スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年1月期スタートアニメ最終回~見ていません!(泣)~

ええと、あまり期待している向きもいないであろうことを期待して・・・
今期は本当に見ていません。ごめんなさい、ごめんなさい。以下のラインナップで興味を失った方は、次回をご期待ください(汗)

ちはやふる
男子高校生の日常
偽物語
キルミーベイベー
アマガミSS+
パパのいうこと聞きなさい!
ブラック☆ロックシューター

例によって、あくまで個人的な感想ですので、あんまりお気になさいませんように・・・

「男子高校生の日常」
 今期とても楽しんで見ていたのは、実はこの作品でした。まーったくのノーマークでしたが、見ているうちにアケスケな男子高校生、しかもいわゆる男子校の学生さんの日常は、実に気持ち良くタガのはずれた日常であったことに、心から笑わせてくれた。筆者の友人にも男子校に通った友人がいたが、なんというか異性の目を気にせず、自分を取り繕わない環境というのは、本当に気持ちがいいのではないかと思わせる。だがその気持ちよさとは社会性とは裏腹な人間性であるから、やはり笑えるのである。それはEDの歌の後の「女子高生は異常」にしたところで同じである。
 個人的にはタダクニのたった一つの行動から、なぜかRPGがスタートしてしまう件には、あまりRPGに入れ込んだ記憶がない筆者でも笑わされた。ちゃんと装備しないとHPが徐々に減っていくとか、同一人物が別のキャラクターとして複数回登場するとか、なんとも楽屋オチ的なくすぐりに満ちていて楽しい。また生徒会の面々がわりと好きで、お人よしな連中なのがとてもいい。またタダクニの空気感はまたも最近のアニメにはおなじみの空気感で、ある意味で空気を読んでいる。男性目線で見た女子高生という視点もまた偽悪的で、そうした彼女たちがしっぺ返しを食らうさまは、なんとも優越感がある。
 声優陣の楽しげな頑張りは、はっきりとこちらに伝わってくる。ゲストで登場する声優さんがたもなかなかに面白い。男子校の担任教師役で出演した、筆者の大好きな三石琴乃さんの上げ下げの激しい演技を、久々に堪能できた。そしてまた杉田智和の演技は、本作全体の演技を統括し、なおかつ底上げしている気がする。彼のテンションが維持できなければ、1クールとて持たせはしかなったろう。あと個人的にはリンゴちゃん役の悠木碧をほめておきたい。

「キルミーベイベー」
 芳文社の4コマ漫画の原作にしながら、ギャグマンガである本作であるが、残念ながらキャラクターにおんぶにだっこの構成が災いしたのか、先の「男子高校生の日常」には遠く及ばない作品となってしまったのが残念だ。演出が悪いわけでもない、声優の演技の問題でもない、絵柄の問題でもない。とすれば、最大の問題はこの作品がたった3人のキャラクターに依存している原作をアニメ化したこと自体に問題があるとしか思えない。
 アニメとしての構成はたぶん間違っていない。先に示した通りたった3人で1クールは持たないのだ。いや没キャラふくめて4人というべきかもしれないが、出来上がりを見ればやはり3人だろう。またステージがあまりにも没個性すぎる。比較として「男子高校生の日常」を見れば、名前さえ覚えられないほどのキャラクターが、それぞれのモチーフを持ちよってそれぞれのステージで展開するエピソードを積み重ねている構成のほうが笑いを取りやすいのではないか。オチの元ネタとしてのソーニャの「殺し屋」という部分だけであることを考えれば、多様なオチをつけられる「男子高校生~」が広がりを持つことは自明の理である。しかもやすな、ウザいし。
 ただしこの作品、中毒性がひときわ強い。その中毒性は3回4回とみ進めているうちに色濃くなっていく。この効果の原因は、「繰り返し」にあるとみている。ほら、あまり面白くないギャグでも重ねられるとつい面白くなってしまうというアレである。そしてまたその面白さを助長するのが、幕間に聞こえるチョーさんと新井里美の声なのだ。これがまた気がつけば不思議とはまってくる。筆者もはまった一人である。
 なお、「美少女戦士セーラームーン」シリーズにてまるっこくてかわいらしい作画で定評のあった安藤正浩氏の名前に目頭が熱くなったとだけ付け加えておく。

