2012年10月期アニメ最終回~見た話、見なかった話~

 順序が逆になりましたが、年末に最終回を迎えたアニメをレビューしたいと思います。とはいえ去年のアニメがまだ見終わっていない。従いまして、今回の記事は、見終わった作品から徐々に上げていく形をとらせていただきます。今期、根気よく見続けていた作品は以下の通りです。

「ガールズ&パンツァー」
「めだかボックス アブノーマル」
「ひだまりスケッチ×ハニカム」
「神様はじめました」
「中二病でも恋がしたい!」

意外にも年明けで2クール目に突入している作品もあるので、それらの作品は今回は除外します。それにしても少ない。「青田買い」の記事をご覧いただければわかりますが、ええ、もうあとは全部切りました(泣)。いろいろ見続けていられなかったっていう話もまとめてしますので、その理由なんかも書き残しておこうかと思います。よろしければお付き合いくださいませ。

<なんで見続けていられなかったか?な話>
 さて、見続けていられなかった作品は以下の通り。

「えびてん」
「BTOOOM!」
「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」
「リトルバスターズ」
「イクシオンサーガDT」
「好きっていいなよ。」
「となりの怪物くん」

 ここからは見続けられなかった理由になるんですが、記事としてはまとまりがない感じで、ダラーッと書き連ねてみます。最初に切ったのは「えびてん」「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」の2作品。「えびてん」はパロディでどこまでやるのかなあと興味津々で見始めたのですが、そのパロディ自体を楽しむ以外の面白さを見いだせなかったことが私の敗因です。OP,EDの楽曲にも気を払われてパロディ元の楽曲を、出演声優が歌うなどの展開も読みやすく、あまり飛び抜けた感覚を抱けませんでした。
 「BTOOOM!」はあまりに凄惨な話であったが故に打ち切り決定。これを楽しんでいる皆様や制作者の皆様にはなんの非もないことは承知の上で、この凄惨に過ぎる物語を楽しめる心の余裕がなかったです。原作のマンガもキャラクターの線が細く、それでいてふっくらとした女の子の表現などにこだわりをもって描かれている絵を、アニメでも再現している点などは大変評価しているつもりです。しかし人を殺すことにゲーム性を持ち込んでいる点や、爆殺という殺人手段の陰惨さなどを思わず想像してしまう点で、どうしても見続ける覚悟が足りなかったと反省して打ちきりました。
 「お兄ちゃんだけど~」についてはあまりにも主人公ハーレムスタイルで、なおかつ下宿荘ってどこのエロゲ?的な話でスタート。1話で切りました。今にして思うとどうして切ったかの理由に困るのですが、これを見続けるのに何が足りなかったのか?と問われれば、キャラが強すぎるのにおもしろみに欠けるとしか言いようが無い。特に下宿人の3人の女性キャラが生徒会でもある点は、どの場面においても主要メンバーしか出てこず、展開の先読みの面白さという点においてどうしても難点がある気がしていました。現在放送を開始している「GJ部」もキャラクター構成上はほとんど変わらない気がしますが、キャラクターの魅力は「GJ部」の方が上かな?と思うのです。あからさまなエロキャラとかは、逆に興ざめ。むしろギャップをこそ楽しみたいものです。
 「リトルバスターズ」「イクシオンサーガDT」の2作品については、筆者にとっては何を楽しめばいいのかわからなかった作品。「リトバス」がどうして野球でスタートしたのかも疑問だし、あれの何を楽しむべきなのか、1,2話では読み取れませんで(情けない)。「イクシオンサーガDT」はいっそ「アクセルサーガ」や「ソードアートオンライン」のパロディである側面を感じましたが、それと「DT」がどうして関連するのかがよくわからずじまいで、品性や常識、モラルをせせら笑う作品ならそのように作ればいいのにとしか思えず、脱落。
「好きって言いなよ」はけっこうがんばって見てたんですけど、「君の届け」の劣化コピーにしか見えなくなってきたことが敗因です。こうなると「君に届け」にあるじわっと感動させる要素をつい期待しちゃうのですが、人との関係性を純粋に欲している「君に届け」と、それをどこかで否定して拗ねて見せている「好きって言いなよ」の違いかなと。どうも我慢が足りないなあ、筆者は・・・・。
「となりの怪物くん」は放送時間と他の番組との兼ね合いで泣く泣くカット。でもこれ、DVDレンタルで出回ったら見ます。けどね、全体的に戸松遥押しにしか見えないのは、やや作品としての弱点か。戸松さんの小器用さが鼻につきながら、目が離せないでいる自分に、イラッとしています(笑)。
 今期、最後まで見ることで初回の印象が払拭できるような感動もありました。やはいりアニメは最後まで見ないとわからないもので。その意味で、この文章は筆者の事実上の敗北宣言でもあり、悔恨の言葉でもあるわけです。はい、反省してます。

