2011年1月期アニメ青田買い~みなさん、楽しんいでますか?~

 もうすぐで2011年の1月も終わりを迎えるタイミングで、だいぶ遅い感じではあるが、1月期新番組の青田買いをやっておこうと思います。が、みなさん楽しんでいますか? 大きなお世話だとおっしゃる方々もおいででしょうが、なんとなく私は楽しめないでいます。理由ははっきりしています。それは今期一番面白そうな作品をスルーしているから。なんでそんな暴挙をと思うのですが、放送時間のかぶりが真相なので、誰に文句を言ってよいやら・・・(笑)
 とはいえ、それ以外の作品が好調かというと、どうもそんな感じもしませんで、何か方向性を見失っているイメージなのですよね。またぐるっと1周して、あらぬ方向にいっちゃってる感覚があります。まあ、そんなわけで、今回もそのあたりをだらだらっと書いてみようかと。えと、例によってこれはあくまでも私個人の所感でありまして、多くのアニメを楽しんでいらっしゃる方々には、何の意味もありません。あしからず。
 今期のアニメのなかで「レベルE」「放浪息子」の2作品に関しては、放送時間のかぶりの関係で、視聴を見送りました。普通なら何があってもこの2作品は何をおいても見るべき作品だとわかっていました。それだけに期待値も出来の良さも折り紙つきであるから、まあ別の方法で見ればいいと思いました。特に後にDVDレンタルをしてでも見る価値のありそうな作品であるのではないかと考えたので、スルーすることに決めました。
 だが、この判断がそもそもダメだったようで、他の作品でこの2作品に匹敵しそうなのは、「君に届け2nd」ぐらいでしょうか。この「君に届け」に関しては、主人公の爽子ちゃんにしても風早くんにしてもそうですが、第1シーズンがそれぞれがそれぞれなりに報われていく話だとすれば、第2シーズンでは彼らが報われるために、努力が必要であることに気付き、その努力の方法を模索して、その努力が正しく報われるという筋書きが感動を呼ぶという構造が明らかになっています。今期は報われることによる癒しのステップに、「努力」や「アクシデント」というワンステップが加わることで、物語が転がっていきます。実は爽子ちゃんの場合、他人と向き合うことに努力はしていても、自分に向き合う努力や、アクシデントに対応する力が不足しがち。だから人としての当たり前のステップを踏むことで、それが報われていく快感と癒しをもたらします。現時点のアニメで「癒し」を求められるのは、本作のみでしょう。今後も期待するや大です。

 今期の他の作品ですが、「放浪息子」にしてもそういう作品ですが、「埋められない心の隙間をうめようとする」作品が気になります。例えば「夢喰いメリー」がそうでしょう。「夢喰いメリー」は夢の世界と現実を出たり入ったりしながら、失った自分の記憶を取り戻そうとする少女メリーの物語。メリーは物語世界のガイド役ではなく、別にガイド役となる少年がいたりしますが、その少年も夢の世界と無縁ではない少年。そんな二人がふと出会ったことで物語は転がっていきます。メリー自身はかわいらしくって元気な少女ですが、そんな少女が「自分探し」ってあたりが不安をあおります。決して明るくスカッとするタイプの作品ではなさそうです。

 スカッとしたいなら、ギャンブルを扱った作品はいかがかと思えば、「Rio Rainbow Gate」なんて作品もあります。放送枠が東京MXなだけに、石原都知事の趣味かと一瞬よぎりましたが、内容はそりゃもうりっぱな「乳アニメ」でして。この作品にもう1点難癖をつけるとすれば、瞳に生きている感じがまったく感じられないのです。なんかこう、いま3つほど乗り切れない作品です。主人公リオが持つカードである「ゲート」が、次々と対戦相手を呼びこんで、リオはそのギャンブル勝負にことごとく勝ち、カードを集めていくお話。3話以降登場したリオの幼馴染が今後リオの敵となるか味方となるか、まだ解りません。とはいえそれが本作の大きなうねりを生み出すとは思えません。

