「謎の彼女X」全話レビュー:12話「謎の「ぎゅっ」」

<物語>
 お昼休みの丘さんと卜部さん。丘さんは卜部さんにパンツハサミをおねだりするけど、卜部さんに断られてしまう。話題を変えた丘さんは、卜部さんの裸を見た椿くんを心配する素振りで、卜部さんの裸の写真とりあっていると、その写真めがけて卜部さんはパンツハサミを発動。結局丘さんの思惑通りになっちゃう。丘さんにスカートまでめくられてしまう卜部さんであった。
いつもの放課後、帰り道。椿くんは前回偶然目撃した卜部さんの裸が脳裏にちらついて、平静を保っていられない様子。翌日の椿くんは、机で寝ている卜部さんを見ても、卜部さんの裸の妄想まで見えるようになってきて、いよいよ歯止めがきかなくなっている。いつもの日課の後で、ついに椿くんは卜部さんに抱きつこうとしてしまうが、パンツハサミの反撃をくらってしまう。でも今日に限って卜部さんの手元が狂ってしまい、椿くんの額を傷つけてしまう。卜部さんは椿くんの治療のために、椿くんを自宅へと誘う。2度目の卜部さん宅に訪問となる椿くん。卜部さんのハサミの調子はまだ戻らない。素直にあやまる卜部さんに椿くんは原因を問いただすと、どうやら昨夜見た夢が原因らしい。卜部さんは顔を赤らめたまま椿くんに自分のよだれを舐めさせる。と、椿くんはまた卜部さんに抱きつきたくなる衝動を抑えられないまま帰宅しようとする。それを押しとどめようとする卜部さんを、椿くんは無理矢理突き放す。でも思いもかけずに力が入ってしまった卜部さんはベッドに倒れ込み、足下がおぼつかない椿くんはそんな卜部さんに向かって倒れ込みそうになる。どうにか方向転換しようとする椿くんは、ベッドのはじに額をぶつけてアザを作ってしまう。そんな椿くんの頭を、卜部さんはやさしく抱き寄せる。椿くんが帰宅した部屋で、卜部さんのハサミの感も戻ったようで・・・。
翌朝学校で、椿くんと同じプリント係の諏訪野さんが、有無を言わさず椿くんの額のガーゼを取り外し、自分の絆創膏に張り替えてしまう。でも結局諏訪野さんからガーゼを取り戻す椿くん。諏訪野さんは不思議そうな顔をしていた。
その日の放課後、卜部さんの元にやってきた椿くんは、諏訪野さんに外されたガーゼをしている。椿くんいわく、「卜部が張ってくれたガーゼをずっと張っていたい」と。いつもの日課である卜部さんのよだれを舐めた椿くんは、卜部さんを優しく抱き寄せる。パンツハサミを発動されると思った椿くんは大慌てするけど、それはどうも卜部さんの願いだったようで。謎の彼女・卜部さんの心にそっと触れた、椿くんだった。

謎の彼女X 6(期間限定版)(Blu-ray Disc)謎の彼女X 6(期間限定版)(Blu-ray Disc)
(2012/11/21)
吉谷彩子、入野自由 他

商品詳細を見る

●演出:赤尾でこ 作画監督:磯野智・山村俊了

●出典は原作5巻35話「謎の妄想(前編)」、36話「同(後編)」、7巻51話「謎の「吊り目vs.垂れ目」(前編)」2巻9話「謎の合図」より。ラストシークエンスは結構細かい複合話です。

●アバン。前回見せたパンツハサミをせがむ丘さん。結局卜部さんの断られてしまうのだけど、ここからが策士・丘さんの真骨頂だ。話題の転換によって卜部さんのパンツハサミを誘導しているとしか思えない。

●このときの丘さんのエロい目つきが素晴らしいですなあ。似たような目に、卜部さんのジト目がありますが、こちらはちと怖い。

●自分の裸の写真を見せつけられては、卜部さんも黙ってはいない。大きく目を見開き、髪の毛を逆立てて、丘さんから写真を奪おうとする。気になるのはこの写真、デジカメ撮影だったらデータを消去しないとダメなんですけどね(ちなみに前回を見直せば、カメラはポラロイドのインスタントじゃないです)。この世界は携帯電話のない世界なので、どうなんだろう?

●ここの卜部さんの慌てた演技はやっぱり上手いと思うのですよ。これほど声を張る演技は、1クール中ここだけでしょうから、卜部というキャラクターを考えると、かなり特殊な部類の演技です。ま、吉谷彩子嬢の素の演技だとは思うけど。

●パンツハサミ発動!んで、毎度思うのだけど、ハサミを挟むのは、右前なのか右後ろなのか? 今日もパンツが光っとりますなあw 丘さんは卜部さんのスカートまくし上げちゃって。エロいのはあんただ、丘さん!

