「ヤマトよ永遠に」~その1改稿・出し惜しみしない愛~

 「我が人生に、一片の悔いなし」といって死んでいたのは、私も大好きな漫画「北斗の拳」のラオウである。北斗神拳伝承候補者として生きながら、乱世に一人覇を唱えた男。数限りない戦いを繰り返し、やがて弟弟子であるトキとケンシロウと拳を交えて、真の伝承者となったケンシロウとの勝負に負けて、この世を去ったのである。
 私はこの物語はここで終わったものと思い込み、長いことこの続編のマンガを読まずにいたが、ふと社会人になって文庫マンガで読み返して、そのあとの長い物語に驚かされた記憶がある。そしてあの長いケンシロウの旅路を見るにつけ、こう思うのだ。
「あそこで終わっておけばよかったものを・・・・」と。
 すでに連載を終えている作品に対して無礼千万であるが、やはりそう思うのだ。しかも当時の長期連載を抱えていた「週刊少年ジャンプ」のマンガは、何がとは申しあげはしないが一様にしてその傾向がある。そしてそれを見るたびに思い出すのが、なかなか終わりそうで終われなかった「宇宙戦艦ヤマト」とその続編シリーズのことである。

 当時の私たちは、1978年に劇場公開された「さらば宇宙戦艦ヤマト」を見たあとで、テレビ版として作り直された「ヤマト2」を見ることでその復活を知ったし、その後1979年にテレビ放送された「新たなる旅立ち」では、ガミラスや白色彗星帝国とは異なる敵の存在を知ったのである。つまり「さらば」と銘打ちながら、「ヤマト」は自分たちの応援(や他の諸事情)により、いくらでも復活してくれるものだと思っていたのである。だから「ヤマトよ永遠に」というタイトルを見ても、これが最後だとは思っていなかったし、パンフレットにあるプロデューサーの西崎氏の言葉も、話半分で考えていたのである。

 ところがである。この連休中になんとなくケーブルテレビを見ていて、実になんとなく「ヤマトよ永遠に」を見ていたら、本作のスタッフはこれが最後と心に決めて作っていたように感じられて、いまさらながら驚いたのである。私には「ヤマトよ永遠に」が、しつこく繰り返されるヤマトやキャラクターへのさよならの言葉が聞こえてくるような、そんな物語に見えたのである。
 細かい話に移る前に、本作について説明しておこう。映画「ヤマトよ永遠に」は、1980年の夏に劇場公開された作品である。前年は劇場版「銀河鉄道999」が公開され、翌年には「さよなら銀河鉄道999」が公開されている。以前にも触れたが、この時代はあきらかに松本零士氏原作のアニメの全盛期であり、こうしたSFアニメやロボットアニメが主流であった。1979年があの「機動戦士ガンダム」がテレビで放映された年であることを考えると、そうした混沌としたアニメを主軸にする商売の中から、一線を画すアニメが登場する基礎固めの年回りなのである。ちなみに1980年のアニメ作品を見てみると、タイムボカンシリーズは「オタスケマン」というスマッシュヒット作であるし、鉄腕アトムや鉄人28号といった懐かしいタイトルがリニューアルされたのもこの年である。

 また松本零士氏がらみで申しあげれば、年表的には以下のとおりである。

1974年 TV「宇宙戦艦ヤマト」
1977年 映画「宇宙戦艦ヤマト」(編集版)
1978年 映画「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」
     TV「宇宙戦艦ヤマト2」
     TV「銀河鉄道999」
     TV「宇宙海賊キャプテンハーロック」
1979年 TV「宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち」(テレビスペシャル)
     映画「銀河鉄道999」
1980年 映画「ヤマトよ永遠に」
     TV「宇宙戦艦ヤマトIII」
     TV「マリンスノーの伝説」(テレビスペシャル)
1981年 映画「さよなら銀河鉄道999」
     TV「新竹取物語 1000年女王」
1982年 映画「1000年女王」
     映画「わが青春のアルカディア」
1983年 映画「宇宙戦艦ヤマト完結編」


 「さらばヤマト」が「ヤマトブーム」の頂点であるとしても、松本氏にしてみれば、「ヤマトよ永遠に」はこの年表のほぼ中間地点にある。同時期に「さよなら999」があるため、松本アニメのムーブメントとしてのピークがこの時期にあるようにも見える。そんな状況の中で、きれいな引き際を考えないわけはないだろう。事実、この映画を単体としてみた場合、そうしたシリーズのラストを彩る意味合いのシーンが、実に充実している作品であることに気付く。

