2009年のアニメを総括してみた

 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。できれば当ブログ「波のまにまに☆のアニメ・特撮のゆる~いコラム」もごひいきいただければと存じます。みなさまにおかれましては、年が改まりまして、いかがお過ごしのことでしょうか・・・・・もういいか。

 さて去年末にまとめをするはずでしたが、自分自身の体調不良と都合により、本日よりブログ更新となり、一発目は去年のアニメに関する総括をしておこうかと思いますれば、みなさま生暖かい目でご覧下さいませ。

 自身の仕事の都合もあり、2009年は私が生まれてからもっとも多くの作品を見た年であったことに違いはない。なにせその対象が深夜アニメで放送話数が少なく、年4期ごとに作品数が増えるのであるから、自動的にそうならざるをえない。だが今年からはある程度制限していこうと思う。そう思わざるを得なかったのは、ラノベやマンガなどの原作付きのアニメが多く、事前よりの期待値だけが異常にでかいくせに、いざ原作に触れずに作品を見るとあまりにも消化不良となる作品が多かったせいである。それでも原作のファンにとっては十分楽しんでいたはずであるから、それを否定はしない。だがそれ以上門戸を広げるつもりがないのなら、メディア展開をする必然性が疑わしい。ファンと呼ばれる一定数の人間にのみその放送時間を解放するのは結構だが、すでに深夜アニメという媒体に、作り手側が信頼を置いていないのではないだろうかと、不信感すら抱きかねない。「鋼殻のレギオス」や「とある魔術の禁書目録」「戦場のヴァルキュリア」「生徒会の一存」「けんぷファ~」などはそんなイメージで見ていた。

 またあまりにうまくまとめすぎて、かえって原作の味を損ねてしまった作品もある。たんなるマンガのダイジェストとしてのアニメという立場に甘んじてしまったのである。「宙のまにまに」や「蒼天航路」などは典型だろう。それで原作が売れればしめたモノであるが、逆に原作を読んだ気にさせてしまうってのは、どうしたものか。

 その一方で、原作に対してさらなる付加価値をつけてアニメ化することで、意外な方向性で認知度を上げている作品がある。作品のOPやEDの楽曲が、さらなるメディアミックス展開につながることは、この世界の常識となっているのだが、劇中歌などをコンセプトで縛ることで、作品に別の魅力を負荷することに成功している作品もある。「夏のあらし」や「そらのおとしもの」など、付加価値の面白さが目立つ作品もあったほどである。
 この「音楽」に関するコンセプトそのものは、2009年のアニメ界を席巻したともいえるのだが、どうにも成功例が少ない。「かんなぎ」の主題歌、劇中歌や「けいおん!」などが成功例だろう。「けいおん!」に関しては、本編以上に楽曲が評価された感じが強い。そして極めつけは「化物語」のOP群だろう。しかもこの売り方がえげつない。DVDを買わないと楽曲が手に入らない仕組みになっている。

 2009年の作品に関して、作画崩壊などという単語とは無縁であった訳ではないだろうが、それとて目に見えて酷いモノもない状況。それ自体は作画スタッフの力量の向上ではなく、作画マンの個性の発揮しどころがないのではないかと疑っていた矢先に、アニメ界の巨星・金田伊功さんがお亡くなりになる。それ以前に「鉄腕バーディーDECOD:02」における作画とアクションの兼ね合いの話をしていたのを思い出したが、金田さんがこれを見ていらしたら、なんと評価されていただろうか? 私はブログではなくmixiの日記上で、「バーディーの哀しい記憶を映像化している条件下で、作画の荒れよりもアクションとしてどこまで動かせるか」に重点をおいて、この作画を評価したのであるが、どうだろうか。アニメが絵と音楽と音声など複数の構成要素から成立するジャンルであるなら、作画だけを論じることに、どれほど意味があるのかと思うのであるが。

 物語として今年個人的に注目したのが、「青い花」や「ささめきこと」などの「百合もの」である。どことなく40歳を超えたおっさんにとっては近寄りがたいテーマであったのであるが、そこにある肉欲を含め、女性同士の恋愛というより、人間同士のつながり方を感じられて、いっそ清々しさすら感じたのである。非常に細かい日常の機微、そっとふれあう心と体のバランスの妙、互いに言い出せないままの秘めた想いなどのシチュエーションは、それを逆説的に笑う「ささめきこと」という作品を踏まえて、私には楽しげでいながら切なさもある世界に思えた。それはもう一方のカップリングである男女に関して、あいもかわらずハーレムアニメが跋扈する状況を見るにつけ際立つ感じではある。「君に届け」が人気を博すわけである。漠然とした言い方で申し訳ないが、男の子むけのアニメも、深夜には少ない。むしろ夕刻オンエアのアニメを見るべきか。

 そしてなによりSF性に関しては、凋落著しい。特に「宇宙をかける少女」の肩すかしっぷりには、御しがたい怒りすら覚えた。またオリジナル作品が異常に少ないことが、これに拍車をかける。ロボットものに関しては、「真マジンガー」以外、目立つ作品すらない。
 その一方で劇場用映画については「グレンラガン螺巌編」や「マクロスFイツワリノウタヒメ」「東のエデン」などのSFめいた作品が散見される。トドメが「ヤマト復活編」である。しかも単純なテレビ版の再編集版ではなく、いかに観客を驚かせるかという観点につき、エンターテイメント性を主張する作品が多い。そのフェスティバル性は一過性のものである可能性が高いから、今後残っていくかどうかは怪しい。作り手すら作品の一過性にならされている感じもする。年末の「ワンピース」や夏場の「コナン」など、一般に人気を博した作品もあるし、「ルパンvsコナン」などというスタジオが生み出した奇形的な作品もあるのだが、いずれも原点回帰的に、「いまさらそこを!」という突っ込みどころを物語にすることで、作品を形成している雰囲気がある。劇場用アニメに関しては、その集客からテレビへの客の回帰を目指している作りである。「ガンダム00」の劇場版も楽しみであるが、なにか本末転倒な気もする。

 私の手元にのこったDVDは「GA芸術科アートデザインクラス」と「化物語」、そして「ハルヒ」および「ハルヒちゃん」であった。まったく酷い有様である。だが2009年が不作の年だったとはいうまい。むしろ「ハルヒ」しか見るものがなかった気さえする年よりもはるかに佳作が多いと思えるし、深夜アニメとしてはほぼすべてのパターンがでそろった感じだ。こういったジャンルを超えて人気を博す作品が出てくる土壌もできている。ファンができることは身銭を切って応援する事しかできない。しかも悔しいことに優秀なスタッフを知りながら、それを直接的にバックアップすることができない。競馬や野球のファンとは異なるのである。だから応援方法が購買しかないのであれば、それに従うしかない。お願いするべきは、お金を出してもいいと思える作品を作って下さいということだけなのか。

追記
 2009年10月期の最終回雑感については、あらためて書きます。
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->