「ロボット刑事」~その2・もう一つの孤独~

 承前

 前回の記事を書いてから、「不気味の谷」と東映特撮作品に登場したロボットたちのことをずっと考えていた。どう考えても、「ロボット刑事」だけがやけに特異に思えてしようがないのである。類似する作品で考えてみる。例えば「機動刑事ジバン」はロボット形態とは別に人間形態を持っている。このことで「谷」をほぼ完全に回避しているともいえるのである。しかもジバンの素体は人間であるから、ロボットの形態を持つとはいえ、実質的には「人間」として扱われる容姿を獲得している。また「特捜ロボジャンパーソン」に登場するジャンパーソンは、銀色の体色に開かない口など、ロボット刑事との類似性を見せながら、劇中で人間と接触するシーンが少ない(ロボット刑事はむしろ芝親子や新條刑事が始終そばにいる)。また人間のそばにいても摂食シーンに立ち会うことは希で、最終回ですべての事件が片付いた後のバーベキューのシーンがあるくらいである。つまり人間とできるだけ接触しないことで、人間との差異を際立たせないようにしてあるのだ。「ロボコップ2」ではデータの書き換えにより、人間に親しまれるようにプログラムされたロボコップが、滑稽なほどに人間に応対するシーンがある。そして「刑事」というくくりから離れてしまうが、「人造人間キカイダー」のキカイダーも、素体であるロボット形態は「谷」ど真ん中といえるほどの左右非対称の容姿を持ちながら、青年ジローという人間体を有するため、ロボットの物語でありながら、悩める青年を演出したのである。
 こうなると、「不気味の谷」を感じるためには、対象となるロボットと感じる人間との距離感(物理的にも精神的にも)というファクターが、第3軸として有効に働いているような気がしてならないのである。むしろ「ロボット刑事」の悲哀の一端は、人間との距離が近すぎることにより、引き起こされている可能性がありはしないだろうか? ここで本作の物語をさらっておこう。

 物語はバドーが黒田という男に殺人契約を結ぶところからスタートする。黒田は10億円強奪事件で服役していたのであるが、だれも出所した黒田の迎えにこない。仲間である丘崎と伊達が裏切り、10億円を独占しようとしていると黒田は考える。そこにバドーはつけ込んだのだ。それを察知してマンションに引きこもる丘崎。警察も5年前の10億円強奪事件の真相を確認するべく、丘崎をはる。そこにいるのはベテラン刑事の芝(演 高品格)と若手のホープ新條刑事(演 千葉治郎)である。ところが通風口から侵入するバドーの殺人ロボット・ワッカマンにより、丘崎は殺害されてしまう。現場検証に当たる芝と新條の前に突如現れたのは、鋼鉄の皮膚をもつロボット刑事Kである。Kは犯行の侵入と逃走ルートに通風口が使われたことを、自分のセンサーで感知し、密室殺人事件のからくりを説いてみせる。だが芝刑事は犯人がロボットである可能性を信じ切れないでいる。逃走ルートからワッカマンの行方を追ったKであるが、しばしの格闘の後、結局取り逃がしてしまう。
 翌日警視庁総監に抗議する芝刑事。昨夜Kが持参した手紙は、芝がKと一緒に特別科学捜査室のメンバーとなり、Kの面倒を見るkとが書かれてあったのである。芝にとっては捜査室室長という肩書きはあっても、それは単にKというやっかいものを押しつけられたにすぎない。芝のもとを離れる気のない新條は、自ら捜査室に加わり、ここにたった3人だけの特別科学捜査室が誕生するのであった。情報屋・地獄耳平(演 三上左京)の情報により、伊達が洋上のヨットに隠れていることを知る捜査室一行は、さっそく伊達を追う。だがバドーは伊達にまで魔の手をのばす。すんでのところで伊達を助けたKはワッカマンと対決してこれを撃退するも、別働隊のバドーロボット・テナガマンにより、伊達は結局絞殺されてしまう。しかし死の間際に伊達は、10億円の隠し場所の暗号をしゃべったのである。
 この暗号をKはあざやかに解いてみせる。その暗号に記された場所では、すでに黒田とバドーの10億円争奪がはじまっていた。殺人契約によれば、10億の半分が成功報酬となっているのだが、黒田は金がおしくなったのだ。新條たちは黒田を追いつめ、10億円とともに確保するが、Kはテナガマンとの戦いに苦戦して逃がしてしまう。だが再び10億の金をバドーに奪還されてしまう捜査室の面々。金の受け渡しにバドーはヘリコプターを準備するが、ヘリに金がのっかった直後にKが現れ、ヘリを爆破してしまう。またテナガマンを破壊し、事件は一件解決したかに見えるが、捕らえた黒田は留置所の中で何者かに暗殺されてしまうのであった(1~2話)。

