カットは、なしよ

 今回は、めんどくさい話はいっさいなし。テレビで劇場用作品を見るときの「カット」の話です。劇場になかなか足を運べなかった子供の頃、夏休みの「金曜ロードショー」や「ゴールデン洋画劇場」は、結構アニメ作品を放映してくれたもの。普段なら母親も11時まで起きているなんて、目くじらを立てるところであるが、夏休みには多少お許しをいただいて、音声をカセットに録音しながら緊張しまくって見たりして。夏が近づくと懐かしさで思い出します。

 ところが、ビデオレンタルの普及に伴い、高いながらもビデオのレンタルが可能になると、テレビ局側も考えるもんで、そういったアニメ作品の放映なんかしなくなる。それ以上に自分でもレンタルするので、その全容が明らかになると、テレビ局側に怒りすら感じる始末だ。つまりテレビ放送では「カット」により、部分的に未放送の部分がでてくるんですね。これがいや。気がつかなければいいものを、なまじ気がつくもんだから、余計に腹が立つ。

 最近珍しく「ルパン三世 ルパンVS複製人間」が、金曜ロードショー枠で放映されました。このときも全くこれまでと変わらず、カットされてました。有名な話ですが、代表的なカットで言うと、「荒野をさすらうルパン達に、マモーからの差し入れのような、白いテーブルクロスのかかった机に、水差しとコップがおかれている。ルパンが近づくと水差しから炎が上がるシーン」とか、ルパンがもともとのアジトを見つけるシーン」、「マモーが機械を使ってルパンの深層心理を覗こうとするが、ルパンの表層心理には、Hなことしか写らないシーン」などだろうか。たしかにこうやって書き出しても、カットしても良さそうな気がする。しかし問題はカットされること自体であり、あるいは「ノーカット」などと新聞の番組欄に書かれているにもかかわらず、これらのカットがされて放送している事実である。

 ルパンの受難はまだ続く。「カリオストロの城」でも、序盤ルパン達が焼けたクラリスの屋敷に入り込み、水辺で物思いにふけるルパンに、プロレス技をかける次元のシーンが、まるまるカットされている。一時的ではあったが、ルパンが序盤でクラリスと再会するカーチェイスのシーン、その直前に次元がフィアットのタイヤを交換するシーンでの「平和だねえ」の一言がカットされていたこともあった。以上、すべて日本テレビの悪の所業である。

 なんでこんな事を書いているかと言えば、前回話題にした「サイボーグ009 超銀河伝説」が、初めてテレビで放映されたときの事を思い出したからだ。その時は、あろうことか「004が復活するシーン」がまるまるカットされており、内容を知っていた僕らは驚愕と共に、それらを唖然と見つめていたのだ。これは時間云々の話ではない。どう考えたって、あのシーンがなければいいと思いはすれど、無くしてしまったらそれは単なる嘘つきである。まったくもって作品は完結しない。これはテレビ朝日の悪の所業である。

 フジテレビでも、「ヤマト」や「999」などの松本零士作品の放映の時に、細かなカットをしていたのを覚えている。「さよなら銀河鉄道999」では、メーテルと鉄郎が再会するラーメタル星でのシーンに手を加えて短くしたり、「銀河鉄道999」では鉄郎が時間城に進入するシーンを短くしている。「さらば宇通戦艦ヤマト」では、テレザート星に到着直後の空間騎兵隊のシーンがカットされ、いきなり戦闘シーンに突入している。他にも色々とあるのだろうが、はっきりと記憶しているのはこのぐらいか。

 ではTBSは無罪かと言えば、そんなことはない。かの映画評論家・荻昌弘氏が案内を勤めた「月曜ロードショー」では、「007シリーズ」を頻繁に放映していたのだが、このカットも枚挙にいとまがない。またテレビ東京は「木曜洋画劇場」以外にも、お昼に洋画を放送する枠があるが、こちらでのカットも語りぐさになっている。もっとも短い時間制限がある中での放映なので、いたしかたないとは思うのだが。

 これらすべてのカットは、倫理などの問題があると同時に、スポンサーサイドのCM時間の調整あるいは時間の確保というのが名目である。スポンサー様のおかげで、なかなか見られなかった映画を、お茶の間で見せていただけるわけで、感謝こそすれ、恨んでも仕方のないことなのだが。とはいえすでに劇場で見た完成品を知ってるだけに、それがきちんと放映されないことの悔しさは、制作者サイドと同じ感慨をもっているのだ。ってか、ノーカットと銘打つのなら、きちんとノーカットで放送すべきだろう。最近でも「クイーンズブレイド」での、自主規制の嵐に、そもそものレイアウトを台無しにされている思いがある。テレビでの放送を目指しながら、放送自身にレイプされている感覚さえ持っている。それが反対側でソフトの購買意欲をかき立てるのかといえば、それも趣旨が異なる話だ。おれはクイーンズズブレイドのDVDは買わないぞ。放送の真実が放送によってゆがめられている事実、もう一度考え直す時期に来ている気がする。
スポンサーサイト

テーマ : 映像・アニメーション
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

非公開コメント

プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺☆小澤征爾

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->