追悼 金田伊功さん(リライト2000words)

 2009年7月21日、金田伊功さんの訃報が舞い込んだ。彼は70~80年代に大活躍した名アニメーターである。それにしてもアニメ界の偉人「金田伊功」とは、どれだけ巨大な人だったろうか。その功績については、名著「20年目のザンボット3」や、キネマ旬報別冊「動画王」のVol.1などの、氷川竜介氏の著作に詳しい。金田氏の作品に精通した氷川氏こそ、金田研究の第一人者である。

 「エフェクトアニメ」という言葉をご存知だろうか? 「SFアニメがおもしろい」(アスペクト刊)によれば、ドラマ部分の人間の動きではない、メカや物体の爆発や破壊、ロボットの戦闘シーンなどのことである。実写映画で言えば、エフェクト(特殊効果)に相当する。金田氏はこのエフェクトアニメの名手であった。
私が子供のころ親しんだのは、劇場版「銀河鉄道999」の惑星メーテルの崩壊シーンや、「ヤマトよ永遠に」の、敵中間補給基地でのシーンなどである。他にも「幻魔大戦」における富士での大戦闘シーンや、「さよなら銀河鉄道999」での、鉄郎対黒騎士の対決シーン(銃を持つ鉄郎の小指に注目)、「無敵超人ザンボット3」での戦闘シーンなど、枚挙に暇がない。

 そして金田氏の傑作といえばオープニングの作画であろう。「サイボーグ009(新)」や「銀河旋風ブライガー」、「超電磁マシーン ボルテスV」「機甲創世記モスピーダ」などが有名なところだ。後年「ふしぎ遊戯」のOPでもお名前を拝見でき、うれしかった思い出がある。
 その作画スタンスは一貫している。OPの作画で、世界観や設定などを惜しみなく説明することだ。だからといって淡々と説明していたのでは、面白くない。主役キャラクターを順に見せていく。時にはその秘めたる能力を惜しみなく表現する。そして主役がロボットの場合には、派手なバトルシーンまで見せてしまう景気の良さだ。そして印象的なラストカットを、止め絵を用いて物語の世界観を示しつつ、稲妻や光となって飛んでいく。金田氏の作るOP映像は、おおよそこのようなパターンで作られている。しかしどの映像も、各作品の特徴を最大限引き出されていることは、言うまでもない。こういった映像は、動画サイトでいつでも気軽に楽しむことができるので、ぜひご覧いただきたい。

 個人的には、「サイボーグ009(新)」のOP映像が気に入っている。9人のサイボーグ戦士たちの能力を、惜しみなく見せ付ける映像は、氏のなした仕事の最高傑作であると思う。
 特に曲の中盤、009以外の8人の能力を、Bメロに乗せて一気に見せていくシーンがすばらしい。たとえば004がその右手から放つ、マシンガンの火花のエフェクトに注目してほしい。放たれた縦断の流れが、画面左から着弾する。着弾地点が徐々に正面に移動し、やがて我々を直撃するコースをとる。撃たれる側の目線を、そのイマジネーションで映像化して見せたのだ。まさに衝撃映像である。胸と顔のアップから入る、力の入った表情の005は、大岩の重量感を存分に描ききっているではないか。そしてジョーの流す涙は、009の繊細さと魅力を決定付けたといわれている。このわずか数秒の落涙シーンが、ジョー役の井上和彦氏を勇気づけ、監督の高橋良輔に方向性を与え、東映プロデューサーの鈴木武幸に作品の成功を予感させたのである。
 その時間、わずか1分数十秒。この短い時間の中で、「サイボーグ009」のすべてを詰め込んだ、名オープニングフィルムである。と同時に、わずかな時間でこれだけの表現が詰め込める、アニメーションというものの、限りない可能性すら感じさせるのだ。

 最近ではまれではあるが、一時期番組の放送開始に、OP映像が間に合わないということが頻出した時期があった。これらの作品には本編の質を優先させるために、OPにまで手が回らなかったなどの逸話が残されている。しかし主題歌が流れるOPの映像は、作品の顔である。本編を見る前にOPの映像を見て想像力を刺激され、本編を予想し、作品の出来不出来をある程度予測するものだ。ここに心血注いで意地を見せずに、何をみせたいのか。出来の悪いOP映像を見せられて、本編を楽しめと言うほうが、無理な話だ。
 最近ではこういったことはほとんど聞いたことがない。準備期間がきちんと設定されているからだろう。だが一方で、金田作品に対抗できるような魅力的なオープニングに、最近出会えていないことも、また一面の事実である。残念なことだ。

 さまざまな作品で、媒体を問わず作品を提供してくださった故・金田氏の偉業を、今は静かに称えたい。そして彼の偉業のもう一つの側面は、さらに第3世代に相当するアニメーターを輩出したことだ。越智一裕、山下将仁、大張正己、摩砂雪など、金田氏のフォロワーたちである。
 金田伊功さま。本当に、本当に、すばらしい作品群を、ありがとう。あなたがこの世に残してくれた作品を胸に、私たちはあなたの名前を、死ぬまでわすれません。
スポンサーサイト

テーマ : 映像・アニメーション
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

非公開コメント

プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺☆手術は成功 心臓は停止

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->