 物語は2202年。謎の艦隊によりイスカンダルとガミラスの双子星を失った戦いからわずか1年、謎の物体が宇宙の虚空から地球へ飛来する。この物体は太陽系に突入するや赤い光を放ち、その星にいる人間を脳死させる。同時に通信が途絶したことで、地球連邦本部は大混乱に見舞われる。たまさかパトロールにでていた古代進の報告で、脳死状態のことを知った防衛軍長官の藤堂は、メガロポリスの郊外に着床した謎の物体の分析調査を開始させる。だが時を同じくしてはるか上空より飛来する降下兵の襲撃にあい、メガロポリス全体が謎の敵に占拠されてしまう。事態を憂慮した藤堂の指示で、古代は旧ヤマト乗組員を集めて地球を脱出し、アステロイドにあるイカルス天文台の真田のもとへ赴く。だがその途中で最愛の森雪と離れ離れになってしまう。
 謎の敵は暗黒星団帝国を名乗り、地球に打ち込んだ重核子爆弾の能力を背景に、地球の全面降伏を迫る。だが彼らの言葉から「ヤマト恐るべし」を読み取った藤堂は、堂々と反旗をひるがえし、古代の兄・守の命という犠牲を払いながら、地下の旧連邦本部に立てこもり、抵抗活動を開始する。

 イカルスに到着した古代は、そこで真田ら旧友と再会し、新たにヤマト艦長に就任した山南とともに、イカルスに隠されていたヤマトに乗り込み、出撃準備にかかる。そこに地球からの連絡で、藤堂の口から兄の死と森雪の行方不明が知らされ悲しみにくれる古代。だが重核子爆弾の起爆装置が二重になっていることを見抜いた真田の発案により、ヤマトは敵母星に向かい、起爆装置を破壊する任をおびて、新たな旅に出発する。その船出には、真田澪と名乗る美少女が同行し、雪の任務に付くことになった。旅の中で古代は澪という少女の正体を知る。彼女は兄・守とスターシアの子・サーシャであったのだ。混血である彼女の生活環境を案じて、真田のもとにあずけられた彼女は、このことを古代と二人だけの秘密だという。しかし返す古代の言葉は、彼女の父の死を知らせる言葉であった。悲しみにくれるサーシャ。叔父と姪という関係にありながら自分の悲しみを抱き支えてくれる進に対して、サーシャは不思議な感情を芽生えさせていた。

 敵の中間補給基地を撃破し、意気揚々と暗黒銀河に乗り込むヤマト。そして暗黒銀河内部における激戦を通じ、ヤマトクルーはどうやら敵はヤマトの波動エネルギーを恐れていることを知る。そして暗黒銀河の中心部を抜けたとき、ヤマトクルーの目の前には、目もくらむばかりの白銀の銀河が広がっていた。
 一方、地球に一人残った雪は、敵の技術情報将校アルフォン少尉に救助され、彼の自宅にかくまわれていた。そこでアルフォン少尉の好意を受け続けた雪であったが、古代の生存をただひたすら願いつつ、重核子爆弾の謎をアルフォン少尉から聞きだすために彼の傍らにいつづける。一途な雪の愛情と戦士としての資質を察したアルフォン少尉は雪を解放し、戦場で再会し敵同士としてアルフォン少尉を倒したときに、爆弾の解体の謎を教える約束をする。

 白色銀河の中の光点を目指して飛んだヤマトは、そこで地球そっくりの星を発見する。だがこの星こそ敵の母星であったのだ。古代をはじめ地上に派遣された調査メンバーは、そこで聖総統スカルダートに出会い、ここが未来の姿の地球であることを告げられる。そしてヤマトが撃破される映像を古代たちに見せ、映像のようになりたくなければこの星にとどまれというのだ。矢継ぎ早の展開に驚きを隠せない古代たち。だが古代たちはそれがどんな未来であっても、自分たちの手で未来を切り開くことを誓い、もとの地球にもどり、敵艦隊を殲滅するために帰還しようとする。それは謎の行動をとるサーシャとの別れの瞬間でも合った。
 地球に帰還しようとするヤマトの目の前に登場する敵の巨大戦艦。ヤマトは波動砲による逆転を試みるがそのきっかけがつかめずにいる。敵の攻撃が苛烈になる最中、機関部員・徳川太助の見た像が本物と逆であることや、彼らに指紋がないことから、真田はあの地球が偽者であることを看破する。そして波動砲の一撃で敵戦艦を撃滅するヤマト。ところが敵戦艦の誘爆が敵母星を襲い、たちまち火に覆われる。だがその中から出現したのは赤黒い色の骨組みのような惑星サイズの巨大要塞であった。サーシャからの連絡で、敵の人員は誰一人傷ついた者はないこと、要塞の中央にある人工都市を破壊することで要塞を破壊できることを知らされる。そしてサーシャはヤマトの要塞突入路をあけた上、単身重核子爆弾の起爆装置の解体に向かう。

