コードギアス 反逆のルルーシュ~STAGE13「シャーリーと銃口」~

<物語>
 シャーリーの父の葬式に参列する生徒会の面々。その中でルルーシュは己の行動とその結果のありようを見せ付けられ、動揺する。C.C.にたしなめられるなか、それでも修羅の道を進むしかないことをあらためて決意する。
 ディートハルトからもたらされた情報は、片瀬少将ら日本開放戦線の残存勢力が、藤堂たち四聖剣と合流し、タンカーで国外逃亡を図るのに対して、ブリタニア軍がそれを殲滅する計画であった。キョウトからの依頼もあり、日本解放戦線を助けようとする黒の騎士団であるが、ゼロは別の思惑を持っていた。ルルーシュと同じ事情で心にためらいがあるカレンであったが、ゼロとの会話により自分を取り戻す。一方スザクはランスロットに搭乗し、この作戦に参加することが決定した。スザクはブリタニアへの忠誠を試されているのだ。
 作戦は開始される。ブリタニア軍は水陸両用のKMFで、日本解放戦線のタンカーに強襲をかける。陸上からそれを支援するスザクは、同胞である日本人を殺すことにためらいを覚えるが、ブリタニア軍人としての職責を全うする。重い腰をあげて救援に向かおうとする黒の騎士団であったが、その刹那、日本解放戦線のタンカーが爆発四散する。これは日本解放戦線の自決と見せかけた、ゼロが演出した爆発であった。この機に乗じてコーネリアに迫る黒の騎士団であったが、ランスロットとコーネリアの技量に撤退せざるを得ない。戦いの中、無頼とともに吹き飛ばされ、気を失い倒れるゼロ。そこにヴィレッタによりそそのかされてルルーシュを追ってきたシャーリーが、足元にあった銃でゼロをねらう。

<悲しみの葬列、間違えちゃったやりかた>
・OP曲変更。ジンの「解読不能」へ

・シャーリーの父・ジョセフのお葬式シーンより始まる。母親が泣き崩れるシーンより、父親がナリタの土砂崩れに巻き込まれたことが再提示されている。そばにいるルルーシュはいたたまれないだろう。自分の作戦による死者の弔いに参加するなんて、思いもよらなかったろうから。

・ところがシャーリー自身は、父の死なんかどうでもよくって、父との想い出も「好き」に関することばかり。結局ルルへの思いだけなのである。ミレイの言葉に「十分泣いた」と返しても、思い返すのはルルに抱きしめられたことだけだ。もっとも彼女には父の死すら忘れるほどの過酷なドラマが続くのである。

・前髪で目を見せないルルーシュ、ごめんといってしまうカレン。それ以外の各人が口にする言葉は、結局のところ悲劇でしかないシャーリーの身の上を案じたものではなく、自分自身がその身の上になかったことへの安堵と後ろめたさでしかない。少なくても彼らには戦争に加担している国の国民である自覚が足りなくはないだろうか。特にリヴァルに関しては、正座で猛省をうながしたい。

・さだまさしの歌「天狼星に」の中に「父さんよりも、愛する人ができるなんて、思わなかった」という歌詞がある。父親の下着を汚物扱いするいまどきの娘どもにとっては、シャーリーやこの歌詞の女性など、完全に空想の産物でしかない。笑い飛ばしていいものかどうか。

・そして公然とゼロを否定するスザク。それはスザク自身のやりかたとは違うという宣言なのだが、ナリタについては事の本質を見抜いていはいない。スザクが指摘しているのはおそらく河口湖での一件だろう。しかし卑怯とは言っても、大勢力であるブリタニアを相手にして卑怯な手を使わざるを得ないのは当然である。つまりスザクがブリタニアを内部から変革することを、純粋に遂行していることを主張しているといっていい。スザクはそんな自分のやり方を単純に正しいと信じているのだ。視聴者側から見てもその道が険しいことはわかりきっている。気になるのは、スザクはゼロの正体を知っているのか? もし知っていてこの場で発言していたとすれば、ゼロへの牽制になるのだが、この時点ではまだか。

・「間違ってやりかたで得た結果なんて、意味はないのに」というスザクの台詞でも、シャーリーはルルとのキスのことだけだ(自身の唇が一瞬うつる)。本当に事態が見えない娘だ。視野狭窄にもほどがある。それを反省してか、シャーリーの「やりかた間違えちゃった」につながるのである。

・気づかないのかリヴァル。そして気の使いすぎなミレイ。ある意味でどちらもこういうときは迷惑だろう。んで、残ってんじゃねえよ、ルルーシュも。この期に及んで、キスの話だけだもん。どうなんだ、シャーリー。

