ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃~コジラと敗戦の密な関係~

 常々思っていたのであるが、「ゴジラ」映画というのは、「情緒」だなあと。平成ガメラシリーズ、が良くも悪くも「巨大生物による自衛隊の戦闘シミュレーション」であり、シリーズが「怪獣」という存在を考察するような内容であった。それだけにこれまでの怪獣映画の看板であった「ゴジラシリーズ」は一気に陳腐化してしまう。ここには外来の宇宙人が地球侵略を企てなくても、怪獣映画は存続することを証明してみせ、なおかつ怪獣が存在する理由を考えようとしたのである。だがこの作劇方法は袋小路であったのだ。制作者たちがそれに自覚的であったどうかは知る由もないが、現時点で怪獣映画が作られなくなったことが、何よりの証明である。
 ゴジラシリーズも同様に方向転換せざるを得なくなる。84年に公開された「ゴジラ」に端を発するいわゆる「平成ゴジラシリーズ」とは、ゴジラを人類の「敵」と規定したうえで、ゴジラを利用しようと企む悪意を持った人物が、結局ゴジラの脅威の前にくじけ、残されたゴジラの脅威をどうにかする物語群であったように思う。また一時の休止を経て「ゴジラ2000ミレニアム」を皮切りに再スタートしたシリーズは、明らかに「平成ガメラ」の影響下にある作品群でありながら、新作が作られるたびに「ゴジラとは何ものか?」を問いただす。その中にあってゴジラを「太平洋戦争によって死んだ人間の残留思念」と定義した作品がある。それが今回のお題である「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」である。くしくも本作の監督は、平成ガメラシリーズの監督である金子修介氏であったことは、ゴジラシリーズにとっては十分すぎるほどの皮肉である。

<作品概要と物語>
 本作は「ゴジラ2000ミレニアム」より数えて3作目にあたる。前作「ゴジラ×メガギラス G消滅作戦」は「2000ミレニアム」の興業不振の割を食う形で、興行成績的には振るわなかったが、特撮ファンの間ではこの「メガギラス」が意外にも評価が高く、DVD-BOXの売り上げも順調であったと聞いている。確かに日本政府が秘匿するエネルギーの問題、ゴジラと戦う専門チーム「Gグラスパー」の設定やそのキャラクターたちの人間関係、そして「メガギラス」という換骨奪胎した新怪獣の登場など、怪獣映画としての見どころも多い作品である。だからこそ2001年に公開された3作目にあたる本作では、過去の人気怪獣を復活させ、さらなる興行収益を上げようとしたことは、疑う余地がない。本作にゴジラ以外で登場する怪獣はキングギドラ、モスラ、バラゴンの4体である。なんでも最初の企画で登場する予定だった怪獣は、バラゴン、バラン、アンギラスであったらしい。確かにこのメンツでは地味ではある。だが本作の重要なキーとなる「護国聖獣」というイメージを考えると、この地味なメンツのほうがぴったりな感じがするのも否めない。前述の通りより高い集客を考えれば、完成作のほうが望ましいのだろう。

 物語は50年前にゴジラが東京に上陸してから一度もゴジラが登場していない日本が舞台となる。アメリカの原子力潜水艦がグアム島沖で失踪し、その調査を日本の防衛軍が行うことになった。現場海域に潜航した特殊潜航艇「さつま」の乗員は、そこでゴジラの背ビレらしきものを確認する。
 時を同じくして日本各地で異変が続発する。各々の場所には「護国聖獣伝説」が残されている。そのことを知ったBSデジタルQのリポーターである立花由里(演 新山千春)は、独自の調査を行う中で伊佐山(演 天本英世)という老人に行き会い、彼の口からゴジラは「太平洋戦争で死んだすべての人間の怨念の集合体」であること、そしてゴジラから日本を守るため、「護国聖獣」を甦らそうとしていることを突き止める。そして伊佐山の言う通り、日本各地に眠る聖獣たちが甦り、ゴジラの侵攻を阻もうと戦い始める。防衛隊もこの動きを見て、ゴジラへの集中攻撃に切り替える。防衛軍の准将である由里の父・立花(演 宇崎竜童)は前線にてゴジラ攻撃を指揮する。だがゴジラの強さは圧倒的であり、立ちはだかったバラゴン、モスラ、ギドラを次々と倒し、東京湾を火の海にしていく。モスラの命の力でギドラはキングギドラとなり反撃を開始するも、一敗地にまみれゴジラとともに東京湾に沈んでいく。傷ついたゴジラにとどめを刺そうと、新開発のドリル型の魚雷で攻撃を仕掛ける立花准将は、特殊潜航艇を駆ってゴジラに向かっていく。立花准将は無事に生還できるのか、ゴジラを人間の手で倒すことはできるのか?

