押井守監督の二面性~劇場版うる星やつら2作品~

 今をときめく押井守監督の第1回監督作品は、「うる星やつら オンリーユー」である。それまでタツノコ作品などでつちかったセンスは、テレビ版「うる星やつら」で、ほぼ完全に高みに達したと言えるだろう。テレビ版は少なくても、それほどまでに愉快で楽しく、時折しんみりさせつつも、きちんとお約束を見せていく。原作の良質さがあったとはいえ、メガネなどの新規のキャラを出しながらも、オリジナルを尊重していたし、完全オリジナルの話であっても、原作の持つ懐の深さが、多少の無理難題も包み込んで、キャラクター主導で押し切ってしまう。

 私自身は「ラム」ってそんなにかわいいか?とか、「あたる」がうらやましいか?などと、あまり当時は入れ込んでは見ていなかった、不信心者だ。ただしストーリーはすこしSFチックで好きだった。そしてなにより面堂家私設軍隊の、無意味にかっこいいミリタリズムには、こころ動かされた。テレビ版はある意味でこのSFとミリタリーの2点で見ていたと思う。少なくてもラムやしのぶなどの、女性キャラを見ていた気がしない。

 テレビ版とは別に完結編として上映された劇場版は、漫画の最終回をそのままアニメ化したもので、長きにわたるうる星やつらの連載と放映の終幕の記念に、めぞん一刻の完結編と同時上映していたのを、友達とお祭り気分で見に行った記憶がある。だがそのときにはすでに、押井守は本作を離れている。原作の終了もテレビの終了も曖昧なまま、自分の中での「うる星やつら」は終了した感じだ。それは後続のアニメに出てくるキャラクターが、ラムに追従するようにわいて出てきた頃だろう。だれも、いつまでもラムだけにかまってはいられなかったのだ。
 そう思えるのは、これからお話しする2作の劇場用作品が、作品全体の頂点に達していたのだろうという感慨があるからだろう。。

 1作目である「オンリー・ユー」は、まさにうる星やつらが原作を消化していた時代のオリジナル作品となっている。監督はテレビシリーズのシリーズディレクターをつとめた押井守であり、当時の勢いに乗っている感じがする。
 本作はテレビシリーズをうまいことスケールアップしていた気がする。テレビ版の劇場作品といえば、すでに「ヤマト」の劇場版があり、劇場版「ガンダム」三部作がある。ただ「うる星やつら」の場合、テレビ版のストーリーが連作ではない以上、劇場用新作として作られるだろうと予測はしていた。当然原作漫画にもないキャラクターが登場し、画面せましと、キャラクター達が暴れ回ってくれさえすれば、文句なしと考えていた。だから本作を見ても、正直劇場版だからというてらいもなく、普段のうる星やつらが、スケールアップして展開していたことに、安心感すら覚えた。
 ストーリーはいままでよりやや規模の大きい話で、あたるの過去の浮気が発覚し、ラムとエルの星同士の戦闘になる。この戦闘シーンの出来は、すばらしい動きを見せ、金田もどきや板野もどきのオンパレードで、今現在の目で見ても、まったく飽きることなく見せきってくれる。その激しい戦闘のさなかで、別れる別れないだのと痴話げんかをしているラムとあたるに、普通に説得力を感じた。どれだけすごいお膳立てをしても、この二人には、まったく関係ないことが、心から気持ちよかった。しかも劇場版のゲストキャラであるエルが、美男子を冷凍保存してコレクションする女傑であり、なんのかんの言い訳しても、女版あたるでしかないこと、これと全く相反するエルのあたるへの一途な想いと、あたるの嘘による理不尽なオチがまたいかしてる。どれだけ大風呂敷を広げても、きちんとたためば風呂敷に「うる星やつら」と書いてあるというからくりを見ている気分だった。その意味できちんとファンに向き合った作品であった。 だから次回作でこんな目に合うなんて、思いもよらかった。

 劇場用2作目である「ビューティフル・ドリーマー」は、前作の1年後に上映される。監督は同じく押井守監督。このころはすでにテレビ版を離れて、本作に没頭しているようだった。そしてこの作品は、押井色が強く打ち出された作品となるに及び、映画として賞賛される一方、原作者である高橋留美子や、原作を愛する一部のファンに、そっぽを向かれることになる。
 私自身もこの作品は好みでいっても、あまり自分向きという気がしない。オチを含めて観念的であり、娯楽ではない趣向で固められている。1作目への反発もあっただろうが、なによりこのストーリーが「うる星やつら」である理由がない。
 文化祭の前日を繰り返す世界。その世界がラムの夢であり、夢邪気というゲストキャラが、ラムの夢から作り出した世界であったというネタが、実は劇中でのラムというキャラクターを無慈悲にスポイルしているのだ。現実にラムの登場シーンが短く、しかもあたるとの関係を心配して、しのぶや竜之介をこの世界から閉め出す悪意さえ見せる。ラムという女の子は、実に普通の欲望を持っている女の子で、宇宙人であるという事実以外は、他の地球人の女の子と変わらない性格である。そんな娘が見せる些細な嫉妬が、しのぶや竜之介を世界から除外するなどという卑怯な手を使うのだろうか? こんなラムを誰が見たいものか。
 また終盤で、あたるが自分の欲望を満たす条件でハーレムの夢を夢邪気に作らせて、そこにラムがいないことを発端に、夢邪気とあたるのやりとりが終盤の見所となるが、ストーリーの落とし前をあたる自体の理不尽さに押しつけるように、物語を急速に閉じようとする傾向が見える。
 結局獏がラムの夢を食べ尽くし、現実世界に戻る件は、物語の最後の爽快感を醸し出しているようにも見える。だがあたるの理不尽さが、夢も現実も受け付けないのであれば、彼が住みやすい世界などあり得ないことになる。白い帽子をかぶった少女のラムに「責任とってね」といわれ、現実に戻されるあたるには、人間として人が持っている想像力や妄想癖すら否定しかねない感覚さえ覚えた。寝ても覚めても現実しかないというような地獄を見せたいわけではないだろうに。まああたるオチは、あたるの理不尽さを示すだけであり、合理的な作品解釈を受け付けないための、無理矢理な装置である印象が強い。
 突っ込めばきりがないので、あと一つだけ突っ込むとするならば、友引町の廃墟化した姿は、ラムの夢に結びつかないのでないか? だとすれば廃墟の夢は、だれのものか? あの優雅なサバイバル生活はだれの夢なのか?

 現在では押しも押されぬ著名なアニメ監督の、若かりし頃のメジャー作品は、手堅い手腕を有しながら、ファンですら受け付けぬ領域にすら軽々と踏み込んでみせる、他人とは相容れない異才の持ち主なのだろう。その異才は、後続の作品にこそ、よく現れていると言える。テレビ版のうる星やつらや「オンリーユー」のような娯楽に徹した作りの作品は、パトレイバーまで待たねばならず、「ミニパト」以降では、まったく見られなくなってくる。押井監督を語る上で外せない2作品ではあるが、これほど方向性の異なる2作品をわずか2年で制作した事実は、彼の異能無くしては成立しなかっただろう。
 しかし、できれば肩の力の抜けた娯楽作品のほうも、あらためて見てみたいと思うのは、無理な願いなのであろうか?
スポンサーサイト

テーマ : アニメーションの評論・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->