 こうしてKは芝親子や新條刑事と共に、バドーが引き起こす不可思議犯罪やさまざまな事件に関わるなかで、次第に芝刑事に認められていくのである。が、そうした芝刑事との心の交流よりも、問題なのはKの始末の付け方であろう。5年前の事件の動かぬ証拠である10億の金を、ヘリコプターごと爆破するのは、いくらなんでも乱暴すぎるだろう。ましてや殺人容疑者であるバドーロボットを、破壊銃で爆破するのも、芝刑事としてはいかんともしがたい。そりゃ、「くず鉄野郎」とか「役立たず」とか言われてもしようがないのである。だが前回の話を考慮すれば、本来のKの命令者であるマザーあるいは霧島サオリは、バドーの犯罪を抑止するといいながら、その実バドーのすべてを破壊する命令をしていたとしてもおかしくない。
 
 その後、バドーが起こす数々の事件を、Kたちは自力で解決する。新型時計の爆破事件に隠された怨恨を暴く3話、会社内の怨恨による殺人を解決する4話、宝石強盗が持ち出した宝石を巡る争奪戦を描いた5、6話など。意外にも2話連続方式で進んでいく物語は、事件の謎の究明などの時間を考えると、当時のお子さんたちにはなかなかに見応えのあった作劇でったろう。そのたびにバドーロボットを破壊しまくるKである。
 初めは資金集めに奔走していたバドーであるが、度重なるKの妨害行為に業を煮やしたのか、11話にしてKを抹殺のターゲットにしはじめる。それはKのサポートをするマザーにまで手が及ぶのである。そして13話以降の物語では、直接的に略奪や窃盗をおこない、犯罪に手を染め始めるバドーである。
 そうした激化するバドーとの戦いの中で、22話で大きなターニングポイントを迎える。これまでのKの戦いを見て、彼を信頼するに足る人物と見定めた芝は、ついにKを認めるのである。そうしたKとの心の交流に決着がついた最中、バドーとの戦いの中で芝は大きく負傷する。Kは緊急避難的に芝をマザーの体内に送り入れる。そこで一命を取り留めた芝は、マザーの主である霧島サオリから、驚くべきKの真実を聞かされるのである。霧島サオリはロボット工学の権威・霧島博士の忘れ形見であること、バドーは霧島博士の研究成果を使って犯罪をおこしたサオリの実弟・ジョージであること、ジョージは人間不信から犯罪に手を染めたこと、その犯罪を止めるためにKを作り、警視庁に送り込んだことなどが、明かされたのである。芝も新條も、この話を聞かされて、バドーとの戦いをあらためて決意する。同時にKは自らさらなる強化改造をかってでる。それは過激化するバドーとの戦闘に備えての決意であった。

 そして迎える25話で、バドーは、バドービールスにより人間たちを自分に従わせようと画策する。だがその企みも協力する医師やKたちの活躍で事なきを得る(25話)。バドーは最終作戦を発動する。それは水素原子を核爆発させることで人類絶滅をはかるものであった。だがそのキーとなる原子力限定機が必要でありながら、芝はじめ警察との争奪戦に突入する。これを撃退するKたちは、霧ヶ崎灯台にバドーを追い詰める。だがその灯台はロケットになっており、芝と新條たちをのせたまま、バドーは火星に向かう。マザーと共に火星にバドーを追い詰めたKは、そこで最強のロボット・ハグルマンとの死闘を演じるが、ハグルマンはKの高い能力を評価し、敗北してしまう。そして作り主であるバドーの首領・霧島ジョージとともに、爆発四散して消え果てる。ここにKたちはバドーとの完全決着を見るのであった。それはマザーである霧島サオリの悲しみと共に決着を迎えたのである。バドーの手から人類を守ったKと芝、新條の面々。彼らは日常に戻り平和な時を過ごすのであった(26話)。

