「ブレンパワード」~その3・取り戻したいもの~

承前
 こう言っては何だが、最近歯ごたえの少ないものばかりを見ていたことによくよく気付かされる。「ブレンパワード」を感覚的に大枠でつかむことと、そこに描かれている詳細を読み解こうとする行為には天と地ほどの開きがあった。特に最近深読みをしなくてよい気楽な作品ばかり見ていたので、「ブレンパワード」は歯ごたえがありすぎて、頭に軽いしびれすら感じるほどだ。だがこれも脳トレのようなものか、呑気に過ごした新年のリハビリとしては、まあ妥当かなと思いつつ、すでに3回目。お付き合いいただいている方には、申し訳ない思いでいっぱいである。

<物語のゆくえ>
 19話で海から地上に上陸し始めるオルファン。だがガバナーはそんなオルファンにアメリカ軍を引き入れる。ガバナーこそはゲイブリッジであったのだ。オルファンを制することができるようになったノヴィス・ノアを脅威と感じたゲイブリッジは、オルファンに肩入れすることでバランスを取ろうとしたのである。ゲイブリッジはノヴィス・ノアの能力を最大限に活用したため、ノヴィス・ノアは世界の敵となってしまう。戦いで傷ついたクインシイのグランチャーはノヴィスに保護されたから、ユウは姉との新しい関係を期待する。だがそんな願いはオルファンの呪縛により蹴散らされてしまう。そしてユウにむかって家族を失ってまでオルファンで指揮を執り続けるつらさを吐露する(20~22話)。

 クインシイのグランチャーを追って、ヒメはオルファンに説得を試みる逆にがオルファンにとらわれてします。そこでヒメは直子と再会し、ゲイブリッジがガバナーであることを知る。そんなオルファンではバロン・マクシミリアンの反乱により、バロンがオルファンを掌握してしまう。オルファンから逃げ切ったヒギンズとヒメ。オルファンはさらに上昇を始め、地上への被害を及ぼし始める。再び戦いあうグランチャー部隊とブレンたち。その戦いの場でクインシイのグランチャーは、赤いバロン・ズウにリバイバルする。リバイバルの中でクインシイは、直子や翠の記憶をたどる(23,24話)。

 そして最終決戦の火ぶたが切って落とされる。ブレンたちは出撃前に互いに手をつなぎ、オルファンへの道を示す。人間たちはこれに呼応して立ち上がる。オルファンはすでに飛び上がろうとしている。クインシイはオルファンのウエハースを傷つけてまでブレンを撃退しようとするが、輝きを放ち始めたオルファンのフィギュアに取り込まれてしまう。これを契機にオルファンは宇宙へあがるための力を手に入れる(25話)。
戦っていたブレンとグランチャーはそれぞれの場所に戻る。ユウとヒメも花咲く草原の中から再び立ち上がる。そんなユウの前に立ちはだかるのはバロン・マクシミリアンのバロン・ズウである。バロン・ズウはバロンのエナジーを吸い込んで巨大化し始める。だが強すぎる力が逆に身を滅ぼす。バロンの正体はジョナサンの母・アノーア・マコーミックであった。オルファンはアメリカ軍のリクレイマーも排除しようとしている。それはオルファンと同化したクインシイの意志なのか。カントは、オルファンがほしがる何かオーガニック的なものを与えることで、オルファンを掣肘できると考えた。そしてユウたちは、人間たちは手をつなぎ、人の和をオルファンに見せつける。力をつけたオルファンは、伊佐未夫婦にももはやわからない。だがユウの言葉を迎え入れるように、フィギュア化した依衣子を返し、オルファンの中にいた人々を地上に返したオルファンは、地球に緑を与えながら宇宙への旅立っていく(26話)。

<取り戻したいのに取り戻せない>
 「守りたいものがある」や「取り戻したいものがある」、あるいは「乗り越えたいものがある」。戦うキャラクターには戦う理由が様々にある。特に最近のアニメでは「守りたいものがある」という理由が断然多く、わりと消極的な理由で戦い始めるから、どうしても戦う理由も保守的になる傾向がある。本作では主人公であるユウにとって戦う理由はなんだったのであろうか?

