2011年7月期アニメ青田買い~今期は楽しみです!~

 個人的には今期スタートのアニメは十分に豊作なのではないだろうか?
 とはいえ、筆者が見ている作品など、全体の半分にも満たない数。しかもその選択はあまりに偏っているといえる。それを承知で「豊作」であると主張する事情については、以下で述べる7作品+αで説明してみたい。まあ大したことは語れませんが、楽しみな作品群であることは確かです。なお以下で取り上げる作品は以下の通り。それ以外の作品は、今回は扱いません。もしかしたらいずれ作品数が増えるかもしれませんけれど。なおこのほか「夏目友人帳 参」を見ておりますが、すでに第3シリーズですので、取り立てて述べることもないかと思い、省きます。それ以外に前期からの続きで「TIGER&BUNNY」や「日常」「へうげもの」「シュタインズゲート」、そして再放送の「WORKING」もあるしで、わーい、見るモノいっぱいだ~!

「ゆるゆり」
「神様ドォルズ」
「アイドルマスター」
「神様のメモ帳」
「BLOOD-C」
「輪るピングドラム」
「セイクリッドセブン」
「ウルトラマン列伝」

「ゆるゆり」
 今期呑気に見ていることができる作品。いやもう、な~んにも考えないで見ようかと思っている。「ゆるゆり」とはよくいったもんで、中学に上がった女の子同士がゆる~くつながっている感じ。基本的には放課後アニメで、実質的に活動していない部活アニメである。お話もないし、キャラクターも成長しないだろう。時間の流れもあるようでなくって。前期の「Aチャンネル」にものすごく満足してしまった自分を発見した。この流れは「けいおん!」からの流れかもしれないが、筆者自身は「あずまんが大王」という作品の呑気さと気楽さが忘れられない。結局、「ヤマト」「ガンダム」「エヴァンゲリオン」という頭を使うことを余儀なくされるアニメを嗜好していた影響か、頭を使わないことの快感を思い出させてくれたのだ。
ただし「ゆるゆり」にそれを求めていいものかどうかは、見続けるしかない。実は「百合」という人間関係には、かねてより興味がある。「ささめきこと」「青い花」など、百合っぽい表現がなされている作品がある一方、「マリア様が見てる」などのより純粋に女性同士の人間関係に着目した作品は、枚挙にいとまがない。そも「ゆるゆり」だって、日本初の「百合」4コマ雑誌に掲載されているという。ところが本作を見ている限りでは、「けいおん」「ゆるゆり」ラインと「青い花」「ささめきこと」ラインは、私の中でどうにもつながってこない。「百合」っていったいなんなんだろう?

「神様ドォルズ」
 地方の村に残る古い因習、それにまつわるキャラクター化された「神」と呼ばれる存在と、巫女となっている少女、そして少年がその村を出たことで始まる凄惨な事件の数々。ぞくっとするような物語ににつかわしくない少女や神のキャラクター。1話だけ見ているとギャグにもシリアスにも振れそうな感じは、見るものを不安にさせていく。その不安の行く先を確かめたくて、次回を楽しみにしてしまう。
筆者の抱いた感想は、この程度である。だが主題歌が石川千晶ってあたりとこの不安をあおる内容を考えると、どうしても「ぼくらの」を思い起こしてしまう。どうやら鬱エンドは覚悟しておかなければならなさそうだ。とはいえ、5分おきに変化する陽と陰の雰囲気の変化は、鬱々としそうな物語に華を添えてくれそうだ。今後の物語が原作漫画通りに進むかどうかはとりあえず置いておく。

