「謎の彼女X」全話レビュー:6話「謎のステップ・アップ」

<物語>
 夏休み最後の日、椿くんは町中で偶然丘さんと出会い、丘さんの誘われるままに一緒にアイスクリームを食べることに。丘さんとの会話の中で椿くんは、丘さんと上野さんは二人だけの時は下の名前で呼び合っていることを知る。下の名前で呼び合うことに興味津々な椿くんに、丘さんは気づいている様子。翌日の学校で、丘さんは卜部さんに昨日の話をすると、やっぱり卜部さんも気になるようで・・・。その放課後の帰り道、公園で一休みしていたら、卜部さんはベンチで眠ってしまう。そんな卜部さんを起こそうとする椿くんは、意を決して「美琴」と呼びかける。卜部さんの表情は照れたように頬を赤らめていて・・・。でも二度は呼びかけらない椿くんだった。その夜、卜部さんの笑顔を夢に見た椿くんは、卜部さんの笑顔を写真に納めることを考える。
 次の日の朝、卜部さんの笑顔の写真を撮ろうと椿くんはお願いするものの、作り笑顔をかたくなに拒否した卜部さんに断られてしまう。その放課後、卜部さんをいつもの場所で待っていた椿くんは、思いもかけない人と再会する。それはかつて椿くんが中学の時に片思いしていた早川さんだった。かつて好きだった人に再会し、ドキマギしてしまう椿くん。お茶しようと誘う早川さんの言葉に揺れながら、それでも卜部さんの事を思い出して早川さんの申し出を断ってしまう。ところが卜部さんはその様子を間近で見ていたのだ。
 二人の帰り道、もしあのまま早川と行ってしまったらと卜部さんに訪ねる椿くん。しばらく沈黙した卜部さんは自分のよだれを椿くんになめさせる。すると椿くんの目には涙が。それは椿くんが卜部さんではなく早川さんを選んでしまった時に、卜部さんが流すはずの涙だったのだ。口には出さない卜部さんの心の奥底に触れた椿くんは、改めていま自分が好きな女の子は卜部さんだと告げる。その言葉をうれしそうに聞く卜部さん。と、その卜部さんの笑顔を写真に納めようと、椿くんはまたもカメラを取り出そうとする。椿くんがやっとのことで撮影できた卜部さんの写真は・・・・?

謎の彼女X 3(期間限定版) [DVD]謎の彼女X 3(期間限定版) [DVD]
(2012/08/22)
吉谷彩子、入野自由 他

商品詳細を見る

●演出:江島泰男 作画監督:高橋瑞香

●出典は原作第15話「謎のステップ・アップ」+第2話「謎の写真」より。Aパート15話、Bパート2話の構成。ただし、2話のラストは少しだけ異なっている

●椿に近づく丘さんのシーンを見て、吉谷彩子嬢は丘さんを疑ったらしい。なお丘さんの服装に関して、女性陣はかなりの抵抗感があるとのこと。原作でも丘さんの私服は露出度が高く、後々上野くんの独占欲の原因になったりする。小柄なせいなのか、丘さんのファッションはベルトにしてもサスペンダーにしても大振りなものが使われていて、それがアクセントになっている。対する卜部さんの私服の大半はワンピースでさっぱりしたものが多い。

●丘さんに押し切られるように誘われる椿くん。この押しに弱いのが後半への伏線になっている。「デート用?」と聞く丘さんだが、これは丘さんが椿くんにカマかけている台詞だ。丘さんにとっては卜部さんが椿くんとつきあっているのは知っている情報だから、あくまでも椿くんをからかっているだけなのだろうが。

●しかしこういった時に女の子にアイスを買いに行かせるってのも、椿くんも甲斐性がない。丘さんの下の名前談義。つきあっていても下の名前で呼ぶことに抵抗感があるだろうに。もっともつきあった男を「お兄さん」と呼んで元カレと区別をなくした呼称をする女性もいれば、つきあった女性はすべて「ニキータ」と呼ぶ松本人志(ネタです)もいるので、こういうごまかし方を考えれば、「下の名前で互いを呼ぶ」行為は、恋愛の初歩段階の初々しさを感じさせる。とはいえ椿くんの思考を先読みする丘さんはただ者ではない。

●丘さんは「私は知っているんだよ!」というカマかけの行動が多い。先の「デート用?」という問いかけもそうだが、ここでは椿くんの鼻の上に付いたアイスを指ですくいとって、「甘い」と言ってなめる仕草をする。これは卜部さんとのよだれのやりとりを示している行動だ。椿くんにとっては卜部さんと丘さんの関係性もやはり「謎」なわけで、丘さんはその関係性に優越感をもっているかのように、椿くんにカマをかけてくる。バラしたいようなバラしたくないような。そんな丘さんのいたずら心が垣間見えるシーンだ。

