「エイリアン」から「プロメテウス」まで~人は何がしたいのか?~

 自宅に帰ってからの時間を、勉強(アマチュア無線の免許とります)やら作品を見る時間に充てられることがわかり、体にも気持ちにも少しずつだが余裕が出てきたところだ。
 んで、ここのところ何を見ていたのかといえば、あのSFホラーの名作「エイリアン」の前日談となる「プロメテウス」を見てから、「エイリアン」シリーズ4作品をゆっくり見ていた。「プロメテウス」を見ると、見たくなるんだね「エイリアン」シリーズが。何故かと問われれば、それはもうラスト間近の絶妙のタイミングで誕生するあの生物と、その後の栄枯盛衰に興味がわいてしまったからだ。ところが見始めたのはいいけれど、1~2まではあっという間に駆け抜けたが、「3」が鬼門でしてね。個人的な話で恐縮ですが、エイリアンシリーズで筆者が劇場に足を運んで見た唯一の作品なだけに思い入れはあるし、何より主人公リプリーとエイリアンの決着が、この作品で一度はついているので、作品的にも一段落するのだが、なんといっても重く暗い話なのでなかなかこの作品を突破できなかったことを告白しておく。
 さて今回はごく軽~くこの「エイリアン」シリーズと「プロメテウス」を一連として、強烈な個性と強靭さで蹂躙するエイリアンと、蹂躙されまくる愚かな人間の姿を眺めながら、いろいろ思うところを書いてみたいと思う。ぶっちゃけただの感想文でしかないので、いつもと比べるとあまりオススメできる記事ではないのだが、興味のあるかただけどうぞw


【FOX HERO COLLECTION】エイリアン ブルーレイBOX(4枚組)(初回生産限定) [Blu-ray]【FOX HERO COLLECTION】エイリアン ブルーレイBOX(4枚組)(初回生産限定) [Blu-ray]
(2012/07/18)
トム・スケリット、シガニー・ウィーバー 他

商品詳細を見る


プロメテウス [Blu-ray]プロメテウス [Blu-ray]
(2013/07/03)
ノオミ・ラパス、マイケル・ファスベンダー 他

商品詳細を見る

<エイリアンたちの栄枯盛衰>
 最初の映画「エイリアン」が日本で劇場公開されたのが1979年の7月だった。宇宙貨物船ノストロモ号が地球への帰還途中で謎の電波をキャッチ。その発信源である惑星へ調査に赴いたノストロモ号の船員たちは、そこで化石化した巨大な宇宙人と、無数の卵のような謎の物体を発見する。その卵から発した謎の生物に寄生されるノストロモ号のクルー。船に帰ったクルーたちは、人間に寄生した後に成長した謎の生物に、徐々に襲われていく。クルーの一人・リプリーは地球に迫りつつある宇宙船という密室の中で、生き残ったクルーたちとともに、謎の生物エイリアンの恐怖におびえることとなる。その獰猛さ、強力な酸の体液、殺戮の限りをつくすエイリアン。1作目では物語の最後でノストロモ号が自爆、エイリアンはリプリーが飛び乗ったシャトルにまでとりついてリプリーを襲うのだが、リプリーの機転によってエイリアンを排除して地球への帰途へ着いたところでエンドとなる。

 その宿縁はそのまま「エイリアン2」(1986)へと引き継がれる。前作の事件後57年が経て、コールドスリープによって眠っていたリプリーは救助されて蘇生させられる。その世界はかつての自分の娘すら死亡していた時代だった。そんな中、エイリアンを最初に発見した惑星が、現在植民惑星として開拓されていることを知ったリプリーは、アドバイザーとして植民地海兵隊に同行する。その惑星で彼らが見たものは、すでに破壊しつくされた街と、エイリアンの繭にされてしまったかつての住人たちの姿だった。惑星に水爆を落としてエイリアンたちをせん滅しようとするものの、水爆を搭載した宇宙船にもエイリアンの魔の手が及んでおり、宇宙船は墜落してしまう。落下した水爆の爆破までの時間の中で、エイリアンの強襲を退け、生き残った少女を助けながら、リプリーはあまりに圧倒的な数のいるエイリアンたちと戦い、救助船に乗って帰還しなければならない。リプリーははたして生き残れるのか?