 デザインに難ありというならば、「IS(インフィニットストラトス)」という作品もでしょうか。「IS」と呼ばれるヨロイの力で完全に女性上位となった世界。男性はISを着用できないはずが、主人公の男の子は世界で唯一ISを着用できるため、ISの選手を養成する学校に入学する。そこには幼馴染の女の子がいて、まわりはみんな女の子の学校で、ISを中心とした生活を送る主人公の物語。この「IS」というヨロイのデザインは実に面白い。人間の体にフィットする構造体に、その周りに浮かぶ手足の延長になるユニットの組み合わせからなるメカニックは、刀による近接格闘タイプや長距離支援タイプなど、さまざまなユニットタイプが目を引くし、何より1話冒頭で見せた戦闘シーンの目まぐるしさと、見栄えのする止め絵のコンボは、十分期待してよい作品だと思えたんですが、フタを開けてみればものすごくオーソドックスな学園物。しかもそのキャラクターデザインは、「生徒会役員共」にやけに似たデザインであり、主人公の幼馴染の女の子が「生徒会役員共」のメインキャラとほとんど同じデザイン、しかも声優まで日笠陽子で一緒ということで、何のデ・ジャブかと思った次第。とはいえ、ISというシステムにまだ不明な点が多く、女性上位の世界というのもなんだか不安を覚えます。1話劇中でも男性は完全に女性よりも格下に見られている設定には、主人公の男の子に期待を集中させる効果を持っていていいはずですが、劇中そうなっていないのが残念。でもみんなが彼に期待しているのは事実。後述の「フリージング」のバトルよりも解りやすい、プロテクトギアによる戦闘は期待していい作品だと思います。

 同じように「バトル物」ということでいけば、「フリージング」も女性が責めで男性が守りという役割分担で、世界中に現れる巨大な生物に戦いを挑む話。こちらも巨大生物との戦いは枕であり、より重要なのは共学の学園で戦いあう少女たちというシチュエーションでしょう。しかも光やぼかしは当たり前の乳アニメ。私が見ている東京地区では「君に届け2nd」直後の放送であり、ほぼ連続して能登麻美子の声が聞けるわけですが、これがまったく別方向の声で楽しめます。
 「Rio」にしても「フリージング」にしても、ともに「乳アニメ」ですが、やっていることは以前放送されていたこれまでの乳アニメとまったく変わりません。ぐるっと1周してもこの手合のアニメはなくならないとするならば、これはもうこういう嗜好の人々が一定数いるわけです。いくらネット上でこうした「乳アニメ」を批判したところで、こうしたものが作られる事情は、この一定数の嗜好を反映させた結果なわけですから、これはもう1ジャンルとして認めていってもいいのかなと思い始めています。

 一方で内容は明らかに「B型H系」などの、きわどい台詞とそれなりの絵で作られた作品でありながら、「妹物」というジャンルでは先行の「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」同様の位置づけに分類される「お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからね」という作品があります。まあ「H系コメディ」とでも言えばいいのか。これも一定数の嗜好者がいますし、「妹物」はまだまだこれから切り開かれるべきジャンルでありますから、それはそれで結構なことだと。しかし「俺の妹」といいこの作品といい、タイトルが長くってtwitterにはまったくなじみません。そしてこの2作に共通する「妹」の思考がまったく不明である点が、この際は重要なんでしょうね。

 「ドラゴンクライシス」に関しては、今更ドラゴンが変化した幼女に「釘宮理恵」をあてることの意味を考えてみたくなります。「シャナ」や「とらドラ」などはじめとして、ロリキャラで一時代を築いた彼女に、いまさら驚きはないわけで。しかも人間の形をしたドラゴンとそれに懐かれた一人の少年が冒険を繰り広げるって、どうみてもRPGのネタとしか思えません。RPGやゲーム自体あまり触ったことはないのですが、それでもこの物語設定自体には、なんら新味を感じません。しかも物語のシメとしてドラゴンが暴れて終わるんなら、田中芳樹の「創竜伝」となにが違うのでしょうか? この際はOPを歌う堀江由衣の、17歳とは思えない艶のない表情と挑戦したアクションに注目か?(楽曲としては、彼女にはとても珍しい曲ですけどね)

「GOSICK」「フラクタル」に関しては上記で紹介した中ではもっとも期待値が高い2本である。「GOSICK」は20世紀初頭のクラシカルなヨーロッパを舞台にした、暇を持て余した金髪幼女のディテクティブ・ストーリー。数話で1事件というのはコナンくんや金田一くんと一緒の展開。その知識と洞察力の鋭さで事件を解決するものの、なにせ世間知らずのお嬢様であるので、まあいろいろあるわけで。そのあたりを普通に楽しむ分にはまったく正攻法で作られているアニメといっていい。にしても金髪美少女はだれもかれも悠木碧なのだろうか?
 逆に「フラクタル」はいわゆる「落ちもの」のジャンルに相当する近未来SFっぽい作品。落ちものの代表といえば「天空の城ラピュタ」や「うる星やつら」という2大巨頭がある。「ラピュタ」がSFファンタジーの究極形だとすれば、「うる星やつら」はコメディの最右翼であろう。「フラクタル」はどうやらSF寄りの作品となりそうだが、何より主人公の父母が人間ではなかったり、対する少女の存在の謎が物語を牽引する。何よりも不思議な感じのする世界の謎が解けていく過程がそのまま物語となるあたりは、今後も要注意の作品だろう。監督があの山本寛氏というのも期待値が高い。事前にブログを閉鎖して望んでいるあたり、作品にかける意気込みまで感じられる。