●ちなみに、パンツハサミの時、卜部さん役の吉谷彩子嬢は、口で「しゅっしゅっしゅっ」といっているのだそうで、本話ではハサミ発動シーンが多かったため、軽く酸欠になったのだとか。

●いつもの帰り道。椿くんが卜部さんの裸を妄想しちゃうってのは、表現としては実にマンガ・アニメ的な表現だけど、男としてはまことによくわかる発想。水着などの露出の多い服装の女子でも同じ現象があってもいいだろう。とはいえ、椿くんの妄想はあまりに見えすぎちゃっているのが問題だ。ちなみにパッケージ版でも隠しの部分は大きく変更されていません。「ナゾカノ」はこんなところをウリにする必要の無い作品ですから(キリッ)

●いつもの日課を行う二人。ここで卜部さんが急に椿くんのよだれも舐めたいって言い出したのは、不審な視線を自分に向ける椿くんの心情を読み取りたいと思ったから。よだれが二人の絆であると同時に、コミュニケーションのツールとして使用されているのが、このシーンだ。

●本来すれ違う心を言葉が補うのを、言葉を経ないで互いを理解するアイテムがこの作品での「よだれ」なのだが、こうして見ると、ちょっとズルいと思わないでもない。では互いのよだれの交換だけで互いの思いが伝わっているなら、そもそもこの話自体が成り立たない。よだれを介していても言葉がそれを補足しないと意味を持たないのだ。だが卜部さんは言葉数が少ないから、椿くんにとっては謎である。このシーン、つまりは「謎の彼女X」という作品のエッセンスとも言えるシーンなのだ。

●このよだれを巡る一連のシーン。原作漫画とは二人の立ち位置やアングルが異なっている。マンガは卜部さんを見せたいし、アニメは椿くんを見せたいのだ。アニメとマンガが補完し合っている例。

●「なんで?」と聞く卜部さんのシーン。マンガだとそれほど目立っていないコマだけど、アニメだと微妙に卜部さんのアップになっており、先にシーンの主体である椿くんから、卜部さんに移動したことをうかがわせるだけのかわいらしい卜部さんの1カットだ。

●自宅に帰った卜部さんが「エッチなのね」というシーン。なんかもう言わせたもん勝ちっていうか、耳福っていうかw これはもう「男の子ってしようのない生き物なのね」っていうシーンなんだけど、こういう感情がわいてくること自体、卜部さんはじめ女の子に「母性」が生まれてきている証拠でもあると思う。

●翌日の放課後の二人。なぜこの回に限ってめまいがするほど椿くんはクラクラしたのか? 実はこの時点で卜部さんはこの話のエンドのように、椿くんが自分を抱きしめることを望んでいたのではないか? だがその本心を見透かされるのを拒んでいる気持ちが卜部さんに残っていたため、二人の気持ちのコンフリクトがよだれに発生してたんじゃないろうか。この後のパンツハサミは照れ隠し?w この後の卜部さんの顔は赤らんでいるし、声もうわずっている。今回の本編、実は二人とも顔を赤らめっぱなしです。

●椿くんの額に血がにじむ。昔なら「千昌夫」とかって笑うところだろうけど。にしてもなんでこんなに力入っているんだろう、この出血作画。

●椿くんに怪我をさせた卜部さんは、思いっきり焦っているし、自分のハサミの手元が狂ったことを心底驚いているように見える。長年の鍛錬と経験のなせる技である「パンツハサミ」ですが、自分の失敗に一番びっくりしたのは卜部さん自身だったようだ。その慌てっぷりが、つぎの事態を引き起こす。たいしたことが無いはずの怪我に処置で、2度目の卜部さん宅訪問に驚いているのは椿くんなわけで。

●コメンタリーより、卜部さん宅の本棚にある本のタイトルは、各話演出のかたや背景の方々によるチョイスだそうです。そのあたりは現場に任せちゃうんですね。

●またしても卜部さんの寝具に興味津々の椿くん。今回は枕の寝よだれに気がついてみたり匂いをかいでみたりして、相変わらずのフェチっぷりである。髪の毛ぐらいは持って帰りかねないな。

●枕の寝よだれに言及し、卜部さんの夢との関係を訊ねる椿くん。彼に向ける視線がジト目の卜部さん。この時の卜部さんは、「どうしてこの人は・・・」という風にも見えるし、夢の内容を思い出しているようにも見える。

●自分のよだれを差し出す卜部さん。おそらくこの時の自分が見た夢の内容が伝わると思って卜部さんはよだれを差し出したのだと思うのだが、結果としては椿くんのビジョンとして見えたのは、卜部さんの裸。先述の通り本作での「よだれ」は絆であり、コミュニケーションであるはずだが、どうやらきちんと想いが伝わるには、二人の気持ちの同調が必要なのではないか? この件について考えてみる限り、今回ばかりは卜部さんの思いは椿くんの邪な欲望に邪魔されたようなのだ。とはいえ、卜部さんが見た昨夜の夢というのも、椿くんとのSEXをほのめかしてもいるので、当たらずとも遠からずなのだろうけど。