 圧倒的に不利な状況下で、リプリーは少女を助けながらもなんとかエイリアンたちを撃退し、少女を助けて脱出する。ところが脱出したはずの宇宙船に謎の事故が発生し、乗員たちは冷凍睡眠のままリプリー一人を残して全員死亡してしまうというショッキングなスタートで始まるのが、「エイリアン3」(1992)である。生き残ったリプリーはたどりついた刑務所惑星の男たちに助けられるが、その惑星はあまりに禁欲的に過ごす囚人たちによって、リプリーは迫害される。ところが囚人の一人が惨殺されたのを皮切りに、リプリーは三度エイリアンとの戦いに巻き込まれていく。だが物語で明らかになった事実、それは前作のラストで脱出した宇宙船の事故も、エイリアンの寄生によって引き起こされたものであり、そのエイリアンはリプリーに寄生していたのである。物語のラストでエイリアンとともに溶鉱炉に落ちゆくリプリー。それは長きにわたる彼女とエイリアンとの戦いの結末であったはずだった。

 このエイリアンを宿したリプリーの血液を使って、リプリーはクローンとして再生するというのが、現在のところ最終編となる「エイリアン4」の冒頭である。「3」から200年後の物語である。エイリアンの遺伝子すら受け継いだクローン・リプリーは、実験宇宙船の中で貴重なサンプルとして生活していたが、人間たちをあざ笑うかの如く復活したエイリアンたちによって宇宙船が襲われるにおよび、リプリーは4度目のエイリアンとの対決を余儀なくされる。リプリー抹殺の目的で宇宙船に乗りこんできたアナリーとも和解し、本能的にエイリアンを敵と認識して戦うリプリー。一方人間の生殖能力すら手に入れて進化したエイリアンは、「ニューボーン」を生みだす。徐々に地球に近付きつつある宇宙船の中で、リプリーはニューボーンを相手に最後の戦いを挑む。

 その後、エイリアン単体の映画は作られてはいない。ところが突如2004年に公開された「エイリアンVSプレデター」によって、エイリアンは再び活動を開始する。この物語ではなんと南極に隠されていた遺跡にエイリアンが大量発生する。遺跡に調査に訪れていた科学者たちは必死に逃亡しようとするが、成人の儀式のために遺跡を訪れていた3体のプレデターと共闘することで遺跡からの脱出を試みるという物語。エイリアンシリーズがあまりにも時間周期の長い物語であるだけに、この2004年という現実の年回りに地球上にエイリアンがいることにまずは驚かされる。そしてもはや人間を殺戮し、そしてプレデターに狩られまくるだけの雑多な生物となり下がったエイリアンの姿がここにある。そしてこの物語の直後、プレデターとエイリアンが融合した「プレデリアン」が登場し、地球上でエイリアンが増殖するというのが続編である「エイリアンVSプレデター2」(2007)の物語である。ついにエイリアンは、その存在意義すらなくなり、新種「プレデリアン」誕生のための素体でしかなくなったわけだ。もっとも人間を襲うのはもっぱら増殖したエイリアンであり、プレデリアンの手下となり下がっているあたりも悲しみを誘う。

 このエイリアンシリーズのスピンオフ作品である「エイリアンVSプレデター」シリーズを、正史と読むか外伝とするかは、見識者によってさまざまな見解があることだろう。だがゼロ年代をとうに経過したころに忽然とエイリアンの出自にスポットを当てた作品として登場したのが、「プロメテウス」(2012)である。

