そして2010年10月期アニメ青田買い~今期は豊作?~

 「最終回」をやると、「青田買い」もやっておかいないとねってことで、今回は青田買いです。前期は掘り出し物が多かったようですが、今期はタイトルだけで期待値が高い。しかも2期目の作品が多いのも手伝っているようです。相変わらずラノベ・マンガの原作つきが多いようですが、タイトルを見ると「満を持して」とも呼べるタイトルが並んでいることを考えれば、今年の本命が勢ぞろいしていると思われます。
 まだ始まったばかりですので、作品単位の記事は短くなりそうですが、今期はいつにもまして見始めた本数が多いので、本数でカバーといきましょう。

<アイアンマン>
 CS局「ANIMAX」にて放送を開始した作品。一応劇場用作品2作の設定を引き継いでおり、その後日本でのアイアンマンの活躍を描いた作品。日本が舞台ではありますが、そこに登場する日本人は、決して「平たい顔族」とは思えない美男美女ばかりw しかも主人公が無節操なほど口説きまわる姿が映画の延長とはいえ、1回30分の展開の中では無用なのではと思われるシーンが散見される。こうした丁寧なつくりは日本製のアニメの特徴であるが、一方でアメリカナイズされた展開の速さが見られないのは、モチーフがモチーフだけにもったいないような気もします。主人公役の藤原啓治氏の好演が光るだけに。

<スーパーロボット大戦OG―ジ・インスペクター―>
 大人気ゲーム「スパロボ」シリーズに登場するオリジナルロボとキャラクターを登場させて、ゲーム内で語られた事件や物語を俯瞰するシリーズ。アニメ化としてはすでに3作目になるのだろうか? 1話を見ると最終回からループしそうな内容で、あの「真マジンガー 誕生Z編」の再来かと思わせる雰囲気。とはいえ王道らしいロボットものらしく、アルトアイゼンやSRXチームなど、見栄えのいい重厚感あるオリジナルロボットたちがガッチャガッチャ動き回る映像は、いっそ気持ちがいい。声優もがームオリジナルであるため、キャイキャイしゃべる水谷優子嬢の勢いが素晴らしい。

<パンティ&ストッキングwithガーターベルト>
 う~ん、下品w とはいえパンティ&ストッキングという名の二人の落ちこぼれ天使はかわいらしいとは思う。下品さが彼女たちのキャラクターであり、アクセサリーであるとすれば、それでも下品だと思うのは、物語の作りに問題があるのだろう。まるでカートゥーンの「パワーパフガールズ」のような映像でありながら、どう考えても午前0時を越えられない深夜向きな内容のギャップこそが、本作の楽しみだろうか。二人の惰天使ちゃんが倒した怪物が、最後に特撮的なプロップを爆発させるあたりのこだわりがまた作り手の趣味が感じられる。あれになんの意味があるのかは知らないが、あの爆発で夜中に目が覚める気もする。制作「GAINAX」というのもすべてが遊び心だと割り切れば、楽しいはず。モラルも品も破壊して仁王立ちする彼女たちが見えるようだ。楽しみな1本。

<そらのおとしものf(フォルテ)>
 第2期物の1本。前期はもうエロ前回とあまりにもインパクトのありすぎるヴィジュアルで押し切った作品のはずが、最後の最後で裏テーマの重さが突出するという超絶展開が人気を博した。今期は初回よりいきなり新エンジェロイドが登場するし、主人公トモキは相変わらずだし(修行で煩悩を消し去ろうとしたりして、成長を見せてはいるが)、影響されて幼馴染のそはらもエロ妄想全開ときている。2話目にして新エンジェロイドがアホであることが分かったところで、天界の真意が少しずつ本格化。新しい展開を予感させるのだが、このまま展開するはずもないだろう。テーマとはかけ離れた物語を展開させながら、少しずつ小出しでテーマを語りながら、ラスト付近での超絶展開を期待しよう。でも今期はEDやOPに仕掛けはないのだろうか?

<STAR DRIVER 輝きのタクト>
 今期大本命の1作。まだよくわからないまでも、「綺羅星っ!」のポーズと銀河美少年のやたら熱い物言い、そして不思議な形状のロボットの活躍と、3拍子そろっては、いやがうえにも期待が高まる。脚本家・榎戸洋司による脚本は、どこかで「少女革命ウテナ」を想起させるのだが、それすら本作ではスパイスとなって、榎戸作品を知る人にとっては、比較対象になりやすいのではないだろうか。その意味でも若い人向けのコンテンツでありながら、少し年季の入ったアニメファンの心まで鷲掴みにしてしまう手練手管を思い知らされる。放送時間枠も「ガンダムSEED」や「鋼の錬金術師」、「コードギアス」などが放送された枠であるから、期待大である。綺羅星っ!(第1回放送日のTwitterではこの言葉がものすごい勢いで流れました)

<俺の妹がこんなに可愛いわけがない>
 今期は「えむえむっ」とともに並ぶ、「竹達のターンっ!」。しかし竹達演じる妹の可愛くないことこの上ない。自分の趣味を兄につきあわせ、しかも上から目線だなんて、実際の妹がこんな状態なら、容赦なくぶん殴ります。「可愛い少女がオタク」という設定なら、「乃木坂春香の秘密」なんて話もあるのだが、これもオタクが友達と出会う話だと考えると、ガール・ミーツ・フレンド物語だというくくりができるはず。とはいえこの妹が本当に可愛くない(大事なことなので繰り返しました!)。これが実は「お兄ちゃんが大好き!」という気持ちの裏返しであることを期待してたら、どうやらそうでもないらしい。2話目にしてオフ会に参加しながら、誰とも打ち解けない不器用さをアピールし、結果的に友達作りに振るいをかけたわけだが、残った少女オタクもえらくクドい人ばかりで、もうw 

