2011年10月期スタートアニメ青田買い

今期も新作アニメがはじまりましたね! それだけで楽しくなりますが、たまっている録画のことは考えない事にします(笑)。本当は「最終回特集」をやるほうが先なんでしょうけど、「青田買い」のほうが先に書きあがっちゃったので(笑)。今期見始めた作品は以下の通り。

「ちはやふる」
「マケン姫っ!」
「僕は友達が少ない」
「WORKING!!」
「真剣で私に恋しなさい」
「ファイ・ブレイン~神のパズル~」
「境界線上のホライゾン」
「侵略!?イカ娘」
「機動戦士ガンダムAGE」
「ベン・トー」
「UN-GO」
「ギルティクラウン」

とりあえず以上12作品に「HUNTER×HUNTER」と。今期はややオリジナルアニメも多い模様。どこまで付き合えるかははなはだ疑問ですが。とりあえず今回も気楽に見始めてみましょうか!

<マケン姫っ!、真剣で私に恋しなさい>
 なんだろ、この2作品の既視感(笑)。女性キャラが大勢出てきてハーレム状態。しかも女性キャラが等しく格闘や武芸に秀でており、メインの男性キャラはまったくの格闘シロウト。もうねえ、笑っちゃうほどいっしょじゃないの。
 「真剣で」のほうは1話からメインとなる女性キャラ全部出しで、学園2クラスによる一大合戦絵巻を見せてくれる。主人公の男性は軍師扱いだが、最後の最後でいいところをもっていくのもいいけれど、何よりアクションシーンの力の乗り方も気持ちがいいし、敵の一舞台を逃走ルートを想定して潰していく過程なんか、まるで三国志っぽいあたり、好きな人ならニヤっとしてしまうかもしれない。
 「マケン姫っ!」のほうは、どっちかっていえば「百花繚乱サムライガールズ」「フリージング」「一騎当千」「恋姫無双」っぽい感じ。このあたりバトルハーレムものとでも言えばいいのか知らないけれど、この手合はすでにやり尽くしたジャンルなのかもしれないなあ。それでもわかりやすい深夜アニメ的な健康的エロ枠という意味では必要なのよね。だって、つい見ちゃうし。
 個人的に気になるのは「マケン姫」ではあまり名前を存じ上げない女性声優さんが多くクレジットされていまして、さらに新人声優さんの登用もあるのかな。

<僕は友達が少ない>
 今期はどうやらラノベ原作のアニメが完全に花盛りの状況で、正直申し上げて食傷気味ではある。本作もこの列を外れるものではないにしろ、出だしが完全に「涼宮ハルヒ」なのにはおそれいった。よくもまあこんな出だしで続いているもんだと、感心する。
 この作品、私なぞに言わせてもらえるならば、友達を求めて「隣人部」などを作る以前に、そこに人が集まり会話がはずめば、それでもう友達なんじゃないの?と思うのだけど、どうなんだろ? 筆者も別に友達が多い方ではないし、エア友達つくる程ではないにしろ、そんなに友達が欲しいと思っていた方ではなく、むしろ一人でいたいほうで。どちらかといえば筆者は「人間強度が下がる」とかいっちゃう阿良々木くんに近いかもしれない。なんにせよ「友達を作る」ということをフランクに考えている人にとっては、ちゃんちゃらおかしな話だろうが、「友達を作る」ことに悩む人にとっては、それを客観的に眺める結果になる作品じゃないだろうか。少なくても「自分にとっての友達」という概念や範囲について、それなりに答えが出る作品になるのだろうか? なんかうっとうしいかなあ。いやまあ、そんなに真剣に見る作品でもないですけどね。