 種の起源を確認するため、宇宙船プロメテウスに乗り込んで、地球上の遺跡に遺されていた情報から惑星LV-223に向かう科学者たち。「エンジニア」と呼称される宇宙人の存在こそがその鍵を担うという。惑星LV-223にて山に偽装された遺跡に侵入した科学者たち探索隊は、そこで何物かから逃げ惑うエンジニアのホログラム映像を見る。そして奇妙な傷を負ったエンジニアの死体の山を発見する。強烈な砂嵐が訪れる中、科学者たちは宇宙船に退避したが、遺跡に残された2人の科学者は、そこで蛇のような奇妙な生物に寄生されてしまう。探索隊をエスコートしていたアンドロイド・デイヴィットは遺跡の中で採取した黒い液体を科学者・ホロウェイのドリンクに混入させる。その夜からホロウェイは徐々に体調が悪化していく。ホロウェイの恋人であるショウは、乗組員を襲い始め正気を失ったホロウェイが、乗組員たちに火炎放射器で殺されるのを目の当たりにし、気を失ってしまう。だが前日の夜にホロウェイとSEXしていたショウの身にも危機が及ぶ。性交後大した時間もたたないうちにショウは妊娠しており、体内に謎の生物が成長していることを知る。船内にあった全自動手術装置を使って体内の生物を摘出するショウは、その生物を装置に閉じ込める。そしてショウは死んだと思われていたこの計画の出資者であるウェイランドが生きてこの船に乗り込んでいたことを知る。ウェイランドの目的は、自らの寿命の延命のために生命の想像主たるエンジニアに出会うことだ。ウェイランドとともに遺跡の中で生き残っていたエンジニアが眠る場所に移動するショウたち。だがウェイランドが出会ったエンジニアは、ウェイランドを殺害し、ホロウェイを破滅させた黒い液体を地球に持ち込むために、遺跡に偽装した宇宙船を動かし始める。飛び立とうとするエンジニアの宇宙船にプロメテウスを激突させ、エンジニアの計画は阻止されたが、生き残ったエンジニアはショウに襲いかかる。だが全自動手術装置に閉じ込めていた寄生生物を解き放たれ、生物はエンジニアに寄生しようと激しくもみ合う。そのうちにショウは脱出に成功する。デイヴィッドを回収し、残されていたエンジニアの宇宙船に乗ってショウはエンジニアの母星へと旅立つ。この惑星には決して近付くなというメッセージを残して。だが生物に寄生されたエンジニアの体を食い破って現れたのは、まぎれもないあの生物だった……。

 この物語の冒頭に描かれているものを見る限り、どうやらエンジニアたちはこの地球にもやってきていて、自らの体を分解させてこの星の水に溶け込ませ、生命の素となったらしいことが語られている。またLV-223の遺跡の中で見たホログラムなどの情報から、LV-223はエンジニアたちにとってあの黒い液体の実験場であり、あの寄生生物は生物兵器として開発されたものらしい。しかもその生物によってLV-223にいたエンジニアたちはほとんど殺されてしまったというのだ。しかもこの物語の最後に登場したエイリアンは、黒い液体に寄生されたホロウェイとショウの間に生まれた生物が、生き残りのエンジニアに寄生して生まれた生物らしい。物語の序盤に科学者に寄生した蛇状の生物が卵から飛び出してくるのだが、この様子はエングチャンバーからフェイスハガーが飛び出して最初に寄生するエイリアンの手口とよく似ている。終盤でエンジニアを襲った寄生生物が、ヒトデのような生物に成長していたことを考慮しても、蛇→ヒトデ→人型のエイリアンって、なんだかよくわからない気もする。少なくともエイリアンがエンジニアとヒトの遺伝情報を取り込んで人型になっている事情だけは納得するしかない。エイリアンの異常とも思える生命力の強さはエンジニアに起因するのか、エンジニアが開発した黒い液体のせいなのか、はたまた人間のしぶとさなのか? でも「エイリアン4」の終盤に登場した「ニューボーン」の存在がちょっと浮いて見えるのもいたしかたなしか。しかしこうやって寄生した生物の遺伝情報を取り込んで進化するエイリアンを見ていると、その種としての強靭さは、それを生みだした「血」にこそ強さの秘密がある陸奥圓明流に近いのかもしれない。

