「謎の彼女X」全話レビュー:5話「謎のファーストデイト」

<物語>
 時は夏。椿くんたちは体育でサッカーの授業、卜部さんたちはプールで水泳だ。女生徒たちの水着姿のためにプール側にファウルする男子生徒たち。でも卜部さんの水着姿を見たい椿くんは勢い込んで大失敗。
 いつもの帰り道、椿くんは卜部さんの体から匂い立つ香りに興味津々。急に降ってきた雨に雨宿りする二人。雨を逃れるように卜部さんは椿くんに寄り添う。卜部さんの香りの話題をしている内に、卜部さんは泳ぐのが好きだという。そんな卜部さんは自分の汗をなめて海を思い出した。そしてまた卜部さんの汗をなめた椿くんは、卜部さんの水着姿を見てしまう。そして勢い余って夏休みに海に行くことを約束した二人のはずだったんだけど・・・。よだれの日課は続行するものの、卜部さんは日課の後にすぐに帰ってしまうため、デートに誘うタイミングすらつかめないでいる。ある日、意を決して卜部さんを海に誘う椿くん。その約束は翌週にかなえられることに。
そして二人の初デートの日。風見台駅に朝7時の待ち合わせ。そこで待っていた卜部さんは日焼けした褐色の肌になっていた。海でのデートを楽しむ二人。卜部さんの水着、卜部さんの焼きそば、卜部さんの泳ぎ。どれもこれも椿くんにとっては刺激的で。椿くんが一つ気になるのは卜部さんの腰のパレオ。パレオの理由は、卜部さんの腰に付いたある日焼け跡を隠すためだった。それもまた椿くんには刺激的で・・・・。
帰りの電車で椿くんのよだれをなめた卜部さんは、鼻血を出してしまう。それは卜部さんの日焼け跡を見てしまった椿くんが興奮してしまったせいだ。来年の夏も一緒に海に行くことを約束した二人。やっぱり謎の彼女だけど、ちょっぴり距離が縮まった、夏の一日。

謎の彼女X 3(期間限定版) [DVD]謎の彼女X 3(期間限定版) [DVD]
(2012/08/22)
吉谷彩子、入野自由 他

商品詳細を見る

●演出:上田繁 作画監督:山村俊了、山中正博

●出典は原作第14話「謎の雨宿り」+第16話「謎の海水浴」+第5話「謎のプール開き」+第6話「謎の夏休み」+25話「謎の一瞬」より。Aパート14話、Bパート16話とし、Aパートに5話のプールと6話の夏休み、25話の卜部さんの匂いに関するエピソードが加わっている。

●上記のように原作構成自体は非常に複雑であり、原作にある「海」や「水着」といったタームでエピソードをつなげて再構成された。原作ではその一つ一つが卜部さんと椿くんのステップになっているが、アニメではきっかけを同じにして一つのエピソードとしてまとめられている。その再構成の手腕は、本作を見れば見事だと言える。

●アバンでは時系列が逆転して、お父さんのご実家の近くの海で泳ぐ卜部さんの水着姿でスタートする。原作16話「謎の海水浴」でも出だしは同じ構成になっており、マンガでは自転車で海にこぎつけて、誰もいない海辺で水着に着替えて泳ぎ出す卜部さん。結構恥ずかしげもなく脱ぎっぷりもいいのですが。

●コメンタリーは吉谷彩子、広橋涼、福圓美里の3人。丘さん役・広橋涼が大学生時代に友人たちと海に遊びに行った際、水着を買ったことがなかったためにスクール水着で海に現れて友人たちに奇異な目で見られたことを告白している。いや、まあ、むしろそれがイイって人もいるに入るわけで(苦笑)。

●原作にはない、体育中の男子がプールで水泳中の女子をのぞきに行くエピソード。25話「謎の一瞬」の冒頭部分に見開き2ページちょっとのエピソードが拡大解釈されてアニメ冒頭部分に作りかえられている。椿くんがコケるのは同じだが、男子が女子の水着をまたも評価している。以前にも似たようなシチュエーションがあったが、その話のラストで椿くんはクラスの女子の点数を書いたノートを卜部さんに切り刻まれているので、男子はリベンジになるのだろう。懲りない連中である。

●自分の彼女のボディラインに、思わず声をだして賞賛する上野くん。この時点ではどうやらそれほど嫉妬心はないらしい。ちなみに原作5話では男女いっしょに水泳の授業を受けてます。

●エピソードとしては原作では6月初旬となっているが、アニメでは夏休みとのタイミングを考慮されて、7月中旬頃だと思われる。それにしても男子の体育の授業って、どうして水泳の時間が少ないのかしら? 気になるのはどうして水泳の授業で水泳帽をかぶらないのか?だ。ま、面倒なんだろうけどw

