「化物語」~彼女たちへの決して届かない手紙~

 アニメ「化物語」の最大の魅力は、なんといっても登場する少女たちの多彩にして珍妙なるそのキャラクターにあると思う。そしてそのキャラクターはいずれも大多数の男性に好かれるものであり、個々人の「フェチ」を刺激する材料にあふれていることが最大の特徴であろう。彼女たちの魅力をいまさらあれこれ語るのは、どう考えても無粋だとしか思えない。だがなんとかして彼女たちの魅力の一端を言葉にしてみたい。そこで今回は趣向を変えて、私から彼女たちへ手紙を書いてみようと思う。彼女たちの深遠なる魅力に少しでも近づいてみたい。

<戦場ヶ原ひたぎ様へ>
 拝啓・・・・といっても、きっとあなたにはこの手紙、届かないのでしょうね。あなたはとってもかたくなで、生真面目な女性だから。「彼」以外の男性の言葉など、耳も貸さないにちがいないもの。おそらく私の名前を見たところで、意にも解せずこの手紙を破り捨てるのでしょう。だからこれから私がつづるこの言葉も、きっとあなたには届かないこと、知りつつこの手紙をしたためています。

 あなたに出会ってからすでに1年になります。ブラウン管の向こうのあなたは、体重の軽さゆえにらせん状の巨大な階段を踏み外し、落下していましたね。それを受け止めたのが「彼」、それがあなたと「彼」との出会いだったはず。実際にはそれ以前に「彼」とは出会っていたのでしょうが、どうしてあの時、あなたを助けたのが私ではないのか、今考えても悔しくてなりません。

 学校にいるときのあなたは、人を寄せ付けない雰囲気を漂わせていました。それもただ人を寄せ付けないだけではなく、文房具をまるで武器でも扱うかのように扱っていましたね。使う文具はどれも角張ってとがったものばかり。そう、とがった文具はあなたの武器であり、あなたの人を寄せ付けない心だったのですね。そしてそうやって心にまで武器を宿し、あなたはいったい何と戦っていたのでしょう? 結局私はその正体を知るに至りません。でもきっとあなたの心の武器を取り外させたのは「彼」なのでしょう。

 やがて「彼」と付き合い始めたと風の噂に聞きました。その頃からでしょうか、あなたは本当に変わりましたね。クラスメイトの誰とも話をしなかったあなたが、学級委員に代わって文化祭の準備を始めましたね。時折聞かれる男子生徒への罵倒ともとれる言葉を吐きながらでしたが。そしてその言葉はやはりあなたの武器のよう。あなたはまだ「彼」以外の人相手では、心に武器をまとっているのですね。そしてその武器である言葉を、緩急をつけて使い分け、とがらしたり丸めたりして使い分けているのですね。そうやってあなたは心に武器を持つことを止めようとはしない。なぜなのですか?

 あなたの文房具もあなたの暴言も、きっとただのコミュニケーションツールでしかないのでしょうね。ただあなたのテリトリーは非常に狭く、その上コミュニケーションツールは極端に痛みを伴うものばかり。でもそれが発動したときの痛みを知るからこそ、それを武器にしたり、コミュニケーションに使えたりするのでしょうね。あなたはそれがどれほどの痛みを伴うか知っているから使うのです。

 私はそんなあなたを、嘘つきの「やさしい」女性だと思います。

<八九寺真宵ちゃんへ>
 私はロリではないので、あなたの本当の魅力はわかりかねます。ですがあなたが十分魅力的なことも知っています。そしてそんなあなたが、なんだか落ち込んだ気持ちで帰宅したくないときに限って姿を現す不思議な少女であることも知っています。

 私が見かけるときのあなたはいつも、不安そうな表情で、いまにも駆け出したいような気持でいるように見えます。少女らしいミニスカート、かわいらしくアクセントのある髪型、そして背負った大きな荷物。いつ見てもあなたはそんな感じ。一体いつになったら晴れやかな表情を私に見せてくれるのでしょうか? あの「男」には容易に明るい表情を見せるくせに・・・・。

 そんなあなたですが、その背中の荷物は重たくはないの? そうか、きっと夢がいっぱい詰まっているんだね。きっとご両親に再会できたときに、これまでの思い出をたくさん詰め込んで、一つ一つ確かめるようにご両親に見せるのだね。背中の荷物が大きくなっても、あなたはきっと気にしないのでしょうね。背中の荷物が重くなるたび、あなたは再会した時の喜びを噛みしめるのでしょう。

 でもどうして帰りたくないときにしか、私はあなたに出会えないんでしょう? 人はあなたのことを「妖怪」だとか「怪異」だとか言うけれど、それは違うんじゃないかな? だってあなたはいつも気付かせてくれる、こんな私にも帰る場所があるってことを。あなたは話さないけれど、「私も帰るから、あなたも帰りなさい」と言うために、落ち込んだ私の目の前に現れるのでしょうね。けなげなあなたを見て、私はいつも自分に帰る場所があり、そこに帰れば忘れかけた自分を取り戻せることを思い出す。だからまた、明日に歩きだせる。そんな気がします。