<地味な画面を引き締める特撮>
 新規に作り直された怪獣の造形は素晴らしい出来である。わざと他の怪獣よりも小型に造られたバラゴン、羽の色が不気味に美しいモスラ、そして恐竜型の体系で白目のゴジラなど、他作品に比べて特徴が多い。モスラはほとんどのシーンがCGとなっており、その動きがより「虫」っぽく見えるように注力されていたように思う。個人的に残念であったのはキングギドラとなる前のギドラが、羽を折りたたんで地上をどたどた走りまわっている様子が、いまいち不満であったことだろうか。派手にキングギドラになった瞬間以降も、あまり空を飛んでいる感じには程遠く、東宝のワイヤーワークの限界を感じさせる躁演であった。またナイトシーンや海中のシーンが多く、そのために戦闘シーンでの画面が暗い。劇場で見たときよりもDVDで見直したときのほうがより暗い印象を受けたのは、視聴環境だけのせいではないだろう。だからこそ昼間に行われたバラゴン戦がやけに浮いて見える印象となる。このバラゴン戦は、バラゴンの狛犬っぽい小ささを存分に生かしたアクションであり、舞台もただの平地ではなく、高低差のあるセットが箱根の大涌谷周辺でのアクションを印象付ける結果となっている。
 全体に地味な印象がある本作ではあるが、その最たるものは防衛軍の兵装だろうか。基本的に自衛隊の兵装を主体とし、目立つものは岩盤破壊用の新ミサイル、いわゆる「ドリルミサイル」と特殊潜航艇「さつま」しかない。だがこの2つが実に印象深いいい仕事をしていることには、注目していただきたい。ドリルミサイルに関しては、序盤に発生する山崩れによる救助活動にも活用されている。その威力を存分に見せつけた上で、やはりゴジラの強靭な皮膚にはかなわないという演出がなされており、説得力を有する。また特殊潜航艇「さつま」も同型艦をいくつか用意することにより、充実した運用実績を垣間見せる。こうして劇中におけるシーンの積み重ねが、ゴジラとの最終決戦に十分な重みを持って登場する背景となることは、メカマニア的には非常にうれしいのである。たいした活躍もせずにゴジラに撃墜されるためだけに出てくる航空機とは、一味違うのである。

<太平洋戦争の残留思念?>
 さて本作の最大の特徴を一言でいえば、ゴジラの正体を「太平洋戦争で死んだ人間たちの残留思念」であると、きっぱりと言い切ったところにある。ゴジラを生物としてみなしていないのである。だがその残留思念は放射能を吐き、足元にあるものを踏みつぶし、街を破壊する。残留思念といいながら実体を持っているのである。これをどう解釈したらいいのだろうか? 記事の冒頭で述べたようにゴジラ映画を情緒として見る場合には、「なんとなく」そう感じればいいのである。「太平洋戦争の残留思念」が実体を持つ、そう考えたっていい。けれど実体を持っているものを「残留思念」と考えることは、その場で被害にあっている人間にとっては、納得しがたいのではないか?