 それはクインシイとなった依衣子やオルファンに取りつかれているかのように研究に没頭している両親を取り戻すことだ。彼は家出のようにオルファンを出て家族と敵対する道を選んだ。一時的には家族としての自分を振り返らないユウのわがままがさせた行為に見えるが、結果的に家族を取り戻そうとする話にすり替えられている。だが一方で依衣子はどうであろうか? 彼女にしても本当にしたかったことは、家族を取り戻すとすることであり、だからこそユウに固執し、ユウをオルファンに取り戻そうとしたのである。だが24話の後半に登場する直子や翠の記憶を依衣子がたどるエピソードでは、直子がゲイブリッジに想いを寄せる理由も、翠が研作と結婚した傲慢な理由も描かれているのだが、そこにあるのは崩壊せざるを得なかった家族の無残な姿である。この残照を抱えてユウや依衣子は育ってきたのかと思うと、本当に研作・翠夫妻には腹立たしさしか思いつかないし、翠に至ってはあれで研作やジョナサンを手玉に取っているつもりなのだから、なんと愚かしいことか。直子にしても、翠という一粒種を抱きながら、ゲイブリッジへの思慕を断ち切りがたいという思いが、傲慢な翠を生んだと思えば原因は総じて直子にある。ましてや明らかに研究材料としてしか子どもを見ていない翠のやり方を見て、それを制止できない直子には、翠が自分の愛情を注げなかった娘への憐憫の情があったのかもしれない。結局ユウも依衣子も祖母から続く不完全な家族に振り回されて人生を狂わされたも同然なのである。

 これをして富野監督が「家族」や「肉親」、「血のつながり」を古い人間関係として忌み、より新しい人間関係を良しとした理由がはっきりする。だがここで一つだけ解せないことは、ならばなぜユウたち子どもたちに、不完全となる良好でない家族関係を取り戻させようとするのかである。富野監督が示すように、家族や肉親との関係を良くないものとするのであれば、切り捨てることは可能である。ヒメが26話で言うように、オルファンに見せつけるべき人間関係は、血のつながりによらない新しい人間関係であったはずだ。そしてパラレルな人間関係こそが、オーガニックエナジーを生み出し、ノヴィス・ノアを守り、ブレンパワードの真の力を発現させたのではないか。家族を取り戻す物語に、はたして何の意味があるのか?

 家族や血のつながりを嫌悪する一方で、25話のヒギンズや前述のカナンとラッセのように、新しい人間関係は異性同士でも築かれる。だがその異性同士の関係は、富野監督がこだわった人間らしい「性」のありようが示される。そのことで、キャラクターに血肉を通わす結果になることで、カナンやシラー、ナンガの黒い肌色にも、肉体の存在を感じさせる結果になる。ここに人種や肌の色をとっぱらった、パラレルな人間関係の構築が可能となる土壌が生まれる。だが矛盾するようだが、この新しい関係はSEXを介することで、新しい血のつながりを発生させる。それは新しい家族の起点であると同時に、否定した肉親の関係を肯定する結果になるではないか。