「アマガミSS+」
 前作「アマガミSS」の後日談のアニメ化作品。さてゲームをプレイしていないので、これらの物語がゲームに即したものなのかどうかは筆者にはわからないけれど、レギュラーキャラクターがあいかわらずのラブラブ状態にあることだけはいやでもわかる。それだけに難点を上げるとすれば、メインキャラクターとなる少女たちのデザインが若干簡略化された。それはそれで魅力をたたえたデザインだったが、もう少しやわらかい旧デザインのほうが、筆者の好みだったかもしれない。
 前述のようにラブラブの後日談なわけだが、その中で唯一進展したのが梨穂子のエピソードだ。それぞれが高校生なわけで、それぞれのカップルが進展したってそれ以上の行為がアニメで描けるはずもない。当然気持ちの問題がクローズアップされることになるわけで、プレゼントや秘密の旅行、協力などの行動を契機に愛を深める過程こそが本作の中心に据えられている。とはいえ微妙なエロ描写もまた本作のお楽しみであるが、後述の「偽物語」のエロ描写に背徳感が付きまとうことに比べると、こちらのはかなりライトめであるから、そのさじ加減こそが住み分けだろう。

「パパのいうこと聞きなさい!」
 姉夫妻が死んでしまったことで一緒に暮らし始めた大学生の弟と3人の美少女ないとこたち。その内上の二人はまったく血がつながらないときている。そしてまた大学生のおじを憎からず思っている長女ときては、まるっきりのハーレム展開。ところがこの物語の中心にあるのはあくまで「家族」という社会の最小単位の人間関係の物語であったというのは、イマドキの物語としては意外だった。最終回あたりの物語は三女のヒナに両親が死んだ事実をどうやって受け入れさせるかという展開に、最終的に4人が家族として結束をかため、親戚たちに自分たちの立ち位置を認めさせることでエンドとなる。当然ここからの展開こそが原作の持ち味だと思うが、これ以上はいよいよ恋愛展開を予想させる。中学生の少女と大学生の青年の恋なんてアリか?と。それよりも「家族の再構築」に焦点をあてた作りは好感は持てる。
 また堀江由衣演じる主人公大学生の先輩女性の存在は、物語のヒロインとしてかなり特殊であり、呆けた感じの彼女の声はにぎやかな物語に静寂を取り戻してくれるという点で非常に重要だったと思う
 さてこの作品の最大のハードルは、キャラクターデザインではないだろうか。特に三女ヒナのデザインは、等身の問題以前にそのバランスはどうかしているといっていい。また鼻の下の長さと陰影のつけ方は、顔の立体の捉え方を考え直した方がいいのではないだろうか? 90年代ぐらいにあった、ことぶきつかさあたりのデザインラインとも異なるものの、あまりある目と顔の大きさに不釣り合いな体は、もはやデザインミスとしか思えないのだが。

「ちはやふる」
 25話およそ2クールでちはやたちカルタ部の面々が新しいステージに進もうとするところで物語はエンドしてしまったが、原作ではその後ちはやたちが新入部員を迎えて新たなステージに進み、さらなる成長によって団体戦で優勝した。現在個人戦へと突入しており、ますます白熱した展開でいまだに根強い人気をほこっている。実際この原作のテンションと、少女マンガらしい微妙なキャラクターの機微をどう使い分けるのか? そうした焦点で作品を眺めれば、この作品が如何に作り手に愛されて、大事に作られたかがわかる。監督である浅香守生氏は「カードキャプターさくら」や「ガンスリンガーガール(第1期)」で名をはせた名匠であるが、今期でもその手腕がいかんなく発揮されていたと言えるし、それだけに主人公である「ちはや」というがさつな少女でありながら、ひたむきにカルタに向き合う少女の心の機微を、みごとにとらえて表現していたと言える。もちろんちはや役の瀬戸麻沙美の新鮮味あふれる演技もすばらしい。感情の起伏が激しく、抑揚の効いたセリフ回しは新人には相当キツかったはずだが、彼女の声に決めたスタッフには素直に賞賛の拍手を送りたい。
 原作ではパースの効いた構図によって、カルタ戦での攻防をどの程度再現できるかという部分が気になっていたが、この点についても抜かりなし。止め絵と動きのある絵を織り交ぜて、迫力がありながらも緊張感のある攻防が表現されていた。
 最近では2クールという長さの放送期間に慣れてきたのか、十分に原作にストックがある場合には、先を見越して作られている余裕が感じられる。本作は中身の濃淡がバランスよいし十分な起伏もあり、イッキ見しても十分楽しく見られる作品となっている。毎週見続けることとイッキ見などの特殊な視聴環境が同時に存在できるなど、本来のアニメ制作ならありえないだろう。それが両立している稀有な作品、それが「ちはやふる」という作品の、もう一つの強みかもしれない。