●いつもの帰り道。アイスを食べこぼす椿くん(このシーンは原作にはない)。原作では卜部さんにひっついた椿くんに対し、パンツハサミが発動寸前で、ハサミがいつものところにないことで、ハサミを免れているのだが、アニメでは急な雨で免れている。どっちにしてもよかったね、椿くん。ここまでは25話冒頭部分。

●そしてこの雨宿りのシーンから14話「謎の雨宿り」からのエピソード。卜部さんの「私、傘持ってない」の声がちょっと情けなさそうなのがいい。肩に掛かる雨を気にしながら、卜部さんは体を椿くんの側にすり寄せる。原作でもそうだが、この時の卜部さん、雨を理由に椿くんとスキンシップを図りたいと思ったのではないだろうか。思いっきり傾いた卜部さんの上背がそれを物語る。しかもその直前には自分に体を寄せてきた椿くんをハサミで懲らしめようとしていたのに。ここは卜部さんのツンデレではなく、卜部さんは自分のペースで椿くんとの中を進展させたいらしいことがわかる。パンツハサミはその抑止力ではあるが、あまりにも強力すぎるなあ。

●女の子というのは大概いい匂いのする生き物である。例えばそれがオーデコロンだったりシャンプー・リンスの香りだったりすることもあるだろうが、基本的に女性の大衆に混ざるフェロモンの香りは、男性の感覚を鋭敏にさせる働きがあるとかないとか。コメンタリーではスタジオに入ってきたときに広橋涼は、すでにスタジオ入りしていた他の二人の香りをいい香りだと思っていたらしいが、二人は別にコロンなどは使っていなかったとか。

●卜部さんは椿くんが指摘した香りの元を「汗」といい、その汗をなめて「しょっぱい」という。ここまでは誰でもわかる。だが卜部さんは自分がなめた上で、椿くんに自分の汗をなめさせようとし、椿くんはそれを遠慮なくなめるのだ。モラル云々はいいとして、卜部さんにとってどうやら自分の体液である「汗」は「よだれ」とまったく同じ扱いのものらしいことがわかる。それというのも卜部さんにとって「恋人」という存在は、互いの体液すら混じり合うものであるという認識らしい。行為の変態性は別として、こうした趣旨で椿くんを翻弄する卜部さんにとって「体液のやりとり」というのは、椿くんが考えている以上に親近感の最上級であるらしい。それは間違いなく「SEX」の隠喩なのだ。

●ここから椿くんはさりげなく卜部さんの個人情報を聞き出すことに成功する。そして卜部さんの汗の味に、椿くんは海と卜部さんの水着のイメージを見る。ここで留意したいのは現実の卜部さんが黒の水着を着ているのに対し、イメージの中の卜部さんは白に薄紫の縁取りのある水着だ。しかも肌の色は白いまま。また足下が見えない。これが椿くんの持っている卜部さんのイメージだとすると・・・・。

●女の子の好きそうな場所へデートに誘うのは、最初のデートの誘い方としては誠にまっとうだ。つまり卜部さんだって椿くんに自分のことを知ってほしいと心から願っているのだ。だから以前映画の誘いを断ったのもうなずける。自分の興味のないことに時間を費やす必要性を感じない、映画なんか見るよりも自分を知ってほしいから、それがわかってもらえる場所ならどこへでもいく。卜部さんはそういう女の子なのだ、「いいよ」の軽やかな声とうれしそうな表情。椿くんの勇気はこの笑顔で報われる・・・・

●・・・・はずだったんだけど、よだれの日課ばかり。このままだと卜部さんは本当に日課だけで夏休み終わっちゃいそうなんですが。高1女子の夏休みが、それほど忙しいとは思えないし。とすると、卜部さんは夏休みに二人でどこかに出かけるという一般的な意味のデートの誘い方も誘われ方も知らないって事なんじゃないだろうか。心の中で奇抜な椿くんのデートの誘いを待っているようにも見えるし。

●ここで約1週間の時間が経過するのだけど、ここでニヤニヤする椿くんの顔。原作では5話「謎のプール開き」の後半のエピソードに登場するシーンだ。ところが原作では卜部さんが椿くんにかわいいと言われたうれしさのあまり、よだれ日課によってそのうれしさが椿くんに移ってしまったというニヤニヤなのだが、アニメでは海に誘ったのはよだれの日課の跡になっているから、ただ単に椿くんのうれしさの表現となっている。

●さて椿くんの夢の中の卜部さんは、トップレスの人魚になっていたりする。肌も白いままだし、人魚卜部の直前までは黒の水着だ。これってちょっと面白い比較なのだが、最初に椿くんが白い水着の卜部さんをイメージしたのは夏休み前の出来事。次にこの夢の中のシーンは夏休みに入ってから。しかし夏休み前にイメージした卜部さんには足がない。おそらく椿くんのイメージの中では、卜部さんが「海で泳ぐのが好き」という情報が「足のない卜部さん→卜部人魚」へとイメージを膨らませた結果ではないだろうか? まあ、水着の色が腑に落ちないけれど。