 私はそんなあなたに、「ありがとう」と伝えたい。

<神原駿河さまへ>
 BL好きで、百合で、Mにしてエロ。大好きな人には全身全霊でつくす。
 そんなあなたが、世の男性諸氏に喝采をもって受け入れられる理由は、わかるつもりです。ですがあなたが自分の悪癖ともいえる特徴をいくつも受け入れながらその実、誰に対してその主張を重ねるのですか?
 BL好きであれば、女性との関係はより純粋となる。百合ならばなおのこと。そしてMならば愛する人の罵詈雑言に耐え、鍛え抜かれた体はどれほどの仕打ちを受けても小揺るぎもしない。すべては「彼女」のためなのですね。それが男性諸氏を興奮させてしまうことなど歯牙にもかけず、ただひたすら愛する「彼女」のために選んだ道だったのではありませんか?
 そして全身全霊で愛した「彼女」は「彼」のもとへ。

 あなたは怪異に身をゆだねた。けれどもあなたは怪異を頼るときに、2つの「嘘」をついた。決して覗いてはいけないあなたの深層心理の中で。
 一つは小学生の時。クラスの誰にも認められたいとの思いゆえに、「徒競争で勝ちたい」という嘘。二つ目は「彼」に出会ったとき。「彼女」の気を引くために「彼」に近づきながら、心の奥底の「嫉妬」に身を焦がしたことを誰にも打ち明けず、願った「嘘」。

 でもその「嘘」ゆえにあなたは苦しみ、悩み、傷ついたのですね。あなたの「嘘」は、人ならば誰もが持つ「嘘」。その「嘘」をあなたはまた全身で受け止めようとした。その「嘘」すら自分の「個性」だと思いこもうとしたのですね。自己犠牲を装って、「彼」の前で自分の腕を切り落とそうと言ったことも、「彼」がそれを許さないことを知っての策略だとしても、誰もあなたを責めはしないでしょう。それは人が持ちえる範囲の「邪悪」なのだから。

 私はそんなあなたを、かわいい「小悪魔」だと思います。

<千石撫子ちゃんへ>
 あなたはかわいい。かわいらしい。そのしぐさ、声、物腰など、かわいらしさにあふれている。それはきっと生まれ持ってきたものだから、何者もあなたを否定する言葉はもてないでしょう。いや本当にあなたはかわいい。
 そのかわいさが100%発揮されるのは、残念ながら「彼」の前だけというのが、実に惜しい。いや本当に惜しい。なぜ「彼」の前だけなのでしょうか?
 その答えは簡単すぎて、紙面で答えをかくのもばかばかしいほどだ。あなたの気持に気がつかない男性など、「彼」以外にはこの地球上には存在しないでしょう。でもだからといって「彼」をバカにするつもりは、毛頭ありません。

 あなたが「彼」を前にして110%かわいい理由は、言わずもがなのことですが、あなたは気が付いているのでしょうか? あなたの想いはきっと成就することなく、いずれ時間とともに風化することを。どれほど外堀を埋めて「彼」と接しても、どれほど努力をはらって「彼」を振り向かせようとしても、あなたの想いは決して届くことはない。それはなぜか? あなたのこの想いの正体が「初恋のあこがれ」だからです。

 「初恋は成就しない」などと言ったのはどこのだれかは知りません。そしてこの言葉があなたに当てはまるとは思っていません。なぜならば、あなたは年上の男性に恋い焦がれる乙女という「虚構」にあこがれているにすぎないからです。そして決して自分からは告白しないことも、ご自分でわかっていらっしゃることでしょう。「彼」に恋い焦がれること、そしてそのために自分のできる限りの行動を起こすこと。そしてそんな実らない努力を重ねるあなたが、狂おしい程かわいらしいと思うのです。それがあなたの魅力なんですね。

 私はそんなあなたを見ていて、「切ない」と思います。

<羽川翼さまへ>
 神原駿河さんや戦場ヶ原ひたぎさんも嘘つきでしたが、「化物語」という作品を代表する嘘つきはきっとあなたですよね。
 親との確執を偽り、学校では学級委員という皮をかぶって遠景で見える自分を演じ、そして最後には「彼」への愛の言葉も語れずじまい。あなたを知る人は口をそろえてあなたを良く言うでしょうけど、私に言わせればあなたは自分すら嘘でごまかそうとする嘘つきに他なりません。そしてそれゆえに、「人」としてどうしようもなくあなたを愛してしまうのです。

 あなたの家庭環境は激烈に悪い。両親が相次いで死に、そして再婚同士の連れ子として育った家庭環境は、誰がどう見たって同情を禁じえません。ですがあなたはそんな基本情報すら人に語るのを拒んではいませんでしたか? 
 あの年のゴールデンウイーク前に、「彼」が死にかけたときに助けた行動も、自己犠牲であり自己満足でありながら、自分の命を軽く見てはいませんでしたか? それもあなた自身があなたに嘘をついている。
 そしてもうすでにその時、あなたは「彼」を愛おしいと思ってはいませんでしたか? その気持ちをだれにも伝えないまま、あなたは暮らしてきたのではありませんか?

