「魔法少女まどか☆マギカ」~魔法少女のはじめとおわり~

 つい先頃、「魔法少女まどか☆マギカ」の劇場版製作が発表された。その人気のほどが伺える話だ。さて「まどか☆マギカ」という作品が、近年では珍しいほどのダークファンタジーな作品であった一方で、たった1クールの話数にもかかわらずこれほどまでに議論された作品も例がないのではないだろうか。関連書籍の多さもこれを証明している。
 いまさらながら筆者も「まどか☆マギカ」を見直した。初見での読後感から解放された今こそ、きちんと言葉にしてみたいと思いたったのだ。以前筆者がブログで示した「まどマギ」評は、あくまで魔法少女アニメのエッジであり、“ポスト魔法少女”に相当する作品であるという以上の感想がなかったが、その後関連書籍やネットでの言説の数々を見る限り、同様の論調のものが圧倒的多数であったし、多くの論者の語る「まどマギ」評に異を唱えるつもりはまったくない。むしろそういう面では「まどマギ」はちゃんと語られたし、そういう点では実に幸せな作品であったのではないだろうか。

<少女の存在感ゆえに>
 「魔法少女まどか☆マギカ」はTBS系列で2011年1月から4月にかけて放送された作品。と、いつもなら作品概要を書くところだが、今回は筆者の書きたい事を書きなぐりますので、ご了承ください。本作についてはこの夏に前後して、いくつもの雑誌で特集が組まれているし、単独で書籍が発刊されている。当然のことながらネット上でも活発な意見が見られた。筆者もできるだけ多くの書籍やネットの記事に触れているが、見た限り実に多くの議論がなされている。できれば皆さんにも多くの議論に触れてほしい。なお本記事はこれらの意見に反論するものではない。

 物語として見た場合、序盤から登場する魔法少女の存在は、これまで登場した魔法少女アニメのそれとなんら変わりがない。ところが肝心の「魔法少女」という存在の正体が暴かれていくにつれ、徐々にその残酷な世界の真実を露呈させていく。そしてだれしもが思い描くことができなかった魔法少女になったがゆえに追い詰められていく少女たちを目の当たりにし、彼女たちの感情や心の動きに心底同情する。これをもって見た人の多くが、本作を「魔法少女アニメ」として行きすぎとも思える過酷な少女たちの生きざまが、ジャンルとしての「魔法少女アニメ」の最先端に位置づけられる作品となった。そして結論として描かれたまどかが概念へと昇華したあとの世界におけるほむらの行動は、それまで多くの魔法少女たちが流した涙を、完全にではないけれどあがなうことができたかもしれない形で幕を下ろした。救済ともとれる結末は見た人の胸をなでおろしたが、それでも“ポスト魔法少女アニメ”という位置は変わらなかったのではないだろうか?

 主人公・鹿目まどかがキュゥべえに魔法少女になるように誘われる。だがそんな彼女の前に現れた先輩魔法少女・マミ、幼馴染の希望を取り戻そうとする友人・さやか、別の街からやってきた魔法使い・杏子、そして謎の転校生・ほむらなどの魔法少女たちの趨勢を見つめながら、必死に考え抜いた結果としてたった一つの願いをかなえるために、まどかは最終回でついに魔法少女となるのである。ざっくりと物語を俯瞰すればそんな物語となるが、彼女たち魔法少女に待ち受けていた運命はあまりにも過酷であり、その苛酷さはかつての「魔法少女アニメ」のジャンルの枠に収まりきらないものであった。彼女たちの運命の壮絶さ過酷さは、3.11後の日本ではあまりにも衝撃が大きかったのか、最終回を含むラスト3話の放送が4月にもつれ込んだことは記憶に新しいところである。

 魔法少女たちに過酷な運命を強いた張本人はキュゥべえと名乗る白くてかわいらしい謎のマスコット的な生物であったが、このキュゥべえの正体や彼らの司る「魔法少女システム」こそがこの作品の最大の問題だ。このキュゥべえたちインキュベーターの支配するシステムの目的とは、宇宙全体を維持するエネルギーを獲得するために、人間の少女が魔法少女として契約したり、魔法少女から魔女への変換時に発生する膨大なエネルギーを獲得することにある。この作品を見ていて本当に腹が立つのは、この「魔法少女システム」なのだ。こんなこといっちゃっては何だが、蒼樹うめデザインによるキャラクターは決して出来のいいデザインとはいいがたい。だがこの残酷にして壮絶な物語に華を添えるやわらかなデザインが、どうしても彼女たちを嫌いになれないでいる自分を発見する。こうなると彼女たちに最後まで生き延びてほしいと願いつつも、それを裏切られていくことになることもまた自覚してしまうのだ。それだけに彼女たちの命を差し出してまで、この宇宙を維持する必要性がどこにあるのかという自問自答さえ始めてしまう。