「アイドルマスター」
 1話での全員総ざらいは、まるでAKBっぽい感じがした。導入として非常に良いが、完成度はけっして高くはないだろう。だがこの13人がどうこれから動いていくのか、実に楽しみな作品ではある。歌やダンスのシーンには、ことさら気合いを入れて作られそうで、作画的な発見もありそうだし。
 「アイドル」は筆者にとって好ましいネタである。これまで私たちが目にしたアイドルは、そこにいて輝く必然があった。歌謡史やアイドル史、芸能界史、日本映画史などの背景の中で、「アイドル」の果たした役割もその意味も歴史も、私には興味深い。何より時代が要求したアイドルの存在は、同時に時代から必ず否定される存在でもある。その存在のはかなさもまた、「アイドル」の必須要因とすれば、その栄枯盛衰は研究に値すると思っている。
 「アイドル」という素材、しかもトップアイドルを夢見る少女たちのサクセスストーリーとなればよいのだが、単に某大喜利番組の名物キャラ・下積長子みたいなしんどい話なら、視聴を中止しかねない感じはある。だがそういうしんどい話にこそ「アイドル」の意味や意義、本人たちの夢のありかや夢をかなえるためになさねばならない事などにきちんと着目できる作りであるなら、それはゲームすら越えていくのかもしれない。願わくば、ゲームのアイマスファンにとって好ましい作品でありますようにっと。

「神様のメモ帳」
 前期に終了した「GOSICK」もそうだが、基本的にディテクティブストーリーとかミステリーが、筆者は好きである。したがって本作も期待はしているのだが、なんとも不安な出だしの1時間SPであった。とりあえず1話で顔見世興行的に1事件を解決してみせたのはいいとしても、事件の重要人物がすでに死んでおり、主人公たちの捜査の徒労感たるや、実に絶望しか感じられない。この構成は果たして正しいのか?
 女子高校生の心の闇、自殺、援交、美人局、などをネタに事件を構築するあたりはいいとして、少女探偵アリスがどうしても「GOSICK」のヴィクトリカにしか見えないのはいかがなものか? しかもヴィクトリカが自身の「知恵の泉」を使うのに対して、アリスはネットと数人の助手の働きがすべての情報源になっているあたり、どちらも犯罪現場にほぼ登場しない探偵という構図は、まったくもって同じである。
 「デュラララ」なんかもそうであるが、舞台を限定している点にも注目したい。本作では渋谷周辺のように見受けられるが、こうした現実の借景の中で現実に照らして作品を作る方向性というのは、やはりファンの「聖地巡礼」などを意識してのことだろうか。とはいえ新宿も渋谷も池袋も、ディープになればなるほど危険なので、筆者が人の親ならば、オタクな子供をそんな場所にやりたくはないなあ。

「BLOOD-C」
 「BLOOD THE LAST VAMPIER」「BLOOD+」に続く、アニメ「BLOOD」シリーズの3作目となる。2000年のアニメ界のトピックの中で、プロダクションIGおよび「BLOOD THE LAST VAMPIER」という作品は、筆者にとってはインパクトが強い。フルデジタルアニメーションとしての出来栄えの素晴らしさ、そして作品の背景が含むおぞましさと悲しさの同居は、「萌え」主体の産業にシフトしていた業界や、出来の悪い深夜アニメに辟易していた筆者に、「萌え」をパトロンにSFやロボットアニメを作ればいいのだと腹をくくらせた作品である。
筆者の中では今期一番気になっている作品がコレであるのだが、1話を見た限りでは、作画マンがこの「CLAMP」デザインのキャラクターを動かしづらそうにおっかなびっくり動かしている雰囲気が読み取れるあたりが、やや心配である。剣劇部分にまだあまり力が乗っておらず、アクションの見せどころもキレも芳しくない。耳に聞こえる水樹奈々の声は決して悪いものではなく、かわいらしさも凛々しさも十分に感じられるだけに、作画スタッフがキャラを書きこなす時間が来れば、きっと面白い映像が見られるという期待は十分にある。そのポテンシャルは高い。
 主人公の少女の戦闘時の覚醒は、瞳の色が変わる演出となっているのだが、これのきっかけがわかりにくい。ブラッドシリーズでは前作「~+」では露骨に「血」がトリガーになっていただけに、戦う意思以外のトリガーの演出をきちんと見てみたい。OPの演出に、地味に梅津さんがしており、やはりうまいなあと唸らせるのであるから、OPだけで終わらず、本編の作画ももうひと頑張りってところだと思われる。