<WORKING’!!>
 前作から1年以上のインターバルを経ての第2期。実は筆者の好きなタイプのアニメで、基本的にファミレス「ワグナリア」を舞台にしたシチュエーションコメディであり、そこから分岐するフラグにしたがって各個のキャラクターにシフトしてシチュエーションを広げていく感じ。筆者が本作を大好きな理由は、多くのキャラクターとそれぞれの関係性事態がコメディのネタとなっており、登場人物の関係性さえ押さえれば、どこから見てもいいというフレシキブルさ。そして微妙に変化する関係性の機微が心地よいのだと思えます。
 今回のお楽しみは、前回シリーズでは登場していないキャラクターが増えていくことか。原作漫画も最近になって10巻が発売され、いよいよカップリングが進化するかと思いきや、まーったく深まっておらず、行ったり来たりして進展具合が地味なあたり、もうかえって気持ちがいいぐらい(笑)。女の子ばかりではなく、きちんと男性キャラも等しく描かれており、そのあたりの気の使い具合も安心感があります。やはりキャラクターの男女比って大事ですよね。かえって女性ばかりだと絵空事感があまりに強すぎまして、その点で前期の「ゆるゆり」なんて入れ込めなかった要因な気がします。逆に「けいおん!」や「ひだまりスケッチ」などがわかりやすい学生時代の縮小再生産であることがヒットの要因だとすれば、比較として本作のおもしろさの本質が「キャラクター世界のバランス」に見えてくる気もします。

<ファイ・ブレイン~神のパズル~>
 サンライズとNHKが送る地上波デジタル放送時代のアニメがスタートした!
 筆者がこの作品のコピーを作るとすれば上記のようになるだろうか。デジタル放送らしく、双方向でのやり取りによりパズルを解いていく展開は、どこか「金田一少年の事件簿」や「コナン」、あるいは「遊戯王」や「デュエルマスターズ」的な作品群と酷似しているようでいて、なんだかちょっと新しい。面白いのは「パズル」という限定のし方でありながら、「パズル」という素材のなんと多彩な事よ。そんなものを主人公が解いていくだけで物語が成立するのかとお考えの方がいるとしたら、前述の作品を思い出してほしい。他人がカードゲームに興じている姿をアニメで見て楽しめるのであるから、「パズル」でできないはずがない。しかもトレーディングカードゲームよりも敷居の低いパズルであれば、物語や作品設定があまり気にならずに見ることもできる。こんなところに意外な素材があるものだと、あらためて感心する。しかもNHKらしくパズルに関係する豆知識まで教えてくれるミニコーナーまである。このミニコーナーは、実のところ発注時の作品時間は民放と変わらないため、その余剰時間を埋めるものではあるけれど。番組冒頭にはデータ放送による番組参加や、ミニコーナーのネット上での答え合わせなど、広がる展開が楽しめる作品になっており、アニメ自体よりもこうした展開に重点を置いた作り。
 正直言ってこうしたデジタル方向の展開には、限界はないのだろうか? スマートフォンの売り上げや地デジの展開で、デジタルの方向性は間違いではないんだろうけど、“猫も杓子も”な感じは、筆者のような40代にとってはなんだかついていけないような気がしてくる。でもそろそろ欲しいなあ、スマートフォン。

<境界線上のホライゾン>
 1話の最後に来てやっと世界観の説明があったのだが、1回ぐらい説明されても、一発で理解しきれない設定の数々や背景は、これ以降理解していけるんだろうか? 少々不安な40代である(笑)。
 実はこれも大勢のキャラクターによる必殺技の応酬で1話を見せ切ってしまったあたり、先の「マケン姫」や「真剣で~」となんら変わらない。ところが前述の複雑そうな世界設定と、実に呑気な主人公の少年のエロゲヲタ具合に、これから付き合っていけそうな予感が付きまとう。しかも男女含めて声優さんが無駄に豪華である。それだけでも耳得かもしれない。
それぞれの技の出し方やその過程に気を配って演出されているが、今後は簡略になるんだろうと思えば、見せどころだろから1話から要注目である。異形のものたちを含めて、さまざまな力の発現の仕方があるというだけで、一つ一つ興味深い。「Is」のように様々な技術がありながら、それらがすべからく統一の規格フォーマットに従って作られているという「工業技術」的な楽しみ方の反対に、魔道や魔術、科学や宗教など、様々な力の理由が混在しているというのは、それはそれで面白いと思える。ま、キャラ覚えるだけで1クールはかかりそう。
 しかし茅原実里の主題歌は、こんな感じばっかのような。「喰霊0」の主題歌がすでに懐かしい。