 そして地球でも抵抗活動は続けられ、雪たちはアルフォン少尉たちを退けて、爆弾の起爆装置解体に成功する。その中で雪は自分をいつくしんでくれたアルフォン少尉と死に別れる。そしてアルフォンの言葉から、彼ら暗黒星団帝国は機械文明を極限まで進めたために、貧弱となった生命力を得るために地球侵略を進めたことを知る。
 熾烈な抵抗にあいながらも、要塞に突入するヤマト。中央に鎮座する光り輝く人工都市はヤマトを巨大なミサイルで攻撃する。だが古代は攻撃をためらう。そこにはサーシャが残っているからだ。攻撃を受ける中で山南艦長が死亡し、その最後の命令を受けて波動砲のトリガーを引き絞ろうとする古代。だがサーシャのために撃てない。モニターには起爆装置を破壊したサーシャが、醜悪な素顔をさらしたスカルダートの攻撃で傷つく姿が写る。サーシャはその若い命を、ヤマトや地球のために投げ出そうとしているのだ。そしてスカルダートの一撃がサーシャの命を捕らえたとき、古代は初めて怒りに任せて波動砲を発射する。
 爆発する要塞の誘爆の中を、ワープですり抜けるヤマト。気がつけば暗黒銀河と白色銀河が交わり、背後に新しい銀河が広がっていた。そのまばゆい光が広がる虚空に、戦いのむなしさをつぶやく古代。それを励ますのは死んだはずのサーシャの声である。そして地球と地球人の未来をたたえながら、若すぎる命を散らした少女は母親の胸に帰っていったのである。そしてヤマトと古代は雪の待つ地球へ帰還する。

 物語の解説にずいぶんと文章を費やしてしまった。
 さてここからは検証である。まずこの作品、出し惜しみをしない。もしこの作品に関する書籍をお持ちであるなら、見てみて欲しい。暗黒星団帝国の兵装として紹介されているメカニックの3分の2は、最初の地球占領作戦時に登場するメカニックである。ついでに言うと地球艦隊の無人艦隊や大型ミサイルなどもこの時点で登場する。しかもここで登場して以降は登場しないのである。まったくの使いっぱなしの使い捨て。
 メカニックの設定にどれだけ金銭を割り当てているのかは計り知れないが、設定されたメカニックのほぼ半数強を、わずか20分で使いつぶしているのでる。これを剛毅といわず、なんといえばいいのか。ついでにいっておくと、本作で登場する暗黒星団帝国の艦艇の多くは、黒色を基調としている。そのために夜の地球で活動する黒色艦隊の重爆撃機や掃討三脚戦車、パトロール戦車など、設定画では見栄えがいいが、暗い画面ではわかりづらいところが残念だ。だがこうしたメカニックを惜しげもなく費やしてしまう心意気は、やはり本作が最後であるという思いの表れではないかと思えるのだ。
 
 また重核子爆弾が地球に飛来する映像は、だれがどうみても前々作に登場した「白色彗星」の映像にそっくりである。実は本作にはこうしたこれまでのヤマトに登場したシーンのオマージュのようなシーンがいくつも登場する。もっともわかりやすいのはヤマトの発進シーンのアステロイド・ベルトだろう。そもそもイカルス天文台のある小惑星が、ヤマトに岩盤をくっつけた形状をしている。これは第1シーズンに登場したアステロイドの岩盤をヤマトの装甲として使用し、ガミラスの艦艇をやり過ごしたシーンのオマージュである。宇宙の虚空に浮かぶスターシアやサーシャの映像も、実は前作「新たなる旅立ち」で登場したシチュエーションである。これの元ねたを探せば1作目のイスカンダル星に浮かぶスターシア姿にたどり着くが、より直接的には「さらば」に登場する祈りのテレサの姿だろう。そして死んでいったヤマトの関係者が、エンディングに黄色い像となって写るのも、「さらば」のラストに登場したシチュエーションである。