<百花繚乱 サムライガールズ>
 まだちゃんと話が飲み込めていないんだけど。とりあえず架空歴史となって現代の東京がなぜか江戸時代の延長のようになっている世界で、マスターサムライと呼ばれる腕っ節のえらく強い少女たちが、半裸で活躍するアニメ。出てくる男性陣が柳生の坊ちゃんと徳川千の兄しかいないので、どう見てもハーレムアニメにしか見えないんですが、本質的には「クイーンズブレイド」のような少女格闘物と考えればいいのだろうか。本作の見どころはあくまでチャンバラであり、そのアグレッシブな動きをアニメで再現するに当たり、スピードではなく正確さを主軸に置いている。つまりなんだかわけわかんないけどこっちの少女が勝っちゃった!ではなく、アクションをはっきりと過程で見せるよう作画している。しかも剣劇としてのスピード感は失っていない点は、高く評価したい。実際に見てみると、時代劇のラストシーンのチャンバラを見たことがある人ならば、本作でのチャンバラが「見栄え」を殺すことなく、ちゃんと殺陣師がいるように見えるだろう。段取りを踏んで作られた殺陣ならば、見ている者にもそれがわかる作りである。だがそれは1,2話の話であるので、今後も保証されるかはわからないけど。
 もう1点特筆すべきは「墨」による消し。深夜枠のお家芸とでも言うべき「消し」の技術は、むやみに湯気を出すのではなく、作風に合致した「墨(墨汁)」を滴らせるという効果を生みだした。ここまでくれば様式美である。物語も面白そうだし、こうした剣劇やお色気シーンなども楽しめるのであれば、十分広いもの。時代劇ファンとしては楽しみである。

<荒川アンダーザブリッジ×2>
 中村光原作の不条理コメディの第2シリーズ。前期のラストに登場した新キャラや前ぶれもなく登場する新キャラで、すでに収集がつかなくなっている荒川河川敷である。そのキャラクターの振れ具合がもうすごいことになっており、今期も必要以上に楽しめてます。後述の「イカ娘」同様、気楽の見られるアニメです。とはいえ気になるリクとニノの始まりそうで始まらない恋の物語、ドSのマリアのことば、ホシとリクの掛け合い漫才、村長のヘン具合など、小ネタが楽しみで楽しみで。終わりなき非日常を楽しめるかが鍵となる1本。主題歌もコケティッシュでカワイイですぅ。

<ヨスガノソラ>
 エロゲ原作のアニメ作品。初回から妹とキスシーンがあるわ、出てくる少女たちはどいつもこいつも主人公の少年に釘付けだわ、見ていて違和感ありまくりなハーレム設定が、逆に「味」です。どう考えても妹に不利な展開しか待っておらず、よそで他の少女と遊びまくる主人公は、あまりにも邪気がない。ゲームに関する情報がないので、「School Days」のような展開になるのかどうか知る由もないのだが、危なげな雰囲気だけはぷんぷんしてくる。案外と最後まで見続けるのは心苦しい展開が待っているかもしれない。今から心しておこうと思う。

<おとめ妖怪ざくろ>
 月刊コミックバーズ連載中の漫画が原作のアニメ。大正時代を背景に、国から妖怪退治を仰せつかった軍人と、妖怪と人の間に生まれた「妖人」の少女たちの物語。本筋はあくまで妖怪退治ものであるのだが、軍人と妖人少女のカップリングが3対あり、はじめは敵対していた関係が徐々にチームワークに変わっていく様子が、これからの楽しみか。もちろん主役・ざくろ役の中原麻衣嬢の演技により、必要以上にツン要素が加わることで、一筋縄ではいかない上、ざくろとコンビを組む青年将校のへたれなことw ちょっと「サクラ大戦」でもあり「はいからさんが通る」的でもあり、設定は実に面白いし、絵柄も「はいからさん」寄りのセンスの絵であるため、ちょっと要注目の1本である。

<侵略!イカ娘>
 ええと・・・「ケロロ軍曹」とどう違うのかと? まあ基本的にギャグですので。とりあえず今期気楽に見れる作品として認定。主人公・イカ娘のカルチャー・ギャップこそが本作の妙味であり、地上の世界になじんだようでなじまないイカ娘のありようが、つねにギャップを感じられる立ち位置は、本当にベーシックなコメディを感じさせる、深夜枠でやる必要がない程の健康優良児的な作品といえるかも。ってかなんで夕方にやらないの? そういえばイカ娘のはくイカスミってうまいらしいけど、うまさよりも制作過程に問題がある。まあいいや・・・

<神のみぞ知るセカイ>
 魔界の少女・エルシィと契約し、協力して人間の心の隙間に潜む悪しき魂を集める少年は、ゲームの世界では「落とし神」と呼ばれる少女ゲーの天才だった。少年は契約のためにゲームではなく現実の女性を攻略し始めるという物語。週刊少年サンデー連載中の人気漫画のアニメ化である。以前漫画については紹介させていただいたが、私は本作が好きです。アニメ化に際して心配だったのは、原作漫画がわりと線の細いで書かれた漫画なので、アニメにしたときに押し出しがないのではと心配だったのだが、出来上がってみればきちんと整理されたキャラクターデザインが、本作の絵的な弱さをフォローしまくっており、力強い印象を受ける。また数回で1人の少女を攻略する作りからすれば、1クールで3~4人も攻略しておしまいであり、どうやって最終回を迎えるのかが非常に気になるところ。本作は倉田英之氏による脚本であり、1回目から原作を上手にまとめていた手腕に期待したい。

追記
 「ソウルイーター リピートショウ」を見始めたら、すんげ面白かった! 小見川千明もかわいいし、小山力也の怪演も愉快愉快!
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->