 この「ゴジラ残留思念説」の最大の問題点は、なぜゴジラは日本を襲うのか?という疑問に端を発する。劇中伊佐山が話す内容によれば、ゴジラの誕生には太平洋戦争で亡くなった人々の無念の思いがあるという。だが太平洋戦争で死んだのは何も日本を恨んで死んだ者だけではないはずだ。つまりこの太平洋戦争の死者の中には日本軍による被害者だけでなく、日本人の被害者だって含まれているし、当然日本軍の攻撃によって死んだアメリカ兵も含まれている。だがこうなるとやはり日本を攻撃するゴジラに説明がつかないのである。ここで視線を変えてみる。「ゴジラは日本に戻りたい」と考えてみると、太平洋戦争中に進軍し、太平洋上で日本軍が駐屯した数多くの島々で散っていった日本兵の魂と考えることができる。また「日本を攻撃するゴジラ」と考えると、日本軍により殺されたアメリカ兵や太平洋上の島々に対する占領行為で死んでいった島の住民なども含まれるだろう。だがこうなると空襲で死んだ日本人や、原爆投下で死んだ日本人の魂はここからはじかれてしまう。そうなると伊佐山の説明した「ゴジラの正体」にたどり着かない。

 この部分を解消する答えは、やはり「怪獣」という存在にあるのではないか? ゴジラのみならず、本作に登場する怪獣すべてに適用すると考えてみよう。ゴジラが日本に戻りたいという日本兵の魂と、日本を恨んでいる人間たちの魂がないまぜになった存在だとすると、その日本上陸に呼応する形で甦った「護国聖獣」の3匹も、日本で空襲や原爆などを受けて無念のうちに死んでいった日本人の魂の依り代として再誕した可能性はないだろうか? これを正しいとするならば、「怪獣」とは人の思念が形をなしたものと説明できることになる。とはいえやはり残留思念が実体を持つことの回答にはなっていない。大体において本作の50年前に登場したゴジラだって実体を持っている。このゴジラが劇中で説明があるように、水爆実験により巨大化した太古の恐竜だとしたら、人の残留思念が実体をもったものではない。本作に登場したゴジラがこの初代ゴジラと同一個体だとしたら、太平洋戦争で死んだ人々の残留思念は、ゴジラが日本を襲うためのきっかけに過ぎないのではないか。もし初代ゴジラがオキシジェン・デストロイヤーによって完全に死亡していたとしたら、本作に登場するゴジラは初代とは別個体か、オキシジェン・デストロイヤーで白骨と化したゴジラの骨を素体に、残留思念が憑依して実体化したのかもしれない。前者の場合は残留思念はゴジラを動かす動機づけに過ぎず、後者だとしたら残留思念が実体化したものであり、同時にゴジラの行動の動機づけということになる。
 いずれにしても共通していることは、「残留思念」はゴジラの行動動機であるということだ。ゴジラが実体を持っているか否かではなく、問題は日本を標的として行動する残留思念があるということになる。世界の歴史に「太平洋戦争」という悲しい事実がある限り、空想世界の中でゴジラが存在して日本を目指す理由はなくならない。日本という国が持っている歴史的経験が、ゴジラをゴジラたらしめていると言えるかもしれない。これが国産怪獣の正体なのではないだろうか。

 地球の防御システムだった平成ガメラを除けば、怪獣とは巨大化した生物というだけではない意義を、日本人は見出したことになる。それはやはり敗戦国という日本の姿が如実に反映されている。敗戦のマイナス面だけをクローズアップするのではなく、敗戦から学んだ日本人が独自に持ちえたキャラクターのとらえ方を、日本人らしく誇らしく思ってもいいのではないか。2010年の終戦記念日を前にして、ふとゴジラを見直してもいる。

ゴジラ・モスラ・キングギドラ大怪獣総攻撃 [DVD]ゴジラ・モスラ・キングギドラ大怪獣総攻撃 [DVD]
(2008/06/27)
新山千春宇崎竜童

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 特撮
ジャンル : サブカル

コメント

非公開コメント

プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->