 Kがなぜこの世に誕生したのか、その理由が語られたのは22話である。そこで語られた真実は、Kをさらに深い奈落に突き落とす真実だったのである。話を整理するが、霧島博士の残した遺産が、霧島兄弟が受け継いだロボット工学の知識だとする。霧島サオリは弟ジョージの犯罪を抑止するために開発したのがロボット刑事Kである。先にも示したがKは犯罪抑止といいつつも、バドーのロボットを破壊しなかったことなど一度もない。これは明らかにサオリ自身がKに、ジョージの作ったロボットを破壊することを至上の命題として指令した可能性をほのめかす事実である。芝が容疑者を残して、バドーの秘密を暴こうとしても、Kはかたくなにバドーロボットを破壊し続けたのである。これは芝の命令よりもサオリの命令を優位においている端的な事実である。
 そしてこのバドーロボットは、霧島ジョージにより製作されていた事実は、バドーロボットが霧島博士の遺産として作られていることを示唆している。ということはKとバドーロボットはある意味で同族であり、兄弟ロボットであるといえる。その兄弟を、制作者サオリの命令により片っ端から破壊しなければいけなかったKは、こうした理由でもやはりこの世界に孤独なのである。そしてジョージが死んでしまった今、Kは同族を生まれてくることを待つことすらかなわないのである。

 こうした同族のロボット同士というシチュエーションは、マンガ版「人造人間キカイダー」に登場する設定である。物語当初、キカイダーはダーク破壊部隊のロボットたちを破壊するが、その1体であるオレンジアントは、仲間を殺すキチガイだとジローをなじるのである。バドーロボとはそんな恨みごとなど言わなかっただけマシとも思えるが、その実、同族殺しであることは否定しようのない事実であるのだ。
 ここで引き合いに出すのはどうかと思うのだが、マンガ版の「ロボット刑事」においては、さらなる悲劇がKを襲う。それは最終回でマザーは弟がつくった巨大ロボと一緒に、爆発四散する。それは霧島姉弟の決着の付け方であったかもしれないが、Kにとっては唯一の安らぎであるマザーすら奪われたのである。ロボット刑事の悲しみは深い。

 それ故かも知れないが、マンガ版「ロボット刑事」は、原作者・石ノ森章太郎氏にして、「TV版で描けない部分をあえて漫画版で描いた」、「出来には満足している」と語っていたという(wikiより)。またテレビ版スタッフから「K」のデザインについてこれでいいかと確認された石ノ森氏が、「これでないと哀愁が出ない」と答えたという逸話があるそうだ(wikiより)。Kに込められた2つの悲しい孤独は、原作者・石ノ森章太郎がこれと決めて設定した孤独なのである。

追記
 なお今回の執筆にあたっては、冬のコミケで購入した「ロボット刑事MATERIAL」(夜盗組)という本を参考にさせていただいた。このマテリアルシリーズは、資料本としての充実さは目を見張るものがある上、構成が素晴らしく、眺めているだけで時を忘れるほどトリップさせてくれる名著である。今後の新作も期待するところ大である。
 ロボット刑事に関しては、事実上それ以外に参考にする資料は少ない。あとは私が敬愛する池田憲章氏が執筆した、アニメック誌での名企画「日本特撮映画史 SFヒーロー列伝」ではVol.22において本作が取り上げられているが、残念ながら手元にはないので未確認のままなのがつらい。おそらくあとは講談社が出版していたテレビマガジン特別編集の大全集ものが有力だ。あとは絶版の「メーキングオブ東映ヒーロー」(講談社X文庫)ぐらいのものだろう。実のところ誌面に顔を出す割合が多いように見えて、本作に関する直接的な資料は結構少ない。双葉社あたりが「大全」シリーズとして出版してくれたらと願うばかりだ。

ロボット刑事 Vol.2 [DVD]ロボット刑事 Vol.2 [DVD]
(2004/02/21)
特撮(映像)千葉真一

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ : 特撮
ジャンル : サブカル

コメント

非公開コメント

No title

こんばんわ。

本当に不気味の谷は不思議です。私も眼頭比ネタで冗談半分に触れましたが、
この谷を考えだすと、ファイアーボールのドロッセルや、歌舞伎の女形、またラブドール(高級ダッチワイフ)
まで進むんですよね。

僕自身、この問題がどこで解消されるのかはわからないのですけれども、
animeやanimationの分野と密接に絡みついた結論になるんじゃないかな?なんて勝手に想像してます。

