2013年1月期アニメ青田買い~全体的にほのぼの~

 年明けからずいぶんとご無沙汰をしておりまして、大変申し訳ありません。年頭から風邪を引き込みまして、ちょいと引っ張ったものですから、つい更新が遅くなりました。最終回のまとめよりも先に、2013年の1月からスタートしたアニメをレビューしてみようかと思います。もちろん全部なんか見てませんし、筆者の許容範囲内(むっちゃ狭いですが)でのご紹介となります。今期見始めた作品は以下の通りです。今回も独断と偏見で書き散らしておりますので、あまりお気になされませんように・・・・。

「ビビッドレッド・オペレーション」
「ラブライブ」
「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」
「たまこまーけっと」
「GJ部」
「ささみさん@がんばらない」
「僕は友達が少ないNEXT」
「ちはやふる2」
「琴浦さん」

おまけ
「緊急指令10-4・10-10」

「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」
 なんですかね、今期のアニメの主人公クラスの男子が、どれも低体温低血圧なのは。まあ本作でもその理由は自分を捨てた親への反発という理由による恋愛の拒否で、そこに絡んでくる女の子とたちもそれぞれ訳ありで。それにしてもこの邪悪な美少女役の田倉ゆかりのハマリ具合ったらどうしたものか(笑)。幼なじみの少女の役が「キルミーベイベー」のやすなとまったく同じ匂いを感じるのは、声優が同じなだけではなさそうなんだけど。OPを見る限りまだあと二人ほど少女キャラが出てくるようで。ま、楽しみ楽しみ。

「GJ部」
 低体温低血圧男子その2。んで、部活でなんにもしなくって遊んでばかり、男子であるキョロくん一人に複数の美少女ときたら、思い出す作品にも枚挙に暇が無いし、思い出す作品も人それぞれだろう。筆者が一番気になるのは、どうしてこの作品を日本テレビが選択したか?という1点につきる。これまでの傾向から言えば、このようなカラーの作品はテレビ東京だったりMXだったりのカラーだろう。何を好きこのんでこんな萌え系アニメを日本テレビがと思ってしまう。「生徒会の一存」などと同じで舞台が部室にほぼ限定された一幕劇であり、いまのところ学内や学級すら1話冒頭以外ではお目にかからない。どんどん世界を狭くして、いかに声優にしゃべらせるかに主眼をおいた作りは、アニメとしてはどうかという質問にどう答えてくれるだろうか?なんかいいなあと思ったのは、2話冒頭の部長さんの髪を男の子が整えるシーン。そこはかとない関係性の微妙さが透けて見えた気がする。とりあえず、アニメを見る限り何をしたいのかははっきりしないのだが。

「たまこまーけっと」
 ほのぼのっ!としたコメディになりそうな予感。主人公たまこの声が、絵柄のせいか豊崎愛生の声とダブるのはご愛敬。ご近所の商店街がメインの舞台でご近所モノだと、「それでも町は廻っている」を思い出したりするが、なんといっても「けいおん!」同様の絵柄からくる軽やかさが信条だ。ただしあのトリのような謎の生き物(笑)の存在が、明るい「輪るピングドラム」のような展開も予想させるけど、ま、ないな(笑)。2話まで見る限り「けいおん」同様の上品で女の子押しの上質なコメディが見られそうだ。好感触なのは彼女たちの制服がとってもありがちそうな制服なことだ。とりあえず「けいおん!」スタッフの再結集、とくに京アニ女子部の底力、とっくりと楽しませてもらいましょ!

「ささみさん@がんばらない」
 あいかわらずシャフトの絵作りには頭が下がる。ラノベ原作の文字表現をどう映像化していくか? 平素、アニメを見ている分にはキャラクターと背景という区分けにあまり気を配っていないせいか、本作のような水彩画のような、ちひろの絵のような背景に、しっかりと彩色が施されたキャラがマッチするなんて思いもよらない。だからこそ、本作で表現されている世界観の危うさが、きちんと表現や演出として見て取れる仕様は、本当に驚かされるわけだ。逆にキャストがシャフトと新房監督のいつものメンバーで構成されているせいか、何気ない聞き心地の良さは、こうした見た目の斬新さから与えられる不安感を払拭させるために機能しているといっていい。この構成の妙には本当に頭が下がる。
 原作未読ではあるけれど、1話だけを見る限り、なぜこの世界が不安定かなんて事情は、圧倒的な画面構成と見せ方勝負の演出の前には、見る側にとっての意味を失わせる。それぐらい筆者は圧倒されたし、気圧された。ささみさんとお兄さんの関係性、外に出ることができないささみさんの事情、そして学園の三姉妹の謎、知りたくなるような事情をちりばめて1話がストンと終われば、TVの前に残された視聴者ができることは、次週を心待ちにするしかない。今クールの目玉になりそうな予感。