●夏休み明けの翌日の朝。椿くんと話す上野くんを完全に無視して通り過ぎる丘さん。二人の関係を周囲にばらさないための行動なのだけど、おそらく自分たちが思っているよりも、ピンポイントでそれとなくわかっているクラスメイトもいるのだろう。それでも安心していられるのは、このクラスが二人やそれ以外のクラスメイトにとって居心地のいい空間だからにちがいない。

●前回卜部さんと夏休みに海に行ったことを、上野くんに悟られまいとしている椿くん。隣に座る卜部さんも真実を知っているだけに、内心上野くんと椿くんのやりとりをどう思って聞いているのだろうか? にしても、お姉さんと海って、言い訳にしては出来が悪い。

●椿くんは上野くんに昨日丘さんと街で会ったことを話さなかったが、丘さんは卜部さんに話してしまう。丘さんのあけすけな公明正大さを主張するシーンだ。会話の中でさりげなく椿くんの欲望についてもらす丘さんは、ある意味で策略家だ。原作でも丘さんの策士ぶりは目立ってきており、最新9巻では丘さんの計略にまんまとハメられて卜部さんは自主制作映画に出る羽目になる。こうなると丘さんがあの手この手で上野くんを籠絡したんじゃないかと疑いたくもなる(たぶん違うけど)。でも卜部さんは丘さんの煽りをわかっていて乗ってしまう。策士の流し目をする丘さんを尻目に、「やっぱり興味深いわ、椿くんって」という台詞で、今日も卜部さんは乗せられてしまうのだ。

●丘さんにとって興味本位の観察対象である卜部さんと椿くんだが、卜部さんは「かわいい」で椿くんは「興味深い」という表現で区別されている。

●毎度の事ながら、卜部さんはどうしていつもあんなに眠いのだろう? 単純に夜寝付きが悪いってのもあるだろうけど。

●卜部さんの寝ている間に「美琴」と耳元で呼びかける椿くん。反応する卜部さんの表情が頬を染めて微笑んでいる。卜部さんのうれしさにあふれた表情は、見ているこちらまでうれしくなってくる。公園に入る前の前後ぐらいから、少し楽しそうな声音が見えてくるあたり、卜部さんと椿くんの仲は着実に進展していると思えるのだが。

●先ほどの呼びかけの真意を確かめようとする卜部さんも言葉を止めてしまう。互いの思いをわかっているくせに素直になれない二人。それがAパートのオチ。セミの話なんか聞きたくねーって(笑)ちょっと残念そうな卜部さんの表情。でも椿くんには起き抜けの卜部さんの笑顔だけが気になって・・・。

●ここで椿くんが取り出してきたのは「ポラロイドカメラ」だ。日本では70年代末から80年代初頭に流行したインスタントカメラであり、撮影したものをその場で確認できる利便性の高さ故、いまでもグラビア撮影などでは利用されているらしいが、現在はデジタル主流でしょうけどね。それにしても椿くんの部屋には8ミリのカメラまである。こうした撮影機材を高校生が自費で買いそろえるには大変高額な品だ。とすると、椿くんのこうした機材類は、お父さんから譲り受けた可能性が高い。

●だれかの手のひらの水をなめる卜部さんのアイキャッチ。頬と舌だけに色が付いているのが、艶っぽい。周りがカメラのフレームのように黒くぼやけており、のぞき見している感じに仕上げているミソ。

●Aパートの終了を引き継いで、卜部さんの笑顔の写真を撮影しようとする椿くん。でもなんか不満げな卜部さん。写真を撮られたがらない彼女は、きっとプリクラなんて論外だろう。「私が隣にいれば、写真なんか必要ないでしょ!」と言わんばかりだ。けれど写真だけでも身近においておきたい椿くんの気持ちもわからなくはない。

●無理に作る笑顔を否定する卜部さん。青空をバックに笑顔の卜部さんはさぞかし可愛かろうに。残念だったね、椿くん。

●翌日の放課後の待ち合わせ。空はこれから始まるエピソードを象徴するかのように曇天だ。原作には曇天の描写はないので、アニメ独自の情景描写だ。

●卜部さんを待ちかねている椿くんの前に、早川さんが登場! おだやかな音楽が二人の再会を祝福しているようだが、背景の曇天はまるっきり音楽と裏腹だ。空は卜部さんの穏やかなじゃない心中を示し、音楽は椿くんの心情を表現している。

●この早川さんが後半に再登場し、ワンエピソードを彩ることは周知の事実だが、この早川さんの制服に注目してみたい。一見するとスカートとワイシャツ、ネクタイでどこにでもありそうな標準的な夏の制服のイメージだが、スカートにプリーツが入っていない。ってことは、このスカートはタイトスカートなんだろうか? 学校の女子の制服でタイトスカートってことあるだろうか? 原作5巻には早川さんをモデルにこの制服の夏冬の両バージョンが掲載されている。このスカートは「青のセミタイトスカート」なんだそうですが、昔読んでいた「原色女子高生服図鑑」にこういったセミタイトのスカートが制服の学校ってなかった気がするのだが。