<侵略!?イカ娘>
 こちらもずいぶん待たされた第2期シリーズ。実に安定感のある上質でわかりやすいコメディ。しかも前シリーズとは打って変わって、ずいぶんなプロモーションの違い。あまりにも様々な商品展開で押しまくりのCMを見ていると、本当にヒットしたんだなあと感慨にふけってしまいます。現時点で2話まで見終わりましたが、いやもう実に気持ち良くイカちゃんがコケにされております。しかもCMに登場するミニイカ娘の登場により、あのリリカルなミニイカの再登場も期待できるかもしれません。原作を追っていないので、新キャラの登場はわかりませんが、今期の新たな展開次第では、「ケロロ軍曹」の後を継ぐ存在となるやもしれません。ってか、いっそ夕方やろうよ、イカ娘。

<ちはやふる>
 今期一番の期待作といっていいでしょう。基本的には「君に届け」と同じ日本テレビ系列の少女マンガアニメ化作品となります。制作スタジオがマッドハウス、しかも監督が「カードキャプターさくら」や「ガンスリンガーガール」の浅香守生さんですわ。1話を見ると最初はいきなり高校生の千早から始まるので、不安にかられましたが、すぐに小学生時代に移行し、千早含めて3人のキャラクターの過去のエピソードになるや、いきなり演出が爆発します。特に新と千早のはじめてのかるた勝負のシーンの緊張感たるや、実に息詰まる攻防と言っていい演出。こうなるとこれからの団体かるた戦の演出のレベルの高さが想像でき、どう考えても駄作になりようがないのではと思わせる素晴らしい出来。そしてそれを支える18歳の主役女性声優の演技は、十分賞賛に値すると思います。EDの歌唱も担当しており、瑞々しい彼女の澄み切った声が、せつなく響いてきます。いやもう1話でこれだけ期待させてくれる作品が漫画原作つきではありますが、オリジナル作品と同じぐらい楽しめそうです。ってか、あいかわらず日テレのアナ、いらんのだけど(笑)。

<機動戦士ガンダムAGE>
 何をもって「ガンダム」か?という話は置いておこう。すでに繰り返された疑問でありながら、その問いに対して常に「答え」としてのガンダム作品を送り出してきたサンライズは、改めてこういう答えを出してきた。
 結論としてロボットアニメをいわゆる「スーパーロボット」の世界から引きはがし、「リアルロボット」という新たな地平に飛び立たせた「機動戦士ガンダム」は、一時的にせよ「スーパーロボット」をアニメの世界から駆逐した。だがそれゆえに本来のロボットアニメの視聴ターゲットである低年齢層のロボットアニメ離れを引き起こし、ひいてはおもちゃ業界はアニメから撤退。それは「アニメ」という文化ジャンルが熟成するにあたり、どうしても避けて通る事が出来ない道だったと思うが、現在の業界のパトロンが出版社とパチンコ屋だらけになってしまった遠因だともいえる。その根源となった「ガンダム」というブランドが、あえて低年齢の視聴者を意識したロボットアニメを送りだしてきた。そこに展開されるのは運命や偶然に戦争に巻き込まれた少年の物語ではなく、自分の明確な意志で敵と戦う少年の物語として始まった。そして4足→2足への変形をする敵ロボットの正体が不明であるという2点において、間違いなく「スーパーロボット」寄りの作品として意識的に送り出されたように思う。それはガンダムの意趣返しではなく、むしろ回帰と呼ぶべきものだろう。ガンダムとしての原点回帰ではなく、ロボットアニメとしての原点回帰。その答えが本作にはあると思う。間違いなく要チェックの1本と思える。

<ベン・トー>
 とある高校近くにあるスーパーマーケットで日々展開される半額弁当の争奪戦。それは激しい格闘技の世界だった! 知らず知らずのうちに巻き込まれている主人公の少年は、そこで「氷結の魔女」と呼ばれる一人の少女と出会う、という物語。
 ラノベ原作らしい荒唐無稽さの中途半端さが目立つ割に、気持ちよく格闘シーンとエロシーンに酔えるタイプの作品か。こうした他愛のない事に血道を上げる高校生の青春的な話は、現在のラノベではごく当たり前の作品群であるし、「学校の階段」とかまさにこれと同じ印象がある。
 気になるのは、登場するキャラクターがあまりにもテンプレートというか、ステレオタイプというか。ものすごーくわかりやすくなじみやすいキャラクターのデザインラインと配置は、何かこう・・・。今期は「日常」や「ゆるゆり」のようなコメディ枠が「WORKING’!!」しかないので、気楽に見てみようか