<見た作品の話>
「ガールズ&パンツァー」は個人的感覚としては「うぽって!」と「ストライクウイッチーズ」の延長線上にとらえていました。ただし先述の作品同様に、女性キャラクターの数が尋常ではなく、どうしても主要キャラ以外の見分け聞き分けが付かない状況での視聴が、ややつらかった印象がぬぐえない。結局EDのクレジットによって毎回2度見直さねばキャラクターが把握できずにいました。物語はとても前向きで、ミリタリーにあふれていて、こだわりがあって、なんとも胸のすく思い。移動する戦車から見た風景というインサートはとてもさわり心地がよく、地形や数的不利有利、天候状況などから立案される作戦とその運用の出来不出来など、戦記物としての側面も十分に楽しめました。中途半端なところで終わっているため、第2期を急いでいただきたいと心から願っております。

今期は「めだかボックス アブノーマル」「ひだまりスケッチ×ハニカム」などの継続シリーズもよかったです。実に安定した作りの「ひだまりスケッチ×ハニカム」は、ご病気から復帰し始めた声優・後藤邑子さんの体調がひたすら心配ですが、ちゃんとお声が聞けてうれしく思っています。最近最初のシリーズをレンタルDVDで見始めていますが、今シリーズよりも最初のシリーズのほうが、実写挿入シーンが多いのですね。映像手法的にはむしろ「化物語」に移行した分、幾何学的なデザイン的背景や記号論的描写がどんどん先鋭化してきており、その積み重ねはシリーズの変遷として今後のブログでも研究してみたい題材だと思っています。「ひだまりスケッチ」シリーズの背景描写の心理効果みたいな。

「めだかボックス アブノーマル」は第2期。1クールでフラスコ計画を打倒する話を一気に駆け抜けた感じでして、ちょっと尺不足かな?と思わないでも無かったですが、見てみれば中だるみもなく、最後まで無事完走。しかも最後の最後で球磨川禊の登場と、彼のエピソードで締めくくられて第3期に乞うご期待だなんて、あまりにも気が利いています。前作に比べるとあまり話題にもならなかったようですし、喜界島さんのマヌケ方向の活躍が少なくってやや残念な場面もありましたが、原作通りの面白さをアニメという舞台にキレイに引き延ばし、詰め込みすぎを回避したそぎ落としも、いっそ気持ちが良かったので、第3期も期待したいと思います。