 このように、同じシチュエーションを繰り返し使っている事情は、なにもシーンの内容が似ているからではない。むしろ故意にこうした同じシチュエーションを選んでいるのである。なぜかといえば、ヤマトの底に流れるテーマ性に起因する。ヤマトはお題目に「愛」を標榜しているため、毎回同じテーマで作られていると思われがちであるが、実際の作品を見ればすぐにそんなわけがないことがわかるだろう。「ヤマトよ永遠に」におけるテーマは、「互いを信じる愛」である。そうした同じシチュエーションを毎回のように繰り返しながら、作品ごとに異なるテーマで作られている。「ヤマト」という作品はシチュエーションが持つ力、シーンが持つ力を信じて制作し、その組み合わせや順列の違いで作り上げているといってもいい。だがそういう作り方をしても、繰り返されるシーンがまったく色あせて見えないことに留意したい。そのためにさまざまな設定や背景を、惜しげもなくつぎ込み、シチュエーションが似通っていることなど、忘れさせるほど情報量を詰め込んでいるつくりになっているからである。だが本作についてはむしろ、積極的に旧作のシチュエーションを活用しているように感じる。それはやはり本作で幕を閉じようとする「ヤマト」を、シリーズの決定版として締めようという強い思いなのではなかったろうか?

 本作はまた当時国鉄と提携したミステリーツアーや、フェリーを使ったミステリークルーズなど、映画を離れたところでも話題を提供した。劇場公開前にはラジオにて本作のラジオドラマを放送し、詳細な設定資料集が発売され、ラジオドラマのシナリオまで掲載されていた。本作の中盤では、「ワープディメンション効果」と銘打って、スクリーンサイズが上映途中で変更になるという変わった趣向も取り入れられている。これらも今頃でいうメディアミックスの走りであるが、こういった趣向も、すべて終幕を迎えようとする「ヤマト」への製作側のレクイエムであったはずである。だから当時のファンはこぞってこれらのイベントに参加したし、競ってツアーやフェリーの行き先についての情報を確認しようとした。それもこれも、作り手が愛したように私たちファンもヤマトを愛し、ヤマトへの別れを惜しんだのである。まあ、今となって、俺のあの感動を返せよと、虚空に向かって叫ぶしかないのであるが・・・・。だがそういった雰囲気が、紛れもなくスタッフやファンの間の共通認識としてあり、同時に心の片隅で、手のひらを返すような復活劇を望んでいたのである。

 さて今回はここまでとし、次回以降については、実際の映像に準じて、できるだけ詳細に突っ込みまくろうと思っている。もしよろしければ、私の記事のかたわらで、実際の映像を流しながら読んでいただければ、幸いである。こんなことが出来るのはもう知名度的には「ヤマト」や「ガンダム」ぐらいであろう。盛大にアホな突っ込みをしてみようと思う。過大な期待をせずに、お待ちいただければ幸いである。たぶんあと2回かな?


EMOTION the Best ヤマトよ永遠に [DVD]EMOTION the Best ヤマトよ永遠に [DVD]
(2009/11/25)
富山敬麻上洋子

商品詳細を見る


オリジナルBGMコレクション ヤマトよ永遠にオリジナルBGMコレクション ヤマトよ永遠に
(2005/05/18)
サントラ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

No title

なるほど、まったくわからん。

http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%81%BB%E3%81%A9%E3%80%81%E3%81%BE%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%8F%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%82%93

>解説自体が極めて正確且つ懇切丁寧であるという点は主観的或いは感覚的には感じ取れるものの、
>視聴者が専門的知識を有していない為に説明それ自身は至適であるにも拘わらず
>説明の本質的な内容についての理解を得る事が極めて困難な状態

ヤマトと聞いて喜び勇んで開いた結果がごらんの有様だよ!!!

