海賊戦隊ゴーカイジャー 28話「翼よ永遠に」~死して、なお・・・~

 ふさぎこんでいた筆者の気持ちを強引に引っ張り上げてくれたのは、やはり大好きな戦隊シリーズであった。先だってのハリケンジャーゲストの回も十分に熱い物語ではあったが、この28話はもうこちらのツホを押されまくりなのである。
 「鳥人戦隊ジェットマン」は1991年に放送された作品。お若い特撮ファンでも一度は聞いた事があるタイトルではないだろうか。筆者にとっては大学3年の時の作品であり、大学受験を契機に一度は離脱した特撮ファンの道に、再び私を引きもどした作品でもある。正規の人間ではない人物が変身し、異次元を侵略してきた謎の敵と戦うジェットマン。仲間内でいがみあい、互いに信じる愛によって惹かれあい傷つけあう若者たち。しかも敵の幹部まで巻き込んだ愛憎劇の果てに、若者たちが取り戻した自由と勝利の青い空の下、一人の男が命を散らして幕となったことで、この物語は90年代の伝説となった。

 その男、あの「ブラックコンドル・結城凱」が帰ってきたのである!


スーパー戦隊シリーズ 海賊戦隊ゴーカイジャー VOL.1【DVD】スーパー戦隊シリーズ 海賊戦隊ゴーカイジャー VOL.1【DVD】
(2011/07/21)
小澤亮太、山田裕貴 他

商品詳細を見る

 あの衝撃のラストを知っている人にとっては、まさかの復活である。
 物語はゴーカイレッド・マーベラスが、過去に戦った宇宙一の賞金稼ぎ・キアイドーと再び対戦するところからスタートする。キアイドーはかつてのマーベラスを圧倒し、自らに弱点となる傷をつけてマーベラスに狙わせることで、退屈しのぎをするほどの腕の持ち主。マーベラスは過去の対戦でキアイドーに見逃してもらった経験がトラウマとなっており、キアイドーを前にしてやや腰が引けているのである。そのため6人で戦っても押しきれず、ゴーカイジャーは一敗地にまみれる。しかも再びキアイドーは6人を見逃すことによって、賞金の金額を跳ね上げることを画策していたのである。

 船にたどり着いたマーベラスたちは、偶然もたらされた「お宝ナビゲート」によって、キアイドーを倒す秘策を得るためにジェットマンの大いなる力を探し始める。だが探し始めた6人が見たのは、現在も一般人として生活しているはずのシジェットマンメンバーの中で唯一行方が分からなくなっていたブラックコンドル・結城凱の姿であった。凱はモバイレーツを奪い、マーベラスを挑発して戦う。だが凱はマーベラスを認めようとせず、ジェットマンの大いなる力はやれないとうそぶく。奪われたモバイレーツを取り返すためにマーベラス達が赴いた場所は、凱の亡きがらが眠る墓と、かつての仲間の絆の強さであった。そして死してなお、キアイドーと戦い続ける凱の本心を知ったマーベラスは、仲間との絆そしてスーパー戦隊の大いなる力の意味を知り、ジェットマンの大いなる力を使って5人でキアイドーを打ち破る。戦いの後、その役目を終えた凱は、かつてのようにベンチに座り、静かに旅立っていったのである。大いなる力をゴーカイジャーに託して。

 かつての戦隊OBが登場し、懐かしい顔を見せてくれるだけでも長年のファンにとってはうれしいのに、かつてと同じ役をもう一度演じてゴーカイジャーを導くというのが、ゴーカイジャーの面白さの50~70%だと思うのだが、今回の話に関しては、多くの方がネット上で語っていたように、すでに20年も前の「鳥人戦隊ジェットマン」という作品の最終回を描いていると言える。しかもそれが生きているメンバーによって語られるのではなく、あの衝撃の最終回で死んだはずの男によって語られ、しかもその男の熱き友情と絆の強さゆえに、死してなお行動によってそれを証明する男・結城凱の物語として完結しているのである。しかもちゃんとゴーカイジャーの5人に譲るところは譲っており、実にオイシイのである。おまけに凱の願いは、生きている仲間たちを再び戦列に加えないためというのが、なんとも泣けてくる。筆者は凱の登場シーンの「らしさ」からすでに涙腺が緩み、マーベラス達とのからみを見てにんまりと頬が緩み、凱の想いを感じては画面が見えなくなるほど、音が聞こえなくなるほど声を上げて泣いた。これ以上ない程の号泣である。きっとショコタンも泣いてるに違いない。