「神様はじめました」は筆者が大好きな大地丙太郎監督による,白泉社刊のマンガのアニメ化作品。ナレーションに山崎バニラさんを迎えているだけに、近年の大地監督作品っぽい味わいが出てはいるものの、同じ白泉社原作の「フルーツバスケット」っぽい作品かなと思っていると、以外にもストイックなラブコメになってて、非常に面白かった。
 偶然にも神様(土地神)になってしまった奈々生(ななみ)。彼女を助けるために彼女の神使(使い魔)となったのは野狐(やこ)の巴衛(ともえ)。最初はぶつかり合う二人が丁寧で濃密な時間をかけて仲むつまじいカップルとなり、奈々生がちゃんと土地神になるためにエピソードを重ねていく様は、本当にシンプルでかわいらしくって、大変楽しませてもらいました。最終話の神楽の舞の渾身作画はご立派!の一言。ちょくちょく二人がバカになるシーンがあり、「恋は盲目」って言葉の意味を噛みしめる展開は、この年になるとだいぶほろ苦くもある、新米の土地神様と心配性の妖怪のラブコメディ。所々大地監督らしいギャグのテンポも差し挟まれているので、その点もぬかりない。もっとも大地監督が絵コンテを切っているのは数話ぐらいだったりするので、全体的には大地成分は低めですが、ところどころ大地一家の声優陣が登場するので、それだけでわりと安心できたりします。OPとEDもフレンチポップスばりのウィスパーヴォイスで歌われる楽曲は、かなりクオリティも高く、特にOPの映像は、歌詞をデザイン化した文字を画面にめいっぱい出す演出が斬新でした。問題は本作の間に挟まれるCMで、ネタバレしてしまうのが、なんというかもう・・・(笑) これは、ぜひCM入りのオンエア版をどうにか見ていただかないと、笑いどころがわからないかもしれません。とはいえ、やはりアニメは最終回を見るまで、わかりませんねえ。筆者にとっては儲けものの1本でした。第2期、やってくれねーかな。

 「中二病でも恋がしたい!」は今期のムーブメントの中心的な作品。京アニ作品として見ればどうやったて「ハルヒ」を思い起こすし、「中二病」というタームやそれらしい発言をするメインキャラクター一同の言動を聞けば、耳が痛くなる向きもいるだろう。前半はまさにその「痛さ」と心地よく付き合っていけるが、後半になるとこれが急に人ごとに思えてくる。後半の六花の中二病にまつわるエピソードの重さが、あまりにも視聴者側との」溝を作る。この引き離しはむしろ六花をはじめとするキャラへの感情移入を阻害するだけに、気持ちよく作品を見る距離感を保てたのではないか? 六花たちを我々に預けないための措置、それが六花のエピソードによる視聴者の引き離しの本当の意味だったのではないか?とかく作品やキャラにのめり込みをもって「萌え」と称して消費する視聴者側への警戒心。それがこの距離感を生んだのではないかと愚考してみた。現行作品である「琴浦さん」がまったく逆のエピソード運びをしているのを見るにつけ、そう思ってしまう。
 本当の事を言えば、入学式初日から友達になってカラオケにいく高校生というのがかえって信じられないぐらいで、実は本作の日常描写には「?」と疑問符を感じることが少なくない。「僕は友達が少ない」的に、高校生の日常が曲解されているのかと感じる場面が少なからずある。それが原作に依存するのか演出なのか判断が付かないが、六花たちを際立たせるための描写としてどうなのか?と思うことがしばしばあったが、ま、演出ミスと言い立てるほどもない些細な話。

なお録画しながらほったらかしている作品もありまして、それはまた別の話として・・・。
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

No title

入学式に即日カラオケというのは、私が高校の頃実際に体験した出来事なので、実在します(笑)!
私がカラオケ好きになった元凶でもありますし。

『ガルパン』は今年3月に11話と12話を特別枠で放送するようです。非常に楽しみな今日この頃であります。

No title

飛翔掘削さま

 えー、そうなのおー!(笑)
 まあ私の頃のカラオケって、まだイベントではあっても遊びの範疇としてはまだ高額でしたからねえ。
 時代も変われば遊びもかわるってことで。
 お見それいたしました!

 ガルパン、それは楽しみなことですね。とはいえ、2話程度で終わるんでしょうか?w
プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺☆原田知世デビュー35周年

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->