・シャーリーの「やりかた間違えちゃった」の言葉は、痛烈にルルーシュを切り裂く。自分のやり方の正しさを証明する方法なんて、実はこの世のどこにも存在しない。「自分のやり方」は常に正誤をはらんでいるが、それをより正しい方向に導くために、次もより正しいと思われる方法を選択するしかない。人間にできることなど、それぐらいしかない。ルルーシュがこの瞬間に抱えたのは、選択の「重さ」である。

<ルル、童貞炸裂>
・C.C.はチーズくんがもらえるほど、ポイントがたまったらしい。おめでとう。

・C.C.はチーズくんを抱きかかえながら、ルルーシュを言い立てる。だが言い方がひどい。C.C.はただひたすらルルーシュの覚悟を促していただけだが、「口先だけの頭でっかちな童貞坊やか」は言いすぎだろう。しかしながら私にはここが重要なポイントの思えるのだ。世界を半分しか知らない童貞が、世界を手に入れようとする魔人に変わる。ルルーシュの立場だけ見れば、この物語の本質はここにあるのだから。まあシャワーを浴びて冷静になれよ、ルルーシュ。しかしそう簡単に頭が冷えない状況下では、過剰な行動に走ってしまいがちになる。

・ルルーシュが珍しく短絡的な行動に走る。C.C.をベッドに押し倒している。女性を凌辱する方法も知らずに、そこからどうしようとうのだ。さすが童貞である。

・さて、シャーリーに接触して、いらんことを吹聴した「変な人」とは、はたして誰か?

・次の作戦に参加を余儀なくされるスザク。それはあまりにも踏み絵のような仕事であった。セシルさんはにっこりとロイドさんにすごんでる。でも本当に怖いのはたぶんセシルの作ってきたおにぎりの中身だろう。

<危険な夜、特にゼロ>
・ディートハルトが黒の騎士団に初参加。逃亡する日本解放戦線を殲滅および、片瀬少将の捕縛を画策するブリタニア。キョウトに対する意思表示もある。ゼロは日本解放戦線の救出と、黒の騎士団への糾合を計画し行動に移る。しかしゼロには別の計画があることを、やがて視聴者は知ることになる。

・しかしいまさら片瀬少将に捕縛する価値があるのだろうか? 一部の暴動により、河口湖の一件は抑えられなかったし、ナリタでもいいところなし。しかも事態は片瀬少将により左右された形跡もない。象徴だけなら片瀬よりも藤堂のほうが、日本の敗北感を感じさせるに足るのだろうが。まあ片瀬を捕縛しておけば、藤堂たちをおびき出すえさになると踏んではいるのだろうけれど。

・ブリタニアはスザクの素性を知ってなお、彼を使おうとする。それは軍人となったスザクへの教育の面もあるが、より以上にイレブン統治のための布石であるのだろう。事前にスザクに対して、率直に伝えるダールトンという人の人となりが垣間見えるシーンだ。上に立つものの自覚を垣間見せている。

・こまかい仕掛けを自ら設置するルルーシュ。自らの覚悟を試すように、黙々と作業を行う。そしてヴィレッタの入り知恵で、ルルーシュを追いかけるシャーリー。ヴィレッタの行動は、あくまで自身の出世のためであった。なぜ大きな作戦前のブリタニア軍人が、こんなことをしていられるかが疑問だが、そもそも純血派はないに等しい状況で、一人でも有能な兵士が必要なときであろうに、ブリタニアの管理機構もすでに腐敗しているということか。

・顔を見せずにカレンと語らうゼロ。同じ思いのカレンに対しては、やはり気遣いもあるだろう。しかし自分の覚悟を語る力強いゼロに、やがてカレンも覚悟を決める。ナリタでの洞窟のあたりから、すでにカレンのゼロへの想いが、画面に現れてきている。少なからずここもいい場面である。ひたむきなカレンだからこそ、ゼロとともに歩もうと、心を決めた瞬間だ。だからゼロは優しい声で謝辞を述べる。

・カレンとゼロの会話のシーン、これは「やりかた間違っちゃった」のシャーリーの言葉に対する、ルルーシュの回答であり、それは決意表明である。同じ悩みを抱えたカレンにはきちんと気づかいができる。それは苦悩を越えようとする「男」ならではの気づかいではないか。

・ではカレンの思いとシャーリーの思いは同じではないか。でも決定的に違うことが一つある。カレンはその思いをゼロと分かち合いたいと思い、シャーリーがルルーシュに自分の思いを一方的にぶつけているだけである。