「偽物語」
 前日端である「化物語」を経て、さらに前日端となる劇場版「傷物語」までのインターバルとして制作された本作。この作品で面白いのは物語の中核となる火憐と月火に関するエピソードはおそろしくあっさりと見せながら、その周辺のキャラクターと阿良々木暦とのトークそのものに最大限時間を割いているところだろう。本作に登場する新キャラクターはたった3名であり、物語のメインたるファイヤーシスターズ以外は前作の中心人物たちであるが、メインのファイヤーシスターズよりも前日端から引き続き登場するキャラクターのほうが比重が高いというのはいかがなものだろう? とはいえ筆者も含めて安心感のある既知のキャラクターによるしゃべくり漫才を毎週楽しんでいたのであるから、これが正しい選択であることはわかっているのだが、なにかこう腑に落ちない(笑)。
 さて本作では前作以上にフェティッシュに磨きがかかっており、決して危ないことをしているわけではないのに、視聴中につい後ろを気にしてしまうほど後ろめたい映像が多々見られた。まさに深夜枠ならではの快感がある。露骨に乳やらパンツ見せられるよりも、圧倒的にエロティックだ。特に暦による火憐の歯磨きシーンのエロさは確信犯であるし、神原の全裸シーンの隠し方なども湯煙で隠すよりもギリギリ感がすごい。こうした人間のフェチに働きかけるシーンは、人間の生理にダイレクトに訴えかけるだけに、否定しようがない。もっとも八九寺と暦のやりとりとかちょっと引くけど。
 さてとりあえず「偽物語」は完結した。続く劇場版「傷物語」はアクションと羽川翼が楽しみであるが、原作はその後の物語がまだ続いている。特に千石撫子とそれにまつわるひたぎの物語、そして八九寺の帰趨にかかわる物語など、魅力的な物語は続いているのである。まあアニメ化についてはひとまず置くとして、CDドラマなどでもいいから、なんとかあのレギュラーキャストで作品化してほしいと願っているのは筆者だけではあるまい。

「ブラック☆ロックシューター」
 OVA版に関してはすでに述べている(http://naminomanima2.blog78.fc2.com/blog-entry-308.html)。このOVAを見た時に受けた衝撃を考えると、TV版とはいえあまりにも蛇足になるのではないかと思っていたのだが、かえって丁寧に説明されている分だけ好評を得たようだ。筆者自身も好感を持ったのだが、「少女たちの心の痛みをかわりに引き受ける世界」、「武装した少女たちの激しいバトル」そして「代替すべきではない心の痛み」という理解しやすい構造自体は、すべての設定が謎に包まれた「ブラック☆ロックシューター」という作品に、すべての答えを見出してしまった残念感がある。
 作品自体の出来はいい。アクションシーンの力の入った演出は、今石洋介氏のアクションを堪能できるし、日常芝居にも伏線もはられており、それが回収できる気持ち良さもあってストレスを感じない。8話という長さも実に気が楽だった。
 ただし、それぞれの表現が「否定語」で作られていることには留意したい。「心の痛み」→「それを消滅させる世界」、「静かな日常」→「激しすぎるバトル」、「痛みの記憶を消してしまう」→「痛みとともに思い出す記憶」、「ユウの正体」→「二つの世界の越境」などなど、すべてが前者を否定する後者という答えだけでできている。こうなると主人公マトの起こしたアクションそのものが否定されてしまい、マトの行動や存在そのものを否定してしまいかねない。事実、物語のエンドでブラック☆ロックシューターが別世界で存在し戦い続ける意義は、マトたちの成長によって否定されてしまう。だがその成長すら受け止めて、ブラック☆ロックシューターはマトではない誰かの変わり身としてあの世界で戦い続けることに、なんら落とし所が見当たらない。その延長線上が私たちの世界だよといっているのは自明の理だが、現実世界で痛みを引き受ける世界などありはしない。つまり最終的に自作自身を否定してしまうことになる。
 物語でも現実の問題でもなんでもいい。問題解決がそもそもの問題定義の否定だけで答えが出るわけではない。あくまでも「否定語」は解決策の一つでしかない。だからこそ本作自体も何の設定も持たない「ブラック☆ロックシューター」という作品の解答例だと考えておこうと思う。
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺@53.8

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->