 この筆者の号泣を演出した背景には、凱というキャラクターに対する真摯な態度の俳優・若松秀俊氏と、かつてのジェットマンのメインライターであった井上敏樹氏の情熱のたまものであると信じている。あの世でも通う「Bar GOLDEN GATE」、凱の愛した酒「マッカラン」、そしてサックス、女性を相手の声のかけ方から、「男に触られるのは~」という台詞に至るまで、その再現度が実にすばらしい。現世での黒い衣装はブッラックコンドルの証であり、あの世での衣装は白一色という明確なコントラストも素的であった。

 留意したいのはすでに死んでいるメンバー(ドラゴンレンジャー、アバレキラー、タイムファイヤー)によって誕生したゴーカイシルバー・鎧には凱が見えないというシーンである。筆者はゴーカイシルバーの誕生には、「死者の蘇生」という必須条件があると見ているし、多くの方が気付いていることだろう。鎧がメンバー唯一の地球人であることも、他の5人が地球外の人間であることを考えれば、地球人の鎧が5人と一緒に宇宙に帰っていくわけもない。さてここが問題になるのだが、鎧の誕生になぜ凱が加わっていないのか? それは凱の死が、悪との戦いの中で死んだわけじゃないからではないかと踏んでいる。前述の3人にしたところで、戦いの中で失われた命ではなく、あらかじめ想定されていた死であった部分がある。彼らが宿命的に死んでいったことを考慮すれば、凱の死はあまりにもアクシデンタルな出来事だった可能性がある。あの衝撃のラストにはそんなにも重たい意味が隠されていたのか。そう思えば思うほど、今回のゴーカイジャーにおける凱の活躍が、あまりにも切なく思えてくる。また泣けてくる理由が増えただけであるが(泣)。

 今後のゴーカイジャーに誰が出演するかは発表されていない。出られる人はほとんど出たのかしら? 現在DVDでリリース中の「地球戦隊ファイブマン」なんてのも隠し玉かもしれない。まだまだ戦隊ファンを楽しませ、泣かせてくれるゴーカイジャーの勢いは止まらない。中盤を折り返して、まだまだこれからも楽しみな事である。
スポンサーサイト

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

コメント

非公開コメント

No title

こんばんわです、
多少なりともまにまにさんがお元気になられたようで何よりです。

「翼よ永遠に」は、凱が当時のまんま帰ってきた事も去ることながら、
自分が気になったのは「宇宙の賞金稼ぎキアイドー」のキャラクターについて、
「心を満たしてくれるのは、金と闘いだ」という非常に刹那的に生きるこのキャラって『もしかして凱のキャラと対比的になってるんじゃないかな?』という事です。
ブラックコンドル・結城凱も趣味は「酒・煙草・女」と、非常に刹那的であったのに、キアイドーと違って心が満たされている風なのは、それはやはり、かつての仲間の存在が大きかったのではないかと、
・・・ちょっとありきたりだけど、30分の時間の中で「敵・味方・ゲスト」それぞれにちゃんとドラマを入れる事が出来るのは凄いと思いました。

・・・しかし、やっぱり凱死んじゃってたんですね、
レジェンド大戦の時ブラックコンドル居たから、てっきりあの最終回の後助かってるもんだと思ってました、
今回の話見る限りかつてのジェットマンは全員引退したようですから、レジェンド大戦に居たジェットマンはきっと「ネオ・ジェットマン」だったんですね(^^;)

なにはともあれ、これからもゴーカイジャーには色んな人達に「勇気、元気」を届ける活躍をして欲しいと思います。
頑張れゴーカイジャー、
あと、まにまにさんも。

No title

レバニラさま

 コメントありがとうございます。
 あらためてこうした読者さまのおかげで、ブログが続けられるのだなと感じております。

 レバニラさんご指摘のキアイドーと凱との対比は思いつきませんでした。なにせ凱の登場シーンで何度泣かされたことか。何回見なおしても同じところで泣けてきますwww

杉田さんの演技もさることながら、キアイドーのバトルマニアっぷりは堂々としたものであり、それだけになぜその方向に狂っちゃったのか? できればもう少し話数をかけて物語を作りこみたいところではあります。もっともそのあっさりした感じもまた東映の味でしょうけどね。
プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->