<人という愚かな生物種>
 「プロメテウス」という映画が、「エイリアン」シリーズから遡った話として製作された上で、個々のエピソードから逆算で仕組まれたようなシーンが連続する構成になっている映画であることは、正直言って劇場用映画の構成としてはあまり上手くないと思える。謎の提示とその回答が1対1として構成されている個々のエピソードが、並列ではなく1つ1つを置きに行っている感じが映画としての面白さに欠ける点なのだ。それに比べるとエイリアンという絶対の敵から逃げる、あるいは戦うという選択肢を強いられるリプリーたちという、物語のすべてを集約させたような強烈に太い1本の筋道で貫かれている「エイリアン」シリーズの構成に比べると、「プロメテウス」はやりたいことを全部つっこみました的な雑多な映画に思えてくる。

 さてエイリアンがどれほど恐ろしい存在とはいっても、それぞれの映画の中ではリプリーたちによって殺され、撃退されていることは事実。しかも次の映画を作るために、「実はエイリアンが寄生していて……」という説明の件はやはり残念に思うの。シリーズの主人公であるリプリーの物語として筋を追っていけば、巻き込まれるに任せて生き残ってしまった1作目、戦う意思を持って乗り込んでいく2作目、その宿命を絶つことを宿命づけられた3作目に対して、4作目ではリプリー自身が大きく様変わりをしているために、本能でエイリアンを敵対視しているものの、やはり戦う動機づけに弱い印象が否めない。ニューボーンの死に触れた際、謝罪の言葉を述べているリプリーには、実は強烈な母性が存在し、「2」ではその母性ゆえに戦うことを余儀なくされるあたり、「ターミネーター」シリーズのサラ・コナーに似通ったイメージがある。面白いなと思うのは、「エイリアン」という1作目の映画に秘められたフェミニズムについて述べた「社会に凌辱されていく女性」という評論がある一方で、「2」に込められた「母性」についてはあからさま過ぎてあまり論評の対象になっていない気がするあたりだ。特にリプリーの行動動機の中で、物語終盤になって地球にエイリアンが繁殖する可能性が示唆され始めると、途端にその阻止だけが目的になってしまう。「3」以外のシリーズでは見られる傾向なのだが、その当たりの動機づけがはっきりしない。実はこの動機づけを子供がいる(あるいはいた)はずの地球に恐ろしいエイリアンを向かわせるわけにはいかない、という母性の事情に思いいたれば、わりとすんなりと納得できる。たとえリプリーがクローンであっても、その母性がニューボーンの死を悲しむ一方で、ウィノナ・ライダー演じるアナリーに向けられる視線は、かつてともに戦ったアンドロイドたちに向けるそれではなく、明らかに成長した娘を見るような視線ではなかったかと思える節がある。逆に「3」でのリプリーは、明らかに女性であることをはく奪されている部分が物語を進めているだけに、母性よりも女性が抜きんでている。序盤医師とのSEXを誘うシーンはまさに女性だろう。だが終盤で自身に寄生したエイリアンと溶鉱炉に飛び込むシーンは、どうしたわけかあまり母性を感じない。リプリー役のシガニー・ウィーバーが「3」の製作現場に対して大そう不満を持っていたことは伝えられているし、バリカンでそり上げられた頭髪を見て母性がわく方がどうかしているのかもしれない。ただ「エイリアン」シリーズを、男性社会の生き抜くたくましい女性の寓意と受け取ることになんら疑念はないのだが、その一方で男性社会に凌辱されていく男性たちが存在することにも触れてほしいのだ。彼らはただリプリーを生き残らすための捨て駒としてエイリアンに凌辱され続けているのだから。ついでに書きくわえておくと、「エイリアンVSプレデター」シリーズでは、あっさりとエイリアンたちが地球で凌辱の限りを尽くしている。どうしてくれんだよ。

<現場を知らない企業の身勝手>
 「エイリアン」シリーズに共通して登場する「ウェイランド湯谷」という企業がある。この企業がどういうわけかエイリアンの存在を知っており、それを捕獲して地球に持ち帰り、生物兵器を作ろうとする話が必ず挿入され、それを阻止するためにリプリー達は奮戦する。それは「プロメテウス」でも同様なのだ。もっとも「プロメテウス」の時代ではまた「ウェイランド社」ということになっており、湯谷に吸収合併される前の物語だとわかる。おそらくはウェイランド社長がこの物語で宇宙船に乗りこんで勇躍した事情が、企業弱体を招き、吸収合併の流れになったのだと思われる。ちなみに「プロメテウス」という物語の存在自体が「ウェイランド湯谷」が「エイリアン」に着目した最大の事情でもあるから、「プロメテウス2」がもし実現したら、その当たりの事情についてもきちんと触れてくれるのではないだろうかと期待している。

