スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年7月期アニメ最終回

 とりあえずですねえ今期終了したものを、今回は印象論で語り倒していきたいと思います。なんというか、今期の作品は物語よりもビジュアルの印象が強かった気がします。それほど物語の印象が薄かったんですねえ。2クールものがあったおかげで、内容は濃かったのかもしれませんけど。以下に今回取り上げる作品を示します。

日常
セイクリッドセブン
ゆるゆり
シュタインズゲート
タイガー&バニー
ダンタリアンの書架
神様ドォルズ
BLOOD-C
ドラマ「荒川アンダーザブリッジ」

 なお上記の内、「シュタインズゲート」「タイガー&バニー」「神様ドォルズ」の3つに関しては別途の記事にて書きたいと思います。あまりにも今期は適当に見過ぎてまして、タイムラグが激しいのですよ。例によってそれぞれの作品に関する感想はあくまで私、波のまにまに☆の主観ですので、あまりお気になさいませんように。

<日常>
 以前より楽しませてもらっていた作品で、2クールがあっという間でした。2クール目に突入直後から、ロボット「なのちゃん」が高校に通いだしたあたりから、みお、ゆっこ、まいの3人の関係性にも若干の変化が生じてきます。特にみおとゆっこの盛大な口げんかは実に見ものであり、そうはいいながらもナチュラルに仲直りする流れや、1クール目から続くみおたちの無駄に走る姿、意外な展開を見せる「囲碁サッカー部」や先生たちの関係性など、長く見続ける人にとっては、些細すぎる変化こそが見どころになる展開が、2クールをまったく飽きさせることなく見せ切ってくれたと思います。個人的にはボケ倒し、自由すぎる「みおの姉」がツボでした。
 さて本作ではOPとEDの曲があまりにもインパクトが強かったと思います。OPではヒャダインの歌う実に愉快でテンポがよく、歌詞の内容は意外にもほのぼのとした2曲が、実におじさんの耳にも心地よかったです。いつのまにか口ずさんでいるのには、自分自身が一番びっくりでした。1クール目のEDはかわいらしい曲ではありましたが、2クール目になると中高校の合唱コンクールなどで歌われそうな合唱曲が主体になり、毎回EDが入れ替わるという念の入りよう。懐かしさに聞きながらつい口ずさんでしまう人もいたのではないでしょうか。

<ゆるゆり>
 “ゆる~い”百合でゆるゆり。ゆる~い百合ってどんなもんかと思って見てみたけど、これっていわゆる百合なんですかね? パステル調でハイトーンな色使いの世界で、少女たちのみで繰り広げられる学校生活と日常。主役とされる少女・あかりの空気感は異常なほどで、これなら歳納京子が主役でいいじゃないのと思うほど。実際、話題の中心にいるのは常に主役・あかりではなく金髪で清楚なイメージながら、性格のでたらめさが容姿を裏切る京子なのだ。
 印象からすれば、まん丸の目に丸まったアゴ、そして5頭身程度のかわいらしいキャラクターは手触りがよく触れやすい。ところがそこに展開されるエピソードは、少女が少女に萌えるシチュエーションをくり返し見せつけられるだけであり、その積み重ねこそがギャグやコメディを構成している作りとなっている。
 比較論となるが、「青い花」「マリア様が見てる」「ささめきこと」などに代表されるいわゆる百合っぽい作品にある「人のつながり方」という観点で眺めると、本作はあっけらかんとしたコメディ寄りに作ってある分だけ、百合っぽさがキツくキャラクターのつながり方はきわめて淡白な気がする。百合っぽさに必要なものが、近づいてもいいはずの関係なのに、そこにある感情が近づきがたくしているという少女同士の逆間接とでもいうべき逆転の関係性の妙味であるとすれば、ものすごく奇形化されているとはいえ、前述の作品よりも露骨に百合であるともいえるのではないでしょうか。

<ダンタリアンの書架>
 同じ時間枠の前作は「GOSICK」だったせいか、なんだか不思議な図書つながりが感じられました。最近原作を読み始めたのですが、本作の1話以降の物語がそうであるように、もともと連作短編として作られている作品であるため、原作は実に読みやすい作品です。一方のアニメの方も1話完結として作られているから、実に見やすい作品です。
 さて本作はあのガイナックスが制作した事でも話題になってはいましたが、実際に出来上がっている作品を見る限り、作画の主体として見どころであるべきアクションシーンに関しては、若干面白みに欠けるのではないかと思えるシーンが散見されました。作画枚数よりも構図に重きをおいた画面作りは評価に値しますが、それだけに作画の比重の置き方に疑問を感じた次第。ついついツンデレの沢城みゆきの演技や優男感たっぷりの小野大輔の演技に聞き入ってしまいがちであり、それだけにあまり悪い印象を感じない作品でしたが、前作と印象があまりかわらなかったせいか、アニメはやや残念な感じでした。とはいえ見やすさと短編連作ゆえの視聴しやすさを考慮すれば、十分及第点といっていいでしょう。作画もガイナックスらしいといえばらしいと言えるレベルだと思っています。
 もっとも残念だったのは、物語の中心となる「幻書」と呼ばれるものの効果の発現が、あまりにも多岐にわたる事。ほとんどの幻書の効果はどちらかといえば「魔道」に属する範疇の効果であり、持ち主が望んだ結果をもたらすことは間違いないものの、反対にその効果がもたらす他への影響は計り知れないというもの。その効果範囲や効果の発言の多様さが本作の持ち味ではありますが、もっとも腑に落ちないのはダリアンの許可を受けてヒューイが取り出す幻書の効果として、「読む」ことに起因していないシーンが統一されていなかったこと。見る側にとっては各物語のゲストによる「幻書」の活用方法とダリアンとヒューイの使い方との対比がしにくいため、「幻書」という物語の核となるものの存在感が希薄となり、そのぶんダリアンとヒューイを注視することになりました。まあ、それはそれでキャラクターものとして正しい姿かもしれませんけどね。