 そう考えると、作中否定的に語られていた「家族」や「肉親」という人間の関係性は、人間にとってどうあがいても否定できない関係性であることに気づかされる。そうでなければユウもクインシイも、ましてやジョナサンですら家族にこれだけ拘泥する物語が作れようはずもない。むしろ「家族」という人間関係が、時には身内だけに冷淡を極めたり、個人に対して酷であったりすることを描きながら、そのくびきから逃れられない無残さを見せつける。だがそれは壊れた家族を取りもどす方法論を、同時に見せつけていたのかもしれない。わが身に起きたことも思い出されるのだが、本作を見ていると家族とは家族としてあるものではない、家族に「なる」のである。しかも家族の長の方は多かれ少なかれそのことを忘れがちであるため、このような悲劇が繰り返されてしまう。あるいは子供とは親の付属物という傲慢さがあるから、悲劇は再生産を余儀なくされる。「家族を守る」や「家族の信頼を勝ち取る」ことは、並大抵の努力ではない。しかも親の側がそれを放棄してしまえば、家族の絆を取り戻すのは家族自身であらねばならない。子供だからといって甘えてその努力を放棄すれば、すぐに家族は崩壊する。ユウや依衣子は失った家族の絆を、取り戻したくて努力した。だがそれを知ってか知らずか、親の側はまったくそれを顧みることがない。26話終盤で直子にはり倒される翠であるが、そんな一発でチャラになる程、ユウや依衣子の心の傷は浅くない。しかもその連鎖は直子から続いていたのである。物語は方法論を示しただけで、伊佐未ファミリーが絆を回復させたかどうかまでは描かれていない。ただ死に瀕している母を胸に抱きながらオルファンを見上げるジョナサンがおり、ユウがヒメと再会しただけである。

<女性論理にすり替わったワケ>
 家族の論理を展開して見せた「ブレンパワード」という物語だが、前述の通り本作は男性理論から女性理論へと、富野監督が変換した物語である。それはノヴィス・ノアの艦長が一貫して女性であり続け、男性はサポートに回っていることや、ヒギンズのいい人が随伴艦である潜水艦の艦長であることなどにも現れている。しかも24話でクインシイが怒り始める瞬間は、ブレンを整備する男性整備士が、クインシイを邪険にしたシーンがきっかけとなっている。こういうあたりの男性の無神経さを見るにつけ、女性が男性の何にイラッときているかが見えるようである。それもそのはずで、本作には小説版を執筆した面出明美以下4人の女性が脚本に参加しており、コメントで紹介いただいたkito2198さんのブログ「TOMINOSUKI/富野愛好病」掲載のインタビュー記事をみるにつけ、彼女たちは富野監督とはずいぶんと意見交換したようである。彼女たちは意見交換の中で「それはガンダムになるから」とか「それは女性は嫌いだ」という言葉で、富野監督の意見をたびたび翻させたという。それゆえこうした女性理論がまかり通った作品になったことは疑い得ない話だろう。もうちょっと突っ込んでみれば「ガンダム」的な作劇を否定したかったという側面もあっただろう。監督にとって「ガンダム的」な作劇はまさに男性理論の代表であり、男性が女性を愛しい、愛したいという思いに呼応する形で現れた理論としての女性理論だったのではないだろうか。家族を母親の視点でとらえ直そうとした作劇も、このあたりに事情があると思う。

だがヒメに「責任感」とユウや守りたい人たちへの「思い」以外の戦う理由を認めていないことや、直子と翠のケジメの付け方の曖昧さ(初期プロットでは銃殺される予定の翠である)を考えれば、その女性理論にしたって、先日の家族論にしても富野監督の中では決着がついていないように思われる。放送終了後に発売された「ブレンパワード スパイラルブック」(Gakken)掲載の監督インタビューには「アウフヘーベン」(二つの矛盾・対立する概念を合わせて、より高次の概念に統合・発展させること)という言葉が登場しているように、いまだ監督の中では昇華されてはいなかったようだ。

 ともあれ、「ブレンパワード」という作品は富野監督の作品史の中でも重要な位置を占めている作品である。それ以上に「家族」や「女性」という単語にヴィヴィッドにならずにはいられない作品でもある。昨今子供を殺してしまう母親の犯罪などを見るにつけ、母親の功罪についてはその責任をどう問うていくかが今後も問題になるだろう。総じてその母親に責任があり、母親たちをそうさせたのは父親であり、その原因をたどれば祖父母になるという。寿命が延びて三世代や四世代が当たり前になっている時代、上の世代の責任は重い。が同時に自分たちの世代の責任の重さも自覚するべきなのだろう。

EMOTION the Best ブレンパワードDVD-BOXEMOTION the Best ブレンパワードDVD-BOX
(2011/03/25)
白鳥 哲、村田秋乃 他

商品詳細を見る

お安く、さらにお求め安く!
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->