「僕は友達が少ないNEXT」
 前シリーズから期間をおいて2シーズン目に突入。あいかわらず「友達」をつくることに固執しない話しながら、部活は絶賛活動中。面白いのは前クールで髪を切った夜空が、まるで新キャラクターのように動きだしていることだ。これまでのようにセナとは仲がいいのか悪いのかといった関係ながら、小鷹への思慕がはっきりしてしまった夜空にとっては、これまで以上に感情が透けて見えるだけに、まるで新キャラのようにこれまでとは違って見える。それだけに他のレギュラーメンバーがいつも通りであればあるほど、それが際だって見えてくるのだ。
 それにしてもセナの色気が目立つ1話ではあったが、ちゃんとレギュラーキャラの全部見せとなっているのも良くできている1話の構成だったとおもうのだ。OP,EDも前作ほどのとんがった感じもないものの、レギュラーメンバーで歌う楽曲の楽しさは、まるで部活の賑やかさをそのまま歌にしたような感じだ。それは「友達」がどうのとカテゴリーにこだわるようなこともなく、そこに誰かがいて、一緒にいて楽しければ友達になれるよねという幻想を歌っているようにも聞こえる。それはまた危険をはらんでいるのだろうが、ま、それは別の話・・・。

「琴浦さん」
 なぜか人の心が読める琴浦さん。人から疎まれ、両親からも捨てられた彼女が、ある日転校した先の学校で出会ったのは、まるでノー天気でエロ妄想全開の少年。その妄想たくましい少年と人の心が読める琴浦さん、そして彼らの仲間たちが繰り広げるラブコメディのようです。さて1話序盤の重苦しい空気ったら無い。絵柄からいつかは軽いノリになるだろうことを信じて見続けていたら、中盤で暗い背景がパリンと割れる演出。見事にラブコメに移行しましたとさ(笑)。
ここまでで一番筆者が引っかかっているのは、どうして琴浦さんは、これまでの経験の中で、口に出していいことと悪いことの区別を学習しなかったのだろうか?ということだ。誰彼区別なく聞こえてしまうモノは仕方が無い。けれど口に出すことを控え、表情を繕うだけで人間関係を円滑に進めることもできたのでは無いか?それをかくして付き合ったが故に、あとで気がつかれて去られてしまう経験もしたようで、彼女が常に自分自身故にストレスフルな状態だったわけだ。人が清廉潔白では生きていけないことを、琴浦さんという人物がそれに気づくかどうか。まあ、それはさておき。スタートはどうあれ、ラブコメを楽しみましょ!

「ちはやふる2」
 新学期スタートで、あらためて「競技かるた」のルールを確認して始まった第2シーズン。ま、わかりやすい恋愛ままごとにうつつを抜かさない千早ちゃんには、新入部員20名の女の子の気持ちはわかるまい。とはいえ、なにこの、むかつくガキども!(原作既読ですけど) それにしても、主人公の千早ちゃんは、どうしてこれほどまでにギャグ要因なんだろうか? それでも精一杯がんばること、常に全力であること、目標がはっきりしていることは、一本筋が通っている。そのまっすぐさや直情的な情熱は、自分を見失わない、一つもあきらめない勇気をもらえる気がする。なんだろ、こういうまっすぐさが伝播して生まれる何かって、きっと世の中に響いていくような気がする。今季もヒートアップしそうな作品の一つだ。上手いなあ、浅香監督。

「ビビッドレッド・オペレーション」
 「ストライクウィッチーズ」の絵柄に、力を与えられた少女たち。黒くて謎の敵を相手に世界を守る闘いに身を投じる少女たち・・・って、まるっきり「ストライクウィッチーズですなあ(笑)。とはいえ、今回は「魔力」とか「魔法」という得体の知れない力に頼るのではなく、世界の命運を握るエネルギーとそれを狙う敵という構図の中で、「疑似科学」によって力を与えられた少女たちという設定。でもきっと話題の中心はムダにアップの多いブルマでしょうかw とはいえ、今期の話題をさらいそうな1本。SFっぽい設定もかわいらしい少女たち、そして疑似世界のエネルギー問題をどう考えるのか?

おまけ「緊急指令10-4・10-10」
 例によってCSチャンネルNECOにはお世話になっております。去年は「コセイドン」や「アンドロメロス」、「トリプルファイター」「スターウルフ」、「プロレスの星 アステカイザー」が放送されていましたが、2013年の年明けはこの作品からスタートのようです。毛利博士率いる電波特捜隊の面々が、放送当時に流行した「無線」を使って連絡を取り合ったり、日本中にいる無線仲間との交流の中で発覚した怪奇な事件を解決するストーリー。「怪奇大作戦」っぽい作りのようでいて、登場する怪奇は犯罪を形成するものから自然現象まで幅広く、ヴィジュアルとして視聴者にもわかりやすいように配慮された怪奇現象や怪物たちは、「怪奇大作戦」のような推理ドラマよりも、快活なアクション作品よりとなっています。当然のことながら地上波での再放送などかなわない世の中で、CSならではのラインナップと言えましょう。

スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺☆手術は成功 心臓は停止

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->