 しかしこの「ウェイランド湯谷」という会社はひどい会社で、リプリーの血液を採取して、リプリーのクローンをつくりだした上、エイリアンをどうあっても地球に持ち込んで研究するつもりで、そのために宇宙船に輸送されてきた人間に寄生させる非人道的な方法でエイリアンを輸送をしている。たとえ3シリースにわたってリプリーがエイリアンに優勢勝ちを納めてきたからといって、必ずしもエイリアンたちが人間のコントロールを受け付けるとは到底思えない。それでもエイリアンを生物兵器に仕立て上げたいウェイランド湯谷の人々には、人間の思い上がりと傲慢さしか感じない。「プロメテウス」のブルーレイには若かりし日の社長ウェイランド氏による演説の映像(You Tubeでも見られます)があり、その傲慢さが見てとれる。だが寄る年波には勝てず、しかも寿命の延長を願い出るために、会社の経営をほったらかして宇宙船に乗り込んでくるあたりも経営者としてはもはや失格ですらある。おまけに出会ったエンジニアに対し、「自分はこれほどまでに精巧なアンドロイドを作ることができたのだから神にも等しいので、神のような長寿にしてくれ」と平然と言ってのける傲慢さ。ってことはウェイランド湯谷が目論んでいるのは、生物兵器としてのエイリアンではなく、強靭なほどの生命力に着目していた可能性が浮上する。その上で、4シリーズにわたってエイリアンのいる惑星に人間を送り込み続けており、そこでどれほどの殺戮が重ねられているかを、この会社が知らないわけがない。それほど人間の生命を供しても手に入れたかったのだろう。こういう企業をブラック企業とは言わないだろうが、これはもはやブラックの域すら軽く凌駕するひどさだ。物語の最後でのこのこやってきて企業としての主張を繰り返す「3」を見ていると、「事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてんだ!」と怒鳴りつけた青島刑事を思い出す。

 あー、面白かった。ずいぶんと言いたいことを書いたった。
 どうやら「プロメテウス2」の公開が2016年3月という発表があり、いまから楽しみにしておこうと思う。なにせこのシリーズで劇場で見たのは「エイリアン3」だけという体たらくなので、次の「2」にはぜひとも劇場に駆け付けたいと思う。筆者はエイリアンシリーズに関して持っている感慨は、この文章に込めたつもりなのだが、この景色が「2」の公開によってなんらか変わるかもしれない。そうなったら、今度はこの文章の「改」を書こうと思う。なお「プロメテウス2」にも剛力さんが声をあてるのであろうか?



エイリアン・コンプリートブックエイリアン・コンプリートブック
(2012/07/31)
イアン・ネイサン

商品詳細を見る


プロメテウス アート・オブ・フィルムプロメテウス アート・オブ・フィルム
(2012/07/30)
マーク・サリスバリー

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

どうして、アマチュア無線ですよ?
何をやろうとするんです?

No title

絵の木さま

 コメントありがとうございます。
 お答えしますと、今アルバイトしているお店がアマチュア無線用品を扱っているショップなんです。んで、仕事のための勉強を兼ねてこの際に、アマチュア無線4級の免許を取ろうとしております。

 それにしても記事の最初の2行で引っ掛かって、記事内容にはコメントなしって(笑)

No title

プロメテウスは…
ああ、やはり語らずにいるほうが良いことってあるんだな、
語ると野暮なんだなという…。

エイリアンシリーズの蛇足でした。

あと剛力さんはもう必要ありません、どんなジャンルでも。

No title

うめさん

 まあやらんでええことってあるんだよってことさねwwww
プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺☆NHK杯11/11初体験

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->