さて、最後のご紹介したいのは、1月2週目に地味にNHKで放送されていた「大人女子のアニメタイム」である。短編小説を主題として、女性を中心に物語を紡ぐこのアニメ枠は、NHKの番組たまごである。こうした番組から成長して、現在人気番組になっている「ブラタモリ」や「キッチンが行く」などが出来上がったことを思えば、こうしたしっとりとした大人の女性をターゲットとした、女性が主人公のアニメは稀有な例である。また演じている声優も、女優として著名な方々が演じている。アニメとしてはあまり特徴のない絵柄ではあるが、本作の時間枠はあくまで物語をじっくり味わう作品である。その部分がアニメとして同化とは思うのだが、きちんとターゲットを絞って丁寧に作られている感じは、ぜひとも月イチペースのBSなどで拝見したい。こういう実験的な作品も面白い。

と、まあ、いつにもましてだらだらっと書いてみましたが、いかがでしょうか。実際にはすでに3話4話と物語は進んでおり、ここに書いているものは1,2話程度の視聴で書いていますので、そのあたりのギャップはごめんしてくださいね。全体的な印象で言うとやはり小粒な感じで、しかも最初でも述べたとおりやってることが完全に1周してきた感じ。しかもすぐに「これ」と思い当る前例を持つものが多く、どうしても否定的に見てしまいがちです。まあいまさらって感じの感想ではありますね。今期のアニメに期待が薄い理由はどうやらこれで、こうした私たちの予想をどうやって裏切ってくれるのか、期待はここに集約されそうです。どうやらやや作品数が少なくなってきているとの話も聞こえますが、出来ればそんな噂も吹き飛ばすような、面白い作品となることを願ってやみません。
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

まどかマギカは見られていないのでしょうか?私はYouTubeで見ているのですが、とても興味深く、先が気になるアニメです。仮面ライダー龍騎に例えているかたもいらっしゃいました。

No title

ガタガタガタキリバさま

 コメントありがとうございます。
 クワガタの頭、どんだけついてんだろ?っていうお名前への突っ込みはともかく、「まどかマギカ」は1話を録画しそこなったため、視聴しておりません。ただ新房監督にあおきうめのデザインというだけで、単純に「ひだまりスケッチ」シリーズを思い出し、ほんわか魔女っ子アニメをやるのならあんまり興味がないなあなどと思っておりましたら、ネット情報からけっこうエグイことやってるようで、びっくりしました。
 どうやら「魔女」となって戦うためには、動機としての「願い」が必要な設定らしく、たしかに「龍騎」を思い起こさせる設定ですね。あの絵柄とのギャップが気になる作品ではありますので、私もYouTubeで見てみようかと思っております。

No title

レコーダーないせいで深夜アニメは動画サイトで配信されているのしか観ていませんね。そのせいか観た事があるのが”お兄ちゃん…”だけですね。どう略せばいいか分からないので…で省略しました。笑ながら観れるので良いですね。

No title

第4のペロリンガさま
 コメントありがとうございます。実はひそかにお待ち申し上げておりました!

 略称「お兄ちゃん・・・」って、なんか意味深ですね。

 続けて「亜美・・・」って付け加えたくなるのは内緒です。

 あまり大きな声では申せませんが、私も録画失敗で見逃したものはそうなりがちです。

 「買って見てください!」と胸をはって言えない理由です。わかっていても便利ですしね。

No title

まどかマギカは最初から見ていればと後悔しています。
私の好きな狂気に満ちています。
さすが新房監督。

No title

うめさん

 狂気って、あなたねえ(笑)

 しかし、本編で取り上げていない作品を、ここまでコメント欄で盛り上がるってのは、やはりこの作品が注目作品であるということなんですねえ。
プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
01 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺@感動をありがとう福大大濠高校

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->