●アイキャッチは、海辺で着替えるちょっとエロい卜部さん。首から提げているハサミはアクセサリーかホンモノか? ちょっと木陰に隠れるように着替えているあたりは、昔懐かしいミノルタのCM「♪今の君はピカピカに光って~」のかつての宮崎美子のようだ(古い!)。水彩タッチでぼやかされている辺りがちょっとイイ。

●監督は椿くんのお姉ちゃんが一番のお気に入りだそうです(コメンタリーより)。

●ここからは目を覆わんばかりの二人の海デートが展開される。卜部さんの肌は白いらしいが、夏休み明けには色が戻っていることを考えると、卜部さんの肌は焼けやすく色落ちしやすいらしい。コメンタリーでも触れているが、高校生ぐらいのデートで「海」っていうシチュエーションって、ハードルが高いのではないか? もう少しで埼玉県という東京の僻地に住んでいる筆者にとっては、「海」は遠い場所なのでその意味でもハードル高いのだが、コメンタリーの女性陣は、水着や体型などに気を遣うとのこと。ああ、それもあるね。

●卜部さんのパレオの設定画が、パッケージ第4巻のブックレットに掲載されています。

●卜部さんの焼きそば、「肉キャベツ抜き、紅ショウガ特盛り」。しかもマヨネーズたっぷりって、けっこうなカロリーだと思う。それにしても海に来てからの卜部さんの台詞は、やけにはしゃいでるっぽい感じが印象的。バックにかかる主題歌も中間演奏まで使われている。劇中で主題歌がかかることがほとんどないので、珍しい使用例だ。

●椿くん、一緒に泳ぐ卜部さんを水中から観察するの図。不思議なんですが、元気に泳ぐ女性を水中から眺めると、なんだかとってもきらめいて見えます。ほんとです(笑)。でもあんまりやると、いろいろ疑われますので注意しましょう。

●海のシーンや教室でのシーンなど、モブキャラがたくさんいる場合には、いわゆる「ガヤ」と呼ばれる音声を主要キャストで担当する。物語と関係ない台詞を自由な範囲でしゃべるのであるが、キャストの数が少ない作品では、キャストの声が丸見えになり、兼ね役がすぐにわかる。本作もまさにそうであるが、この「ガヤ」の作業が、吉谷彩子は楽しかったそうである(1巻コメンタリーより)。

●パレオを外してハサミの日焼け跡を見せる卜部さん。卜部さんの水着は黒に縁取りがあるのだけれど、その縁取りの色が赤であることがはっきりと確認できる。「スタイルいいなあ」という椿くんですが、腹筋から股間にいたる下腹部の凹凸が、微妙に表現されている。とはいえ卜部さん、まるで夜の変質者のようにパレオを広げているのだけど、その行動もどうかと思う。しかも椿くんの顔の位置は、ちょうど卜部さんの腰の辺りだし。恥ずかしそうに告白する卜部さんの台詞回しも特徴的なシーンだ。卜部さんの中でどこまで椿くんにオープンで、どこからガードしているのか、その判断基準を聞いてみたい。

●帰りの電車で今日のデートの感想を聞く代わりに椿くんのよだれをなめる卜部さん。わりと人が見ているとかどうでもいいのかもしれない。大事なのは卜部さんにとってのタイミングだけなんじゃないだろうか。卜部さんの鼻血で、白いワンピースが汚れることを心配した人はきっと多かろう。コメンタリーでも女性陣が心配していた。

●前回に続き、椿くんと卜部さんの影でエンド。この影の距離感がまさに二人の「今」の距離感なんだろう。吉谷譲はこの影のシーンがお気に入りだそうです。デート時のワンピースについて、コメンタリーではそれなりにおしゃれに気を遣っている「普通の女の子」の卜部さんの部分に触れて盛り上がっている。

●「来年もハサミの日焼け跡を見せる」って、それもまた大胆な発言である。ちょっと浮かれた台詞の卜部さんがかわいい。卜部さんにとって心を許した相手にはとことんまで許せる女性なのだろう。けれども理性が椿くんの行動を拒否してしまう。それはまた卜部さんが「恋愛」を頭でっかちに考えている証拠かもしれない。でも言葉や行動の端々で卜部さんは椿くんを受け入れ続ける。その境界線をいつか二人で越える日まで、その歩みは二人にしかわからないゆっくりしたペースで進んでいく。ぼくらはただ見守るだけ。

●次回予告。丘さんとの水着デートを夢見ながら、踏み切れないでいる上野くん。原作では丘さんの胸を触るという出来事をきっかけにして、丘さんを束縛したい思いに駆られた上野くんがジレンマに陥るという件があるのだが、この次回予告は、二人がこのエピソードをこなした事実を語っているものかは、本編では判別しづらい。
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺☆NHK杯11/11初体験

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->