●原作では早川さんとの会話にまぎれて椿くんのモノローグがたくさん入っているのだが、アニメ版では椿くんのモノローグを完全にオミットしているのが面白い。とはいえ、椿くんの気持ちはかなりわかりやすく見え透いているので、必要ないというのが正解かもしれない。一方でそのわかりやすさは早川さんにもつけ込まれてしまう。それは後のお話。

●早川さんと椿くんの様子を見ていた卜部さん。橋の欄干に身を潜めるようにしゃがんでいる。これもまた他の人の目から見れば奇妙に見えるだろうに。

●橋を離れたシーンから、空は晴れている様子。けれど二人の歩く道は日陰になっている。心の曇天、まだ続く。卜部さんの問いかけにうつむきがちに答える椿くん。この「うつむきがち」という姿勢が、椿くんの卜部さんへの後ろめたさを表している。さりとて卜部さんにしたところで確認したように見えて、その気はなくとも椿くんを問いただしていることは間違いない。そこにいつもの毅然とした態度の卜部さんには見られない、言いしれぬ不安感があるからだろう。卜部さんは椿くんの言葉を待っている。

●「もしも、あのまま喫茶店に行っていたら・・・?」こうした「if」の投げかけを男の子がしてしまうことを、キャストの女性陣は卑怯だとコメンタリーで言っている。それは自分で答えを出さないままに、女性の側に理由を求めている男の「甘え」に他ならないからだ。一方男性諸氏にしてみれば、ちょっとした遊び心で女性の嫉妬をあおっておきたい、それによって彼女の気持ちを再確認したいという思いで聞いているに過ぎない。逃げ道を探してもしもの話をする男というのは、女性にとっては卑怯ではあるだろうが、女性にとっての琴線に触れるレベルを図っておきたいという大変理系な思考もまた男性にはあるのですけどね。

●卑怯にも思える椿くんの問いかけに、卜部さんは泣き叫んだり激昂したりしない。ただ自分の思いを絆という名の「よだれ」に託して伝えるだけだ。直接泣くよりも伝わった気持ちのまま椿くんが泣くという体験を通して、卜部さんを理解できるほうが、はるかに椿くんにとってはショックな出来事だろう。互いの距離を測りかねている二人は、最も近接的な絆である「よだれ」があるだけに、互いの感情を図りかねている。だがこうした一つ一つのエピソードを重ねることで、「よだれ」にある絆の真の意味へと近づいていく。本作の物語は通常の恋愛とは逆説で紡がれていることがわかる名シーンだ。

●つまり「謎の彼女X」という物語は、普通の恋愛物語のように順序立てて進む話のようでありながら、最初に「よだれ」という絆でスタートしているだけに、この「よだれ」の絆の真実にたどり着くことが、この恋愛物語のエンドとして提示されている。そして物語はこのエンドに向かってその道程を埋めていく物語なのだ。

●このとき、椿くんの涙には、自分の涙も入っているというのは、吉谷譲の主張だったりする(コメンタリーより)。ああ、これが女優さんの感性なのですねえ。

●椿くんが本心を打ち明けて、卜部さんが微笑むシーン。椿くんはどこでも卜部さんを口説く。こういった台詞って、たぶん女性はストレートな言葉なだけに、グッとくるのではないだろうか? ある意味、椿くんは「ココロコネクト」シリーズの八重樫太一に近い。

●ラストシーンは、原作第2話と異なる。原作ではアッカンベーの写真の取り直しを要求する椿くんに、パンツハサミで押さえつける卜部さんで終了し、仕方なくアッカンベーの写真を受け入れるラストになっているが、アニメではアッカンベーの写真を卜部さんらしいと判断した椿くんが、写真をパスケースに大事にしまうことで、卜部さんによろこびのよだれスプラッシュを促してしまうというラストになっている。原作とは異なるものの、原作自身が持つ甘く切ない読後感を演出した好アレンジだと言える演出だ。コメディであったはずの「荒川アンダーザブリッジ」をラブコメディに進化させた脚本家・赤尾でこの面目躍如の好プレーなのだろうか?

●この回のエンディングは、EDの映像に入る前に音楽が流れ始める演出。余韻のある素敵な演出。

●次回予告。聞いていないふりの卜部さんが、椿くんの下の名前の呼びかけを聞いているという話。でも「ミッコン」は、ないよ椿くん(笑)。

謎の彼女X アニメ化フェア オリジナルカード型ミニしおり全8種謎の彼女X アニメ化フェア オリジナルカード型ミニしおり全8種
()
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「初恋ネコ 1  放課後、いつもの場所で (集英社みらい文庫)」中村航

沙代は、中1になったばかりの女の子。親友の真希ちゃんと吹奏楽部に入り、楽しい学校生活がスタートした。ある日、ひょんなことでサッカー部の優大くんと出会う。放課後、毎日会う

コメント

非公開コメント

プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺☆大分のお土産といえば『ざびえる』

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->