 あなたがストレスをためるのは、あなたの生活環境の問題もありますが、同時にあなたの性格の問題であるのです。そしてまたそれを理由として納得してはいませんでしたか。
でもね、それはあなただけではなく、ストレスを持って生きる現代人は、多かれ少なかれ、みな同じようなものなのです。そう「理由」を見つけて理不尽さを納得すること。「彼」を愛した理由を吸血鬼の「魅了(チャーム)」に由来するとしていたことも、同じことです。そうして自分の気持ちを偽ろうとした。20才になったら自活して旅に出ようなどと言うのも、そうしたストレスから解放されたいと願うあなたらしい発想かもしれません。

 けれど私はあなたを責めるつもりはないんです。むしろかわいらしい。なんでも知っているのに、「恋」を知らず、大概のことを知っているのに、自分の気持ちを整理できないあなたを、かわいらしいと思うし、つい愛しく思ってしまう。バカなどから程遠いあなたがバカだから、これ以上ない程愛おしいのでしょう。巨乳で眼鏡で委員長という属性だけでは知りえないあなたの心の奥底にある嘘の「滓」。これこそがあなたの最大の魅力なのかもしれません。それはきっと男どもには知りえない、女の子だけの永遠の「花園」。

 私はそんなあなたを、それでもかわいい「嘘つき」だと思います。


化物語 第六巻/つばさキャット 下【完全生産限定版】 [DVD]化物語 第六巻/つばさキャット 下【完全生産限定版】 [DVD]
(2010/07/28)
不明

商品詳細を見る

別冊オトナアニメ シャフト超全集!! (洋泉社MOOK 別冊オトナアニメ)別冊オトナアニメ シャフト超全集!! (洋泉社MOOK 別冊オトナアニメ)
(2010/06/10)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

うはぁ、何時も癖のある文章だとは思っていましたが今回はこうきましたか、斬新過ぎますよ(誉め言葉です)

ネタバレ恐れて今まで読んでいませんでしたが、早く読めばよかったです。

この作品は楽しいけれど、人には勧めたい難い作品ですよね。

えっ、全然後ろめたいからじゃないですよ?

本当ですよ(滝汗

No title

ほんとにみんな嘘つきですね。今思い出すと、阿良々木君はそういった「嘘」
を許していて、忍野さんは厳しく糾弾していますね。
忍野さん彼女いないわけだ。

No title

とぴろさま
 文体については、最近意識的にいくつかのパターンを模索していまして、今回はその一環です。はたしてうまくいったかどうかは、読んでくださる方に一任しますが、あまりに生々しすぎて、書いていて途中でかなりへこみました(笑)。

 おっしゃる通り、楽しいし、いい作品ですけど、「化物語」は人に勧めるよりも、好きな人同士で話がしたい感じの作品ですよね。

 やはりその理由は、この作品を通して「わたし」や「あなた」がすけて見えてしまう感じがしてしまうからかもしれません。

No title

うめさん
 阿良々木くんが本質的に「嘘つき」なんですよ。それも他人に嘘を吐くより前に、自分を納得させるために嘘をつく。それはきっと人ならだれでもやっていることなんですよ。でもどうしてもそうせざるを得ないことも知っている。

 阿良々木くんは、たとえチャームの能力を持っていたとしても、その「嘘」ゆえに人の「嘘」を許容できる。どこまでも「人」でありつづけようとしているのかもしれませんね。

え~と、え~と、ぷれい?

「あまりにも恥ずかしく、最後まで読めませんでした!!」

でも、コメントされている方もいたので、頑張って最後まで読んでコメントします。


「他人宛ての恋文を読むのは、やっぱりとてもハズイ~~~!」
ここはやはり、前開きおじさんに遭遇した小学生5年生(女子)のように、
「ち、ちいさい?」とつぶやくべきか?
この露出狂!(因みに、褒め言葉です。)

ご自分の恥部を、全世界に開陳するのは気持ち良いですか?
物書きの業を感じます。(本当に褒めてますから。)

す・すいません、すこし興奮してしまみました。

私も、みなさんそれぞれ魅力的で、かわいい女性だと思いますが...
なぜか、彼女たちを見ていると、少しばかり悲しい気持ちになります。

だがあえて選ぶなら、羽川さんに1票!
だって、薄幸系の巨乳で眼鏡で委員長が大好きだからです!
プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->