しかし、この谷を周囲の環境やおかれた状況、感情から分析する手法はこれまで見たことがなくて
とても面白かったです、ありがとうございました。

No title

がたがたさま
 コメントありがとうございます。
 日本人の文化には「見立て」という考え方があります。大衆演劇の舞台のセットや「借景」、能舞台の背景などがそうです。そういう日本人には「不気味の谷」の位置が、諸外国の人々とは異なる位置にくる可能性があるかもしれません。となると、民族や地域によっても「不気味の谷」は、ことなる位置や深さを持っていることになりますよね。そんな日本だからこそ、アニメという文化が根付いたとも言えるような気がします。

No title

「ロボット」にしろ、「改造人間」にしろ、戦うヒーローは異形の存在で
守るはずの人々からさえ疎外される孤独な存在だというのが
「石森ヒーロー」の泣けるころだと思ったりします。

しかし、この世で自分が孤独な存在だと一時でも思ったことの無い
人間がいるだろうか、と考えるとやはりロボット刑事をはじめ
「石森ヒーロー」は我々の移し身だと思うのです。
(だから最近のライダーとかはちょっと…)

あと、孤独で狭量で我儘な「人間」に最後まで付き合ってくれるのは
同じ人間ですらなく、
ロボットぐらいしかいないのではないか等と思ったりします。
ドクターマンやプロフェッサーKがうらやましい。

No title

うめさん
 コメントありがとう。あなたの満足のいく内容だったかはわかりませんが。
 ヒーローの存在は、「敵の力でも借りない限り守れない」ってのがあるんですよ。そこが先天的に力を持っている「ウルトラ」と東映ヒーローとの最大の違いだと思うんです。
 でもね、すべてが自分に従順で、だれも反対者のいない世界って、うすら寒いと思わないかい?

No title

戦いが終わり、Kはただのロボットになる
我々人間は何の目的も持たず生まれてくる「個人」である
生きる目的は生きながら我々自身が選び取るものだからだ
使命を離れ、生きてゆく「K」
それはKが「ロボット」から「個人」へと進んだ
すばらしい結末だった。

うろ覚えですが「SFヒーロー列伝Vol.22 ロボット刑事」
の結びでした。泣ける。
細部の誤差はご容赦願います。

No title

うめさん
 おお、ありがとうございます。
 この内容を斟酌すれば、やはり池田憲章さんも、戦いの後になにも残らないKという存在を理解していたってことか。そうすると、俺はおっかけ記事を書いたって事なのかな。やばいなあ。はやくどっかで見つけて確認しておかないといかんなあ。この記事の独自性がなくなるようなら、はやめに修正なり撤退しないといかんわ。

No title

「不気味の谷」のくだりや、ロボット刑事が自覚せずに
「バドーロボット破壊」の命令をインプットされ忠実に遂行していた
可能性あたりとか(考えると薄ら寒い話です)
まったく気づかなかったので、撤退はご容赦を…
使命を終えたKはバドーロボットハンターではなく
「刑事K」として生きていくことができたと信じたいですね。

従順で反対者のいない世界、「独裁者の城塞」的な世界は不味いと
わかっていながらも惹かれてしまうのですが
あと「自分の創造物に対する偏愛」というのもあります。

No title

どうも、こんばんはです。

ロボット刑事は去年「東映特撮youtube」で配信されていた物を見ていたのですが、
個人的に得た見解としては、まにまにさんとは全く違っていて
それは「霧島サオリがKに繊細すぎるまでのメンタリティーを与えたのは、むしろ彼女の良心なのでは?」という事です。

ロボットに、どこまでも「人間的な機能」を持たせた所で、所詮、ロボットはロボットとして、
では、そんなロボットが何の為にこの世に存在するのか?
Kを只の“機械”と考えるなら「製作者の意図した所を遂行する為」でありましょうが
K“我が子”と考えていたなら、Kがこの世に存在する理由を「自分で見出して欲しい」
・・・つまり、その存在理由を誰かに与えられる物ではなく、
例え、自分がロボットだったとしても、ロボットなりの存在理由を自分で見出して欲しかったのでは無いでしょうか?

突然、失礼しました、
もし、もう少し考えが纏まったなら、自分のブログにも書いてみようと思います。

No title

レバニラさま

 コメントありがとうございます。貴重なご意見、拝見いたしました。

 霧島姉がKに良心を持たせた事情は、レバニラさんのおっしゃるとおりかも知れません。Kがこれほど多機能である事情も、うなずけます。
 ですが、それならK自身がエネルギーを調達し、自分で活動するためのエネルギーを確保したり、自分自身の故障を修理するためのメンテナンスベースを、どうして個別に設けなかったのでしょうか? わざわざ機能制限を設けてマザーへの接触を必要とさせ、なおかつ生みの親である自身への思慕を仕向けるように設定してあったのはどうした理由でしょうか?