追記
 本作の監督である板垣伸氏による解説が、WEBアニメスタイルにて連載されています。ご参考まで
http://www.style.fm/as/05_column/itagaki/itagaki238.shtml


<UN-GO>
 坂口安吾原作の探偵小説を、時代背景を現代に置き換えてアニメ化したという作品。実に「ノイタミナ」的な実験枠の作品だと思うのだが、脚本に會川昇氏を迎えての1話は、実験作というよりもいかに坂口安吾の原作のテイストに迫れるかという試みにも見える。
 見ていると鋭角的でシャープなキャラクターデザインが特異に感じる気もするが、敗戦探偵・新十郎とその相棒・因果の謎ときと、実際に表ざたにされる事実を示す海勝麟六の対比の面白さは、現実に私たちが日常で知る事実がどこまで真実かを示しているようにも見える。因果の「たった一つだけ質問に強制的に答えさせる」という能力は、いささか反則くさいけど、犯罪としての事実よりもその犯罪に至る犯人の心情に寄った真相の露呈という物語は、2時間サスペンスの崖上のシーンと何ら変わりないものの、アニメとしてのインパクトがある
 劇中新十郎の言葉として何度か出てくる「堕落」という言葉は、坂口安吾の代表作「堕落論」にかけての台詞だろうが、坂口安吾の「堕落論」を読むと、ここでいう「堕落」の意味がちょっとおもしろい単語に見えてくる。またもラストや最後のなぞ解きを劇場版へ持ち越すあたり、やはりやり過ぎな感じが否めないが、乗れるタイミングで乗っておくべきだろう。

<ギルティクラウン>
 無政府状態になった日本において、人間から武器を取りだす事のできる能力を持った少年が、レジスタンスとして活動している人々と出会うことで、これまでとは異なる道を模索しはじめるという物語。プロダクションIGのオリジナル作品とのこと。本作では少女・いのりによる歌が印象的に使われており、原案や音楽を手掛ける「supercell」の感性が生きている1話を見せられると、これ以降の展開も期待してしまう。とはいえこれまでの日常からまるで異なる日々に没入する少年が見る世界の真の姿というような作品は、それこそ「未来少年コナン」以降、ありふれた設定かもしれない。それこそ「落ちもの」的なスタートだった「フラクタル」だって、これのテンプレートであったことを考えると、アニメファンとは、現実からの離脱願望がよほど強いのかもしれない。今ここにいる自分は本当の自分じゃないんだ!というような中二的妄想は、あらたまって見れば気恥かしさを感じてもいいのだろうけど、IGほどの会社でもこの手合を繰り出してくるあたり、これはもう定番であり王道であり、テーゼなのかもしれない。

<総論>
 各作品の制作スタジオを見ていると、話題作を送り出しているスタジオは、おおむね複数作品を送り出しており、スタジオ内での複数の仕事を抱えている状況。特にプロダクションIGとサンライズが今期は派手な動きで、今期から来期以降の動きも活発化しているようです。ここ数年でのびてきたスタジオがややなりを潜め、老舗のスタジオが幅を利かせている感じは、作品の質の安定感にもつながっている気もします。
 一方そうしたスタジオで監督やメインスタッフとして活躍してる人材については、とみに新しい人材が活躍しているようにも伺えます。今後の各作品の監督によるコメントが、種々のアニメ雑誌に載るでしょうが、彼らのインタビュー記事も雑誌をにぎわせてくれそうです。「UN-GO」のスタッフには女性スタッフが多く、作品作りにも多分に影響していることが伺えます。このあたりもここ数年促進してきた動きでしょう。
 声優の配置に関しえては、今期は主役どころに中堅よりもやや若手といった印象の方が多く見受けられます。徐々に中堅に育っていく過程にある作品の時期と言えるかもしれません。その一方で新人声優の起用にも積極的なようで、全体的にキャラクターが多い作品が目立っているようです。特に格闘バトル系ハーレムものの場合は、女性声優の起用、番組レギュラー枠の多さが目を引くし、ベテラン声優の重厚さで売るタイプの作品は少ない感じ。こういう時期こそ、期待できる大型新人が生まれる土壌となっているので、声優ファンのあなたなら、耳かっぽじって積極的に発掘してほしいところです。
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
01 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺@感動をありがとう福大大濠高校

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->