 物語の結果としてまどかは魔法少女システムの改変を願って魔法少女となり、ほむらの時間ループによってため込んだ膨大なエネルギーを使うことで、最強の魔女「ワルプルギスの夜」を消滅させてしまう。本作で語られる「ワルプルギスの夜」とは、過去に誕生した魔女の集合体であるという。過去から未来に至るすべての魔女の消滅を願ったまどかにより、この世界では魔女がいなくなってしまったために、魔女の集合体である「ワルプルギスの夜」は存在自体がないことになってしまう。
 「魔女」とはそもそもキュゥべえによって契約した人間の少女が、たった一つの願いをかなえる代償として魔法少女になるが、魔法少女の願いや祈りによって発生する「希望」が、現実に打ちのめされることで発生する「絶望」に相転移した結果生まれるものであり、その相転移の際に発生する膨大なエネルギーをキュゥべえが回収する。希望が大きい程絶望は大きく、相転移の際に発生するエネルギーもより大きくなるという。こうした設定を持って「魔法少女システム」を徹底したSFであると断じたのは作家・山本弘氏である。筆者が引っ掛かるのは、なぜ「魔法少女システム」は未成熟の少女をのみ対象としているのかだ。キュゥべえの説明によれば太古から地球の歴史に干渉してきたインキュベーターが目を付けた相手が、未成熟の少女だったということらしい。より効率的にエネルギーを回収することができるのが、未成熟の少女の一連の相転移だというのである。作品を俯瞰した時、希望と絶望の相転移は、老若男女で価値が異なるということだ。逆説で説明すれば、その無残さの度合いが大きいのが「未成熟な少女」だということになるのだが、本質的なことを言えば、人間の持つ希望と絶望の落差の価値に、老若男女で差なんてあるわけがない。おそらく「未成熟」という部分が問題なのではないか。未来に希望がある少年少女。ただそれだけで希望は未来に向かって膨れ上がっているはず。願いに希望を乗せた魔法少女には、そもそも未来に向かう希望が既に上乗せされているのではないか。またこの時期の少女特有の「思い込み」もこれを助長させている可能性もある。つまり見ている側にそう思わせる「未成熟な少女」の存在感こそ、この物語と「魔法少女システム」を成立させている理由だといえるのかもしれない。

<“ポスト”ではなく“プレ”>
 さてまどかがかなえた望みによって、過去から未来にいたるすべての魔女を排除した世界で、ほむらは魔法少女として戦っているラストとなっている。かつての「魔法少女システム」は改変され、ソウルジェムがけがれをため込んで黒く変色してグリーフシードとなっても魔女化することはない。劇中では魔女化してしまう魔法少女をまどかが消滅させてしまうという方法で魔女を消滅させることになっている。この新しい「魔法少女システム」には、希望→絶望という相転移によるエネルギー転換はおこなわれており、魔女だけが誕生しないシステムになっている。とすれば「→絶望」の部分が多くの人間の目に触れない形となれば、「希望」しか残らない。「希望」だけが残された世界。当然のことながらそもそもの世界では「希望」は「絶望」と等価値であり、希望があるところには絶望もまた存在していたはずだ。つまりまどかが概念となった世界は、その時点で「歪み」が生じていたのだ。その「歪み」は最終的に「魔獣」という形で世界に現れる。この世界の魔法少女はこの「魔獣」を狩ることになっている。だが本来魔法少女の「希望」に符合して現れる「魔獣」は希望と等価値の「絶望」だから、世界のバランスを欠くことになる。つまりこの世界の「魔法少女」とは、「希望」の象徴でありながら世界のバランスを一方的に崩す存在となる。

 魔獣の群れに敢然と立ち向かうほむらの翼が「黒く」なっている理由。それはこの世界の「魔法少女」の存在そのものが世界の矛盾を一手に引き受けているからだ。そしてネット上に公表されている「魔獣」の設定画に、“ほむらの存在が悪に見えるように”と但し書きされているのは、このためだろう。だがほむらの表情は決して暗いものではない。むしろやや微笑んでいるようにも見える。ほむらがこれまでしてきたことを思えば、魔女となる前に消滅することは、不本意なはずだ。だがこの世界で大切な友達であったまどかに会える唯一の方法、それはソウルジェムにけがれをため込んで魔女化する直前に現れる概念としてのまどかに会う方法だけなのだ。この世界の魔法少女のかたわらに必ず存在する“概念のまどか”ではあるが、その実在を感じることができるのはこの瞬間だけなのだ。だがこの瞬間は自分自身がこの世界から消滅する瞬間ですらある。ほむらが世界の歪みを一身に受けながら魔獣との戦いに身を投じているにも関わらず彼女がほほ笑むのは、まどかに出会う為だろう。

