(なんちて)
プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺☆NHK杯11/11初体験

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->