知識不足から来る暴言失礼致しました。

No title

がたがたさん

 う~ん、書きたいように書きすぎたようで。反省。
 明日、改稿します。

No title

あ、いやそんな、えっと

すみません、この言葉、否定的な意味はほぼゼロなんです。
あくまで私の方に知識がないのが問題というだけで。

なるべく誤解されないようにと思ってソースも付属したつもりだったのですが
大変申し訳ない。

「わからん」 と言いながらも 「わからなさ」 を楽しんでいる感覚なんですよ。

そこにある一種の 「熱さ」 がいいなあって思いながら。

ですので、是非このままの3部作続行をお願いいたしたき所存でございます。

すみませんでした。

No title

がたがたさん

 そこよ! 「わからなさをたのしむ」ことができるなら、「わかればもっとたのしい」ってことでない?
 ソースも読んだし、がたがたさんの理解が感覚的なのは了解です。
 それなら、もう少し上を目指してみたいです。

 まあ、書きたいことを書きたいように書いた自責の念があるので、そこはまじめに奮起します。昨日は書き疲れちゃったのでやめたけど。

 こういうご指摘は、裏表ふくめて、ありがたいものですよ。感謝します。

ヤマトと聞いて

こんにちは!
松本零士・・・ものでは何か言わなくっちゃ、地元民だし・・・
普段軽い物しか読まないので、波のまにまにさんのブログでリハビリさせて頂いています(笑)

今回の記事 『ディープなファンなのね♪』と思いつつも、波のまにまにさんおような方がいるからこそ、製作側も細部にこだわって、納得のいく仕事が出来るんだろうなぁ~って感じます。

ファーストルパンの製作裏話などを読んでみても、背景やメカや等にこだわりぬいたスタッフさんの熱い思いが、作品から伝わってきますし。
『職人』っぽいモノを感じます。ヤマトのスタッフさんには。

女の子(当時)だった私たちは、キャラや声優さんが好きで観ていたヤマトですが、周りの男子(父を含む)が戦艦や銃器やメカ類に惹かれていたのは感じていました。
後年(高校生になって)6畳大のパネルにヤマトを描いた事があるのですが、なかなか面白い作業でした。
描きながら今までスルーしていた兵器にも目を留めるようになったし・・・

男子にも女子にも楽しめる素晴らしい作品だと思いますよ、「ヤマト」って。
わたしもかなり散財もしましたし、思いで深い作品です。

続きを楽しみにしています。

おじさま...

て、ゆうてませんでした?

御幼少の砌に見たきりなので、記憶があやふやなんですが。
そうですか、波のまにまに☆さんは「澪(サーシャ)派」なんですね!

私は断然「雪派」です!「永遠に」を見た当時
おまえ(澪)、雪のいない間に何やってるねん!とか思ってました。

今度機会がありましたら、映像を見ながらそこの辺を
全裸正座で語り合いましょ(笑)。

No title

なんだなんだいきなりわかってしまったwwwww
北斗の拳から入るあたり、流石でございます。

No title

ローガン渡久地さま

 ディープですか・・・なんとなくファンのまま40まで生きてきたってだけなんですけど。まあもともとメカ好きでアニメ見ているおっさんですから、女性にはわかりずらいかもしれません。
 6畳大のヤマト・・・っかあ~っ! かっこいいですねえ。燃えます。それだけ書いたら、正面画でも主砲が入るし、「さらば」のポスター絵なら煙突やらカタパルトまで入ります。いやでもメカにくわしくなるかもしれませんねえ。
 私の周りでも女性ファンがいるのは「ヤマト」と「009」でした。絵がかけるローガンさまがうらやましい。続きも長くなりますが、お付き合いくだされば幸いです。

No title

おか~さん
 おじさまですよ。あれ、「叔父」と「姪」でいいんでないの? つまりあなたのお姉さんの娘さんとあなたの関係。彼女から見たらあなた「叔父」さんでしょ? あれ?「伯父」さんが正しいんだっけ?

 幼少のみぎりって、私がこの映画見たのは小学5年生だったかな。あなたもそんなに変わらないはず。まあ全裸正座はおいといて、今度家に遊びに来たとき、ご覧いただこうか。家内のいないときにね。

No title

がたがたさん
 よかった。でも文章的には面白さが少ないなあと思ってます。次回以降、少しはじけるので。

 つまり前段の説明もなしに、自分勝手にはじけようとしたことが、いけなかったのよね。うん、まじめにありがとうございました。わかってくれたローガンさんやおか~さんには申し訳ないけど、悪い文章でした。

 ところが次回は悪い文章が続きそうなんだよね。まあこれで事前説明はすませたので、勘弁してね。
プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺☆NHK杯11/11初体験

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->