 この「マザー」というシステムを考えるに、霧島姉が機械としてのKを信頼している一方で、人間的なキャラクターとしてのKをまったく認めていなかった?と仮定すると、意外なほど腑に落ちる点があります。マザーはKという機械を運用するためのメンテナンスベースであるだけでなく、霧島姉につなぎ止めるための仕掛?と考えた方が、私には納得しやすいのです。

 なお、これはTV版のみならず、原作漫画版における霧島姉の人間不信を知っているからだという懸念はあります。どうしても原作から頭が離れないせいで、そう思い込んでいる可能性もあるので。

No title

どうも、おはようございます(^^ノシ

確かに、まにまにさんのおっしゃる通り、Kに設けられた機能の制約を考えると霧島サオリはKにそれほどの愛情も持っていなかったとも考えられますが、
(話を逸らしてしまうようで申し訳ありませんが)Kに設けられた能力を“抜き”にして考えると、自分の中で霧島サオリという人物は非常に慈悲深い人間に見えるのですよね
原作版の「人間不信」に関する描写があるにせよ、同時にあの中で「弟ジョージに人を憎む事を教えてしまった事を後悔している」という描写もされてましたし・・・

Kがバドーとの戦いや人間社会に揉まれて、その傷を癒す為にマザーを頼る時、霧島サオリはKの最大の理解者として受け入れる時に、不幸な生い立ちである彼女なりの愛情を感じますし
もしかすると、Kがマザーを頼るのは、ただプログラミング通りに動いているだけでなく、感受性が強い(周りの状況に影響を受けやすい)故に、プログラム以上の意味合いを持ち始めた可能性だってあるように考えます。

自分も、霧島サオリの人間的な部分を過信しすぎているような気もしますが、
Kの身になって考えると、バドーとの戦いや警視庁内での確執があった際に逃げ込む所は、マザーの所だけだと思いましたので、
なるべくマザー=霧島サオリの人間性を信じたかったのかもしれません。

No title

レバニラさま

 たびたびのお運び、まことにありがとうございます。

 なるほど・・・いや、レバニラさんのご意見を否定する気はまったくないんです。前述のコメントをお返しした後、霧島姉に関しては、その人間性や生い立ちを含めて、アンビバレンツな感情をもてあました方であると感じました。レバニラさんは霧島姉の人間性の部分に惹かれ、私はどうしようもなく霧島姉の負の部分に着目してしまった。そして霧島姉自身は、おそらくそうした二面性を持ちあわせているがゆえに、二つの感情によるジレンマからKを作り出したという解釈の方が、納得できる気がしてきました。

 Kと霧島姉の疑似親子的な関係性は、霧島姉の中の母性であるとともに、霧島弟を犯罪から救えなかったことへの後悔だとすると、Kという存在が浮いて見えてしまう。霧島姉の気持ちの中に、Kというキャラクターの存在感がないように感じたから、「Kは孤独」という論旨で話をすすめてしまった故に、霧島姉の人間性を否定してしまったんですね、私は。

 貴重なご意見、ありがとうございました!

No title

いえ、こちらこそお話聴いて頂き、ありがとうございました、
霧島サオリの二面性と葛藤・・・いつか自分のブログでKの事を書く際の参考にさせて頂きます、
長々と失礼しました。

No title

レバニラさま

 こちらこそ、楽しい議論展開でした。意見交換は当ブログののぞむところ。
 今後とも厳しいご意見、お待ちしております!

 そちらのブログも、楽しみにしております。

No title

捉えるとなっている個所を捕らえるに訂正してもらえますか。

漫画版の最終回って主役であるはずのKを置いてきぼりになってしまった印象があってあまり好きじゃないですよね。
だから、TV版の最終回の方が良いかなと思うし、漫画版とTV版が補完し合う関係だったのかっていう事に疑問を感じてしまうのですが。

No title

なお様
 ご指摘ありがとうございました。修正いたしました。

 TV版と漫画版は補完関係というよりも、漫画版は原作者・石ノ森氏がご自身で設定したテーマに沿って書きたいことを書いたんでしょうかね。TV版はそれこそ大人数の手が入っているゆえに、原作のテーマを貫けなかったでしょうから。
プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺☆原田知世デビュー35周年

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->