スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今期アニメ雑感

 今期のアニメの多くが最終回を迎えた。とりあえずメモ的ではあるが、まとめておこうと思う。今やっとかないと忘れるしね。後になって思い返したら、評価がかわるものも出てきそうな気がするしな。

<クイーンズブレイド>
 乳かくしアニメであった。以上。なぜか第2期やるんだよね。第2期も乳かくし大会だろうねえ。声優さんが女性ばっかで、豪華だったんで見てたんだけど。とにかく話はなかったね。主役の流浪の戦士が、自分の戦う理由と強さを身につけるまでの物語であり、戦巫女の話がおまけになっているのが残念だ。せっかくのダブルヒロインだったら、きっちりボリュームをあわせて欲しいし、そうでないのなら1話丸ごと戦巫女の話にするあたりの事情が、飲み込みづらいかな。つくりが中途半端な感じがいなめない。

<夏のあらし>
 原作漫画を読んでいたので、楽しみにしてました。だいぶ構成を入れ替えて、ギャグに比重をおいたのは、見ていて正解だったと思う。ただいろいろやり過ぎな感じがありましたな。OPやEDにある昔のレコードジャケットのコラージュや、劇中歌を出演者が唱ってたり、次回予告前の幕間ギャグなど、徹底してこだわっていること自体は結構だけど、やり過ぎだ。もっともやり過ぎてるのは、OPの聞き応えたっぷりの主題歌、そして昭和アイドル歌謡を微妙に外したEDの曲だろう。もはや力点の置き方がよくわからない。単に話を追わずにそういうところだけを追うぶんには、とっても楽しめました。だってレコードジャケットのコラージュの元ネタが、すべてわかる奴、いるのか?

<戦場のヴァルキュリア>
 元ネタは戦車を使ったシミュレーションゲームですが、なんで戦場で女の子が闊歩するのか? 1話のラスト付近で、倉庫に眠っている戦車を見て、この物語に期待できる方々は、まず十中八九このゲームのユーザーだろう。だとすれば、あの引きはかなり弱く、ゲームを知らない人にとってはかなりインパクトが弱い。
 1話の段階でどうにも演出面での弱さが気になると思っていたら、どこまでいってもユーザーの知識に偏ったような演出が鼻についてしまって、素直に楽しめなかった。

<ファントム>
 暗い。いまどきこんな作品評価があるとは思えないけど。
 記憶をなくした殺し屋の話が、明るい訳ないだろう。そのしんどい話の中で光をつかもうとしたのもつかの間、すぐに闇に引き戻されるという、どうにもいただけない話が続く。
 よくよく探してみると、これ、以前にもアニメ化してた話らしい。前作は見てないけど、しかもゲーム原作。うーん、こういう素材ってどうしたらいいんだろ? 「ガンスリンガーガール」がなぜ受け入れられたかを、もう一度検証したほうがいいかもしれない。

<戦国BASARA>
 今期、「歴女」とかいう言葉を、世間に認知させた作品だ。面白いかと問われれば、これは問答無用に面白かった。日本史を知っていようが知るまいが、見る物を、その土俵に無理矢理引き込むような大胆な演出は、見ていて爽快感がある。同じ戦記物である「蒼天航路」が、放送期間の短さにあえぐようにして、原作の演出のエッセンスを切り落としているのに対して、「魅せる」事に徹した画面作りは、賞賛に値する。これだけ突き抜けてくれれば、あっぱれだ。

<宇宙をかける少女>
 サンライズ萌えアニメであり、現在なお「伏線未回収」として土壇場でファンから見限られた作品のようだ。確かに回収しているように思えないし、エヴァの話で、なんでも疑問が解決すればいいってもんじゃないと言っていたのが恥ずかしいのだが、この未回収っぷりはひどすぎないか? ナミの処遇すら曖昧だったし。アレイダの位置がまた適当きわまりない。福山潤の演技に楽しさは感じるが、例によってなにも持たない主人公の秋葉が、なーんにも考えていない。それで許される状況でも無かったはずだが、あの無能っぷりもたいしたもんだ。結局自立して自分の行動が、周りにどう影響を及ぼす可能性があるのかを、全く考えないまま行動しているのは、まったく説得力もないし、彼女の魅力ですらない。たとえ16歳だろうが、自分の行動に対する責任は持つべきだろうし、そうでないと話が破綻しまくるのは、これを見れば理解できる。いずれDVDで検証しながら再度鑑賞して、1個1個検証してみたい。少なくても地球の話や野球の話、あれはいらなかったんじゃなかろうか?

<川の光>
 NHKの夜に放映されたスペシャルアニメ。父と息子二人のネズミの親子が、開発により住処を追われたので、新しい住処を探して、川を下り旅する話。ねず父が山寺宏一さんがやったり、心優しいドブネズミを大塚明夫さんがやって、猫のお姉さんを田中敦子さんがやると、まるでトグサがバトーと少佐に守られながら旅してるみたい・・・・なわけないだろう。
 「モーレツおとな帝国」の原恵一のお弟子さんが監督を担当している。ここらあたり、ハートフルな動物ドラマが展開されることに、異論をはさむ余地がない。今回声優の演技については、うまいことこの上ないのだが、それ以上に背景のすばらしさに目を奪われる。当然CGによる加工はあるのだろうが、現在もなお手書きで作られる背景画は、風景画としても鑑賞可能なほどの完成度の高さである。またOPの川の水面の表現が素晴らしい。技術的な裏打ちがあり、演出も最高レベル。しかも心安らぐファミリーアニメである。一見の価値ありの作品である。

<総論>
 見始めは十数本を視聴してましたが、途中で見るの諦めちゃったものが圧倒的に多かった。ちょいちょいケーブルでやっているのを見たりして、補完しながらの3ヶ月。まだ今期スタートした物で、まだ放映中の物があるので、続きは10月頭でしょうね。
 それにしても「けいおん!」同様、女の子が主人公で、他のキャラクターも女の子ばかりって作品が、圧倒的に増えてきている気がする。今期放映開始した「青い花」なんてのは、まさに「百合」物であるし、この傾向は今に始まったことじゃなく、すでに「萌えアニメ」が進行してきている流れの中では、当たり前の現象かも知れないが、そういう男性的なアニメがみたいなら、という棲み分けが進むといいなと思っている。「リストランテ・パラディーゾ」なんかは、棲み分けの最右翼だと思うし、夕方の放送枠での「銀魂」や「ナルト」があるから、深夜はいいのかっていう話もあると思う。
 ロボット物が少ないのは、すでに手の施しようがない。「真マジンガー」が一人気を吐いている感じだけど、いいかげん「電童」みたいな感じのロボット物出しておかないと、日本のお家芸が継続されていかない感じもしていて、危機感を感じている。
 ひとがやって出来る話ならドラマでやってもいいわけで、アニメならではの表現が出来る話がみたいと思うのだが。
スポンサーサイト

テーマ : アニメーションの評論・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺☆早田ひな

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->