「輪るピングドラム」
 今期の台風の目となりそうな作品。前期までの「STAR DRIVER輝きのタクト」と同じ位置づけかなと思ったのであるが、さすがに幾原邦彦監督作品は、視聴者おいてけぼり全開でやってくれている感じがすごい。
 本作を一見して何も感じないで傑作扱いする不感症な方は別とすれば、本作に込められているインモラルで背徳的で、それでいてめちゃくちゃセクシャリティな雰囲気は、実に「ウテナ」の劇場版「アドレッセンス黙示録」に等しい。しかも巧妙なほどに作画的に隠ぺいしているにも関わらず、どうしても匂いたってくるような背徳感とSEXの匂いは、隠せようもない。幾原監督はどうやら13年ぶりの新作だろうがなんだろうが、まったくお変わりないらしい。この幾原監督の持ち味を楽しいと見るか気持ち悪いと見るかで、本作の評価はほぼ2分されるだろう。だが1話で見せたギャグシーンのキレや、見ているこちらをあっといわせるテンポの速さ、そして徹底した記号論による映像表現の挑戦など、部分的にシャフト新房作品にあるシュールさの先祖がえりにも似た印象が付きまとう。
 そしてまた「死」と「生(性)」というキーワードを配置してあるあたり、なかなかに巧みで心憎い構成といえる。このキーワードから何かを考えたくなるのであるが、それがブラフである可能性も否定できない。特に「生存戦略」という単語の使いまわしには、要注意だと思っている。
 調べてみると「生存戦略」には2種類あり、その状況の中で消極的に選択する「リスク最小戦略」と、状況を打破するために積極的に外界に働きかける「利益最大戦略」の2つがあるという。劇中でこの2つの戦略がどのように表現されるか、また生物や植物に適応される「生存戦略」が、人間世界でどう適用されていくのか? 先述の「死と生(性)」を「生存戦略」としてとらえた場合の人間のエゴイズムをどのように物語として昇華させていくか、2000年代の幾原作品として要注目の作品であることは間違いない。

「セイクリッドセブン」
 ホンダモトコンポいいなあ・・・・・
 実は何の予備知識もなく見始めたのであるが、あの「コードギアス」の河口佳高氏プロデュースによるプロテクトヒーローもの(?)であった。キャラクター原案のいのまたむつみの目の大きい女性キャラクターに、「鋼鉄ジーグ」のハニワ幻人みたいなアシュ。それに立ち向かうナイトメアフレームのようなロボットが出てきて、主人公の少年が真っ赤なヒーロー(どうやらアシュで同種?)に変身して・・・・って、何書いてんだろ? とりあえずヒーローものっぽい作品になりそうな気配。
 ああ、なんかいいかも。音楽も派手でいいし、設定もまだよくわかんないけど、「石」とかなんかいいなあって。すでに黒いライバルキャラも出てくるしで、無条件でありです。楽しみにしております。ミニスカメイド、やりすぎですけどね。モトコンポ、ほしいなあ。

「ウルトラマン列伝」
 ウルトラ作品を素材に再編集作品を作るのであれば、その昔「ウルトラファイト」や「ミラーファイト」という珍品がある。短い時間の番組であれば、「M715」なんて作品は懐かしい。だが今回はウルトラマンゼロの解説付きではあるが、どうやら作品まるまる1本見せるようである。もっとも1話ではウルトラ兄弟の顔見世紹介であったが、その構成もさることながら、ウルトラ兄弟とティガ・ダイナ・ガイアの3人を完全に同列に扱っている。この時、「ウルトラマンゼロ THE MOVIE」にて示された「マルチバース」理論が役に立つ。本質的にウルトラ兄弟と平成ウルトラ3部作は別次元の話だし、あまりにも都合がいいかと思われそうだが、とりあえず一緒に並んでも問題はない。これをテレビでやったことそのものが「列伝」の最大の価値であり、これ以降はどのように怪獣を紹介するかがキモになるのだろう。そう、ウルトラマンではなくて人間やメカニックではなく、「怪獣」というところがミソ。
現在発売中のDVDマガジンも主体は「怪獣」である。問題はこれまでの怪獣押しの流れというのは、結局人気のある怪獣に集中してしまう。これは新規の怪獣にとってはまったく不利になる。これまでの怪獣紹介のシステムでは、平成以降に登場した怪獣には日の目が当たらない。とにかくあまり触れられない平成怪獣軍団に、どうにかして商品価値を発掘しないといけないのではないだろうか。
人気怪獣となる要因をあらためて考えてみると、