・前回から顔見世程度に登場しているサングラスの青年。うふ。さらなる混乱の予感。

・作戦開始。回り込んで攻撃を仕掛けるブリタニア軍。一方的に虐殺されている解放戦線の兵士たち。しかしこの水陸両用KMFは不恰好である。基本フレームのコックピットに、フローとやらマニピュレーターやらをごてごてくっつけただけのものだ。顔がカエルになっているのがせめてものご愛嬌か。この目から魚雷を発射するのだから、かわいげのない。しかしブリタニア軍の配置を、どうして日本解放戦線は知ることができなかったのだろうか?あまりにも警戒の意識が薄すぎると思うのだが。

・前回今回と、セシルやロイドはスザクに対して「職業軍人」であることを、何度か
説いているシーンがある。「名誉ブリタニア人」としてスザクがやるべき仕事ではないかもしれないが、同時に「職業軍人」として命令を受けている身では、スザクのいらだちは真っ当なようでいて筋違いなのである。だがすべての事象をフラットに見ることができる立ち位置のスザクは、この情景を軍事行動よりも虐殺に感じる。職業軍人としては完全に失格だが、同時にキャラクターとしては愛すべき人である。

・片瀬少将の取り乱しよう。本当にこれで一将帥なのかと思うと、腹が立つ。これでは藤堂をはじめ、彼に付き従ってきた将兵がかわいそうだ。

<決裂、ルルーシュとスザク>
・そしてゼロの仕掛けが作動し、流体サクラダイトとともに、タンカーごと死にいたる解放戦線の兵士と、ブリタニアの突撃部隊。ゼロは藤堂たちのみを手中にするために、解放戦線を切ったのだ。そしてこの混乱に乗じて、前線指揮を執るコーネリアへ攻撃をかける。しかもこの作戦は、黒の騎士団をだまして遂行している、ある意味でゼロの非常さを知らしめる結果となる。ほら、やりすぎちゃったよ、この人は。

・走る走るディートハルト。彼はゼロの傍らですべてを記録し、すべてを自分の目でみたいのである。報道というよりも歴史家の資質なのだろうか。ヤン・ウェンリーにはまねできそうにない。だがゼロの行動を完全に理解したのは、ディートハルトのみであった。

・KMFを数台入れた水中翼船。スピードに乗って簡単に浮いて、地上に乗り上げてますが、果たしてこんなことが可能だろうか? 水中翼船に乗ったことがありますが、乗り上げそうな気がします(笑)。

・コーネリアを捕らえたと思った瞬間、シャーリーの影が! 形勢逆転して一気に追い詰められるゼロ。ズルいくせに本当にこういうときに弱いゼロである。まあランスロットがいつも邪魔をするのはご愛敬。このKMF戦は形勢が二転三転するシーンであるが、ハーケンってなんて役に立つんだろうと、常々思う。多用途すぎるなあ。

・外部音声をONにしたまま、ランスロットの蹴りを受けるゼロの無頼。ゼロのうめき声が、まるで「宇宙をかける少女」のレオパルドに見えてくる。声っておそろしい。

・スザク「結果ばかり追い求めて、他人の痛みがわからないのかぁ!」は、カレンの目の前で決意を示したゼロにとっては、痛烈な批判である。ゼロは他人の痛みがあればこそ、その痛みを甘受してなお結果を追い求めて戦っているのである。このシーン、シャーリーの悲劇を挟んで、完全に決裂したルルーシュとスザクという構図なのである。

・「きさまさえいなければ!」「おまえがいるから!」絡むようなセリフの応酬であるが、実際にはまったくかみ合っておらず、しかも会話すら成立していない。だが互いの思いが炸裂するシーン。それはともに時代の叫びにも似た印象を持つ台詞に聞こえる。

・ランスロットと紅蓮弐式の戦闘。まるでガン○ム対シャ○ザクの・・・(以下略)

・ほうりだされたコックピットから、ゼロの後姿。それを見ているシャーリーの足元に、ブリタニアの軍用銃が。これを置いておいたは、シャーリー右脇のコンテナの陰に隠れた人物である。そして父の敵であるゼロの正体が愛しいルルーシュであることを、シャーリーは知るのであった。それはもうすでに今までのような、二人の関係に戻れないという事実に他ならない。ゼロの首の動きがおかしいと思うけど、いいシーンなので目をつぶることにする。

・この話、「間違った方法で得られた結果に意味は無い」という言葉を、繰り返し反芻し、その意味を問う物語であった。本来これを発したスザク自身も、これに当てはまるのであるが、父親殺害を免罪符として、この話ではそのループから逃れている。だが「コードギアス」という物語の一側面を指摘するなら、この台詞は決してあなどれない言葉である。

コードギアス 反逆のルルーシュ O.S.T.コードギアス 反逆のルルーシュ O.S.T.
(2006/12/20)
TVサントラALI PROJECT

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺☆手術は成功 心臓は停止

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->