 かつての「魔法少女アニメ」には、ある種の背徳感が存在する。それは「魔法」という理屈のない能力に由来すると思われる。「魔法」という力はどうやらそもそも“ズルい”のだ。魔法のズルさと本来の人間世界とは異なる理(ことわり)の世界から来た異人種であることなど、魔法少女には一般人に対して秘密にしなければいけないことが多い。これらすべてが「魔法少女」に背徳感を付加することになる。
「まどか☆マギカ」が物語の最後で「希望」のみが残る世界で、世界の「歪み」という背徳感を身にまとう「魔法少女」がいる世界というのは、そもそも「魔法少女アニメ」の原初の設定に等しいのではないか。「まどか☆マギカ」というアニメの最終形態は、実は「魔法少女アニメ」の原初の設定に等しく、単純化された「希望」のみが残された設定は、それこそ「魔法使いサリー」や「秘密のアッコちゃん」にある、魔法に希望が託された設定と等しい。とするならば、「まどか☆マギカ」という作品は、「ポスト魔法少女アニメ」と言われていたが、実は「プレ魔法少女アニメ」でもあったのではないだろうか? その証拠にあの憎き無表情であったキュゥべえは、表情豊かにほむらに話しかけている。この様子は魔法少女のかたわらでかわいらしく道化を演じて見せるマスコットキャラクターとなんらかわりがないではないか。

 「けいおん!」などに見られる日常系アニメでは、主人公たちのわずかな成長を手掛かりに時間が進み、物語が紡がれるものだと思っていた。だが「日常系」、とりわけ放課後部活アニメの分野では、むしろ主人公たちは成長を拒否しているか無視しているが、時間の流れは3年間の高校生活の時間を進めてしまう。結局卒業というエンドマークはかならずやってくるのであり、その時間の流れの無常観こそが、成長を拒否したり無視したりしている主人公たちを否応なしに叩きこむがゆえに、感動させられるのではないか。
 「まど☆マギ」評論として一般に出版された「成熟という檻」(山川賢一著)というタイトルの本を見た時、筆者は「まど☆マギ」よりも日常系アニメを想像した。しかも本書を読んだあとでは、「まど☆マギ」自身が自分の未来にヘタを打てないで足踏みしてループを繰り返すほむらや、他の魔法少女を見つめながら逡巡しているまどかの様子は、日常系アニメの主人公たちとネガポジの関係にあるのではと思ってしまった。「魔法少女」という存在は「現状維持」を大事にしている。「魔法使いサリー」が日常を維持するために魔法を使う。「美少女戦士セーラームーン」は日常を破壊する敵と戦うために力を行使する。魔法の力を得た者は、それまでの日常から別の日常にシフトする。だがシフトした日常は「魔法使い」ゆえにエッジに立たされるが、それでも日常を必死に守ろうとする。「おジャ魔女どれみ」や「魔法のアイドル クリィーミーマミ」などはまさにこれに相当する。シフトする前後に関わらず「日常」とは「魔法少女」にとって大事なキーワードだ。この件については今後もう少し詰めていく必要がある。本作はまたチャレンジして記事にしてみたい。

魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/04/27)
悠木 碧、斎藤千和 他

商品詳細を見る
成熟という檻 『魔法少女まどか☆マギカ』論成熟という檻 『魔法少女まどか☆マギカ』論
(2011/08/10)
山川賢一

商品詳細を見る
ユリイカ2011年11月臨時増刊号 総特集=魔法少女まどか☆マギカ 魔法少女に花束をユリイカ2011年11月臨時増刊号 総特集=魔法少女まどか☆マギカ 魔法少女に花束を
(2011/10/20)
悠木 碧、斎藤 千和 他

商品詳細を見る

いろいろ読み始めましたが、全部読み終わってません。次回扱う時はまた違った記事になるかもしれません
スポンサーサイト

テーマ : 魔法少女まどか☆マギカ
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

No title

「運命が人智を超越し人の子を弄ぶが理なら、人の子が魔をもって運命に対峙するは因果」
…天使長ボイド(ベルセルク)。

そして、まどかの手に真紅のベヘリットが。


「実はベルセルクとまどか☆マギカ世界は同じものだったんだよ!」
「な、何だっ(以下略)」
冗談ですがなんか収まりいいですね。

No title

うめさん

 わかりづらいなあwww

 ベルセルクならそうなるのかな。他にもありそうな気がするんだけどね、似たようなの。
 よそのサイトで指摘している作品もありましたが、見てませんのでなんとも言えなくて。勉強不足を痛感。

 たしか、「魔法騎士レイアース」のラストって、割と似てたかなあって。
プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->