1)印象的なエピソード
2)他の怪獣と差別化されるキャラクター
3)デザインの良さ(シンプルさ、印象に残りやすいかなど)

上記を考えた時、一番割を食うのが、何者かに操られている場合や取りつかれている場合などか。怪獣自身がキャラクターを損なっている場合には、どうしても記憶に残りにくい。異次元人ヤプールに操られた超獣の大半や、カオスヘッダーやスフィアなどに取りつかれた怪獣などは、それ自身に活躍の理由が与えられない以上、どうしてもマイナス要因となる。また過去の怪獣を出したが故に新規怪獣が割をくったパターンも切ない。マックスやメビウスにはこれが重い。
 とりあえずウルトラ番組が追加になったこと自体はまことに喜ばしい。これが埋もれていた怪獣を掘り起こし、怪獣人気が再燃してくれるといいのだが。
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

No title

「BLOOD-C」しか観てません…見た目が良かったのと「古きもの」に惹かれまして。

あとBLOODは小説版の、肉食と宗教についての語りが気に入ってます。

沢城みゆきさんが主演の「ダンタリアンの書架」は観ましたか?

No title

うめさん

 「BLOOD」シリーズでは藤咲淳一や押井守の小説版も大好きです。
が、前回のTVシリーズはちゃんと見ていないので、そのうちレンタルで見てみようかと。
私は押井さんの、学生闘争時代の世界の話がかなり好きです。

 ダンタリアンは、別作品と時間がかぶっていて、見れてません。
ま、そのうち見てみるつもりですけど。沢城さんだし・・・

沢城さんだと~~!

今クールの沢城さんなら「うたの☆プリンスさま♪マジLOVE1000%」デショ!! 

タイトルなが!www

逆ハーレム状態で、ヒロインやってるらしいじゃないですか?

まだ見てないけど(笑)、沢城さんだから見るつもりでまだ消してない。

さて、私は視聴に耐えられるでしょうか?(笑)

No title

おか~さん

 沢城さんの堂々たる主役ぶりを拝見しました。

 たぶん、無理だと思います(笑)

 悪くないですし、かわいらしい沢城さんを聞きたいならオススメしておきますけど、
 「荒川UTB」のマリアとか「ローゼンメイデン」の真紅とかが気に入っている場合、
 このぶりっぶりの演技には、5分と耐えられないでしょう。
 だいたい、作品自体が女性向け。基本的に女性ファンに嫌われないための配役だと思うのですが。

 まあ、二重三重の意味でおじさんにはきっついと思われます。

 わたしももうすでに「ゆるゆり」切りたくなってきたし(笑)

No title

追記

 「ダンタリアンの書架」はいいですね。「神様のメモ帳」と時間が被っていたのでそちらを優先させましたが、「メモ帳」よりも私好みでした。幼女役の沢城みゆきは絶品でした。しかも近世ヨーロッパを舞台とする物語のもつ、一種異様なダークでファンタジーな雰囲気は、「ゴシック」や「二十面相の娘」などと同じ空気があり、いい感触です。

No title

ピングドラムには期待しています。

No title

名無し様

 私もピングドラムには期待しております。
 ただ、あまり難解なものを、これ見よがしに出されても、引いてしまいそうな気がします。幾原監督って、前衛芸術家っぽいところがあるので。
プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->