●アイキャッチ。工事現場の卜部さん、いわゆる現場作業員風のファッションに身を包んだ卜部さんがスコップを抱いて土嚢の上に横たわっているのだが、このイメージ、原作にもなかったような。

●思わず欲望に負けてしまいそうになるのをグッとこらえた椿くん、思わず卜部さんを突き飛ばしちゃいます。こういうとき、自分でも予想しない力が入るときがある。そのせいでベッドまで突き飛ばされた卜部さん。普通ならベッドに横になった少女に覆い被さって・・・といくのが王道だろうけど、そうは行かないのが「ナゾカノ」のいいところ!がんばりましたね、椿くん。

●事の事情を告白した椿くんに寄せる卜部さんのジト目。これはもう、いっそのこと抱きついてくれて良かったのにというジト目。でもその本音を言わないのが卜部さんという少女なのだ。そして優しく椿くんの頭を抱いてあげるのだ。椿くんから離れたあとの卜部さんの足をイジイジする演技がとてもカワイイ。

●「その先は教えない」この時の台詞の語気は、アバンにおける「撮ったのは1枚だけでしょうね」の台詞の語気と対になっている。また「わたしもエッチなのね」というのも、前半との対だ。本作の基本的な構造は、このシーンで終わっており、この後はちょっと蛇足気味にも見える。

●その境目がアニメオリジナルのシーンである椿くんの夢のシーンだ。餅つき→月のうさぎ→卜部さんのバニー姿と、あまりにもストレートな嗜好が反映されたシーンは、ちょっと直接的すぎて本編から浮いて見える。お餅の感触と卜部さんの胸の感触を同列にしている辺りも、8話「謎の感覚」ともちょっと違う気がしていて、作品イメージとはちょっとそぐわないかなと。でも植芝先生のお気に入りのシーンだそうです。ちなみに吉谷嬢が以前のコメンタリーで言及していたのがこのシーンです(→椿くんのノートをパンツハサミで人が手をつなぐ形に切り刻んだシーン)。

●ここから諏訪野さん登場まではアニメオリジナルのつなぎシーンだ。どうやら卜部さんの影響で丘さんがパンツハサミを会得しようと,上野くんを実験台にしていろいろやっているらしいのだ。もちろん一朝一夕でできるはずもなく、上野くんに被害が出るばかりのようだ。面白いのは、丘さんはパンツにハサミを挟む気は無いようで、それは上野くんの手前、恥じらっている部分もあるのだろうか。

●諏訪野さんがここで初登場。原作では後に椿くんにいろいろとちょっかいを出してくる面倒くさいキャラとなる。原作では諏訪野さんはどうやら椿くんに興味があって強く惹かれているかに見えるものの、椿くんと卜部さんの絆に割って入ってきそうな予感もあるのだが、それまでには「今井百夏」というアイドルのエピソードを消化しないといけない。第2期に期待かなあ・・・。

●コメンタリーでは、椿くんが諏訪野さんにちょっかいだされている様子に、以前の卜部さんだったら気づかずに寝ていただろうに、今では椿くんを気にして顔を上げていると指摘している。こうやって卜部さんも感情が出せるように、徐々に変わってきている証拠なのだろう。

●そして放課後の帰り道。このガーゼのやりとりもアニメオリジナル。椿くんの想い、それを受け取る卜部さんのうれしい想いがよく現れており、好感触。ここでも照れている卜部さんが見られる。本当に本話はよく照れている卜部さんだ。

●そして原作に戻って椿くんが卜部さんを優しく抱きしめるシーン。音楽がやや不安げなのは、パンツハサミを予想しているからだ。でも本当はいつだって椿くんに優しく抱きしめられたいと願っている普通の恋する女の子としての卜部さんが、ちゃんと描かれている。だからパンツハサミは「照れ」以外の何物でも無い。椿くん役・入野自由さんのお気に入りのシーンだそうです。

●最後の最後までデレとる卜部さん。ここでEDの音楽のイントロが流れ始めます。でもその右手を挙げてる姿はどうだろう?w 吉谷さんとキング・池田さんのお気に入りの手の角度だそうですw もうちょっと胸元辺りでバイバイぐらいが妥当かなと思うのだけど。ま、それが卜部さんか。音楽のシーンの余韻とともに、椿くんのモノローグが優しい気持ちにしてくれる。男の子にとって女の子はいつだって謎なんだよねって。

●次回予告。卜部さん、その切り出し方は別れ話です。ちなみに予告で出てくる腕時計は次回の本編と色が異なります。パッケージ版では修正されてます。

●ここで卜部さんの台詞「私、椿くんの最初で最後の彼女になれたらいいなと思うわ」という台詞。実は次回の本編中にはない台詞。ここは脚本家・赤尾でこの面目躍如であり、原作にもない台詞。これが次回ではニュアンスを変えて登場することになる。
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺☆NHK杯11/11初体験

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->