<BLOOD-C>
 最初は主人公の小夜のかわいらしさと対比される、血みどろの「古きもの」との戦いで12話を見せきることができるのかと思いきや、残り2話でのどんでん返しで、気持ちを持っていかれましたねえ。
 この作品の最大のブラフって、CLAMPによるデザインによって、不可思議な小夜の周辺事情に「?」と思いながらも納得させられそうになっていたところなんじゃないかと思うんですよ。表面的にはかつてのCLAMP作品「カードキャプターさくら」や「レイアース」などのように、きれいごとで塗り固められた一見気持ちのよさそうな世界の延長線上にあり、CLAMP作品として見るならば、その裏を想像すること必要がないことが、すべてを覆ってしまってそれ以上は見る者に思考停止を強制してしまう世界だと思うんです。それがすべて「うそ」となってしまった。しかも小夜の記憶ですら操作して、小夜自身の行動まで監視されていたというオチ。だれしもが喫茶ギモーヴのマスターの存在に違和感を感じながら、最後の2話ですべてを崩壊させてしまう手際、しかも残されたのは小夜自身の復讐の気持ちだけ。当初より物語のラストを劇場版でという種明かしも、本作のファンならば劇場にかけつけるに十分でしょう。
 しかしそれだけで12話を見せ切るにはネタ不足だったのか、1クールに明確な中だるみを感じさせたのは正直いただけなかったと感じます。とはいえラスト2話のインパクトはそれすらも凌駕するものだったと思います。

<ドラマ「荒川アンダーザブリッジ」>
 実写ドラマ化された漫画やアニメに、それなりに抵抗感がある方もいるのでしょうが、本作の最大の魅力は、キャスト陣が誰ひとりかけることなく、全員が自分の役にノリノリだってことでしょう。もともと短編連作ですから、どこから見てもいい作り。逆に言えば1話ごとのテンション次第で、視聴者の食い付きが変わるわけです。
 本作は特撮テイストの「仮面劇」の側面と、コントテイストの「会話劇」という側面があります。ドラマとして成立させる以上に30分のドラマの中で「仮面劇」と「会話劇」が両方成立させていることが、本作を特殊なドラマとして位置づけていると思われますが、ふたを開けてみれば上質なコメディドラマと言ってよい出来だったと思われます。キャラクターの背景についてはリク以外を極力描かず、それを第三者である村長(小栗旬名演!)の視点がドラマを総括させているのは、実に理解しやすい俯瞰の視点であり、荒川河川敷でごちゃごちゃやっているなあとしか感じられない人にとっては、ドラマへの導入しやすさがうまく表現できていると感じます。ホシ役の山田孝之やP子役の安倍なつみも実にいい味出していました。個人的にはビリーと鉄人兄弟、そして何より「桐谷美玲」という絶妙の美少女を得て、ニノが3次元に損座している不思議感は、この作品の至宝というべき存在でしょう。本作も最終エピソードは劇場版でという構成は、まあいまどきかなとは思いますが、それを心待ちにしているのもまた事実。

<セイクリッドセブン>
アニメで描く変身ヒーローをコンセプトとしたアニメ作品。かつては「破李拳ポリマー」や「逆転イッパツマン」などのタツノコプロ作品のお家芸的作品で、「鴉-karas-」なんて作品はその直系だろう。なんでも本作はサンライズの持っているコンテンツの中で「スクライド」のような変身ヒーローものを開拓することが目的の作品であったらしい。一方で「トワノクオン」なんて作品も出てきていることを考えれば、ちゃんと需要がある作品群なんだろうか。
 変身ヒーローは1970年代から特撮作品の範疇であるが、「エイトマン」を始祖とするアニメ作品にも根付いているジャンルなのだ。ところがこのジャンル、90年代に至り「美少女戦士セーラームーン」の登場を持って変身ヒロインにシフトした経緯がある。それこそサンライズ作品で言えば「舞Hime」や「舞乙Hime」なんて作品がそうだし、現在でも「プリキュア」シリーズが継続中であることを考えれば、主人公が男子から女子と「魔法少女」にシフトしてから、すでに20年はたつのである。
 そんな中で「セイクリッドセブン」が持つ王道的なヒーロー像や、「コードギアス」的な局所的な学園物のテイスト、いのまたむつみ絵のヒロイン、ボーイミーツガールの繊細なかわいらしさ、そしてセイクリッドの力の秘密と謎の組織の関係など、十分魅力的な作品だ。惜しむらくは12話という長さだろう。やはり当初予定通り2クールでお願いしたかった。アニメでこうしたヒーローアクションを描くことの利点は、実写では絶対にできないアクションを見せてくれることだろう。逆にセイクリッドの能力があまりに限定的であったりすれば興ざめとなるところだが、「気持ちよさ」を主軸に考えられた作品作りは、アクション面でも十分報われたといっていい。
 村おこし的なタイアップやコラボレーションも展開され、その点でも「タイバニ」同様成功した部類だろう。続編(別視点らしいけど)も決まっているので、今後の展開も楽しみな作品です。
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺@53.8

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->